しつけの基本とは「自分がされて嫌なことはしない 赤ちゃんや幼児だと思って管理を徹底する」

この記事は約3分で読めます。

城址公園の菖蒲。

前回の散トレでフラン父さんが撮ってくださった美しい写真です。

 

今日は犬の森2016年過去記事から一部引用です。

毎日家庭訪問にお伺いする日々ですが、
しつけとは?

について飼い主さんと私との間には深~い溝があるような気がします。

ずっとずっと伝え続けていても、出会う方とは初めましてですもんね。
もっと精進したいと思います。

しつけとは

しつけの定義もまちまちで、

特に犬の世界では

やってほしくないことを叱ってやめさせる
しないように叱る

これがしつけだと思われている節があります。
だから、自分では無理だから専門家にお願いすれば何とかなる
と考える方がいてもおかしくないくらい、な

そんな犬の世界です。

人が犬の言葉(ボディランゲージや習性)を知らずに叱ったりすれば
犬に不信感を持たれても不思議ではないのです。

叱り過ぎていると思います

みんな叱りすぎてませんかねぇ。
それでも犬は

お家の人

と慕ってくれるわけですからすごい動物ですよ。

 

なつめ
なつめ

叱らないでしつけして行きましょう。

犬の森2016年2月の記事から

 

先日美容院でカットしていただいたときにそこの美容師さん、ワンコさんを飼っているのですが、今のしつけの現状をお話ししていたら

「うちは何もしつけしていないの」

って・・・。

吠えや拾い食いや引っ張りなどはある。でも何とか対処しているようです。

「お散歩のしつけもできていなくって」

と言われるので、私がききました。

「ねえ、お散歩のしつけってな~に?」

「あ、それはほら、左?右?どちらかを歩かせる、ってやつ。うちのは急に飛び出すから危なくって」

・・・

「しつけすると飛び出なくなるって思うの?」

「違うんですか?」

という会話になりました。

多くの方がしつけや訓練をすると犬が横をついて飛び出したりしなくなる、リードは「し」の字で、って思っているんですね。

本当にそうでしょうか?そうだとするとどういうしつけ方をすればそうなるのでしょうか?

道路に飛び出さないようにするって、どうすれば良いのかな?

可能かな?

どうでしょう?

一度「しつけを入れれば」ロボットのように言うなりになる
まさかの、こんな風に犬を捉えている方もいるみたいです。

人も犬も同じ感情を持ちしかし犬は永遠の3歳児

と言うのであれば

自分がされて嫌なことはしない
赤ちゃんや幼児だと思って管理を徹底する

 

これが犬のしつけの基本ではないでしょうか。

そして

それは飼い主の担うことであって、専門家が行うことではないです。
専門家は飼い主さんにそれらを教える存在です。または一緒に犬をサポートする人です。

一緒に学びませんか?発信しませんか?犬の世界を変えて行きませんか?

私が今の仕事を始めた頃と思うと
信じられないくらいに犬についての知見は刷新されました。
しかし、現場は着いていけていません。
だから、犬は伴侶動物と言いつつ奴隷のような扱いをすることに疑いを持たない人は多いのです。

さらに言うと、
奴隷のように扱ったり、物のように接したり
自分の気分次第で可愛がったり突き放したり
そういう人の言葉や行うことを信用するでしょうか?
まで。
ここまで深く考えて
リードを手に取って歩きませんか?

私には大きな大きな計画、野望があるんです。(*´▽`*)
一緒に歩いていただけないでしょうか?

犬の森でお待ちしています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました