取り組みは裏切らない(woofトレを終えて)

この記事は約2分で読めます。

ドッグラン、犬が大勢集まる=ストレスフル

と、避け続ける方が多いと思いますが

私の大きな目標は犬どうのこうのではなくて
ドッグランの『あり方』から『見方』を変えて行こうよ、行きたいね、
というものです。

ランの入り口で入りたくてうずうずする犬を入った途端にリードを外し・・・
いきなりマックスで駆けさせる、そういう方は多いです。
また、不安でリードを外せず、オンリードのままランの中に。でもそのリードは?
飼い主さんの不安と、犬の興奮で、いつでもテンションがかかった状態。

どちらも興奮がかかりすぎていますね。

ランだけのお話しではありません。
日常的な散歩でも全く同じことが言えます。
玄関を出て犬に合わせて走り出す、向こうから犬が来た、人が来た
吠えてしまうかな?とリードを引き気味になって・・・
同じことですよね?

「きっかけは・・・いつも飼い主さんから」という気づきを持ってもらう。
まずオフリードにする、そこで気づくことは多いですね。
ここでも犬がどうのこうのではないんです。
リードがないと心細いのは飼い主さんの方だったりしますね。
リードでのコントロールが効かないから視線や声かけが多くなりませんか?
すべてなくしてみる。
そこで、犬が後を追ってくるかどうか。・・・・追わせてみます。
そしてそこで見つけた発見や反省点をもとに、

声が届きにくいなと感じたらもっと、コンタクトトレーニングをしっかり行う。(インターセプトでお座り)
追いかけてこないなと感じたら、指示を少なく視線の送りを少なく(過干渉気味を見直す)する
オフリードの方が問題がないと感じたらさらにリード使いを見直す

を繰り返し練習していただくわけです。
最後のご挨拶でも言いましたがそれぞれ、の犬たちを見直されたことと思います。
取り組みは裏切りません。
犬たちがやたらと興奮するのは、飼育法云々だけではないんですね。
たとえ興奮しやすい仔でも、こちらのセッティングによって穏やかに過ごせるのです。
そしてそれを継続させてあげることで、日常でもどんどん落ち着ける場面が増えて行きます。
私たち人間が犬のために変えてあげること、用意すること、そちらにもっと重きを置くことで犬との暮らしが充実した物になるのではないかなぁ。
このトレで、「この子たちをもう少し信用しても良いんじゃないか?」という収穫があれば私はそれで満足です。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ 

応援ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました