新しい参加者さんに多いのですが、おやつをあげるときに「オスワリ」させてる

しつけトレーニング理念
この記事は約3分で読めます。

お散歩トレーニングには
参加歴10年以上!の方から、最近初めて参加される方まで、色々です。

一歩引いたところから見ていると、なかなか興味深いことが見えてきます。

これはベテランペアに
名前を呼んでおやつ
のデモをしていただいているところです。

また、自己紹介の時に丸く円になって、一組ずつお話ししていただくのですが
犬を座らせる必要はありません。
座れと言わなくても、犬が成長し、座る時で座っていよう、と思えた時
指示なくても、適切な行動で私たちを驚かせてくれます。

むしろ人が坐ってる(笑)寝てる人もいる(爆)

 

おやつをあげる時、初心者飼い主さん、散トレ経験が浅い方は必ず犬に
「オスワリ」
させてからあげてますね?

これは、実は必要ないです。

立ったままでOKです。
オスワリのトレーニングをしているわけではないので。

ここら辺がトレーニングの基礎的なことを学ばないと(・・?になりやすいですね。

報酬はきちんと坐ってもらうこと、
に人が必死になり
犬はもらいたくてソワソワ。
または座りたくないしおやつもいらない
プイって^^;;;
なりがちです。おやつを使ってもうまく行かない、って言われがちですね。

社会化のトレーニングに必要なのは

古典的条件づけ的なおやつの使い方です。

行動の後におやつ、ではなく。

だからこそ、名前を呼んでおやつ、をしっかり学んでいただき落とし込んでいただきます。
しっくりするのに、1年以上かかるかも。

名前を呼んでおやつのカテゴリー

名前を呼んでおやつ
なつめ (名前)と(おやつ)の対提示 名前が犬にとってうれしいものに条件づけられます。

 

これはばらまきノーズワーク。

バラまかれて探して♪で探して食べるだけ。

「探せたらほめるのですか?」

なつめ
なつめ

いえいえ、ほめるとかそういうことではないです。

ここら辺はちょっと難しいですよね。だからお散歩トレーニングって理解しにくいのかも?しれない。

犬が欲求を満たして心拍数が下がり、リラックスできれば人の声が届きやすいわけです。
そわそわしている犬にスワレを連呼したり
マッテを連呼したり、ダメよを連発しても、犬の耳には届きませんよね?
しかも、今座らせる意味は何?
今、撫でてほめる理由は何?
犬から、今それは必要ないです、と拒否られることって多いなぁと見てて思うんです。

ほめる意味って何でしょうね?を考えます。

たとえおやつを使っても、たとえほめるしつけだとしても
犬のニーズに合っていなければうまく行かないです。
結果、行動に制限=まって、の意思の疎通が完成しないのではないかなぁ。

ここら辺は、ぜひブログを読んで、そして段階を追ってトレーニング的なダメ出しをゆる~くしていきますが、犬のために一肌脱いで、頑張って欲しいなと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました