インターセプト実践編

この記事は約3分で読めます。

さてさて・・・
テクニックも使ってこそのものですので、
日々応用できるようにレッスンしてみましょう。
FC2にはブロマガ課金機能ってのもあってですねぇ・・・
まあ、早い話が、お金を支払ってもらって記事を読む、みたいな機能ですね。
それを使おうかどうしようか・・・
迷ったのですが(プロだから技術のノウハウの安売りだ、という意見もあります)
・・・う~ん・・・わかる。
でも・・・
このブログも実はトレーナーとしてよりも、愛護推進委員の活動としての意味が大きいのだ、
と自分には言い聞かせてます。
なので・・・
このままで行きます。
読んでも実践は難しいし、実践もうまくいくとは限らないわけで・・・
そういう時はお近くの方は見させていただいたり、お教えできますけれど。
ブログだけの方には気の毒なんですけど~・・・
まあ、うんちくはこのくらいで、今日はインターセプトをお話しします。
ブログを続けるにあたり、いろいろあるんだなってことをちょっと愚痴りました。
今日の動画は6月のお散歩トレーニングの時のものですね。
昨日アスパママさんのアルバムをチェックさせていただきまして
良い教材を見つけましたのでまたお借りします。
お借りしてYouTubeにアップロードしました。
コロンちゃんの吠え声と、周りの飼い主さんのそれ以上に大きな声が(爆)出ますので
音量にご注意くださいませ。
私はあたふたしてしまいました、よっ!
右の黒ラブは、はなちゃん。
吠えてバタバタしているのは、コロンちゃん。
はなのおかぁちゃんと、コロンちゃんのママ、ころころんさんは
優しい方で仲の良いトレーニング仲間なのですが
コロンちゃんが大きな子が苦手なんですよね。
吠えっ吠え。

http://www.youtube.com/watch?v=SCHCsW627Ko
親の心仔知らず、ってやつね。
普段のお散歩ではわりとよくあるパターンですかね。
仲良くしてほしいね。でも、無理強いは禁物ね。
だから、何度もお話していますけど、そこに怖いと思うものがいても
吠えやむことができる経験を積ませたい。ということ。
はなちゃんも吠えられてもスルーできるように成長してきました。
これも素晴らしいことだと思います。
確かに、吠えているほうが悪い、と言えば悪いですけど
悪いからそれを吠えられた犬が怒ってしまっては飼い主さんは辛いと思うのね。
それが普通に犬と暮らすということ。
癇に障らないようにスルーできる、ということもお散歩トレーニングの、目的の一つです。
では動画をご覧になってくださいね。
明日説明します。
★ランキングで良い位置をキープすることで、飼育に迷う方に
犬に優しい、飼い主さんにも優しい方法をお伝えできます。
クリックのご協力、お願いいたします。
    


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ


【9月のお散歩トレーニングの予定表】
9月2日(水)・5日(土)・9日(水)・16日(水)・19日(土)・23日(水)・30日(水)
*16日から開始時間は午後3時です。
各自ご連絡いたしますが、ご注意くださいませ。*

集合場所は城址公園二の丸広場。
参加費は2000円です。
お申し込み、ご予約は前日までにお願いいたします。
メールフォーム、携帯メール、コメント欄、またはcharliemama☆goo.jp(☆は@に変えてください)
でご連絡お願いいたします。
折り返し確認のメールをさせていただきます。

コメント

  1. ノラ より:

    SECRET: 0
    PASS: 3ceafc7d8a4aa2aeba67bbb41236ec1e
    動画のような状況、毎日あります。そして毎日あたふたしてしまいます。
    チャーリーママさんでもあたふたですか、ちょっと力が抜ける気がしますね(笑
    どんな対処がいいのか、勉強になります。続きが楽しみです!

  2. まっちゃんママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 09da6e9842e048771f903fbbfffb0287
    チャーリーママさんのお言葉をいつも心の支えにしています。分離不安がなくなるように、べったりの壷がべったりで満杯になるまでべったりします。(笑)
    今日はお散歩に行くのを拒否!されました。うちで一緒に遊びましょうというかのようにおもちゃをくわえて玄関へ来ようとしなかったのでうちで遊んでいます。
    まっちゃんも鳩や他の犬をがん見(この言葉初めて使いました!)してから突進するので、いつもリードがびんっとなってしまいます。その前にインターセプト試みるように努力します。

  3. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    吠えてますね~[絵文字:v-286]でもこの吠えは、気にしない仔は全く気にしない吠えだからすごく深刻な問題だとは思いません。気にするのは・・・・飼い主さん「だけ」だったりするんですよね。そしてそれが犬に伝わって深刻な問題へと~ なるような感じがします。だからお散歩トレーニングのような環境を与えてあげることが必要なんだと思います。特に飼い主さんの心のケアに[絵文字:v-410]
    技術は文字だけでは伝わらないと思っています。だからチャーリーママさんが「喰いっぱぐれる」心配はないと思いますよ[絵文字:v-391]
    褒め方、褒めるタイミング1つとっても、トレーナーさんの技術を目の当たりにすると感動しますもん[絵文字:v-425]

  4. はなぷー。 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんわ~
    コロンちゃんのような吠え、はなはしょっちゅうやられる側です^^
    こんな状況でもはなは挨拶したくて逆に近寄っちゃうタイプ・・・
    インターセプトをやっても足の間から行きたくってしょうがない!
    という感じです。
    相手の飼い主さんは吠え声に反応してグイグイ引っ張っていってしまいますね。
    私が相手のワンコ、はなに何ができるのか・・・
    といつも考えてしまう状況です。
    一緒にいる時間を増やすことで少しは解決するのかな?と思ったりもします。
    インターセプトで我に帰っても、すぐ思い出して名残惜しそうに後ろを振り向いて立ち止まるはな。
    これはこれで、インターセプトが通じてないのかも^^;
    続きが楽しみです!

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    このような状況は毎日ですか?
    そうですよね。
    ワンコさんが苦手な仔も、遊びたくて吠えちゃう仔も、
    ワンワン吠えてそして飼い主さんの対応で、ワンワンがおさまらない・・・
    とか犬がいろいろに学習してしまうとか・・・
    吠え止ませようという焦りが状況を悪化させてしまいますね。
    そういう時の、
    「何を吠えさせておくんだ」的な視線、
    そういう視線があると思いこむ、とか・・・
    人間同士の問題が絡んでくるので厄介なのかもしれないですよね。
    こういう私の考え方に、
    犬を吠えさせるのをなぜ良しとする、という了見の狭い意見も出ますよ。
    誰もそんなことは言っていないのですけどね。
    まずは人間の意思の疎通。
    お散歩トレーニングではそれを学んでいきたいと思っています。
    対処法もいろいろですが、基本は一つですので
    続きを読んでくださいね。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > チャーリーママさんのお言葉をいつも心の支えにしています。分離不安がなくなるように、べったりの壷がべったりで満杯になるまでべったりします。(笑)
    はい!
    なかなか粘着度の高い壺の中身でしょうね。(爆)
    > 今日はお散歩に行くのを拒否!されました。うちで一緒に遊びましょうというかのようにおもちゃをくわえて玄関へ来ようとしなかったのでうちで遊んでいます。
    あらら・・・
    反抗期かしら?[絵文字:v-410]
    まあ、そういうこともありますよね。
    > まっちゃんも鳩や他の犬をがん見(この言葉初めて使いました!)してから突進するので、いつもリードがびんっとなってしまいます。その前にインターセプト試みるように努力します。
    がん見は初めてなのですか?
    初・・・がん見。(笑)
    そうですね・・・
    そういう時は、木になって名前を呼んでおやつ、がいいのではないでしょうか?

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > 吠えてますね~[絵文字:v-286]でもこの吠えは、気にしない仔は全く気にしない吠えだからすごく深刻な問題だとは思いません。気にするのは・・・・飼い主さん「だけ」だったりするんですよね。そしてそれが犬に伝わって深刻な問題へと~ なるような感じがします。
    [絵文字:v-218]
    吠えられるでしょ?
    「ああ~、怖いわね~」
    とか、
    「嫌な感じ」
    とか
    何吠えさせておくんだ、という視線を残して犬を連れて(引っ張って)
    離れて行ってしまいますね、たいてい。
    だから、吠えられることに耐性が出来ないし、
    引っ張られるから癇に障って、吠え=嫌なことと関連付けるかもしれないし・・・
    特に、日本では社会化に努力していませんので
    いろいろな犬がいることに慣らそうという考えがないのかもしれないです。
    そういう考え方だから、吠えにも寛容になれない、ということ。
    >だからお散歩トレーニングのような環境を与えてあげることが必要なんだと思います。特に飼い主さんの心のケアに[絵文字:v-410]
    それで、心のケアが必要になります。
    > 技術は文字だけでは伝わらないと思っています。だからチャーリーママさんが「喰いっぱぐれる」心配はないと思いますよ[絵文字:v-391]
    > 褒め方、褒めるタイミング1つとっても、トレーナーさんの技術を目の当たりにすると感動しますもん[絵文字:v-425]
    そうですか!?(笑)
    では安心して続けますね。[絵文字:v-411]

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > コロンちゃんのような吠え、はなはしょっちゅうやられる側です^^
    > こんな状況でもはなは挨拶したくて逆に近寄っちゃうタイプ・・・
    [絵文字:v-398]
    たぶん、相手は攻撃的な吠えではないと感じるからでしょうね。
    でも・・・近寄り方の感じでは火に油を注ぐことに(笑)なりかねませんね。
    今度のトレーニングの時に、そういう場面が現れるといいのですが・・・
    一緒に近くを歩いてみましょうね。
    > 相手の飼い主さんは吠え声に反応してグイグイ引っ張っていってしまいますね。
    > 私が相手のワンコ、はなに何ができるのか・・・
    > といつも考えてしまう状況です。
    まず、声をかけてみてください。
    「一緒に歩くと慣れやすいんですよ~。
    そういうトレーニングを見ていますけど、そのうちに吠えなくなるものですよ~」
    って。
    で、はなちゃんは前を歩くか、相手の仔が気にしなければ横を歩きます。
    はなちゃんが後ろから、っていうのは避けてくださいね。
    > 一緒にいる時間を増やすことで少しは解決するのかな?と思ったりもします。
    > インターセプトで我に帰っても、すぐ思い出して名残惜しそうに後ろを振り向いて立ち止まるはな。
    > これはこれで、インターセプトが通じてないのかも^^;
    自分は敵意がないってことをどうにかして伝えたいのではないかな。
    それはそれで尊重しながら、相手のワンコさんの怖いという気持ちも尊重してあげるには
    やはり、一緒に歩くというのがいいと思います。

  9. ころころん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    出た!吠え吠えコロン!!
    でも、これはビビリンチョの吠えかな、と思うんですけど、
    「ちょっと、こっちへ来ないでよ」みたいな。
    (近寄ってるのは自分なのにね。はなちゃんは動じていない)
    気に入らないときは、もっとガウウウみたいな低い声です。
    ちなみにチワワには吠えません。
    ラブとなったらムキになります。
    チャーリーママさんにインターセプトされて、段々しっぽが
    下がっていったかな?
    こんな吠え方でも、「大丈夫よ」と言ってくれる人もあれば、
    「吠える子ダメなのよ、うちのは」って、サッサと連れて行ってしまう人もいれば、
    まるで無視して行く人もいればで、それぞれですね。
    最初は全部めげてたけど、近頃は、挨拶出来ればラッキーで、
    時間帯によってはインターセプトしつつホールドラッピング、
    吠えても相手次第で近寄らせたり、抱いて去ったりと色々です。

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > 出た!吠え吠えコロン!!
    ちょうど良い動画が見つかっちゃました。(笑)
    > でも、これはビビリンチョの吠えかな、と思うんですけど、
    > 「ちょっと、こっちへ来ないでよ」みたいな。
    そうですよ。
    ガウガウ吠えにははなちゃんも反応しますから。
    > チャーリーママさんにインターセプトされて、段々しっぽが
    > 下がっていったかな?
    仰るとおりですね。
    早い段階で吠えも止まってます。
    実は記憶によると(笑)この後もう一度はなちゃんをわざわざ覗き込んで
    吠えていたような気がします・・・
    吠えたいのか?(爆)
    微妙な犬心が見え隠れしますね~。
    > こんな吠え方でも、「大丈夫よ」と言ってくれる人もあれば、
    > 「吠える子ダメなのよ、うちのは」って、サッサと連れて行ってしまう人もいれば、
    > まるで無視して行く人もいればで、それぞれですね。
    そうですね。人もタイプがいろいろですから。
    > 最初は全部めげてたけど、近頃は、挨拶出来ればラッキーで、
    > 時間帯によってはインターセプトしつつホールドラッピング、
    > 吠えても相手次第で近寄らせたり、抱いて去ったりと色々です。
    他人を変えるのは無理ですから、まずは自分のできることで頑張るしかないですよね。
    蓄積された経験は絶対に裏切らないと思います。
    人が好きなコロンちゃんですから、地道に吠える対象の犬を連れている飼い主さんに
    可愛がってもらう経験を積ませたいです。

  11. わっふる より:

    SECRET: 0
    PASS: e9c3779c2cac4b3633272bcda5e3dbcf
    >ブロマガ課金機能
    ありがとうございます<(_ _)>
    でも、このサイト見つけたときから
    「いいの?いいの?こんなスゴ技タダ読みしちゃっていいの?」
    とずっと思っていました。
    チャーリーママさんの太っ腹(引き締まってるけど)に感服いたしました。
    バジルの散歩はほとんど娘達の担当だったのですが、
    最近私も参戦するようになり(?)散歩の楽しさを味わっています。
    おかげでバジルは1日3回も散歩に行く羽目に・・・(苦笑)
    散歩の時、ベスト型のハーネスを使っているのですが、
    そろそろ1サイズ大きくしようかと思っているところなので、
    フリースラインドハーネスを購入したいと思っています。
    初めの頃は首輪にリードでしたが、引っ張る犬には首輪は本当に可哀想ですね。
    オンラインショップの方でサイズなど相談させて頂くこととなると思います。
    どうぞよろしくお願いします。<(_ _)>

  12. 白花母 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    先日はさっそく訪問していただいて、ありがとうございました[絵文字:e-466]
    私のブログで目につくかどうかわかりませんが、リンクしてもいいですか?
    これからの展開でチャーリーママさんの事はどうしても触れずにはおけないので・・・
    花も誰でも(人でも)寄って行くほうなので、(最初は伏せてますけど・・・)
    相手は「あっち行け!」って感じでも「遊びた~い」んでしょうか?
    そんなに皆と友達になりたいのでしょうか?
    わからない事だらけです。

  13. ルークママ より:

    SECRET: 0
    PASS: fd54c73952abdab0d2fd6d29cce78901
    うちは吠えたり吠えられたり、なので
    幸か不幸かどちらの気持ちも良く分かるのですが(汗)
    自分の犬に対する対処は、吠えられたときのほうが、
    吠えたときより実は難しいかなぁと感じるのですが。
    ころんちゃんのように悪意のない吠えでも
    ビビりの犬は一見大丈夫そうに見えても実はいっぱい・いっぱいだったりすることもあって(^^ゞ
    それに気づいて適切な対処をしてあげないと
    ある日、小さい犬に狂ったように吠え始めた・・・なんて犬も知っています。
    悪い意味で壺がいっぱいになってしまったのかなぁと思うと可哀そうです。
    またうちのMのように咬まれるという経験+ビビりの犬は、相手の吠えの本質を冷静に判断できないように思います。
    これはそれにちゃんと対応してこれなかった私のせいなのですが。
    なので、例え人間が見ても「怖がっているだけで攻撃的ではない吠え」と分かっても、黙って通り過ぎるだけで精いっぱいだったりして~(笑)
    なので、相手が避ける場合は、嫌がっているのではなくて、それに自分の犬が反応してしまわないようにしているだけかもよって思いました。
    私は吠えに冷静に対応できたはなちゃんにはなまるあげたいと思いました♪

  14. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    > >ブロマガ課金機能
    > ありがとうございます<(_ _)>
    同業者の方は面白くないと思っているかもしれないですね。
    でも・・・
    1か月300円くらいに設定してもいいのですが、お金を払ってまで読みたくない
    そういう方々に是非読んでほしいと思っていますので。
    広く考え方を知ってもらいたい、という気持ちがこもっています。
    > チャーリーママさんの太っ腹(引き締まってるけど)に感服いたしました。
    いや・・・それは分かりませんよ。(笑)
    > バジルの散歩はほとんど娘達の担当だったのですが、
    > 最近私も参戦するようになり(?)散歩の楽しさを味わっています。
    > おかげでバジルは1日3回も散歩に行く羽目に・・・(苦笑)
    プードルは皆さんが考えている以上の運動量が必要です。
    私が以前飼っていたトイプードルはココくらいの大きさしかありませんでしたが
    朝晩、3回の大型犬のお散歩に付き合っていました。
    おかげで先天的な心臓病も薬なしで克服していました。
    足も抜けやすかったですが筋肉でカバーしていました。
    > 初めの頃は首輪にリードでしたが、引っ張る犬には首輪は本当に可哀想ですね。
    > オンラインショップの方でサイズなど相談させて頂くこととなると思います。
    > どうぞよろしくお願いします。<(_ _)>
    ありがとうございます。
    ハンドルネームもお願いいたしますね。

  15. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    > 先日はさっそく訪問していただいて、ありがとうございました[絵文字:e-466]
    > 私のブログで目につくかどうかわかりませんが、リンクしてもいいですか?
    > これからの展開でチャーリーママさんの事はどうしても触れずにはおけないので・・・
    どうぞどうぞ~。
    ブログ村のカテゴリーはなかなか面白いですね。
    > 花も誰でも(人でも)寄って行くほうなので、(最初は伏せてますけど・・・)
    > 相手は「あっち行け!」って感じでも「遊びた~い」んでしょうか?
    > そんなに皆と友達になりたいのでしょうか?
    > わからない事だらけです。
    健全な子犬だからですよ。
    これからいろいろ経験して、
    嫌がっているときは無理に近づいてはいけないんだな、とか
    怖がっている仔にはゆっくり遠回りして近づくんだな、
    とかを覚えていくと思います。
    花ちゃんの場合は人間が教え込まなくても次第にその傾向が表れると思います。
    健全に育っていないワンコさんがなかなか多いです。
    特に、強制訓練や厳しいしつけを受けていて一見おとなしそうなのに
    実はイライラを抑えられている犬は、日本犬には向かってきやすいですので
    そういう時は、飼い主さんが事前に距離を置いたインターセプトが必要だと思います。

  16. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    > うちは吠えたり吠えられたり、なので
    > 幸か不幸かどちらの気持ちも良く分かるのですが(汗)
    > 自分の犬に対する対処は、吠えられたときのほうが、
    > 吠えたときより実は難しいかなぁと感じるのですが。
    うちも両方なのでよ~くわかります。
    ココは精神的に非常に落ち着いていまして、グレートデンとか大きな犬の中で
    5か月までを過ごさせていただきましたので、
    吠えられてもなだめるのがうまいです。
    劇吠えのチャーリーは私のインターセプトと、相手の犬への接し方で
    吠えられてもそっぽを向くことを学びました。
    カレンは別に何も対処してもらっていないようですが(笑)
    そこそこスルー出来るみたいです。
    ただ、パピーに無礼なのはいただけません。
    > ころんちゃんのように悪意のない吠えでも
    > ビビりの犬は一見大丈夫そうに見えても実はいっぱい・いっぱいだったりすることもあって(^^ゞ
    > それに気づいて適切な対処をしてあげないと
    > ある日、小さい犬に狂ったように吠え始めた・・・なんて犬も知っています。
    > 悪い意味で壺がいっぱいになってしまったのかなぁと思うと可哀そうです。
    飼い主さんのインターセプトが効かないとそうなります。
    自分で対処しすぎでしょう。
    そういうような脳の状態の犬もいます。
    犬同士に任せていると、命を落とすタイプの犬。
    そういう仔もいます。
    いじめられっ子ですね。
    > またうちのMのように咬まれるという経験+ビビりの犬は、相手の吠えの本質を冷静に判断できないように思います。
    ああ~、これはチャーリーも一緒です。
    今でも一杯一杯になりながら歩くこともあります。
    ただ、名前を呼んでおやつ、これで何とか切り抜けていますよ。
    > これはそれにちゃんと対応してこれなかった私のせいなのですが。
    > なので、例え人間が見ても「怖がっているだけで攻撃的ではない吠え」と分かっても、黙って通り過ぎるだけで精いっぱいだったりして~(笑)
    > なので、相手が避ける場合は、嫌がっているのではなくて、それに自分の犬が反応してしまわないようにしているだけかもよって思いました。
    そうなんですよね~。
    人間同士の心理合戦(笑)が一番厄介なんですよね。
    そこのところの説明と対処も実はお散歩トレーニングの目的なんです。
    > 私は吠えに冷静に対応できたはなちゃんにはなまるあげたいと思いました♪
    そうでしょ~?
    えらいでしょ~?
    前だったら、歯をカチカチ鳴らしたり、
    自分より弱そうだと思ったら突進気味が現れそうになりましたけど
    おかぁちゃんの制御がそれを許しませんでした。[絵文字:e-278]

タイトルとURLをコピーしました