気持ちを切り替えさせる(スイッチを切る)

この記事は約2分で読めます。

「ワンワンワン!!!」 チャーリーが吠えます。

「チャーリー!」 と強めに名前を呼びます。 少し、石像インターセプトをしますと、お座りします。

これは、 名前を呼んで座るようにトレーニングしてあるからです。

 

座っているチャーリーの写真が多いのは、座ることが条件づけられているからです。

名前→座る→おやつ スワレ、と言われなくても座ります。

これは、座ることを強化するときに無言で座るのを待って 座ったらおやつを繰り返してきたからです。

まず、こういう下地を作っておくことが肝心ですね。

毎日のトレーニング、ゲーム感覚のトレーニングが効果的です。

それを頭に入れておいてくださいね。

では、 犬が何かをしている時に名前を呼んでみます。

いたずら最中、またはリードを引っ張って行きたい方向へ進んでいるとか、 名前を呼ばれたら、一瞬、動きが止まりませんか?

行動が止まっていますので、次にすることを指示しましょう。

「おいで」 とか 「すわれ」 とか。

分かりやすい,行動につながる言葉の方がいいと思います。

脳の辺縁系のお話し・・・前にしましたよね?

犬でも、若い、ということは 脳も未熟、ということです。

何か一つのことで興奮すると、自制がきかなくなり その興奮が、攻撃をつかさどる脳の部分のスイッチを入れやすくなる、 というお話を聞いたことがあります。

では、その未熟な脳を、成長させるためには何が必要か、ということですが 遊びを通したトレーニングが有効である、ということですね。

で、 吠えなどの突発的な行動の場面に使いたいわけですので、 簡単で、実際的なもの。 と考えて、チャーリーの場合はお座り、なんです。

 

これも、強制で、リードショックでしぶしぶ座らせるのと 名前を呼んだ期待感で座らせるのとでは、 犬の心理状態が180度違うことは・・・想像できますよね?

喜んで従わせたいのですから、ショック等の痛みはNGです。

冷静にこちらの言うことが聞ける、聞く耳を持っている状態の家の中で まずは、「スワレ」 しっかりと100%できるように。

できたらご褒美のおやつをお忘れなく。 次は、名前を呼んで行動が止まったり、あなたの方を見たら 「スワレ」 できましたか~? できたらおやつ。

犬が離れたところにいる時は、名前を呼んで「おいで」で、次に「スワレ」 でもいいですよ。 決まりはありませんので、楽しくやってみてください。

このとき注意するのは、おやつを見せないで行う、ということ。 取引ではなく、信用・期待感で座らせます。 まずはここまで、やってみてくださいね~♪

コメント

  1. れんママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今日はお返事頂きありがとうございました。
    パソコンに全く自信がないので、自分宛のコメントを見つけて
    感激しました!
    れんは、食べる事が大好きです。
    家で名前を呼んでおやつも、だいぶできるようになりました。
    散歩の時はハーネスを使ってます。
    他の犬を見つけると、ひっぱりすぎて二足歩行です(泣)。
    それに一回吠えだすと、これが長い。
    姿が見えなくなっても、ずっと吠えてます。
    歩かせようとしたら、犬が行った後を追いかけて行こうと
    します(泣)。
    今までは、大丈夫よ~っと声をかけていましたが、明日からは
    黙って抱っこを実践してみます。
    鳴き止むまでは、だいぶ時間がかかるかもしれませんが。
    それともうひとつ、お聞きしたい事があります。
    れんが私の膝の上にいる時や、ソファの上にいる時
    子供達や主人が触ろうとすると、うなって噛み付きそうに
    なります。
    これは縄張り意識が強いせいか、自分が一番偉いと思っている
    のでしょうか?
    これもやばいですよね(泣)。
    お散歩トレーニング、とってもとっても行きたいのですが
    うちは京都なので遠くて行けそうにありません。
    そこでしかされてないのですよね~。
    京都とか来られる事はないですよね~?!

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    京都なんですね~。
    出張お散歩トレーニングかぁ・・・
    企画できるくらいまで頑張りたいなぁ。
    今は・・・無理。(笑)
    > れんは、食べる事が大好きです。
    食いしん坊万歳なんですね!
    それはいいことです。
    お外でも同じように出来るように、が目標ですかね。
    れんちゃんのようなワンコさん、いますね~。
    まずは我に帰すことが肝心ですので、無言で抱っこでやってみてください。
    メールでもいいですから、経過もお知らせくださると嬉しいです。
    > それともうひとつ、お聞きしたい事があります。
    > れんが私の膝の上にいる時や、ソファの上にいる時
    > 子供達や主人が触ろうとすると、うなって噛み付きそうに
    > なります。
    > これは縄張り意識が強いせいか、自分が一番偉いと思っている
    > のでしょうか?
    > これもやばいですよね(泣)。
    いや。
    それは違いますよ。
    私の過去記事を頑張って読んでくださると分かると思いますが
    縄張り意識、アルファという理論を壊すために毎日書いています。
    特にこの記事を読んで見てください。
    http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-354.html
    場所を守る、という行為と、
    自分を守る、という行為が入り混じったものだと思います。
    唸りなどを罰すると、威嚇しないで噛むようになります。
    ご家族は、れんちゃんに甘いだけではないですか?
    遠慮しすぎた接し方ではないですか?
    反対に、厳しすぎるということはないですか?
    社会化不足で、また母犬、兄弟犬と早く離された犬たちは
    大抵、皮膚感覚が敏感すぎます。
    触られることに敏感なんですね。
    犬はもともと大騒ぎが嫌いですけど、大きな声が癇に障る仔も多いです。
    まずは基本的な飼育を見直すところから始めてくださいね。
    分からなければ、メールください。

タイトルとURLをコピーしました