最終回・唸ったり噛む犬だったらどうしますか?

この記事は約3分で読めます。

>あとこちらのトレーナーの先生は「子犬は弱いものいじめをするものなので介入して(母犬のするよう>に)いじめをやめさせる必要がある」とおっしゃっていました。

>私はいじめられっこになっていたのでしょう。

>そして先生は私の夫に子犬が興奮している時は私に近づけないようにと言いました。 >これはお子さんのいる家庭に与えるアドバイスと同じです。

>情けないことです。母犬になろうとその時思いました。

 

私の愛読書のうちの一冊です。

動物感覚―アニマル・マインドを読み解く 動物感覚―アニマル・マインドを読み解く
(2006/05)
テンプル グランディンキャサリン ジョンソン

商品詳細を見る

この中で、青年期の動物の残虐性について書かれている個所があるのですが イルカとかシャチの攻撃性について。

なぜ、動物は暴力を生むのか。 その理由は分からない。

ただ…複雑な脳を持つがゆえに、副産物として 良いこと、悪いこと、その中間、いろいろな行動が生まれる、と書かれている。

イルカやシャチの残虐な行動は脳が未発達な時に見られる非行ではないか、と。

人間も 思春期には暴力にかかわる可能性が他の年代層に比べると最も高い、ということです。

ムツゴロウさんは、一度できた脳の配線がまたバラバラになって 再び結合するとき、というような言い方をされていました。

要するに、イライラするんです。

脳が飛躍的に成長する時には、特に脳はイライラする、 ということなのかな?って解釈していますが・・・

で、その解釈が正しいかどうかは、これからの研究を待たなくてはいけないのでしょうが ただ言えることは、 その成長によるイライラには、罰はNGである、ということです。

イライラによる噛みつきや唸り、 イライラは不安感でもあるでしょうし、満たされない思いであるかもしれない。

そういう状態の犬たちに、では何をしてあげたらいいのか? ということで、 思春期のカテゴリーを参考にしてください、と思うわけです。

>私がここでアドバイスを言う立場でないことは重々承知しています。

>でも、よそで言うより、チャーリーママさんがいらっしゃるこの場で思いを伝えることに意味があると

>信じています。

>サチかかさん、カテゴリの「思春期について」が私にはとても助かりました。

>まだ思春期でなくても、あるいはもう思春期でなくても大切なこと、いっぱい書かれています

心が強く保てない飼い主さんだな、と感じると まずは叱らないようにお願いしています。

心が強くないと、教育的無視も叱ることと感じてしまうようです。

かわいそうな感じがすることは全部叱りだと思うのね。 そうすると犬は不安定になります。

その状態で、強くなって、とお願いしても無理だったりします。

人によって受け取り方が違いますので、なかなか伝わらないポイントなのです。

そういう方々に、強さって何かを教えてくれるのは何だと思いますか?

それは・・・ 犬です。

あなたがヒートアップしたとき、犬はくるりと背を向けますね?

瞬きして不安そうにしませんか?

そのシグナルは弱さではない。 なだめは、弱さではない。 争いを避けるという命の知恵です。 知恵は強さではないでしょうか?

人は、科学の進歩で命をまじかに観察することをしなくなって久しく すぐにマニュアルを紐解こうとします。

でも・・・そこに一番の先生がいるのですよ。

それが犬と犬とのコミュニケーションです。

ガウッて言われてそっぽを向いたり、まるで何もなかったように 目の前をスルーする犬。

噛みの強い子犬に、わざと仰向けになって噛み加減を教える犬。

人の方法では犬は分からないから、困惑しているのかもしれません。

人は支配性を持ちだすことで、力で制御することを正当化し 犬を支配下に置こうとする。

犬は人と支配関係を結ぶために生きているわけではないから、 困惑して、不安感から唸ったり、噛んだりするのかもしれない。

正すべきは、人の方でしょう。 絶対的な安心感を用意できるか。

用意できるまでには時間がかかります。

何かをすれば完成する、というような単純なものではないのです。

そこを本当に人が理解できた時 犬は唸る必要も、噛む必要もなくなるのかもしれません。 私はそう信じています。

 

 

コメント

  1. ココア母 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます。
    唸ったり咬んだりする犬。ココアのことですね~。
    外面は非常にいいココア。
    一歩外に出れば万人、万犬に受けるような愛想のよさ。
    お散歩中も今のところ他犬とのトラブルもなく
    (相手方が回避してくださってる部分も多いのですが)
    ところが・・・
    家の中に入れば全くの別犬。
    ガウガウ咬み咬み犬に変身します。
    前回ご相談させて頂き、思春期ココアへの対応頑張り中です。
    まずは子どもたちへのレクチャー。
    今ココアは大人になろうとしてるから不安なんだよ。
    ガウガウポーズ(頭を下げ、尻尾じゃピーンと上へ。
    時には背中の毛が逆立つこともあります。)
    のココアには目を合わさないで。どうした?と構わないで
    そして私は何をするのか?
    ココアと名前を呼んで、抱きしめます。
    ホールドラッピングをしているつもりです。
    最初はココアの落ち着きを感じる事が出来なかった。
    でも最近は、抱きしめ後半でフッと力の抜ける瞬間が
    わかるようになってきました。
    そこで解放してあげると、子供達の所に自ら行き、
    ペロペロ。子供達にココアを褒めるようにさせます。
    一進一退の咬み咬みココア。
    でも信じてますから、このまま続けます。
    ココアにも子供にも拠り所?砦?懐?でありたいと思っています。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私は、心を強く保てない人でした。
    人に対する優しさと、犬に対する優しさを混同してしまっていましたから。
    チャーリーママさんから、性格は変えなくてもいいから、
    行動パターンを変えればいいとアドバイスを頂いてから、
    犬にとっての優しさとは何かを考え行動しているつもりです。
    どの仔に対しても。
    はなは私の大切なパートナーですけど、人ではない。
    はなをきちんと犬として見る様になって、犬についての知識を
    深めることで、自分も変わることが出来ました。
    この前、ドッグイズミラーってチャーリーママさんが言われてましたよね。
    ほんとうにそうだと思います。
    ワンコに落ち着いて欲しいなら、落ち着け自分!
    そう言い聞かせて、今日も楽しく過ごします♪

  3. 柴の母 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    チャーリーママさんご無沙汰しております。
    我が家の柴犬は生後5ヶ月にして専門医に「処分相当」と診断された噛み付き犬です。何度も噛まれて大怪我をして、チャーリーママさんに何度も相談し専門医とトレーナーさんに指示を受け、投薬、サプリ、トレーニングを続け、今があります。
    最初、他のしつけ方法にもこのブログの中にさえも、病的な自分の犬に当てはまる対処が見つけられず悩みまくりました。
    うちの犬は人の声も受け入れられませんでした。手からフードを上げると手に噛み付き、ご飯を与えると狂った様に襲い掛かってくる、寝ている最中に突然鳴いて私めがけて噛み付いて来る・・・
    それでも諦めずに専門家の意見を聞き、犬を観察し自分なりに工夫をして沢山のことを試して、できることを探して続けていきました。このブログをしっかり読んで御褒美を持って毎日散歩に出ました。
    今うちの犬を見て噛み付く犬だとは誰も思いません。優しくて甘えんぼの可愛い犬です。
    1年かかってやっとお互い癒しの存在になれました。(前はお互い「恐怖」でした)
    それでもフラッシュバックに備えてのトレーニングは続けていきます。もううちの仔は噛み付かない犬にはなれません。そのことを受け入れた上で、他人に危害を加えないよう細心の注意を払いながら犬と穏やかに暮らすこともできると信じています。
    しつけだけでは解決できない深刻な噛み付きの場合、飼い主の金銭的精神的負担はかなりのものです。
    「素人では無理だから処分するべきだ」という方も多いです。そうしてしまう飼い主さんを容易に責めることは私もできません。
    でも諦めずに犬を愛していけば必ず出口はあると思います。
    いろいろ助けていただいたチャーリーママさんに、穏やかに柴がご飯を食べられるようになったことをご報告ついでにコメントさせて頂きました。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > 唸ったり咬んだりする犬。ココアのことですね~。
    ふ~ん、そうなんですねぇ~。
    そういうのを相談すると、
    「家での主導権を狙っている」
    とか何とか言われやすいですよね。
    外で唸ったり咬んだりよりは気は楽ですよね。[絵文字:i-230]
    > ガウガウ咬み咬み犬に変身します。
    > 前回ご相談させて頂き、思春期ココアへの対応頑張り中です。
    風邪っぴきのようなものと思って
    頑張って思春期の対応をお願いしますね。
    今の対応でOKです。[絵文字:v-218]
    > 最初はココアの落ち着きを感じる事が出来なかった。
    > でも最近は、抱きしめ後半でフッと力の抜ける瞬間が
    > わかるようになってきました。
    解放する直前、脱力と同時に
    「いい子ね~」
    を必ずお願いいたします。
    > 一進一退の咬み咬みココア。
    > でも信じてますから、このまま続けます。
    > ココアにも子供にも拠り所?砦?懐?でありたいと思っています。
    大丈夫ですよ。
    ある日突然おさまるでしょう。
    そして、将来、息子さんたちが思春期を迎えた時
    彼らの頑張りとココアちゃん、みんなの頑張りを思い出して
    乗り切ってほしいと思います。

  5. サチかか より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    この数日間のサチは、穏やかにご飯を食べてます。唸ったり噛まれたりしないよう、色々考えられるようになってきました。チャーリーママさんとみなさんのコメントのおかげです。ありがとうございます。投げて食べる遊びをしては褒め、おかわりを手であげては褒めまくり…しばらく穏やかな日が続いているので、心臓がバクバクするのも、今のところおさまってます(^^;)今日の晩ご飯の時、すぐに食べずにお皿の前で寝そべってしまい、アカン!どうしようっ!取り上げなあかんのか~?!と思った時、褒めることを思い出し「サチはお利口やんな~♪」と言ったところ、すんなり食べ始めました!褒めるってスゴいんだなぁって感動でした。カーミングシグナルの本もやっと届きました♪子供達にも、犬語があるんやでぇって本の内容を聞かせてやったりしてます。こんな穏やかな日ばかりではないでしょうが、穏やかな日々が続くように私の方がちゃんと考えなあかんなぁ…って、初めて思えました。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    昨日はどうも~、でした♪
    それで~、ちゃかちゃか塩梅良く進んでますか?
    楽しみだ♪
    > 私は、心を強く保てない人でした。
    > 人に対する優しさと、犬に対する優しさを混同してしまっていましたから。
    いろいろ・・・乗り越えてきましたよね。
    私はおかぁちゃんにはメダルでも用意しようかと思いますよ。
    まあ、これからももっともっと成長していただきたいのでお預けです。(爆)
    優しさのお陰で、はなちゃんの脳は生き生きと輝きを保ったまま育ちましたよね。
    素晴らしいと思います。
    > チャーリーママさんから、性格は変えなくてもいいから、
    > 行動パターンを変えればいいとアドバイスを頂いてから、
    > 犬にとっての優しさとは何かを考え行動しているつもりです。
    > どの仔に対しても。
    ありがとう[絵文字:e-456]
    > はなは私の大切なパートナーですけど、人ではない。
    > はなをきちんと犬として見る様になって、犬についての知識を
    > 深めることで、自分も変わることが出来ました。
    難しい仔を育てたことで大きな自信になったはずです。
    もっともっと向上しましょうね。一緒に。
    心強いです!
    > この前、ドッグイズミラーってチャーリーママさんが言われてましたよね。
    > ほんとうにそうだと思います。
    > ワンコに落ち着いて欲しいなら、落ち着け自分!
    > そう言い聞かせて、今日も楽しく過ごします♪
    で?
    今日も楽しく過ごせましたか?
    明日もよろしく[絵文字:v-222]

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    お久しぶりです。
    報告してくださってありがとう!嬉しいです。
    ず~っと気がかりでした。
    ここ数カ月、トレーニング上手く行ったのですね。
    頑張ったのですね。偉いなぁ・・・
    最近になっても、柴犬のフードアグレッシブのご相談は多いです。
    多分、この多さは繁殖の問題にまで遡って考えるべきだと思います。
    飼い主さん方の対応のまずさではないケースばかりですから・・・
    だから、あきらめてしまう方々の気持ちも分かります。
    ただ・・・
    乗り越えた、頑張った、そういう方の声が聞きたいです。
    絶対に励みになると思いますから。
    これからも、細心の注意は必要でしょうけど
    それも含めて、慣れてくるでしょうから、お互いに。
    腹の探り合いはなくなって、いい意味でのあきらめ、譲歩っていうのかな
    そういう物で彩られた柴君との暮らしが続くことでしょう。
    お元気でね。
    皆さんでお幸せにね。
    たま~にでもコメントくださいね。
    柴絡みは盛り上がりますから。(笑)[絵文字:v-222]

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > この数日間のサチは、穏やかにご飯を食べてます。唸ったり噛まれたりしないよう、色々考えられるようになってきました。チャーリーママさんとみなさんのコメントのおかげです。ありがとうございます。
    そうですか。良かったです。
    対応に慣れてきたのですね。
    そうやって飼い主さんも成長していくのですよ。
    >投げて食べる遊びをしては褒め、おかわりを手であげては褒めまくり…しばらく穏やかな日が続いているので、心臓がバクバクするのも、今のところおさまってます(^^;)
    今日の晩ご飯の時、すぐに食べずにお皿の前で寝そべってしまい、アカン!どうしようっ!取り上げなあかんのか~?!と思った時、褒めることを思い出し「サチはお利口やんな~♪」と言ったところ、すんなり食べ始めました!褒めるってスゴいんだなぁって感動でした。
    褒めるってすごいでしょ?
    良くないことをしている時にほめるってどうよ?
    みたいに考えられますが、
    とりあえず褒めておけば調子に乗りますから。
    どんどん調子に乗せながら、こちらのペースに引き込めばOK。
    どんな時に褒めたってまずまず、悪い結果にはなりません!
    子供が転んで大泣きしている時、
    「○○ちゃんは、強いね~、泣かないもんね~」
    ってなだめる、あの感じかな。
    >カーミングシグナルの本もやっと届きました♪子供達にも、犬語があるんやでぇって本の内容を聞かせてやったりしてます。こんな穏やかな日ばかりではないでしょうが、穏やかな日々が続くように私の方がちゃんと考えなあかんなぁ…って、初めて思えました。
    前向きになって来ましたね。[絵文字:v-218]
    さすがさちカカさん!
    たとえ、また凹んでも、また這いあがれる自信がついてきますよ。
    そのうちに、サチ君、落ち着いちゃうから。
    その調子で頑張って!

  9. まっちゃんママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 09da6e9842e048771f903fbbfffb0287
    チャーリーママさん、コメントがお役に立ててうれしいです。
    サチかかさん、すてき♪「ほめる」のっていい気分ですよね。犬が「わるい」ことしそうになっても、こちらがいやーな気分になる、「おこる」こと、しなくてすみます。
    叱る代わりに、名前を呼んでほめる、お互いにハッピー♪
    ハッピーがいっぱい増えてハッピーの壷がいっぱいになりますように。

  10. カイママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    カイは以前に比べると、教育的無視した時、冷静な自分に戻るのが、早くなってきたように感じます。
    前は、部屋に独りにした後も、唸りながら部屋中を何周も走り回ってました(^_^;)
    でも最近は、前程は、大暴れしなくなってきたようになりました。カイは、もうすぐ一歳半になりますが、今でもパピーのように落ち着きもないし、すぐ興奮するんですけど、冷静な時は、唸りながらも、噛む力を加減してくれるようになってくれました。
    私の場合、強制的にしつけで得られたものは、正直、何も無かったような気がするんですけど、叱らない事を続けて得られた物は、噛み加減以外にも、ありました。
    その中でも、私が得られて一番、嬉しかったものは「笑顔」です。カイも私達も、笑顔で過ごせるようになれた事!
    もしも、チャーリーママさんに会えてなかったら、私もカイも笑顔で暮らせていなかったんじゃないかと思います…どんなに、可愛くても、やっぱり噛まれれば痛いし、噛みを治す為に、誤った方法を続けてしまっていたと思います…。まだまだ、足噛みもするし、癇に障ると、噛んじゃうし、カイが落ち着くまで、どれ位の時間が掛かるかは、分からないけど、カイとの絆が壊れないように、チャーリーママさんに教えてもらった事を、地道に続けて、カイと一緒に頑張っていこうと思っています。
    いつか「カイは興奮しなくなったし、噛まなくなったよ~」って言える時が来るのと良いなぁ(^-^)

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    > チャーリーママさん、コメントがお役に立ててうれしいです。
    使わせていただきました。
    ありがとうございました。
    私の思いを引き出す原動力になってくれますね、皆さんの言葉。
    助かります。(笑)
    サチかかさんも、
    なにかひらめいたものがあったようですね。
    そのひらめきが、こうこうと輝く道しるべになりますように。

  12. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    カイママさんの頑張りにもメダルをあげたいな。(笑)
    でも、まだまだ頑張らないといけないから(笑)やっぱりはなのおかぁちゃんと一緒で
    お預け。(爆)
    カイ君、だいぶ脳の成長が進んでいますよね。
    子犬であれば当然の行動、激しいか大人しめかは
    持って生まれた性格によるものだから、いい悪いではなく
    それなりに対応していかないといけないのですよね。
    激しさを抑えつけるように罰しては、興奮は噛むことや、吠えることに転嫁されるでしょうね。
    本当に最近のカイ君は笑顔「パッカーン」で、可愛いですよね。
    ママもかなり自信がついてきました。
    後に続く方、今まさにこれでいいのか、疑心暗鬼になっている方がいますので
    その方の道しるべになってあげてください。
    お願いしますね。

タイトルとURLをコピーしました