なぜ、脚側を教えないのですか?

この記事は約3分で読めます。

002_20091030204046.jpg

もう少し、脚側トレーニングを考えます。

脚側は必要ないと思っている方に、 楽しく行ってほしいと思うからです。

また、なぜトレーニングをするかの意義を認識していただきたいから。

この意義は、 呼び戻し、自信、飼い主さんのそばでの安心感につながり またそれが 興奮=パニックの覚醒につながるからです。 恐怖からの覚醒にも。

脚側歩行をを教えたい場合、 多くの方法は、物理的に前に出られない(横にもいけない)ように リードを短く持ちますね。

犬は頭をコントロールすると動きもコントロールしやすいですから ハーネスよりもカラーを使うわけです。

前に出ようとするたびに リードは上に引かれ、犬は前足が浮いた状態になりますから 前に行くことはできないのですね。

プロは手首の返しが熟練されていますので たいした力を使わずに制御できますが、普通の飼い主さんは 見ていても顔がゆがむくらい、酷い引き方をしています。

中には、チョーカーを使っているのに、犬がかなり前方を歩いているから 犬は苦しそうにあえいで、舌は色が変わっていたりします。

多くの場合は、チョーカーが首の付け根に下がっていますので 気管を圧迫して、気管を傷めるという結果に陥りやすいのです。

このような方法が脚側トレーニングだと認識されているから トレーニングが嫌いになるのではないでしょうか?

また・・・ マグネットで誘導してばかりいると、おやつで釣っている感じがして嫌だとか。

後は、小型犬の飼い主さんに多いのですが 釣りあげて移動させるか、抱っこしてしまえばすむので 脚側の必要性がないと思っているか・・・

要は、どれも飼い主さんの心構えの問題ですね。

飼い主さんとともに何かをするのが楽しければ 犬はいつでもやる気満々なのです。

そのやる気に導くための手助けをしてくれるものがおやつ、 なわけですが、 もっと大事なものは・・・? 道具ではないですよ。

それが飼い主さんの言葉がけ です。

言葉をもっともっと有効にするのが、犬が動きやすい飼い主さんの動き、 そしてマグネットのためのおやつ、ということですね。

興奮した時には、理性が働かないでしょ?

脳が働かなくって(前頭葉が) 辺縁系に支配されているので 反射的なもので犬を誘導してあげないと動けないのね。

だから繰り返しの飼い主さんの声と、反射的になるまで飼い主さんの元についてこさせる練習が 必要なんです。

トレーニングすると、自制心が強くなって、パニックに陥りにくい脳が作られる といわれていますが、 そこは動物ですからね。

パニックにならない個体はないのです。

あなたの犬がパニック、興奮状態になった時に、 どうやって我に帰してあげたいか、その希望がそのままトレーニング方法に結び付くのですよね。

あなたという存在なのか。 大きな音やリードショックでの罰なのか。

トレーニングの意味、犬を飼うことの意味、にも通じますかね。

 

コメント

  1. 茶々丸ママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちわわ~♪
    最近は走りっぱなしのお散歩ではなくなってきたので、存分に匂いかぎ&排泄を済ませてから、脚側の練習をしています。
    偶然でも脚側で歩けたらイチイチ「ついて♪いい仔ね~♪」でおやつ。
    名前だけを呼ぶよりも「いい仔ね~♪」をプラスして言うと、こちらを見上げてくれることが多いようです。
    拾い食いはターゲットを変えつつ(タバコは卒業しました!)続いてますが、くわえてしまう前に「いい仔ね~♪」と言うと、スルーできるっぽいです。
    ワンコさんに遭遇した時は特に激しく、挨拶をした後に、地面の匂いかぎと拾い食いで、この時は私の声もおやつの匂いもはいってこないようです。
    硬い枝を噛んで飲み込んでしまうので、ちょっと慌ててしまいます(汗)
    我が家の近所は、歩道もなく1台しか通れない幅の無理やりな二車線が多いので、まだとっさの時はつい抱っこしてしまいます。
    怖がりでワンコに吠えては首を吊られちゃってるチワワちゃんを最近見かけますが、やはり興奮しっぱなしですね。
    いつもおやつをあげますが、きちんと伝えてあげたいことがいっぱいあるのに、口下手でドキドキしちゃって、今朝も逃してしまいました(>_<)
    明日こそは!

  2. うにトロママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    チャーリーママさん、こんにちは
    ブログ3周年、おめでとう&有難うございます!
    貴重な情報やアドバイスをおおいに参考にさせて頂いて、
    ワンコたちとの楽しい暮らしを送っています。
    今日の動画のことですが、ルナちゃんママさんの動き方、これが「犬が動きやすい飼い主さんの動き」ですね!
    私はこれまで「脚側歩行」と聞くと、犬を飼い主の足元に引き寄せておくイメージがありました。少々強引にでも引っ張りつけておくような・・・。
    なので、あまりやろうとは思わなかったのです。
    でも前回の記事に、まずは「人」が犬の横に動いて「ついて」を教えればよいとあったので、「ああ~、そうだったのかぁ~!」と妙に納得でした。
    実は、1匹ずつ3mリードで散歩している時には犬に合わせてクルクル回っているんです、私。
    かなりクルクルと回転しながら・・・(笑)、そうして犬の横に(私が)「ついて」いたんですが、これ、間違いじゃなかったんですね?
    こうして横にいることを教えていって、呼び戻しも出来るようにしていくんですね。
    動画のルンタンママさんのように、もっとスムーズな動きが出来るようにがんばってみます。
    それにしても、吊り上げて移動させるって・・・
    以前、小型犬で完全に空中に吊るし上げられちゃっているのを見たことがありますが(しかもカラーで)、あまりにも可哀想でした。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > 最近は走りっぱなしのお散歩ではなくなってきたので、存分に匂いかぎ&排泄を済ませてから、脚側の練習をしています。
    そうですか!
    いつもかっ飛んでいるわけではないのですね?
    茶々丸君=かっ飛び、というイメージは拭えないなぁ。(笑)
    > 偶然でも脚側で歩けたらイチイチ「ついて♪いい仔ね~♪」でおやつ。
    > 名前だけを呼ぶよりも「いい仔ね~♪」をプラスして言うと、こちらを見上げてくれることが多いようです。
    そうでしょ~?
    行動を起こそうかどうしようか迷っている時も
    とりあえず「いい子ね~」って言うと動いてくれるのね。
    素直ですよね、ワンコって。
    > 拾い食いはターゲットを変えつつ(タバコは卒業しました!)続いてますが、くわえてしまう前に「いい仔ね~♪」と言うと、スルーできるっぽいです。
    すごいすごい!
    > ワンコさんに遭遇した時は特に激しく、挨拶をした後に、地面の匂いかぎと拾い食いで、この時は私の声もおやつの匂いもはいってこないようです。
    > 硬い枝を噛んで飲み込んでしまうので、ちょっと慌ててしまいます(汗)
    対ワンコさんは心拍数も上がるので、プチパニック、って言う感じなのでしょうね。
    気になって、ハーネスに頼ってホールドラッピング
    リードを少し上下に動かして圧をかけたり、緩めたりするといいですよ。
    > 我が家の近所は、歩道もなく1台しか通れない幅の無理やりな二車線が多いので、まだとっさの時はつい抱っこしてしまいます。
    大丈夫ですよ。
    安全第一でお願いします。
    > 怖がりでワンコに吠えては首を吊られちゃってるチワワちゃんを最近見かけますが、やはり興奮しっぱなしですね。
    > いつもおやつをあげますが、きちんと伝えてあげたいことがいっぱいあるのに、口下手でドキドキしちゃって、今朝も逃してしまいました(>_<)
    > 明日こそは!
    頑張れ~![絵文字:v-220]

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > ブログ3周年、おめでとう&有難うございます!
    > 貴重な情報やアドバイスをおおいに参考にさせて頂いて、
    > ワンコたちとの楽しい暮らしを送っています。
    ありがとうございます!
    机上の空論ではいけませんし、私だけが納得していてもいけませんので
    試してみてもらわないと、有効かどうかを。
    と思って公開しています。
    なかなか聞いてくれる人がいない中、ここに来てくださる方は貴重な存在です。(笑)
    > 今日の動画のことですが、ルナちゃんママさんの動き方、これが「犬が動きやすい飼い主さんの動き」ですね!
    うん、そうですね~。
    軽いフットワークですね。
    それに、はなのおかぁちゃんの動きも良いですよ。
    どちらも1年間、頑張って来ました。
    > 私はこれまで「脚側歩行」と聞くと、犬を飼い主の足元に引き寄せておくイメージがありました。少々強引にでも引っ張りつけておくような・・・。
    > なので、あまりやろうとは思わなかったのです。
    > でも前回の記事に、まずは「人」が犬の横に動いて「ついて」を教えればよいとあったので、「ああ~、そうだったのかぁ~!」と妙に納得でした。
    そうなんですね~。
    まずは意識を変える。そうすると自分に合った方法も
    よりワンコさんに分かりやすい、優しい方法が選択できるはずです。
    > 実は、1匹ずつ3mリードで散歩している時には犬に合わせてクルクル回っているんです、私。
    > かなりクルクルと回転しながら・・・(笑)、そうして犬の横に(私が)「ついて」いたんですが、これ、間違いじゃなかったんですね?
    はい!それで大丈夫です。
    > こうして横にいることを教えていって、呼び戻しも出来るようにしていくんですね。
    > 動画のルンタンママさんのように、もっとスムーズな動きが出来るようにがんばってみます。
    飼い主さんのそばにいることがストレスでない、まずはそこから。
    そして一緒に楽しく動ける。→楽しいからそばにいたい、
    という感じ。
    頑張ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました