固まる前に介入する

この記事は約2分で読めます。

004_20091124141746.jpg

インターセプトについていろいろ、 自分なりにいろいろ研究していくと、 この方法は、犬との関わりすべてなんだな、って思うようになりました。

勝手に命名したわけですけどね・・・(笑)

一番嬉しかったのは ココの雷恐怖症に明るい兆しが出たことです。 恐怖症っていうのは 犬が自分では乗り越えられないもの、恐怖を持つことです。 恐怖を持つまでには じっと、その刺激を受け続けていたわけですよね。

見続ける、集中して聞き続ける・・・とか。

情報を遮断するどころか、五感をフル稼働させて恐怖の正体の前に立つ。

そこで・・・ 逃げ込める何かがあれば、 恐怖の相手からとりあえず避難できればいいのですが・・・

犬たちはじっと見て聞いて、固まることを選ぶようです。 選ぶっていうか・・・そうなっちゃう。

人ならば、 そのものの正体とか、怖くはない、自分には害がないことを 十分見させてあげれば克服できるのかもしれませんね。

でもそうでない個体もいます。 犬は、 乗り越えられないものを持ちやすいのではないかな、この人間社会で 犬としての本能が薄れて余計に。

本能が薄れているので 犬なりに解決することが難しかったりしますから そこで人は積極的に介入することも必要になるのでしょう。

犬同士では教えられないものが、この人間社会にはある、ということです。 インターセプトは、犬の意識集中を邪魔することです。 だから、恐怖を感じる刺激に集中することを許さず、 私に意識を向けられれば 乗り越えられるのではないかと思うわけです。 また、そう確信しています。

その確信のもとに、ここ数年音の恐怖症と戦ってきたわけです。 怖いから、かわいそう・・・ とは私は思わないの。

怖いものに集中しないのよ、とう強い気持ちで インターセプトして私へ集中させるのです。 これによって救われる犬は、きっと多いと思うのです。

人のちょっとした意識の転換が必要ですけどね。 怖いものは乗り越えられないのではないか、という思い込みを崩したいですね。

 

コメント

  1. 海渡ちち より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    「恐怖に固まる」ですか、なんか、自分の限界を他人にいえなくて、抱え込んで・・・・っていう人に共通するとこがあるような気がしますね。
    我が家のいたずら坊主にも、たまにはフリーズしてほしい(笑)。
    あそこで、変な音がするぞ・・・ってワンワン。
    我が家は大丈夫と説得して理解してもらうまでが大変(笑)
    基本的に、不思議なものに顔をつっこむタイプのようです。
    ただし、散歩中の公園で大型犬に噛まれたあとは、その公園のある道には、いこうとしないので、トラウマになってるんでしょうね。
    こんなトラウマを消す?軽くする方法ってあるんでしょうか。
    (この大型犬のいる家には、小型犬もいます。
    この小型犬の女の子が大好きで、散歩であうたびに、遊ぼうってしてました。そのたびに、大型犬は、飼い主さんから木などに繋がれていたんですよね。おそらく、そんな不満が爆発してのことなんだろうとは思います。飼い主さんの目を盗んで、家を飛び出し、公園へきてガブですから。でも外傷はなかったので、アマガミだったんでしょう。そのとき、現場にはいなかったので、上さんから聞いた話によると、もうダメだと思ったそうです。)

  2. 茶々丸ママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは~♪
    今日タローの主さんやルークママさんなどいらっしゃるとのことですっごい行きたかったんですが、茶々丸が少しお疲れ気味で断念いたしました。
    メッセージをいただいたルークママさんに、茶々丸に会ってもらいたかった(汗)
    ココちゃん~♪
    いつ見てもかわゆいですね~♪
    そして…ガッチリしてますね~(笑)
    雷を克服しつつあるのですね!
    ココちゃんいい仔♪
    茶々丸は…おイタが続いております。
    今日もダイニングのイスに座ってたら、わざと(?)足にオシッコをかけられました(汗)
    今日は散歩しつつ病院に行きたかったので、いつもは散歩から帰ってきてからご飯なのですが、行く前にご飯にしました。
    私もいっしょに食べていたのですが、茶々丸のほうが先に食べ終わったので待たせておいたんですね。
    そしたらかけられました(汗)
    朝一のオシッコは、トイレに誘導してできたんですけど…。
    「違うよ」とは言ってはみたものの、わざとだったら違うことはわかってますよね~。
    わざとでも叱ってはいけないのでしょうか。
    いちおう掃除したあと、しばらく無視しときました。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > 「恐怖に固まる」ですか、なんか、自分の限界を他人にいえなくて、抱え込んで・・・・っていう人に共通するとこがあるような気がしますね。
    そうですね。
    そこから気を逸らせなくなって集中してしまう。共通していますね。
    > 我が家のいたずら坊主にも、たまにはフリーズしてほしい(笑)。
    > あそこで、変な音がするぞ・・・ってワンワン。
    これを罰で矯正しようとすると、
    一転憶病さが出て、震えたり、拘り過ぎたりするのではないかな、って思います。
    > 我が家は大丈夫と説得して理解してもらうまでが大変(笑)
    大変ですが、そのように対応してあげれば大丈夫でしょう。
    > 基本的に、不思議なものに顔をつっこむタイプのようです。
    > ただし、散歩中の公園で大型犬に噛まれたあとは、その公園のある道には、いこうとしないので、トラウマになってるんでしょうね。
    > こんなトラウマを消す?軽くする方法ってあるんでしょうか。
    行こうとしないからそこには行かない、という選択もありかもしれませんが
    私だったら、そこを克服させたいので、
    おやつを使います。
    スペシャルなおやつを、トラウマになっている場所でも食べられるように
    毎回少しずつ行って慣らせば、克服できますよ。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > こんにちは~♪
    > 今日タローの主さんやルークママさんなどいらっしゃるとのことですっごい行きたかったんですが、茶々丸が少しお疲れ気味で断念いたしました。
    > メッセージをいただいたルークママさんに、茶々丸に会ってもらいたかった(汗)
    今日は暖かでしたね。
    タローの主さんはお仕事でいらっしゃいませんでした。
    ルークママさん、panさん、はなぷー。さんがいらっしゃいましたよ~。
    12月から、ルークママさんは月一くらいでいらっしゃる予定だそうですので
    大丈夫!
    また見てもらいましょうね。
    > ココちゃん~♪
    > いつ見てもかわゆいですね~♪
    > そして…ガッチリしてますね~(笑)
    > 雷を克服しつつあるのですね!
    > ココちゃんいい仔♪
    ぐふふ・・・
    4歳頃までは、チャーリーと同じ距離を、かなりの速度で歩いていましたから。
    膝が抜けるので筋肉でカバーするため。
    体を作ることで、ストレスに負けないように。
    伝染性の疾患にかからないように、かかっても点滴に至らせないように・・・
    とか。
    小さな子だからこそ、頑張って体を作りました。
    もちろん良く食べますよ。
    > 茶々丸は…おイタが続いております。
    > 今日もダイニングのイスに座ってたら、わざと(?)足にオシッコをかけられました(汗)
    [絵文字:i-229]
    典型的な思春期の症状みたいな。。。
    イライラや、思い通りにいかないことをマーキングで意思表示、ってやつね。
    確信犯です。
    だからこそ、叱らないのね。
    叱ることを選択しても別にそれは飼い主さんの自由ですけど、
    思春期と言うのは自分のモデルを探す時でもあると私は思うので、
    動じない飼い主さんであってほしいな、と思うの。
    動じない犬に育ってほしいから。
    他の犬にギャンギャンされた時、ギャンギャン言う方が悪くても
    動じず凛とした犬の方がいいじゃない?
    だから。[絵文字:i-236]

  5. 茶々丸ママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは(汗)
    なるほどなるほど、すごくよくわかりました!
    今行っている、「違うよ」と言うのと、しばらく無視するというのも叱りに入ってしまいますか?
    無視はだいたい5分程度、「違うよ」と言う時は感情を込めないで言うのが伝わりやすいかなぁと思っているのですが…。
    それとも、何も言わず掃除をして、今朝の場合でいうと何ごともなかったようにすぐ散歩に出てしまってよかったのでしょうか。
    叱らず伝えるって難しいですね(汗)
    うちでは今のところ、イタズラやそそうも片付けたうえで「無視」で対処しています。

  6. ハク母 より:

    SECRET: 0
    PASS: d9a3591d3be0f035cd62a7f2a0e7dc4e
    インターセプトの話題で、ちょっとお聞きしたいことが。
    実は今日、うちに黒ラブのレオンくん(7歳・去勢オス)が遊びに来てくれて、一緒にお散歩していたんですね。
    で、二頭で並んで歩いていたときにハクがレオンくんの首に片足をかけて噛むような振りをしながら「ガウ」っと言ったんです。
    そしてすぐにお互い離れました。
    別に興奮した感じの「ガウ」じゃなくて、一言言っただけでした。
    これって、二人の間に何かがあって、それにハクが文句を言ったのでしょうか。
    それとも遊びのルールを知らないハクが前置きなしに遊びモードに入った、とか?
    前回会った時はハクとレオンくんの間にさりげなくわたしが入ってインターセプトし続けていたのですが、今日は会うのも3回目なのでそろそろ大丈夫そうだと思い、ハクとレオンくんに任せてみていたところでした。
    どうなんでしょう。
    次からもインターセプト続行の方がいいんでしょうか。
    ちなみに、ハクは真っ正面からレオンくんが歩いてくると、動きを止めて視線が合わないようにはしているようです。
    レオンくんもハクの背後を見るような視線を使います。
    ある程度は犬たちに任せてみても大丈夫…ですよね?

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > なるほどなるほど、すごくよくわかりました!
    茶々丸君は強い仔なので、
    強く叱って育てると、弱い仔に威張るようになると困るな、って思うので。
    市ちゃんのように強いものに向かえるといいですね。
    喧嘩しろということではないですよ。(笑)
    堂々とするということはそういうことね。
    > 今行っている、「違うよ」と言うのと、しばらく無視するというのも叱りに入ってしまいますか?
    > 無視はだいたい5分程度、「違うよ」と言う時は感情を込めないで言うのが伝わりやすいかなぁと思っているのですが…。
    > それとも、何も言わず掃除をして、今朝の場合でいうと何ごともなかったようにすぐ散歩に出てしまってよかったのでしょうか。
    > 叱らず伝えるって難しいですね(汗)
    私は何も言わない方を選択しますね~。
    その代わり、毛穴から怒りがブシュブシュ出るくらいに気合を込めて!(爆)
    匂うそうよ。本当に。

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    前の動画をもう一度見させていただきましたが、
    どちらも、シグナルが使えていますし、
    さらに3回目ということで、
    足をかけてガウの後、すぐに離れたと。
    それらを総合すると、任せても良いと思います。
    さらに、ハク母さんが見て緊張感が感じられないと思われるのであれば
    それは正しいはずですよね。[絵文字:i-236]
    私は正しいと思います。
    若いにいちゃんがちょっと意気がって見せた、
    それに「ああ~わかってるよ~」とレオ君が応えた、
    そんな感じ?かな?

  9. まっちゃんママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 09da6e9842e048771f903fbbfffb0287
    ♪ふやしてみました。
    言葉の定義は作った人が決めること、この技はコブラツイストだよー(笑)と言われれば皆コブラツイストと覚えますよね。
    チャーリーママさんが提唱していらっしゃる事って日本人の犬とのつきあい方としては新しい方法論なのでしょう。対応する言葉がない、ですよね。
    チャーリーママさんが「インターセプト」というカタカナでこういう意味で使っていきます、とおっしゃっているので私はあまり気にしていませんでした。
    たとえば「陽性強化」、というのはpositive reinforcementですよね。苦労してどなたかが翻訳されたのでしょう。「陽性強化」といわれてもそれが「罰を使わず褒めによって犬の好ましい行動を強化、定着させる」という意味だというのは相当犬の事を専門的に勉強した人しか知らないのではないでしょうか。「陽性強化」とぱっときいても意味がわからないですよね。わたしだけ?
    ただシーザーミランの番組ではよくblockする、と言いますね。英語のinterceptはスポーツでボールを横取りすることもいうので英語の詳しい人には誤解を招くかもしれません。間に入って遮断するという意味ではblockなのかなと。body blockは体で物理的に、それから麻酔で神経をblockするなどと言いますよね。
    smallcountryさん、いかがでしょう、とふってみる。
    追伸です。イギリスのテレビで毎日夕方二時間放送していたシーザーの番組のあとにIt’s me or the dog?というのがやっています。イギリス人のドッグトレーナーVictoria Stilwellがアメリカの家庭の犬にお行儀を教える番組です。これは典型的positive reinforcementの方法です。Youtubeなどでもご覧になれますよ。優しいほめ言葉、トリート使い、わたしにもできそう、と思えて楽しい番組です。シーザーのようなカリスマの真似はできませんから。。。

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > ♪ふやしてみました。
    > 言葉の定義は作った人が決めること、この技はコブラツイストだよー(笑)と言われれば皆コブラツイストと覚えますよね。
    ♪が増えたのね~。(笑)
    ブロックも考慮したんですよね。
    でも・・・
    意識を遮るというか、意識の伝達(見えないもの)を遮るということで
    もうちょっとなんかないかな、とか。
    視線を遮る動きはスポーツみたいだし・・・
    私の中では犬の意識を私がキャッチする、ということでインターセプトか、とか。
    別に言葉を作らなくてもいいか、とも思ったのですが
    ブログでお伝えするときにひっくるめてこれっ!っていうものがあったらいいな~
    と思うわけです。
    あっ!公募するとか!(爆)
    >「陽性強化」とぱっときいても意味がわからないですよね。わたしだけ?
    いや。
    私も分からないかも。
    > ただシーザーミランの番組ではよくblockする、と言いますね。英語のinterceptはスポーツでボールを横取りすることもいうので英語の詳しい人には誤解を招くかもしれません。間に入って遮断するという意味ではblockなのかなと。body blockは体で物理的に、それから麻酔で神経をblockするなどと言いますよね。
    > smallcountryさん、いかがでしょう、とふってみる。
    ふってくださって、ありがとう。(爆)
    お忙しいかな。
    > 追伸です。イギリスのテレビで毎日夕方二時間放送していたシーザーの番組のあとにIt’s me or the dog?というのがやっています。イギリス人のドッグトレーナーVictoria Stilwellがアメリカの家庭の犬にお行儀を教える番組です。これは典型的positive reinforcementの方法です。Youtubeなどでもご覧になれますよ。優しいほめ言葉、トリート使い、わたしにもできそう、と思えて楽しい番組です。シーザーのようなカリスマの真似はできませんから。。。
    見たことあります!
    もっと見ようと思って今、検索してお気に入りに入れておきました!

タイトルとURLをコピーしました