リードショックは必要なし

この記事は約2分で読めます。

おはようございます。

まだまだ暑いですけどね、いろいろ秋仕様になってきましたね。

台風の進む速度がとても遅くてこれから北上する感じですかね。

こぼれた種から毎年咲きます。実はこれは外ニャンコのトイレ^^;大きなプランターですが隙間を見つけて芽を出すんですね~。(笑)

さてさて、今月下旬から本格的に再開するトレーニング業務です。

お散歩トレーニングが終了しまして、リードワークを主体に行っていきます。

大阪のリードワークワークショップですが、予定を立てた時点で結構メンバーが出揃った感じですが改めて参加のアンケートをFacebookイベントページでお願いしています。

FBをされていない方の中でも参加希望の方がいるかもしれませんので、こちらでお知らせしますね。 

 2016年9月24日(土曜日)CDSリードワークショップ①
開催場所淀川河川公園出口地区
時間10時~12時
*注 河川公園の駐車場から出口地区までは徒歩20~30分程度かかりますので到着時間は各自調整お願いします。
犬連れ5頭まで。
犬無し10名~12名まで
受講料お一家族5000円。講師交通費+出張料30000円を参加者で割った金額が加算されます。

 参加予定の方でまだアンケートに答えてない方はチェックをよろしくお願いいたします。

リードワークで目指すところは、犬がリラックスして状況判断できるように手助けする、ということです。

リラックスというのはどういうことかということで、昨日読んだ本の感想と共に投稿しましたのでこちらでも。

 

 

キープ・カーム=平常心
「リラックスとはボーっとすることではなくてバッターボックスに立つ一流のバッターが静かに心を落ち着けてチャンスボールを待つという時の心境」

というような、ね。

すると犬本来持っているはずの回避する力を発揮できるでしょう、というところまで。

そこまで、プロっぽいリードワークで手助けしていきます。

突進や引っ張りをフラストレーションをためずに止めていく技をお伝えしたいです。

私の総決算的な。

多くの方ができるようになって「リードショックは必要なし」を発信できる力をつけましょう。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

リードワーク
スポンサーリンク
チャーリードッグスクール ◆ナツメグダイアリー◆

コメント

  1. Sakurachannel0530 より:

    さくらはすぐ草を食べようとするのですが
    それはどうすればよいのでしょうか?

  2. charliemama3 より:

    こんばんは~。
    食べようとする前に食べられない位置でリードを固定すれば良いですね。
    そこから引き離そうとする動きは犬の身体をゆがめてしまうのでよろしくないです。
    リードを引っ張らないで伝わるように工夫すると良いと思いますよ。

  3. ワンワン より:

    ショックと呼ぶには小さい圧力も使われていないんでしょうか?

  4. charliemama3 より:

    ワンワンさん、おはようございます。
    うん、そうですね。
    使うという意味では使ってないんですよ。
    犬の動きによってはショックがかかっちゃうよねと言うことがあるのでそれを和らげるためのリードワークを研究しています。
    お近くであればぜひ見学にどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました