おやつを抜く?

この記事は約2分で読めます。

f:id:charliemama3:20190521195900j:plain

時々、というか結構頻繁に

「おやつを使うとおやつが抜けなくなりませんか?」

という言葉を耳にします。

名前を呼んでおやつ、というとっても簡単なメソッドをお伝えしていると、そのような言葉が返ってきます。

名前を呼んで「おやつ」の「おやつ」はおやつだけではなく(ややこしいな💦)

ドッグフードも入るし、いい子ねと言う言葉も入るし。撫でられるのが好きならなでるも入る。

名前を呼んだら(犬が呼ばれたら)良いことがあるよ、

という練習です。

犬は食べるだけ。人は呼んだら必ずいいことをする、人の練習。

なのでおやつを抜く云々はナンセンス。

また、家庭犬にとってのトレーニングって、ほぼほぼハズバンダリートレーニングのように慣らしながら平気にするとか楽ちんにするためのトレーニングですから、

食べ物を抜いたらダメなんですね。

抜こうと思う考え方を何とかしないとトレーニングが行き詰ります。

また、食べることは生きることなので、生きることすなわち命に対する冒涜につながらないかしら?

食べることを褒める。

そばに誰かがいて(犬がいて)も食べているときに近づかれても、美味しいし褒められているから、イライラした感情が抑え込まれます。

子犬はこうして自制を学びます。言い換えるとフードアグレッシブの矯正はこのように食べることを褒めるところからです。

人の理想?犬の理想?

この記事は約1分で読めます。

f:id:charliemama3:20190521200022j:plain

猫の講座第1回目が終了しました。

ドッグトレーナーでしかも叱らないしつけトレーニングの人が、動物の理想と人の理想を折り合わせようと考えると?こんな形になるよ~、というものを追い求めたいです。

まだまだ未完成ですが継続できるように頑張ります。

そう、犬や猫の理想・・・。

人との暮らしはその理想からほど遠いものだ、という自覚が、人側に必要です。

と思ってます。

綺麗にストレスなく暮らしたい人の理想も

鳩の糞やミミズに身体をこすりつける犬を前に崩れ落ち

犬を見ればコミュニケーションを取りたくてワンワン大騒ぎ、リードを引っ張って相手に突き進む、そういう犬もいます。

そう言う時に、人は

問題を抱えるわけですね・・・。

犬なら当然である、という当然の知識がすっぽり抜け落ちたまま、

こうした方が犬のため

と考えると、犬にとって迷惑な道に突き進みませんかね?

人と犬との折り合いを、自分の暮らしに当てはめて、自分で何とかできるように、飼い主は自分の犬や猫のプロになる、そんな心意気が欲しいなぁ、と思っています。

母犬や母猫が仔犬や仔猫をしつけて独り立ちさせるような方法を、私たちは犬や猫の一生をかけて行うんだね、っていうようなしつけ。

吠えてお知らせしてくれてるのなら、なんて答える?

この記事は約3分で読めます。

という過去記事ですが、昨年のブログ記事です。その中にオンライントレーニングの投稿をシェアしたのでした。

今日はそれをこちらに転載します。

2017年11月02日 06:36

なぜ吠えるのかな?

おはようございます。

今日は水元お散歩トレーニングです。

さすがに出かける時間が早いので、記事は前日に準備しました。シェアした本のP108

犬はなぜ吠えるのか?

やめさせることはできるのか?

ということについてです。

要約してみますね。

犬と人の生物学: 夢・うつ病・音楽・超能力

犬と人の生物学: 夢・うつ病・音楽・超能力

まず、犬の「吠える」という事実こそ人間と犬とが協調関係を持つことになった理由のひとつである、と書かれています。

犬が人間の集落のまわりを生ごみ求めてうろついた、狩りをせずに食べられる絶好の機会であり、人間がそれを許したのは、犬がゴミを食べて処分してくれることで悪臭や害虫の数が減ったからだ、と。

また犬は危険な動物や見知らぬ人間が近づくと吠えて警告することに気づいた。犬は常に緊張を緩めず番をするので、人間が番をする必要がなくなり、休息を取れることも。

集落の外れで番をしていた犬たちが、家の中で番をするようになるまでの道程は短い。

まもなく家庭の中で犬は泥棒かもしれない人間が家に近づいてくるのを警戒して吠えるという防犯ベルの役割をするようになった。

大きな声で吠え続ける犬は良い犬、吠えない犬は役立たず、とさえ言われた。

「実際、野生のイヌ科動物と飼い犬の違いのひとつは、飼い犬は吠えるが、野生のイヌはめったにほえない、という点である」

犬が吠えるのを人が嫌う理由は犬はなぜ吠えているのかわからない、それに対して犬がどうしてもらいたいのかわからないからだ、と。

吠えで一番多いのは、群に警告を発するもの。

「こっちに来てこれ見てみろよ!ヤバいかもしれないぜ!」

と。お知らせしてどう行動するのが正しいのか決めてほしいのである、と。

人間は、そういう時静かにしなさい!うるさい!などと反応するが犬にとってそれは吠え声だと解釈する。

犬は何か問題であると教えているのに人はやって来て同じように吠える。その人の反応は警告を発するべきであると犬に同意していることを意味し・・・。犬はますます死に物狂いで吠える、と。

適切な反応は犬のメッセージに気づきそれを認めてやること。

一番いいのは立ち上がって犬によくわかるようにあからさまに犬が向かって吠えている窓や扉をチェックすること。犬の警告が正しくて対処することも必要になるが、犬の誤報で近くに車が止まったり隣の家に配達があったりしただけであれば、良い子ね、大丈夫、と穏やかに言葉をかけて犬を安心させよう。

それから頭を撫でて扉から離れさせて、あなたの横に寝そべらせる。

そうやって犬を満足させる。犬は問題かもしれないことをチェックしてほしがっているのであり、家の人が(リーダーが)チェックして危険がないことが分かれば警鐘を鳴らし続ける必要はないから。

と・・・いうものです。まとめてみました。

叱るのはナンセンス。犬が吠え続けているのは対処できていないから。犬のメッセージを受け止めてあげられていないから、ということになりますね。

一回対処してそれで済む、ということでもありません。繰り返し犬を満足させ人間の方法で犬にメッセージを伝えなくてはならない、というわけです。

吠え声はコミュニケーションであるので、何を伝えているのかを状況と犬という種、そしてボディランゲージから推測していくのですね。

一頭ずつ性格が違う犬ですから、「その犬」に向き合いましょう。また吠え始めた犬を前に

「吠える犬にしたくない」

という焦りが強い方が多いですが、焦りは短絡的な対処に結びやすいので、周囲は

「大丈夫、一緒に取り組もう」

という姿勢を見せて焦る飼い主さんを落ち着かせてあげられると良いのではないかと思います。

攻撃や分離不安が「不安」からくるケース2018/09/17

この記事は約2分で読めます。

f:id:charliemama3:20190521200123j:plain

「知る」という作業は将来の犬との暮らしへの悩みの予防にもなります。

「うちの犬は一度も吠えたことがない」

3か月のパピーが、やがて成長し、犬本来の能力である警戒が吠えに発展するのは、しつけの失敗ではないと思います。

また、ストレスが過剰だからでもないでしょう。

成長は犬としての成長なので、人間にとってうれしいものばかりではありません。

また、若い犬も年を取り、あっちこっち痛みを感じるようになれば

触った相手のせいで痛かったと思うことや

今まで飼い主の後をついて回れた犬が、それができないことで酷く気分が落ち込むことから分離不安の様子を見せ始めることもあります。

前足をなめて気分を紛らわす、とか

吠え続けるとか。

犬と暮らすということは、それを予想して備えることが大事で、

ストレスをなくす努力しかしていない飼い主には、様々な問題への対処は荷が重いです。

成長や加齢により必ず起きる問題を、しつけやストレスのせいにしないで、しっかり知り、予防策(=しつけやトレーニング、環境の見直し)を楽しみながら工夫できると良いですね。

犬の森では犬を飼いたい人から犬を見送ってなお犬のことを知り続けたい人まで様々な人と学び合っています。

極端に偏らず良質な情報の提供や探求を勧めるチャーリードッグスクールです。

ぜひご一緒にいかがですか?

Facebook

匂いの世界

この記事は約2分で読めます。

f:id:charliemama3:20190521200518j:plain

DMMオンラインサロン運営中のとき紹介していただいた記事です。

 

その中の、匂い嗅ぎについての箇所です。

 

――匂いを嗅ぐのを止めないほうがいいんですか?

夏目:私は匂い嗅ぎは推奨しています。吠える犬や、犬ぎらいの犬は、お散歩中に飼い主さんにグイッとリードを引っ張られて、匂い嗅ぎを充分にできていないことが多いんです。引っ張られると首が上を向いちゃいますよね。上を向くってことは犬にとっては緊張状態になるので、よけいに吠えるという悪循環を招きます。

犬にとってニュートラルな歩き方って、頭が背中より下にあることなんですよ。

――匂いを嗅ぐっていうのは、犬の本能的な行動なんですね。

夏目:犬同士は匂いでコミュニケーションをとってますからね。お散歩中のおしっこは、犬のSNSなんです。興味深い内容だったら一生懸命匂いを嗅いで、「いいね!」ってしるしを残したり。

――おしっこは、「いいね!」なんですね(笑)。

夏目:昔は犬の伝言版なんていったりしてましたけど、今の時代は犬もSNSですね(笑)。でもこうやって歩いていると、お散歩ぎらい、犬ぎらいの犬もだんだんと落ち着いてくるんです。よくわからない場所や相手は犬にとって警戒の対象になりますから、しっかり情報を与えてあげると犬は安心して、飼い主さんを信頼するようになってきます。

 

スタンレーコレンはこの(この本が出た)時代だから、犬の尿は新聞代わり、って書いてあります。

百聞はひと嗅ぎにしかず、って。

犬って匂い嗅ぐとき息止めてますよね?

そう、だから怖くてパンティングしやすいワンちゃんも、せっせとお外で匂い嗅ぎさせてあげると怖いと思う気持ちを鎮められるなって思います。

怖くない場所で練習するところからね。

悩みがないことが良いわけではなくて

この記事は約2分で読めます。

f:id:charliemama3:20190521203910j:plain

今日は涼しいですね。

いきなり涼しいと身体がついていかない・・・。でも暑いよりは断然楽ですね。

そろそろ秋からのお散歩トレーニング等の予定をはっきりしておかなくては、という時期になってきました。

周りを見渡せば、10年前20年前と比べて、犬にも優しくて人も取り組みやすい良い情報が多くなりましたが、それでも悩みは尽きないわけです。

吠えた、引っ張った、拾い食う、興奮しすぎる、とか。

昔は周りも、良い悪い考えずに、リードでショックを(チェックを)与えるように

「こらっ!」

って叱り、犬が大人になりうまく暮らせるようになって行った・・・。

みんなそうだから方法について疑わなかったし、だからある意味楽だったのかもしれません。

犬の気持ちを思いやる人が増え、それにマッチするしつけ方は、犬が育つ過程(若い犬ははっちゃけますからね、ルールを学ぶ途上だもの。)には、それはそれはしんどいものです。

人間側のフラストレーションも半端なかったりしますね。

それでも、「犬に優しい方法」をと思う方が多くなってきたことは、犬たちにとっての素敵なお知らせですね。

そして我々はまた大いに悩む・・・。

悩みがないことが良いわけではない。

私はそう思っています。

最近二頭目とか三頭目とか、新しい子を迎えして悪戦苦闘されている方が悩む姿に出会うたびにそう思っています。

悩みがある困ったことがある、それが良くないこと、という思いがあるから行き詰ることがありませんか?

正しく(笑)悩んで行きたいなと思います。

ひとりだと、明日こんなだったらどうしよう、一生こんなだったらどうしよう。

うちだけこんなだったらどうしよう。

私がダメなのかな・・・。って。

今日と明日はたぶん違うし、一生同じはあり得ないし、みんな同じように困っているのです。

それが届かないだけ。

なぜわかるか?

そういう人と一緒に学び合っているからです。

しつけの原則

この記事は約2分で読めます。

f:id:charliemama3:20190521204013j:plain

twitterで2時間に一度自動でつぶやきを投稿するbotを使い始めています。

700まで登録できるのですがまだ100も行ってない💦

ぼちぼち過去記事を探しながら登録していきたいと思います。

柴犬さんのご相談がとっても多かった時期があります。

ゆる~い飼い主さんが、やんちゃ系の柴犬の子犬の行動に悪戦苦闘しているケースがとても多く、そういう方が叱らないで暮らしたいと思ってくれてたわけです。

子犬時期は甘噛んで戦いごっこをします、ね?

子犬ですからね・・・。

それを人間が罰する方向でしつけすることで、逆上して余計に噛む、そんなケースが多いです。今でもそうでしょうかね。

非常に猫っぽい(=野性味が強い)ので、正の弱化や負の強化を嫌うので、正の強化でしつけることが大前提なのですが、パピー教室で洋犬の子犬に混じってリラックスポジションなる仰向け抱っこで飼い主さん血だらけ( ̄▽ ̄)という経験が

犬にも人にもトラウマ的な・・・。そういう経験になりやがて柴犬は早く締め上げる、と。そんな無慈悲なしつけ方がまことしやかにささやかれていませんか?

嫌なことをする手を人を避けたい、と思う気持ちを尊重することが大事。

だから人は彼らにとって身をゆだねたい人にならなければいけないと思います。

しつけの原則ですかね。

ストレスマネジメントの言葉にも注意が必要です

この記事は約1分で読めます。

f:id:charliemama3:20190521204431j:plain

ストレスマネジメントという犬の世界では

やや流行語大賞( ̄▽ ̄)になっている言葉も、

受け取り側によって様々で、むしろ犬が刺激に過剰反応するようになっていないか?注意が必要。

良い刺激まで取り去ってしまえば、ちょっとの刺激にも過剰に反応するようになるって自分をあてはめてみても理解できるでしょう。

 

ストレスがたまるコップにストレスが満タンになり溢れ出さないように、できるだけ蛇口をコップの下の方につけてあげて、蛇口を開いてあげるのがストレスマネジメント=ストレスの管理なのだけれど、飼い主さんに伝わる頃には、コップの底に蛇口をつける、しかも常に蛇口が開いている、そんなやり方になってしまっているな、と感じます。

 

良い意味でストレスへの耐性をつけ、明るくたくましい犬にしてあげたいですね。

ワンちゃんのための音楽♪

色々ありますねー。

感覚エンリッチメントの一つですね。

 

 

動物の心

この記事は約1分で読めます。

f:id:charliemama3:20190521204934j:plain

どちらの側に立つことが心豊かに生きるための立ち位置なのか?

いろいろな感性の方がいるけれど、命の豊かさとは何か?の答えは一つではなかろうか?

そう思うんですよね。

思い

この記事は約2分で読めます。

f:id:charliemama3:20190521210353j:plain

犬の世界で「基本の理論」を確立したいという野望のようなものを持っています。

その歩みを、まだ会ったことのない方にも届けたいな、とブログやSNSを使って毎日発信しています。

有益な情報がこんなにもたくさん、すぐ手に取れるようになっていますが、咬む犬吠える犬、トレーニングすればするほど悪化している状況がなくならないですよね?

それってどうしてかな?と・・・不思議に思いませんか?

私はずっと不思議に思い仕事しているわけですが、ようやくわかったその理由が、商売の邪魔にもなりかねない、そんな混沌とした犬の世界があるわけです。

犬は非常に優秀な動物で、辛抱強い動物なので、ある程度成長するとうまく人に合わせてくれるものです。だからそういう犬と暮らしていると、初めて犬を迎えてやり過ぎて関係が悪化している様子が理解できなかったりします。

神経質にやり過ぎるからよ。

もっと厳しくしないからでは?

しつけやトレーニングなんていらないのよ。

色々な飼い主の「考え」が困っている人をさらに追い詰めることがあります。

まあ、困っているのは犬も同じなのですが・・・。

基本ってあると思うのです。

それやったらダメ、という基本。こうしなくてはダメという基本。

方法はそれぞれでも良いというけれど、どうでしょう?実際基本がそれぞれではないでしょうか、ね?

それが関係を悪化させることにつながっている、と考えてます。

何がダメなのか、何が良いのか。毎日になるか不定期になるか、言わずにはいられなくなると登場するのか、情報だけを置いて行くか・・・。ブログの使い方はどうなるか分かりませんが、関係を悪化してほしくないな、という気持ちを込めて綴って行きたいなと思います。

犬の世界は今、過渡期だと思います。変革の時。ただ、
昔は良かった、
おやつを使ったってどうせおやつがある時しか言うことを聞かないのでしょう?
という「意識」がとても根深いので、そうではないよ、ということを発信していかなければならないと思い、自分自身のライフワークにしています。

犬と飼い主の間のボタンの掛け違い。最初のボタンホールの選択が間違っているからではないかしら?
犬は人を支配しようとは思っていません。
人の上に立つことが犬の喜びではありません。
犬は好きな人と一緒にいたくて好きな人のために何かできないか必死で
たくさんの辛抱をするし、無償の愛を与えてくれる動物だと思います。

最初のボタンホールは上記の犬を示してくれていますか?犬は危険な動物だと、繰り返し洗脳するかのような映像や事故の伝達に始終していないでしょうか?
一緒に学びませんか?とことん、大好きなあなたの「犬」を学んでみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました