さあ、小田原散トレです

この記事は約1分で読めます。

お散歩トレーニングはその土地、その日の寄り集まり的^^;群れですが、
本質はオオカミの群れのように協力関係で成り立ちます。

支配(力)関係ではない協力関係により犬はその穏やかな関係を模倣するように気持ちを整えていきます。

犬によって観察できるまでに時間がかかりますね。
今までにかかっている抑圧などから解放されるまでには
それぞれ、時間がかかると思っています。
でも・・・
穏やかに犬を観察、犬を連れている人を観察できるまでには
相当フラストレーションの大きな犬でも一年はかからないですね。

一緒に歩くことは犬を穏やかにさせます。

ただし、
叱りなどの緊張感を醸し出さないこと。
それぞれの犬を制御することで、コントロールされているという安心感を
周りに与えること
が必須かな思います。
隊列を組まない歩きは、パラレルではないので自由度が増し、よりストレスフルかと思いきや
犬目線で見てみてください。
適度にインターセプトされ、がん味を許さない(している暇がない^^;)わけです。
そして・・・
仲間同士、相手の犬にも名前を呼んでおやつ。

自分は受け入れられている、その思いは犬の自信に育っていくはずです。

初めての方も、どうぞ気負わず
その場にいること自体を楽しんでみてください。
今日もよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました