インターセプト説明編

この記事は約3分で読めます。

016_20090915223010.jpg
動画はご覧いただけましたか?
(見られない環境の方には申し訳ないです・・・
インターセプトとは文字通り、「邪魔をする」という感じでとらえていただいて構いません。
見たいものを見えなくさせる。
見なくてもいいよ、見る必要はないということを行動で示します。
いくら大きな声で吠えることを
「NO!」
と叱っても、興奮状態の犬は「NO!」=行動を止めなければいけない
と受け取れないのだと思います。
視覚に訴えた方がいいと、私は思います。
で、吠え吠えの犬には教育のできる犬の一喝が必要では?とか
人間の一喝が欲しいところでは?とか
吠えているのにどちらもその場所に留まることは悪い経験になる、とか。
教育のできる犬って・・・
そのよう育てられた犬でしか必用な教育を与えられないし、
またそういう犬はめったに、というか普通はいませんよね。
その場に留まるなと言ったって、そうなってしまったのですから・・・
引きずって行くわけにもいかないし・・・
抱っこして吠えながら退散、ということこそ悪い経験だと思いますし・・・
さあ、私たちにできる対処法を考えてみましょう。
人が一喝するのは良い方法かどうか?

http://www.youtube.com/watch?v=SCHCsW627Ko
はなのおかぁちゃん、がっしりハーネスをつかんでますね。
立派です。
これが出来るようになるまで・・・いろいろ悩んだりしたよね。
いい意味で、自分の犬に遠慮がなくなって、制止することを学んでくれました。
こういう飼い主さんのもとで犬は自制を身につけていくのだと思います。
(もっと言うと、次第に力を入れなくても制御でき始めます。
その時「ま~て」と言葉をかぶせていけばOKです。
待つことに不快感が育ちません)
しかも、足ではなちゃんの視線を遮っていますよね?これもインターセプトです。
大型犬は突進すると、腕力がついて行かなければ突進されてしまいますので
脇が開いて、腕が伸び切らないように
こうしてハーネスでの制御は良い選択です。
両犬とも尻尾に緊張感がありますけど、はなちゃんはインターセプトされた時
視線をはずしていますよね?
おかぁちゃんの行動で、はずすことを覚えていきます。
この時、はなちゃんには突進の意思がありません。
「だったら~、リードを緩めてあげた方がいいのでは?」
と考えますか?
でもね、相手は吠えているのですから、脅威を与えないようにしたいですね。
怯えて吠えている仔に対して、
お散トレ-ニングに長く参加している犬たちは
自然にスルー出来るようになって来ました。
飼い主さんの効果的な介入の賜物だと思っています。
さて、明日はコロンちゃんの行動を見てみましょう。
★ランキングで良い位置をキープすることで、飼育に迷う方に
犬に優しい、飼い主さんにも優しい方法をお伝えできます。
クリックのご協力、お願いいたします。
    


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ


【9月のお散歩トレーニングの予定表】
9月2日(水)・5日(土)・9日(水)・16日(水)・19日(土)・23日(水)・30日(水)
*16日から開始時間は午後3時です。
各自ご連絡いたしますが、ご注意くださいませ。*

集合場所は城址公園二の丸広場。
参加費は2000円です。
お申し込み、ご予約は前日までにお願いいたします。
メールフォーム、携帯メール、コメント欄、またはcharliemama☆goo.jp(☆は@に変えてください)
でご連絡お願いいたします。
折り返し確認のメールをさせていただきます。

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS: e9c7f7a274f890b54166fbe701cb3a9e
    こんにちは!
    本当にはなちゃんのおかあちゃんの「がしっ!」とそれに続くインターセプトは頼もしいです。はなちゃんも安心したのではないかなと思いました。
    ころんちゃんも、チャーリーママさんに立ちふさがられたあとは、ふっと力がぬけている感じがしますね。
    ころんちゃんの動きは、ぽむの動きに似ているのですごく参考になりました。
    >で、吠え吠えの犬には教育のできる犬の一喝が必要では?とか
    >人間の一喝が欲しいところでは?とか
    >吠えているのにどちらもその場所に留まることは悪い経験になる、とか。
    まず、人間の一喝は、以前は私もそれが良いと思っていました。でも、ここに来させていただくようになって、場合によっては犬の恐怖心を煽ってしまう(だから吠えは止まない)し、じっくり観察が必要なのだということがわかりました。
    その場にとどまるか否かですが、普通のお散歩シーンでは、どちらも足早に遠ざかるのが普通ですし、あえて立ち止まれない(引き留めるのもなかなか…^^;)ですが、吠え止ませる経験が、次からの出会いの緊張を軽くする、というのも、最近体験しました。
    >教育のできる犬って・・・
    >そのよう育てられた犬でしか必用な教育を与えられないし、
    >またそういう犬はめったに、というか普通はいませんよね。
    そういえば、ハチ公はインターセプトの上手な犬だったということですね。喧嘩仲裁犬だったことが、当時の新聞記事に出ているんですよ。「大きな体を割り込ませ…それでも吠え止まない犬には一喝していた」という趣旨の記事を「HACHI~約束の犬~」の広告中で読んで、おお~~っ! と思いました。
    ハチには遠く及ばないけど喧嘩仲裁犬を標榜するクウカイ。
    でも彼の「教育」を飼い主としてどこまで信頼または介入すればよいのか、やはり悩み所です。なにしろ、犬同士の会話ですので…。
    私の見るところ、幼い子犬や、明らかにおびえている子に対しては、かなり吠えていてもカーミングシグナルのみです。一喝なんてしません。(ということは、人も叱っちゃいけないパターン、とわかりやすいです)
    吠えて突進、が、若犬のオス(10ヶ月以上ぐらい)だと、かなり激しい「教育的指導!(ガガガッと吠えて相手の首を噛んで押さえ込みをするところまで。ただしそこで相手が降参したら即離します)」をやってしまいます。
    先日のボステリちゃんは7歳(クウカイより年上)のオス。フレンドリーと見分けの付きにくい突進系シャイさんでした。
    クウカイは本当に叱ってる? それとも、「やかましわい!」と気に障っているだけかもしれない。ボステリちゃんは、犬語がわかってる子だったかどうかも、私には判断がつきませんでした。
    クウカイにぜひ聞いてみたいところなんですが…。
    やはり、ケガをさせてはいけないですし、私は慌てて間に入るのが常です。
    ハチの時代は、飼い犬でも放し飼いが多かったですから…かえって、犬同士の関係をじっくり観察する機会って多かったのかもしれませんね。

  2. ハク母 より:

    SECRET: 0
    PASS: d9a3591d3be0f035cd62a7f2a0e7dc4e
    お久しぶりです。
    といっても、わたしのブログに拍手ポチをしてくれているのはチャーリーママさんだと勝手に確信しているので、つながってる~と思ってます(思いこみ?! 笑)。
    動画を見て、以前、はなのおかぁちゃんが「強いおかぁちゃんになる」と言っていたのはこのことかぁ!と納得でした。
    はなちゃんも、制御されてもイライラ感がなくて、きっと日頃の信頼関係のたまものなんだろうなと思います。
    うちの近所にもコロンちゃんと同じような感じでハクに吠えるダックスちゃんがいて、ハクはほとんど無視できるんですが、ダックスちゃんはどうしても吠え止めることができなくて。
    お散歩ですれ違うときにわたしとハクがどうすることがダックスちゃんにとっていいのかなぁ、と考えてます。
    なので、明日のコロンちゃんの解説も楽しみです!

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > 本当にはなちゃんのおかあちゃんの「がしっ!」とそれに続くインターセプトは頼もしいです。はなちゃんも安心したのではないかなと思いました。
    [絵文字:v-218]
    そうでしょ~?
    がしっとすると、安心するよ、ということを常々お話ししてきて
    それを身につけられたと感じています。
    > ころんちゃんも、チャーリーママさんに立ちふさがられたあとは、ふっと力がぬけている感じがしますね。
    コロンちゃんは私にはお腹を見せてくれるようになった間柄なの。(笑)
    だ~い好きよ~[絵文字:i-176]
    だから間には行ってもOKなの。
    そういう間柄でなければ、怯えさせるだけですから。
    信頼されていないのであれば、間を通り過ぎるだけにとどめておいた方がいいでしょうね。
    > まず、人間の一喝は、以前は私もそれが良いと思っていました。でも、ここに来させていただくようになって、場合によっては犬の恐怖心を煽ってしまう(だから吠えは止まない)し、じっくり観察が必要なのだということがわかりました。
    一喝が必要だ
    これはどんない時代が進んでも、言い続ける人はなくならないのではないでしょうか?
    どうなのかなぁ・・・
    > その場にとどまるか否かですが、普通のお散歩シーンでは、どちらも足早に遠ざかるのが普通ですし、あえて立ち止まれない(引き留めるのもなかなか…^^;)ですが、吠え止ませる経験が、次からの出会いの緊張を軽くする、というのも、最近体験しました。
    一回のお散歩中に何度でも吠えてはインターセプトで座っておやつ。
    これを繰り返して、お散歩終了時には一切吠えなくなった、というチャーリーの
    実践からのお話です。
    その他、結果が出ている方が多いですので、これで行こうと思ってます。
    以前の一喝、というか叱りで吠えを止めていた時は
    他のところで副作用が出るんですよね。
    歩かない、食べなくなる、弱い者いじめする・・・とか。
    クウカイ君・・・[絵文字:v-398]
    教育熱の高い(笑)ワンコさんの飼い主さんは
    それはそれで、日々苦労が絶えないと思います。
    何しろ・・・
    今は人同士の関係も難しいですし、
    犬に対しての思い入れも尋常じゃあない方も多いです。
    怪我をさせた、止めたら飼い主さんが怪我をした、とか。。。
    なかなか難しい問題があります。
    この国では、飼い主さんの介入は必須なのかな、と。
    だから飼い主さんは犬を観察することと、犬の扱いをもっと学ぶようにするといいのかな、と
    そんな風に思います。
    > 私の見るところ、幼い子犬や、明らかにおびえている子に対しては、かなり吠えていてもカーミングシグナルのみです。一喝なんてしません。(ということは、人も叱っちゃいけないパターン、とわかりやすいです)
    幼い子や怯えている子に一喝は弱い者いじめですね。
    社会性の育っていない子に多いですよね。
    犬は犬同士・・・確かにそうですけど・・・
    早くに親元を離れ、兄弟と遊ばず、ショップの中にいた子に
    安心感を与えずに犬の中に入れるのは私はお勧めしないです。
    自信、褒められて否定されない生活で自信をつけてからでも遅くないかなぁ、と思います。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    今日は、トレーニングに行けず残念でした。
    足は大丈夫なようですし、じぃじの具合も大したことは
    なさそうです。
    褒め褒め飼育の過程において、私にとっての壁は、はなに対する遠慮でした。
    今まで褒めて育ててきたのに、私が体を張ってはなを制したら、この仔は自分のことを
    否定されたと思うんじゃないか?
    私を拒絶するんじゃないかという不安からでした。
    でも、私の必死さをはなは感じ取ってくれた思います。
    『あっ!おかぁちゃん、マジだ!』って…
    はなを制することは、はなを守ること。
    チャーリーママさんに『自分の仔を正しく飼育するというこは、他の仔に対しても
    良い影響を与えることなのよ』って教えて頂いたことの意味もわかってきました。
    はなとみんなのために、自分が今やるべきことをする。
    もちろん、お散歩トレーニングの時も、普段のお散歩の時も
    心がけています。
    制御した後、我に返る。地面の匂いを嗅ぐ。
    マグネットしながらでもいいから、ついて♪で方向転換できる。
    褒める要素はたくさんありますもんね。
    はなが自分から、正しい行動が取れるように、フォローしてあげたいです。
    先日のように、調子が悪くてヤンキーねぇちゃんになっちゃうこともありますけど、
    それもちゃんと受け止めます♪

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > お久しぶりです。
    > といっても、わたしのブログに拍手ポチをしてくれているのはチャーリーママさんだと勝手に確信しているので、つながってる~と思ってます(思いこみ?! 笑)。
    いつもお邪魔させていただいてます。
    いっちゃってる度40%(笑)
    この動画は感心しましたよ~。
    最も素晴らしいと思ったのは、膝の使い方!
    柔らかくてお上手でした。
    > 動画を見て、以前、はなのおかぁちゃんが「強いおかぁちゃんになる」と言っていたのはこのことかぁ!と納得でした。
    ず~っと成長を見守ってくださって、
    悩みも感じていただきましたよね?
    3月の時点で「ああ~、おかぁちゃんはひと山越えたね」って。
    はなちゃんの落ち着きが問題なのではなくて
    飼い主さんの気持ちの問題なんですよね。
    我が子を守るのは飼い主さんしかいないのですからね。
    > はなちゃんも、制御されてもイライラ感がなくて、きっと日頃の信頼関係のたまものなんだろうなと思います。
    そうね~。良い関係が築けています。
    > うちの近所にもコロンちゃんと同じような感じでハクに吠えるダックスちゃんがいて、ハクはほとんど無視できるんですが、ダックスちゃんはどうしても吠え止めることができなくて。
    > お散歩ですれ違うときにわたしとハクがどうすることがダックスちゃんにとっていいのかなぁ、と考えてます。
    > なので、明日のコロンちゃんの解説も楽しみです!
    私の考えでは、普通に通り過ぎてあげることと
    ダックスちゃんの方を一切見ずに、
    ハク君を座らせておやつをあげたり、クリームチーズでマグネットを披露したり(笑)
    危険なものではないし、
    こんなにいろいろやっちゃうよ~!
    ってことをアピールされたらどうでしょうか?
    相手の飼い主さんにはその旨お伝えしてくださいね。
    変な人に見られると困るし。(爆)

  6. ノラ より:

    SECRET: 0
    PASS: 3ceafc7d8a4aa2aeba67bbb41236ec1e
    おぉ‥ 聞きたかったことがかいてあるっ
    >普通に通り過ぎてあげることとダックスちゃんの方を一切見ずに、
    >ハク君を座らせておやつをあげたり、クリームチーズでマグネットを披露したり(笑)
    >危険なものではないし、こんなにいろいろやっちゃうよ~!ってことをアピール
    ふふふ・・こっそり聞いてしまいましたよ
    なるほどなるほど・・やはりこの方向ですね、承知しました!

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    昨日は寂しかったよ~[絵文字:v-406]
    ナっちゃんのママさんが「何かさみしいねぇ~」
    って。。。
    私なんて下を探しちゃった。そのへんではな開きしているんじゃないかって。(爆)
    どちらも、良い方向で良かった。
    > でも、私の必死さをはなは感じ取ってくれた思います。
    > 『あっ!おかぁちゃん、マジだ!』って…
    これは、褒めて育てるから感じ取れるのですよ。
    犬の心を無視をした強制では育たないものだと思います。
    育ったとしても、イツモママの顔色を窺うようになってしまいますよね。
    > はなを制することは、はなを守ること。
    > チャーリーママさんに『自分の仔を正しく飼育するというこは、他の仔に対しても
    > 良い影響を与えることなのよ』って教えて頂いたことの意味もわかってきました。
    10月から始める講座のテーマはこれです。
    犬を育てることは自分を育てることで、人と人とのコミュニケーションが大事。
    そしてみんなで犬を育てましょうね。
    ということ。
    結構壮大でしょ?
    ボランティアだし,制約がないから、思ったようにできるはず。
    いかがですか?
    アシスタントで出席しませんか?
    > 先日のように、調子が悪くてヤンキーねぇちゃんになっちゃうこともありますけど、
    > それもちゃんと受け止めます♪
    はっちゃけたところもなくっちゃ、命ではないですよね。
    私たちはロボットを飼っているわけではないのですから。

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    > おぉ‥ 聞きたかったことがかいてあるっ
    [絵文字:v-398]
    そうでしょ~?
    こんな感じでやってみてくださいね。
    このような取り組みをしていると、やーたんが吠える犬に寛容になれると思います。
    それとね、
    コメントはどんなものでもOKよ。
    遠慮してると聞きたいこと聞けないし。
    もし
    「何を初心者が言ってるんだ。犬を知らないな」
    と考える人がいたら、そういう人は置いて行かれます。
    真摯に求める人はたとえ犬を飼うのが初めてでも、実力はすぐにアップします。
    私はそのお手伝いをするために書いていますから。[絵文字:v-410]

  9. SECRET: 0
    PASS: e9c7f7a274f890b54166fbe701cb3a9e
    >コロンちゃんは私にはお腹を見せてくれるようになった間柄なの。(笑)
    >だ~い好きよ~i-176
    >だから間には行ってもOKなの。
    >そういう間柄でなければ、怯えさせるだけですから。
    >信頼されていないのであれば、間を通り過ぎるだけにとどめておいた方がいいでしょうね。
    [絵文字:v-237][絵文字:v-237][絵文字:v-237]そうなんですね! おお~~~間違いを犯す前でよかった[絵文字:v-401]。地域の中でどう活かしていくか、という目で読ませていただいてます。インターセプトは、まずは飼い主さんにやっていただくのが吉ですね。
    >以前の一喝、というか叱りで吠えを止めていた時は
    >他のところで副作用が出るんですよね。
    >歩かない、食べなくなる、弱い者いじめする・・・とか。
    多くの場合、一喝と「歩かない…etc」が「一喝の副作用」という関連づけのされ方をしていないのでしょうね。そして、吠え、と合わせ技一本で「支配性」とか「極度のワガママ」と関連づけていた、と。
    ううむ。行動学の論文にでもしたいテーマです!(書いて下さいチャーリーママさん!)
    >この国では、飼い主さんの介入は必須なのかな、と。
    >だから飼い主さんは犬を観察することと、犬の扱いをもっと学ぶようにするといいのかな、と
    >そんな風に思います。
    はい。大反省です。
    私の場合、「どうなるのか興味津々で見守ってしまう」というか、やばくなってから慌てていました。
    本来、クウカイの「教育熱心(爆)」が発揮される前に、察知して押さえるべきですね。「犬の扱い」を持っと学ぶべきなのはまず私!
    >早くに親元を離れ、兄弟と遊ばず、ショップの中にいた子に
    >安心感を与えずに犬の中に入れるのは私はお勧めしないです。
    >自信、褒められて否定されない生活で自信をつけてからでも遅くないかなぁ、と思います。
    そうですね。クウカイがたとえ「犬的に正しい」行動を取っていたとしても、理解できない子には恐怖でしかないのだし、飼い主さんにとってはもっと恐怖でしかない。やはり、基本にもどって、その子のパーソナルスペースを侵さないで平静にすごす、を心がけないといけないですね。

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > [絵文字:v-237][絵文字:v-237][絵文字:v-237]そうなんですね! おお~~~間違いを犯す前でよかった[絵文字:v-401]。地域の中でどう活かしていくか、という目で読ませていただいてます。インターセプトは、まずは飼い主さんにやっていただくのが吉ですね。
    はい・・・
    ただ・・・吠えの問題で悩んでいる飼い主さんは、犬との基本的な信頼関係が
    壊れていることがありますので、
    それを見極めて、吠え吠えワンコさんと仲良くなるのをまずしておいて、
    次にインターセプトをする、名前を呼ぶ、というのでもOKでしょう。
    > 多くの場合、一喝と「歩かない…etc」が「一喝の副作用」という関連づけのされ方をしていないのでしょうね。そして、吠え、と合わせ技一本で「支配性」とか「極度のワガママ」と関連づけていた、と。
    > ううむ。行動学の論文にでもしたいテーマです!(書いて下さいチャーリーママさん!)
    論文は私は無理。
    亮子さん♪お願い[絵文字:v-415]
    合わせ技・・・確かに皆さん決め技になってますよね。
    > はい。大反省です。
    > 私の場合、「どうなるのか興味津々で見守ってしまう」というか、やばくなってから慌てていました。
    > 本来、クウカイの「教育熱心(爆)」が発揮される前に、察知して押さえるべきですね。「犬の扱い」を持っと学ぶべきなのはまず私!
    うん、クウカイ君の教育係ですからね。
    で、クウカイ君をコントロールしているのを他のワンコさんが見ると
    亮子さんのことを一目置くようになります。
    > そうですね。クウカイがたとえ「犬的に正しい」行動を取っていたとしても、理解できない子には恐怖でしかないのだし、飼い主さんにとってはもっと恐怖でしかない。やはり、基本にもどって、その子のパーソナルスペースを侵さないで平静にすごす、を心がけないといけないですね。
    お相手する方々が、皆さんこういう理解を持ってくれると
    恐怖で犬語を理解できない仔も、だんだんと理解できるようになると
    そう信じています。

タイトルとURLをコピーしました