犬には首輪が良いですか?それともハーネスですか?メリット、デメリットを考える

散歩にまつわるいろいろ(悩み、エンリッチメント)
この記事は約5分で読めます。

犬のお散歩の必需品、犬具と言われる道具。リードともう一つは犬に装着する首輪または胴に装着する胴輪(ハーネス)。
どちらにすべきか迷っている方も多いですね。

一昔前、ドッググッズショップをやっていたころ、よく聞かれる内容でした。
今ではスクールでハーネスを推奨するようになりましたが、それでもまだまだ迷っている方に、
どちらがいいのか質問されることがあります。

ざっと考えてみました。

首輪とハーネスとは?

何が首輪で何がハーネスか、知らない方はなかなかいないとは思いますが、念のため。

f:id:charliemama3:20190622073227j:plain

↑これですね。金具にリードのナスカンを連結してお散歩にも使えます。家の中では迷子札や鑑札をつけておくためにも便利です。
プラスチックのバックルのナイロン製の首輪もお手入れしやすく着脱が楽でお勧めです。

装着に関して、ゆるすぎる方が多いのかなと思います。
老犬になって激しく動かない犬の場合は緩くても危険は少ないですが、
若い犬、外に慣れていない犬の場合、すっぽ抜けて逃げ出してしまう、そして事故にあう
ことを避けたいので、ややきついかな?というくらいに調節するようにしてください。

一方ハーネスは、胴に装着するお散歩道具になります。

f:id:charliemama3:20171211091928j:plain

様々なタイプのものが販売されてます。

f:id:charliemama3:20190622073208j:plain

フリースラインドハーネス↓です。とても柔らかくて軽いです。
気管支の弱いワンちゃんにはぜひお勧めしたいです。
(製造中止となってしまいました(´;ω;`)ウゥゥ)

f:id:charliemama3:20190622073309j:plain

首輪の特徴

装着が簡単なこと、身体まわりに何かついていることが気になる犬もいます。

引っ張りの強い犬には首輪だと首に負担がかかるから、ハーネスにしたい、
でも・・・犬が嫌がるというケースもあります。

反対に、苦しいから言うことが聞かせられる、指示が通りやすい、コントロールしやすい、というのが犬の世界の
「首輪の方がしつけにいい」
根拠ではないかと思います。

なので、コツコツ地道に言葉の指示やボディランゲージで
犬とコミュニケーションを取りたいと考える飼い主さんは
ハーネスを選択すれば良いと思います。

が、先ほども書いたように、犬が無理、と言う(?)ようでしたら無理しなくても良いのかなと思います。
リード使いでカバーできるように頑張りましょう。

ハーフチョーカーやチェーンチョーカーなども、苦しみや痛み、びっくりさせるなどの嫌な刺激でコントロールするという考え方であれば
早めにそこから脱却できるようにハーネスに変更するなり、リード使いを頑張るなりすることをお勧めしたいです。

f:id:charliemama3:20190518165923j:plain

Dog&CatCharlie
Dog&Cat Charlie

はイギリスのDog Gamesのハーネスを取り扱っています。
(コロナ禍で仕入れ困難のため休止中です)

そこで掲載されている犬の首周辺の図です。大事な神経や血管が通っている繊細な部分です。
まことしやかに言われていた「犬の首は強い」は信用できない言葉ですね。

ハーネスの特徴

ご覧の通り、胴の部分に装着するお散歩用の犬具です。

老犬や身体が不自由になった犬の介護補助用のハーネスであるとか、
使役犬のハーネスもありますね。

f:id:charliemama3:20190518165153j:plain

装着が首輪よりは難しいと感じる方がいます。
が、リードにテンションがかかったときの犬への負担は分散されて少なくなります。
なので、お散歩デビューなど、苦手なものを極力作りたくない時期に、ハーネスで散歩に行けることは社会化のために有利だと思います。

「ハーネスは引っ張る道具」
とか、言われることがあります。
そり犬がそりを引っ張る時に負担を軽減できることの言い換えなのかもしれませんが・・・。

「お店は首輪よりハーネスの方が儲かるから売りたがる」
というような声も聴いたことがあるし、書かれているサイトを見たことがあります。
10年位前。今はどうでしょうね。

首輪でもハーネスでも、装着のために気をつけたいこと

ずばり、嫌がっても叱らないこと。

お店のカウンターで試着するとき、ワンちゃんが嫌がって暴れると
「こらっ!」
って叱る飼い主さんが多かったです。
嫌がることをやめさせる=しつけ、となっていると、犬が困っているのに叱る、という
なんとなくコミュニケーションの破たんを予感させる接し方になってしまっているようですね。

首輪やハーネス、またはそれを装着することに対するネガティブな感情が定着しますので
叱らず優しく、時に美味しいものを使いながら優しくどうぞ。

すでに普通の犬具が使えなくなってしまったケース

引っ張りが強すぎる、吠えて突進してハンドラーが怪我をしそうだ、という場合
訓練により、様々な嫌悪刺激を用いて矯正法を試みられている犬は、
なかなか首輪やハーネスでお散歩することが人側にとって恐怖のタネになっています。
そういう時は、まずは犬具はそのままに、リードの使い方を見直す=具体的にはショックをかけない、ことと、日々、名前を呼んでおやつ、
犬にとって飼い主から呼ばれる名前がすがる藁になるくらいに。名前を呼んだら犬がうれしいことをする。
名前はうれしいことの合図、ほっとする感情が沸き上がるというポジティブな古典的条件づけをせっせと行いましょう。
リードでつながる飼い主さんに良い印象を抱くはずです。

やがてハンドラーとの阿吽の呼吸で散歩で出会う諸々をやり過ごすことができるようになるでしょう。
そうして初めて、飼い主さんの不安が消え、普通の犬具でお散歩できるようになる、それでどうでしょう?

ハーネスやお散歩の悩みなどご相談はお気軽にどうぞ。

最も大事なのはリードの扱い方です

3mのリードを使うことでたくさんの気づきが生まれます。
犬が引っ張るというより自分が引っ張っていることにも気づけます。
リードを緩めると犬の行動が変わることにも気づけます。

首輪を使うハーネスを使う
ハーネスを使っていないと優しくない人と思われそう
一番大事なのはリードを引っ張らないということ。

たとえハーネスでも引っ張られると犬はびっくりするし、身体を痛めやすいことに変わりはありません。
優しいリード使いで手をつなぐようにお散歩しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました