リードを長くしてみよう

リードワーク
この記事は約2分で読めます。

今年最初のお散歩トレーニングが終了しました。

10日の横浜は中止にしてしまったので。小田原がスタートになりました。

風がとても強くて、2キロ台のちびっこは時々吹き飛ばされそうになる、そんな中
お母さんと手をつなぐように、リードでつながり歩きとおしました。

最年長16歳のchoco.も元気いっぱい。

 

いつだったかなぁ、ココとのお散歩の途中で紅梅を見上げて写真を撮っていたら
通りすがりの方に
「まあ、付き合わされてワンちゃんもかわいそうに」
なんて聞こえるくらいの声で言われたことがあったなぁ。

いろんな考えの人がいるけれど、言わなくてもいいのにねって
ムカッとしたけど、ココの匂い嗅ぎの様子を見ていたら、そんな気持ちもホッと和らいだものです。

そう、犬と人と、お互い様で。
その人、その時にはその状況下でのわけがある。

私の飼い主さんのサポートの基本の思いです。

お互いが楽なように、お互いが楽しいように
持ちつもたれつお互い様でね。それはお散歩トレーニングでも同じことです。

初めて参加される方に3mリードをお貸しして使っていただきました。

付け替えたとたん、
飼い主さんの歩きっぷりが変わります。すると犬の様子も変わります。

これは使ってみないと理解できないと思うので、難しくはないので
まずはリードをもう1m長くしてみませんか?

首輪でもまずは全然かまいません。
ただし犬の足に絡みやすいので、人がたくさん動き、人がフレキシリードの役割を担う必要があります。
ちょっと大変ですけど犬以上に動いて。
良い運動になるでしょう^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました