攻撃性・噛む犬は悪い子か?お散歩トレーニングの連絡事項

この記事は約2分で読めます。

今、トリミング時に本噛みしてしまう仔がお散歩トレーニングで頑張ってもらっていますが お散歩トレーニングでは噛みは直らない、 と(当事者ではないところから)言われたものですから、ちょっとここでお話しさせてください。

そう思われている方に一度考えていただきたいですし。 噛みつきは、お散歩トレーニングによって直していただきます。

噛みつきになぜ至ってしまったのか、 これは犬が悪いわけではないのです。 多くは人側が性急過ぎるから。 その性急さを自覚していただく、また どうすれば犬のリズムで犬と触れ合うことが出来るか これを学ぶのには多くの犬、いろいろな性格の犬に触れ合うことが出来る お散歩トレーニングは最高の舞台であると思います。

またその時々のシグナルを私が解説することが出来ますからね。 犬の脳は人とは機能が違います。

だから、同じことを繰り返し、馴染みの場所で行うことが大切です。 自信と安心感。 これがあって初めて、そしてこれを与えてくれる人のもとに寄り添うのが犬です。

噛む犬やコミュニケーションが取れていない多くの場合、犬は飼い主さんとは距離をとりますよね。 他の飼い主さんの方が落ち着ける場所であったりします。

それを見てがっかりすることはないのですよ。

日々努力して、飼い主さんのそばが一番、と思ってくれるようにしていけばいいのです。 そ

れには何日、という単位の時間では無理です。

数か月、何年もかかるかもしれない。 それでも前向きに取り組める場所がお散歩トレーニングなんです。

去年から取り組んで、私の理念をしっかりお勉強してくれて 飼い主さん同士の結びつきが出来て、非常に良い雰囲気であります。

新しい方も違和感なく参加していただけますね?

何かが出来るからいい仔ではなくて そこにいる仔を愛せるかどうか。

人がそのような意識になった時に、初めて攻撃性に向かえるようになると思いますよ。 急がせてはいけないのね。

ということで、攻撃性についてをよ~く読んでみてください。

直すために一番必要なことは・・・?犬を理解することですからね。

 

001_20091127151836.jpg

で、そんな(?)お散歩トレーニングですが、明日は 早川漁港まで歩きます! みんなで同じ方向に歩く。 命が何気に輝く瞬間です。私は大好き♪

 

コメント

  1. 茶々サスケハカセ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。いつも勉強させていただいています。
    攻撃のブログも、遡って拝見しました。
    うちのワン3匹のうち、去年来たハカセ(トイプ・オス)は、
    ガルガル攻撃ワンでした。
    夜逃げの家に置いて行かれ、毛玉でスゴイ状態でした。
    虐待を受けていたようで、とにかく手を怖がりました。
    トリミングもどこも受け入れてくれなくて、悲しかったです。
    1年半たった今、他の子ともなんとか平和に
    過ごせるようになり、みんなでお散歩も行けます。
    お散歩は、一日で一番大切な時間だと思います。
    大好きなお散歩の時間、毎日ある時間だから、
    聞き入れる扉が開いている時間だと思います。
    すみません。長々と書いて。
    これが言いたくて↓
    噛む子、お散歩で治りますよね。
    賢いですもんね。

  2. SECRET: 0
    PASS: bbdde58a109712e31e4649324eaec6f0
    噛みつきはお散歩トレーニングで治ると思っています。
    参加したことも無いのに宣言するのはおかしな話ですが(笑)
    私も急ぎすぎたと思います。始めはオヤツを使って慣らそうと思いました。
    でも食べてももらえず、吠えてしまうことを恥ずかしいと思い、早く何とかしなければと
    焦った結果が転移性の噛みです。自信のない犬にしてしまいました。
    でも、こぎママさんやたまさんご夫婦と、お散歩をした事で
    ずいぶん変わりました。自信がついてきたと思います。
    まだ、私のそばが一番と思ってもらえてないですけど(汗)
    ゆっくり時間をかけていきたいと思ってます。
    それと「叱りよりインターセプト」の記事をリンクさせていただきました。
    あと、いじわるクイズにお名前をお借りして申し訳ありませんでした。
    いつも事後報告ですみません。
    それから新ブログのリンクもありがとうございます。私もリンクさせていただきたいのですが、
    記事を書くのに精一杯な状態です。リンクしたときはまたご連絡します。

  3. SECRET: 0
    PASS: e9c7f7a274f890b54166fbe701cb3a9e
    お散歩トレーニングは、咬みにも有効です(^^)
    咬み咬み犬だったぽむは、小田原でのお散歩トレーニングには参加できませんでしたが、チャーリーママさんの考え方に触れ、アドバイスをいただきつつ、私が毎日行っていたことそのものが、お散歩トレーニングと同じ方向性のことだったと思います。
    ぽむとの信頼関係を一から築くこと。
    ぽむの出すシグナルを、普段の生活の中で読もうと努力すること。
    散歩に連れ出し、可能な限りのストレス解消を行うこと。
    散歩の中で、他犬、他人とのかかわりを「安心感」の中で持たせてやること。
    「叱らない」というテクニックを学ぶこと…
    私はぽむの「咬みだけに」何か特別な対策を講じることはしていません。ですが、ぽむは「咬まなくなった」というより「咬む必要も感じなくなり、咬むことに抑制が働くようになって」、幼い子供もいる新しい家族の元で幸せに暮らしています。
    お散歩トレーニング=普段の生活を安心して過ごせるトレーニング、と私は考えます。犬にも飼い主さんにも、大きな力づけになるでしょうし、小田原では実際にチャーリーママさんというプロのアドバイスをもらえるのですから、その場限りでない効力があるはずですね!

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    はじめまして~。コメントありがとうございます。
    > 攻撃のブログも、遡って拝見しました。
    ありがとうございます。
    こちらでもカテゴリーに分かれていて、全部読めますけど、
    攻撃性、について今の私の思いのたけを述べさせていただいた永久保存版です。
    > うちのワン3匹のうち、去年来たハカセ(トイプ・オス)は、
    > ガルガル攻撃ワンでした。
    > 夜逃げの家に置いて行かれ、毛玉でスゴイ状態でした。
    > 虐待を受けていたようで、とにかく手を怖がりました。
    > トリミングもどこも受け入れてくれなくて、悲しかったです。
    > 1年半たった今、他の子ともなんとか平和に
    > 過ごせるようになり、みんなでお散歩も行けます。
    ああ~、そうですか。
    それは大変でしたでしょ?頑張りましたね。
    素晴らしいです。
    良いところに迎えてもらって幸せね~。
    トリミングはご自分でされたのでしょうか?
    > お散歩は、一日で一番大切な時間だと思います。
    > 大好きなお散歩の時間、毎日ある時間だから、
    > 聞き入れる扉が開いている時間だと思います。
    そうですね!
    そして何より、聞き入れられる温かな言葉がそこにあるから。
    思いは伝わります。伝えないと、ね。
    > すみません。長々と書いて。
    > これが言いたくて↓
    > 噛む子、お散歩で治りますよね。
    > 賢いですもんね。
    治りますよ~。治してあげないと。
    時間はかかっても、我に帰れば噛む必要がないって分かるはずだから。
    力強いお言葉ありがとうございました。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > 噛みつきはお散歩トレーニングで治ると思っています。
    > 参加したことも無いのに宣言するのはおかしな話ですが(笑)
    おおっ!力強い宣言ありがとうございます!
    説得力があるのはどうしてだろう・・・?(笑)
    > 私も急ぎすぎたと思います。始めはオヤツを使って慣らそうと思いました。
    > でも食べてももらえず、吠えてしまうことを恥ずかしいと思い、早く何とかしなければと
    > 焦った結果が転移性の噛みです。自信のない犬にしてしまいました。
    > でも、こぎママさんやたまさんご夫婦と、お散歩をした事で
    > ずいぶん変わりました。自信がついてきたと思います。
    良いお友達に恵まれましたね。
    なかなかそこまでしてもらえないですよ。
    こちらのお散歩トレーニングもね、そういう良い方発掘の場所みたいになってます。
    > まだ、私のそばが一番と思ってもらえてないですけど(汗)
    > ゆっくり時間をかけていきたいと思ってます。
    大丈夫!
    もう大丈夫だと思う。ゆっくりどうぞ。
    リンクの件は全然OKですよ~。
    お気遣いなくじゃんじゃんどうぞ。
    記事のアップも大変ですね。
    でも続けているとそれが励みになるので頑張ってください。
    楽しみとして続けるって大事ですからね。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > お散歩トレーニングは、咬みにも有効です(^^)
    おおっ!またまた力強い!
    > 咬み咬み犬だったぽむは、小田原でのお散歩トレーニングには参加できませんでしたが、チャーリーママさんの考え方に触れ、アドバイスをいただきつつ、私が毎日行っていたことそのものが、お散歩トレーニングと同じ方向性のことだったと思います。
    仰る通り!
    この取り組みが大事なのです。
    お一人で取り組まれた勇気と頑張りは素晴らしいです。
    お散歩トレーニングでは支え合う人が育ってきていますから頼もしいのです。
    ただ・・・
    この取り組み、意味の部分を何度となくお話ししていても
    すっ飛ばして参加される方もいるので、真の効果が分からなかったりします。
    > ぽむとの信頼関係を一から築くこと。
    > ぽむの出すシグナルを、普段の生活の中で読もうと努力すること。
    > 散歩に連れ出し、可能な限りのストレス解消を行うこと。
    > 散歩の中で、他犬、他人とのかかわりを「安心感」の中で持たせてやること。
    > 「叱らない」というテクニックを学ぶこと…
    幸い、噛むということで(咬むですけどね)悩んでいらっしゃる方は
    私の考えを受け入れて努力されているので、それを支えていきたいと思っています。
    この個所も、じっくり読んでいただくようにお話ししますね。
    > 私はぽむの「咬みだけに」何か特別な対策を講じることはしていません。ですが、ぽむは「咬まなくなった」というより「咬む必要も感じなくなり、咬むことに抑制が働くようになって」、幼い子供もいる新しい家族の元で幸せに暮らしています。
    何が犬を抑制させるか、なのですよね。
    お散歩トレーニングでは治らないという方は、犬を支配しようと思っているのだと思います。
    そう思っていなくても、そういう考えに支配されているのではないかな・・・
    > お散歩トレーニング=普段の生活を安心して過ごせるトレーニング、と私は考えます。犬にも飼い主さんにも、大きな力づけになるでしょうし、小田原では実際にチャーリーママさんというプロのアドバイスをもらえるのですから、その場限りでない効力があるはずですね!
    ありがとうございます!
    勇気を頂きました。

  7. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS: d0ebcd7d786ae3ff938514ea2fcc28d0
    昨日はどうもありがとうございました!
    やっぱり「お散歩トレーニングはいいなぁ」と心からそう思い
    ました。
    Panのリードをチャーリーママさんに持っていただいて、後ろ
    姿を見ながら歩いている時、すごく幸せな気持ちでした。一所
    懸命歩いていてカワイイなぁとか、Panなりに成長しているんだ
    なぁとか、きっと顔がゆるんでいたと思います。
    (リードを持つのが私でなくてもスタコラサッサと歩いて行く
    のには、ちょっと複雑な思いでしたが^^;それに、疲れていたこ
    とを差し引いても、Panってもうちょっと気が強いかと思ってい
    たのに、女の仔チームにタジタジだったのは意外でした)
    いろんな仔と並んで歩いたり、一緒ににおいかぎしたり、こっ
    そりお尻のにおいをかいだり、その時々のPanとほかの仔たちの
    からだの様子や表情を観察するのも、むちゃくちゃ楽しいんです。
    Panとの生活の中で悩みがある時、お散歩までなんとなく憂鬱
    になります。義務感で行ってるような。
    逆に、お散歩が楽しい時はたいてい悩みが深くないか、または
    「まぁいいか~!」と気持ちを前向きに変えられる時。
    だから、私にとってお散歩はPanとの暮らしのバロメータにもな
    っています。
    楽しいお散歩にするためには、もちろんお散歩中のちょっとず
    つの私自身の努力も必要です。
    というわけで、「お散歩を楽しく!」はずっと私の目標です。
    お散歩トレーニングにもっと参加できる環境だったら、もっと
    がんばれそうなんだけどなぁ~。
    咬みに関しては、亮子さんのぽむくんへの関わりでいろんなこ
    とを学ばせていただきました。↑でコメントされていることに
    納得です。
    [色:FF0000]お散歩トレーニング=普段の生活を安心して過ごせるトレーニング[/色]←勝手に色をつけます!!
    次回参加までは自主トレですが、私もがんばります!

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > 昨日はどうもありがとうございました!
    > やっぱり「お散歩トレーニングはいいなぁ」と心からそう思い
    > ました。
    こちらこそ、ありがとうございました。
    久しぶりでも、初めてでも、常連さんでも、それぞれに楽しめるトレーニングではないかな?
    って思います。
    トレーニングと言う堅苦しいものではないですけど。
    歩きながらこれからを思うもよし、
    来た道を反省するのもよし、
    その時をただただ楽しむのもよし。
    > Panのリードをチャーリーママさんに持っていただいて、後ろ
    > 姿を見ながら歩いている時、すごく幸せな気持ちでした。一所
    > 懸命歩いていてカワイイなぁとか、Panなりに成長しているんだ
    > なぁとか、きっと顔がゆるんでいたと思います。
    前はね、嬉しい、っていうのがバネになって表れていたけど、
    今回はね、しっかり自分の目で見て、考えて、確かめている
    小さな哲人のような感じがしました。
    重箱の隅まで確かめたい、ような慎重さも好ましいです。(笑)
    > (リードを持つのが私でなくてもスタコラサッサと歩いて行く
    > のには、ちょっと複雑な思いでしたが^^;それに、疲れていたこ
    > とを差し引いても、Panってもうちょっと気が強いかと思ってい
    > たのに、女の仔チームにタジタジだったのは意外でした)
    優しいのよ~。小田原に集う女子は強いから。(爆)
    > いろんな仔と並んで歩いたり、一緒ににおいかぎしたり、こっ
    > そりお尻のにおいをかいだり、その時々のPanとほかの仔たちの
    > からだの様子や表情を観察するのも、むちゃくちゃ楽しいんです。
    この一年で、非常に抑制がきいた感じがします。
    さすがPanかあさんは・・・強い・・・?
    > Panとの生活の中で悩みがある時、お散歩までなんとなく憂鬱
    > になります。義務感で行ってるような。
    そういう時は私もありますよ。
    でも、どんな時でもカラ元気でもいいから出します!
    犬たちが年をとって行き、一緒にお散歩できる時間もだんだん少なくなって・・・
    一緒にいられる時間だってなくなって行っちゃうのね~、とか思うと
    楽しい時間を演出するのも義務ではあるけど、生きがいに感じます。
    > 楽しいお散歩にするためには、もちろんお散歩中のちょっとず
    > つの私自身の努力も必要です。
    > というわけで、「お散歩を楽しく!」はずっと私の目標です。
    > お散歩トレーニングにもっと参加できる環境だったら、もっと
    > がんばれそうなんだけどなぁ~。
    お散歩の様子を見ていると、何が問題なのか
    ワンコさんは何を求めているのか、いろいろ分かってきます。
    飼い主さんが分からなければそれをお伝えするのが私の役目です。
    だから、私自身、お散歩を楽しくするために毎日努力していきたいです。
    本当にお近くだったら良かったのに。
    亮子さんは渋滞でまさかの欠席でした!
    お天気は最高でしたけど。^^;
    ぽむ君の取り組みは多くの方の心の支えになりました。
    私にとっても宝のようなものです!
    感謝しています。

  9. たま より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
     たった半年ですが、小田原やつくばでのお散歩でカンスケには変化が見られます。
     初めて小田原に行った時のカンスケと今のカンスケ、表情がまるで違います。
     怖がらなくてもいいんだ、大丈夫かも・・・と思い始めたことの表れなのだろうと思います。
     「実際、咬んだじゃないか」と言われればそうですが、それは私がカンスケをそういう状況に置き去りにしてしまったからということで、私の責任です。
     あの時のつくばや小田原の皆さんの励ましと暖かい言葉、会ったことがない人からまで勇気付けられました。
     お散歩は他の犬のことをあれほど本気で考え心配してくれる人が集う場なのだと思います。
     そして、愛犬と散歩しながら自分と犬について模索し考えるという貴重な場であることは間違いないです。
     チャーリーママさんのおかげで帰省先でもあぶさんとお散歩ができました。
     最近はカンスケの方から「これでいいんだよね?」と笑って確認してくることも多くなりました。
     カンスケのトラウマはなくなるとかそういうものではないと思いますが、その鍵が開けにくくなるように私たちが気をつけてあげることを続けて行くことは大事だと思っています。
     昨日、出掛けにやる気マンマンのボクサーのような犬と強面のおじさんにばったり出会いましたが、カンスケは一瞬見て目を反らしました。
     「この犬にはかなわないなぁ」と判断したのかどうかわかりませんが、やる気マンマンの犬に吠えていかなかったのは初めてです。
     あ、私もちょっと目を反らしてしまいました(笑)

  10. テンママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    先日チャーリーママさんにテンちゃんはカフェに行くと異常に興奮してストレスが溜まるので連れて行かない方がいいのでは?と言う相談をしたのを覚えていますか?
    その後、テンちゃんはカフェに連れて行ってないんですが
    『犬たちが必要とするリーダー』を読んで私の考えは間違ってるの?って疑問に感じました。
    ストレスが掛かるから連れて行かない。。。
    可哀そうだから連れて行かない。。。
    異常に興奮して転移性の噛みつきに繋がるから連れて行かない。。。
    これは全部私が大変だから連れて行きたくない!って言う風にも取れるんですよね・・・
    これでは、テンちゃんの脳や神経にストレスが打ち勝つ力が付かないんですよね。。。
    正直・・・異常に興奮して目つきが変わる瞬間が怖い・・・と感じる時が殆どです・・・
    お散歩の時、他のワンコに吠えるテンちゃんを拘束技で拘束する事も噛みつくので出来ないです。。。
    インターセプトも足に噛みつきにくるんですよね~[絵文字:v-388]
    私のやり方がイラつかせるのかなぁ~?
    それでも、1年前の事を考えるとチョットは成長してるテンちゃんです[絵文字:v-410]

  11. こぎママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 9208a20086ebfef780143c1fa4262e79
    今さっき帰ってきました(T_T)
    おぉ~漁港が!!!!明日もスカっと晴れるといいなぁ。
    トンネル経由漁港ゆき、、、どうなるのかな?
    皆様よろしくお願いします。
    トリミング台上での咬み付き。色々な問題があると思いますけど、トリマーの技術不足というのもあるし、技術的には「お散歩」トレーニングを使わなくても直すことはできると思うんです。
    ただし、台の上に乗せられた犬だけ(犬の一面だけ)を見て、咬む理由(恐怖か、嫌悪かなど)を分析し、それに応じた対処法(トレーニング法)を考え出すことは、相当飼い主さんにとってはタフな作業になると思います。
    お散歩トレーニングでは、自分の犬との信頼関係を築くのが目標であることはもちろんですが、色々な飼い主さんとワンコたちの関係性をたくさん見ることもできること、チャーリーママ様からじかにアドバイスをもらえること、お散歩中に愚痴をこぼすお友達ができること(爆)、その結果、飼い主さんが肩から力を抜けること、努力する飼い主さんをみて、自分も奮起できることではないでしょうか。
    笑うと若返るっていうし(←関係ない?)
    ・・・にしても、どうして「お散歩トレーニングで咬みは治らない」と断言できるのか。
    歩くのと、台上でじっとしているのでは違うから、ということなのかしら(笑)。
    ではなくて信頼関係のしっかりした土台を築いた上で、個別具体的な問題に取り組むと、良い結果がついてくると思われます。
    どなたかわからないですけど、楽しく明るくトレーニングして、なおかつ良い子に育つなら、それがもっとも良い方法です。
    外野は気にせず頑張りましょうね♪

  12. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    >  たった半年ですが、小田原やつくばでのお散歩でカンスケには変化が見られます。
    >  初めて小田原に行った時のカンスケと今のカンスケ、表情がまるで違います。
    仰るとおりですね~。
    全然違います。
    いい意味での自分の世界を保てている、そんな気がします。
    自分の世界があるから、他の犬を気にしたりしなくてもいいんだ、
    ということが続けば、年を重ねて丸くなって行くのと同時進行で
    どんどん良くなって行くと思います。
    >  あの時のつくばや小田原の皆さんの励ましと暖かい言葉、会ったことがない人からまで勇気付けられました。
    >  お散歩は他の犬のことをあれほど本気で考え心配してくれる人が集う場なのだと思います。
    お散歩トレーニングでは、時々お話しすることですけど
    自分だったらどうするかをいつも考えてくださいね、
    ということ。
    相手の身になる。相手の気持ちになる、ということですね。
    そうすると、温かくなれるじゃないですか。
    いいですよね。
    >  そして、愛犬と散歩しながら自分と犬について模索し考えるという貴重な場であることは間違いないです。
    >  チャーリーママさんのおかげで帰省先でもあぶさんとお散歩ができました。
    一度でも体験したことは犬は特に忘れません。
    楽しいことは尚更です。
    >  最近はカンスケの方から「これでいいんだよね?」と笑って確認してくることも多くなりました。
    >  カンスケのトラウマはなくなるとかそういうものではないと思いますが、その鍵が開けにくくなるように私たちが気をつけてあげることを続けて行くことは大事だと思っています。
    専門家の方が焦るみたいですね。
    咬み、という非常にデリケートな問題は、性急さは命取り、文字通り命取りになるんですけど・・・
    咬む犬は特別ではなく
    表現が違っちゃっただけです。
    矯正法は変わりがないんですね。
    >  昨日、出掛けにやる気マンマンのボクサーのような犬と強面のおじさんにばったり出会いましたが、カンスケは一瞬見て目を反らしました。
    >  「この犬にはかなわないなぁ」と判断したのかどうかわかりませんが、やる気マンマンの犬に吠えていかなかったのは初めてです。
    >  あ、私もちょっと目を反らしてしまいました(笑)
    きっとね~、
    市ちゃんの顔が脳裏をかすめたのかも。(爆)

  13. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > 先日チャーリーママさんにテンちゃんはカフェに行くと異常に興奮してストレスが溜まるので連れて行かない方がいいのでは?と言う相談をしたのを覚えていますか?
    覚えていますよ~。
    その後のメール滞ってます。もうしばらくお待ちくださいませ。
    > その後、テンちゃんはカフェに連れて行ってないんですが
    > 『犬たちが必要とするリーダー』を読んで私の考えは間違ってるの?って疑問に感じました。
    ああ~、そうかぁ。そういうように捉えたのね?
    > ストレスが掛かるから連れて行かない。。。
    > 可哀そうだから連れて行かない。。。
    > 異常に興奮して転移性の噛みつきに繋がるから連れて行かない。。。
    カフェ、という空間は、興奮しすぎる、という子以外でも
    特に連れていく必要のない場所だと私は思うのね。
    行きたい人は、連れて行かれても大丈夫なワンコさんを連れていけばいいのであって
    無理に行く必要はない、というのが私の考えです。
    だから、テンちゃんを連れて行かないのは懸命だと思います。
    まずは、お散歩前の興奮を鎮められるような練習がいいかな。
    お休みの時に何度でもリードを持って出かけるふり作戦はいかがでしょうか?
    > これは全部私が大変だから連れて行きたくない!って言う風にも取れるんですよね・・・
    > これでは、テンちゃんの脳や神経にストレスが打ち勝つ力が付かないんですよね。。。
    パニックになった脳では、何も身につきません。
    > 正直・・・異常に興奮して目つきが変わる瞬間が怖い・・・と感じる時が殆どです・・・
    > お散歩の時、他のワンコに吠えるテンちゃんを拘束技で拘束する事も噛みつくので出来ないです。。。
    これはもう、パニックですから。
    先ほども言いましたけど、まずはお家の中での興奮を鎮められるように、です。
    > インターセプトも足に噛みつきにくるんですよね~[絵文字:v-388]
    > 私のやり方がイラつかせるのかなぁ~?
    ちょっとしたコツやタイミングがありますから、
    なかなか難しいです。でも、進歩が見られるのですから
    引き続き頑張ってくださいね。

  14. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > 今さっき帰ってきました(T_T)
    お疲れ様~。
    明日よろしくお願いします。(タフですねっ!)
    > おぉ~漁港が!!!!明日もスカっと晴れるといいなぁ。
    > トンネル経由漁港ゆき、、、どうなるのかな?
    > 皆様よろしくお願いします。
    10頭くらいの予定です。
    大中小です!
    超特大になる(笑)パピーも参加します。
    お題の・・・噛む子も参加しますよ。
    > トリミング台上での咬み付き。色々な問題があると思いますけど、トリマーの技術不足というのもあるし、技術的には「お散歩」トレーニングを使わなくても直すことはできると思うんです。
    > ただし、台の上に乗せられた犬だけ(犬の一面だけ)を見て、咬む理由(恐怖か、嫌悪かなど)を分析し、それに応じた対処法(トレーニング法)を考え出すことは、相当飼い主さんにとってはタフな作業になると思います。
    仰るとおりですね。
    咬むことに恐怖心が出てしまっている飼い主さんに必要なことは
    咬まれても我慢できるほどに犬が愛おしく感じられるかどうか、です。
    それは、自分の犬が他の犬の中で成長すること
    他の飼い主さんの中で楽しく過ごす様子を見ることからも育まれると思うのです。
    > お散歩トレーニングでは、自分の犬との信頼関係を築くのが目標であることはもちろんですが、色々な飼い主さんとワンコたちの関係性をたくさん見ることもできること、チャーリーママ様からじかにアドバイスをもらえること、お散歩中に愚痴をこぼすお友達ができること(爆)、その結果、飼い主さんが肩から力を抜けること、努力する飼い主さんをみて、自分も奮起できることではないでしょうか。
    > 笑うと若返るっていうし(←関係ない?)
    様じゃなくてよいです・・・(笑)
    笑うと若返るんですねっ!了解です!
    > ・・・にしても、どうして「お散歩トレーニングで咬みは治らない」と断言できるのか。
    > 歩くのと、台上でじっとしているのでは違うから、ということなのかしら(笑)。
    支配性理論でしょう。
    > ではなくて信頼関係のしっかりした土台を築いた上で、個別具体的な問題に取り組むと、良い結果がついてくると思われます。
    はいっ!
    来年から取り組む予定です。
    ずいぶん、進展していますから。
    > どなたかわからないですけど、楽しく明るくトレーニングして、なおかつ良い子に育つなら、それがもっとも良い方法です。
    > 外野は気にせず頑張りましょうね♪
    明日すぐに分かりますよ~。
    アドバイス、励ましお願いいたします。
    お休みなさい。

  15. サチかか より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    本日、バイオウィルクリア届きました♪早々とありがとうございました!市ママさんのブログで知って、ずっと試してみたいなぁって思ってました。サチはすぐ臭くなるんで…。オマケの試供品もたくさんありがとうございました!名前を呼んでおやつに使うと何百回も使えるやんっなんて思ってます(笑)うちの近所は本当に老犬が多くて、サチは遊ぶ気満々でも「もうおじいちゃん(おばあちゃん)だからゴメンねぇ」と言われてしまいます。たま~に5、6歳のワンちゃんに会っても鼻と鼻を近付けるとガウッ!と怒られることが多いです。でも今日は初めてお尻のにおいを嗅がせてくれるワンちゃんに出会えました。こんな感じで毎日ちょっとずつでも色んなワンちゃんと触れ合うだけではダメですかねぇ?お散歩トレーニング、本当に羨ましい限りです(ToT)

  16. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > 本日、バイオウィルクリア届きました♪早々とありがとうございました!
    >市ママさんのブログで知って、ずっと試してみたいなぁって思ってました。サチはすぐ臭くなるんで…。
    >オマケの試供品もたくさんありがとうございました!
    ご注文ありがとうございました。
    とっても良い商品ですか有効利用してくださいね。
    >名前を呼んでおやつに使うと何百回も使えるやんっなんて思ってます(笑)
    気に入って食べてくれるといいです♪
    >うちの近所は本当に老犬が多くて、サチは遊ぶ気満々でも「もうおじいちゃん(おばあちゃん)だからゴメンねぇ」と言われてしまいます。
    >たま~に5、6歳のワンちゃんに会っても鼻と鼻を近付けるとガウッ!と怒られることが多いです。
    >でも今日は初めてお尻のにおいを嗅がせてくれるワンちゃんに出会えました。
    こんな感じで毎日ちょっとずつでも色んなワンちゃんと触れ合うだけではダメですかねぇ?お散歩トレーニング、本当に羨ましい限りです(ToT)
    少しずつでも大丈夫ですよ~。
    お散歩トレーニングみたいなことをしてくれる方がいるといいですね。
    社会化ブログの読者さん、きっとそちらにもいらっしゃるでしょうから
    一緒に集まれるといいですね・・・
    頑張ってくださいね。

  17. 茶々サスケハカセ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    返信への返事です。
    大変だったでしょ。ってその言葉で、大変だったことが、
    大変じゃなかったように思えます・・・
    ありがとうございます。
    毛むくじゃらのゴテゴテ状態からは、
    どういう方法かは、わかりませんが、丸裸にしてくれたショップがありました。お顔も。
    でも、2回目からは、お顔は嫌がってできませんでした。と、体も中途半端なまま帰ってきました。
    他の子たちは家で洗ったりカットしたりなので、
    トリミングのショップを選ぶ方法がわからなくて、
    何店舗もあるところに頼んでいたのですが、
    聞いてると評判もよくないし、もしかしたら
    あんなガルガルを丸裸にカットできたのは、薬でも使ったのかと
    思うと怖くなって、他を探しだしたんです。
    そしたら、ことごとく断られました・・・
    嫌な顔されたりして。そんな子は、うちでは…っで。
    この子は悪くないのに。。。
    誰もわかってくれないと悲観的になっていました。
    うちに来て3か月ほど家族の手や腕をフとトラウマを
    思い出したように噛み続け、ピアノが仕事の姉の手を
    噛んで、大変なケガになったり…(治りました)
    で、悩みに悩んでいたときに、
    お医者さんで紹介してもらっていたドッグスクールに、
    相談に行きました。
    ドッグスクールがどんなところなのかも知らなかったのですが、
    話をしていて、助けてもらえるかもと思ったのと、
    叩いたり怒鳴ったりしないところだったので、
    3か月預けました。
    そこでも、始めは大暴れで大変だったそうです・・・
    預けたものの、寂しがりで怖がりのガルガル犬なので、
    どうしてるか毎日気が滅入るくらい心配でした。
    でも、3か月後、お迎えに行くと、見違えるくらい別犬のようでした。
    人といるのが楽しくて、人と歩くのも楽しくて、
    人の言うことに耳を傾けるのも、撫でてもらうのも、
    大好きな、笑う犬になっていました。
    涙がでました。。。
    今までどんな飼い方をされたのか、謎だらけですが、
    あの小さな体で、辛くて怖い思いをしてきたのでしょう・・・
    どんなに噛まれても、その過去を忘れさせてあげたい思いが
    強くなりました。
    噛まれるのって怖いけど、噛まれた後って、それを超えて
    思いが強くなる人と、怖いの方が大きく残ってしまう人と
    2通りにわかれる気がしました。
    今も、相変わらず怖がりなので、お散歩で他のワンたちに
    吠えまくるし、他の子をかわいがったら体当たりしてくるし、
    相手してくれるまで根気強く鳴き続けますが、
    愛情を知ったから、もっと愛が欲しくなるんだなぁと・・・
    甘いですが、そんな風に思いながら、鳴き続けるハカセを、
    目を細めて、あなたはだんだん眠くなる…みたいに
    遠く見つめています。スゴイ効き目ですよね!
    遠慮がちに、ン~・・・って言いながら、座ってみたりして、
    そしたら、大褒めしています。
    とっても長くなりましたが、これからも勉強させていただきながら、
    ワン達を大切に過ごしていきます♪

  18. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    いろいろお話してくれてありがとうございます。
    頑張っている方の励みにもなりますね!
    また・・・お預けになったドッグスクールは良いところのようですね。
    なかなか、ないですよね。
    そこまで良くなった、ということが。
    あるのでしょうけど・・・私の元に相談に来る方は
    お預けで酷くなったケースが多いので。
    噛む、といっても理由は大抵の場合恐怖のトラウマでしょう。
    防御、なのです。
    それに対してできることは
    だれもあなたを、いじめたり、傷つけたりしないよ
    ということを理解してもらわないといけないわけですよね。
    そこのところが分からない専門家も多いので、噛みつきを強制で直そうとしてしまうのでしょう。
    これからも楽しくお過ごしください。
    またお話聞かせてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました