道満ドッグラントレーニング終了いたしました

この記事は約2分で読めます。

寒い寒いと天気予報に脅されて^^;
完全防寒で出かけましたが、意外に暖かく助かりました。

004

12組のペアが集まり、ドッグラントレーニング無事終了いたしました。

色々手配してくださいましたモモ母さんありがとうございました。
woofトレの経験を生かしてのお手伝い、
おおやまさん、カエデさんありがとうございました。

003

そしてご参加の皆さま、ご協力ありがとうございました。
穏やかな素晴らしい空間が出来上がりました。
コンタクトをしっかりとる。飼い主に集中させる、ということでどれだけ犬が穏やかでいられるか
実はこれを体感していただきたいトレーニングなんですね。

002

ドッグランには、これが足りないからごった返したような空間になってしまうのでしょう。
理想であって、なかなか難しい、そうですね。
散トレ仲間、また場所は違っても方向性の同じ仲間が集い、協力し合うということで出来上がるのであって
なかなか難しいでしょう。
ただ、ドッグランは犬と遊ばせる場所、に重点を置かずに
まずは飼い主とのコンタクトを、そして次に犬との触れあいを、という順番が正しいと思うのです。

001

大型犬小型犬、和犬洋犬、雑種犬・・・
色々な犬がいるのです。これは日常。
吠える犬、興奮する犬、いるのが当たり前。特に若い時はみんなそう。
だから、あの犬がどうとか、この犬がこうだとか、それはなしで。
当たり前の日常で当たり前に起きることをから目を逸らさず、認め合ったり受け入れたり
笑い合って許しあう。
育ちの現場は緩くなければやってられませんよ。

犬の衝動を抑止する、
この方向性で一生涯、あなたの犬との暮らしを送りましょう。
きっと今よりもっともっと犬たちのことが愛おしくなるでしょう。私も同じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました