手っ取り早い介入とは?

この記事は約3分で読めます。

8月30日の記事ですね。
こちらに注目させるためにまず、体への働きかけを
http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-751.html
この中の
何かをがん見して固まっている時も、ホールドラッピングで見ることを中断させましょう。
見ていることを許すのは、見て次に興奮させることを許可していることになります。
インターセプトも組み合わせて、犬を我に帰さなければいけないんですよね。

この文について今日はお話しします。
昨日、遊びを中断するというお話をしましたが
さらに、介入をするべき時について、です。
お悩みの相談で、
「前からマスクをかけた人や、携帯で話している人、杖をついている人
そういう人をじ~っと見て、次にガンガン吠えるんです。」
じ~っと見て・・・がん見ですね。
一緒に歩行トレーニングをしていると、飼い主さんが犬をそのままにし過ぎる、
見させっぱなしである、またはご自分も一緒になって
「吠えるかなぁ~」
と,ぼ~っとして(失礼)いるように感じます。
これは、許可していることですね?
見ることも、犬が次に吠えることが分かっているのならば
吠えることも許可していることになります。
実は・・・
トレーニングをしていて伝えることが一番難しいのはこの点なのです。
次の動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=2rDFmJyh6v8
方向転換するときはチャーリーの意思と違っていれば
どうしてもリードは張れます。
これはトレーニングのための実技ですが、日常的にはもっと張れます。
(張れる時がある、と言った方がいいかな。いつもはゆるゆるリードですから。)
なぜ、張れるか、それは
動きを制限しなければならなかったりするから。
でも・・・
それさえ犬に遠慮しがちの方がいますね。
犬に自由を与え過ぎる。
こう言うと語弊があるのかな?
良くない自由、っていうのも変かな?
自由の次に吠えや突進があったり、吠えや突進で相手の犬を怖がらせるとか。
そういう自由は介入の対象だと私は思うんですね。
なぜトレーニングするかというと、自由の使い方を学ぶ、、と言ってもいいかもしれませんね。
介入によって犬は必ず学びますから。
この一つの山を越えた時、犬からの信頼はさらに強くなるのですけど・・・
犬に遠慮し過ぎない、ってことです。
これは・・・結構難関なのかもしれません。
つくづく、トレーニングとは飼い主さんのためのもの、と思います。
頑張って。
★ランキングで良い位置をキープすることで、飼育に迷う方に
犬に優しい、飼い主さんにも優しい方法をお伝えできます。
クリックのご協力、お願いいたします。
    


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ


【9月のお散歩トレーニングの予定表】
9月2日(水)・5日(土)・9日(水)・16日(水)・19日(土)・23日(水)・30日(水)
開始時間は午後4時です。
集合場所は城址公園二の丸広場。
参加費は2000円です。
お申し込み、ご予約は前日までにお願いいたします。
メールフォーム、携帯メール、コメント欄、またはcharliemama☆goo.jp(☆は@に変えてください)
でご連絡お願いいたします。
折り返し確認のメールをさせていただきます。

コメント

  1. カルメン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    一ヶ月ほど前から仔犬を飼いはじめたカルメンです。
    今、4ヶ月になったばかりのシェルティー(ラム ♀)です。
    飼いはじめた当初からこちらのブログを読ませていただいています。本当に色々と教えていただき勇気付けられたり、励まされたり。ありがとうございます。
    少々興奮症気味ですが、おかげさまで、吼えもコントロール出来る様になりましたし、興奮も鎮められます。
    何より、こちらのブログを読んで、私自身がラムの事を信じられるようになりました。
    ただ一つ、悩みがあります。家の中ではとても活発なのに、どうしてもお散歩が駄目です。ブログにあるように、まだワクチン接種が終わらないうちから抱っこして外に連れ出していたのに、1ヶ月以上経った今も、外が怖くて仕方ないようです。
    根気よく待ってみても、家の近くでは帰りたい気持ちが強く、家に向かって引っ張ります。通りに出るとおやつも食べられません。
    抱っこで、少し離れたところまで連れて行くと諦めるのか、元気に歩きます。
    玄関前から一歩も動かなかった頃から比べると、通りに出るまでの2~30mは歩くようになったので進歩が無いわけではないのですが、こういう場合どうしたらいいのでしょうか?
    抱っこで連れて行かず、何時間でも歩くのを待ったほうがいいのでしょうか?
    教えて下さい。
    お散歩トレーニングに参加したいけど、埼玉のはずれからではそれも叶わず。
    このブログが本当に頼みの綱です。チャーリーママさんありがとう。

  2. まきママ より:

    SECRET: 0
    PASS: f2249f95d1dd8bbd86b618df53d77919
    >飼い主さんが犬をそのままにし過ぎる
    その通りですね!最近やっとそれに気がついて、改善中です。
    コタローはシャイで怖がりでってわけではないですが、人に対して警戒吠えをすることがあります。
    吠える人の傾向はだいたい分かっているんですけど(^_^;)
    警戒吠えしつつ、その人の周りをぐるっとまわってニオイをゆっくり嗅がせてもらえば大丈夫なんですが、なかなか赤の他人に「目を合わせないでニオイを心行くまで嗅がせてやって下さい」とはさすがに言い辛いものがあります。
    その人と話をしたら安心するかな?とか、避けたほうがいいのかな?とかやってみましたが、結局いちばん効果が出ているのは自分の犬に働きかける方法。
    ターゲットをガン見状態に入る前に、オンリードでおいで~♪や名前を呼んでおやつのトレーニング状態に入ったり、話しかけ続けたり、チュチュっとやるのも効果があります。
    意識をターゲットに集中させず(もちろんそこにいることはコタローも認識していますが)こちらに100%とは言わないまでも、いくらかでも意識を持ってこさせることができれば、吠えずすれ違うことができるようになってきました。
    もちろん、普段からオンリードでのおいでや名前を呼んでおやつをやってないと、いきなりは出来ないですけど(^_^;)
    しかもちょっとサボるととたんに精度が落ちます。

  3. じゅぴ子 より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    普段の散歩中、じゅぴ太が立ち止り吠えそうな時にインターセプトすると
    顔を逸らして我に帰るのが早くなってきました。
    ですがいきなり吠えられると、インターセプトしても「見たい見たい」が強すぎて
    足の隙間からワンワンするので落ち着かせるのが大変です。
    なので最近はダメな時はしゃがんで壁になり名前を呼ぶと、吠えは出ますが
    その間隔が開くようになってきたような気がします。
    あ、これは相手が犬以外の時です。犬の時は有無を言わさず走り抜けます^^;
    お散歩トレーニングでは、特に集合時に常連ワンちゃん相手に吠えてしまう時は
    その様子を見させてもらう事が多いのですが、これも早々に介入した方がいいですか。
    以前カイくん相手に挨拶もしないでいきなり吠えながらプレイバウした事があったりと
    介入するべきかどうか悩む事が多いです。
    警戒なのか威嚇なのかはたまた遊びたいのか、見分け&聞き分けが難しいです。
    もしくは吠えたら介入!として、人が入って我に帰すことに重きを置く方がいいですか。
    トレーニング中、近づいてくる一般のワンちゃんには往々にして吠えてしまいますが
    それでもたまに大人しく近づいて挨拶できる事もあります。
    ですので
    >見ることも、犬が次に吠えることが分かっているのならば
    >吠えることも許可していることになります。
    これにまんまと当てはまってしまう気がするのですが
    予め一般のワンちゃんが来たら遠くに離れて一切近づかない方がいいのか
    まずはじゅぴ太に任せて、吠えたら介入の方がいいのか教えてください。
    質問ばかりですみません!

  4. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS: d0ebcd7d786ae3ff938514ea2fcc28d0
    >見させっぱなしである、またはご自分も一緒になって
    >「吠えるかなぁ~」
    >と,ぼ~っとして(失礼)いるように感じます。
    うっ!耳が痛いです。
    昨日、まさにそういうことがありました。
    お散歩の途中、観光客らしき人たちがレンタカーを道ばたに止
    めて、ゴルフ場の敷地内に入って行くのをみました。
    ふだんあまり人が立ち入ることのない場所だったので、私も不
    審に思ってじ~っと見ていたんです。足下ではPanも同じく見て
    いました。そして激しく吠えたてました。
    この場合は、本当に「不審」だったので、Panが吠えるのも「よし」
    と思ったのですが、似たようなこと、時々しているなぁと「はっ」
    としました。
    私自身もPanに負けず劣らず好奇心の強い人間なので、つい一緒
    になって人や犬を観察しようとしてしまうのです(^^;)
    でも、立ち去るべき時、動くべき時は、サッと動くべきですね。
    吠え始めてからあわてて立ち去るのは、かえって難しいですし。
    とっさに動くべきか否かの判断をする反射神経を養わなくては
    いけませんね。新たな課題が見つかりました(^_^)v

  5. pooh より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    両足の隙間から、がん見させていた間抜けな飼い主です。
    ご無沙汰してしまいました。
    最近は「吠えるかなぁ~」でぼーっとすることはないのですが
    思うように動いてくれず、結果的に見させ続けてしまうことが
    多々あります。
    ただ、距離的に余裕があれば「おいで」で、ついてきてくれますし
    我に返ることも早くなってきたと思います。
    そして今日改めて「ついて」の動画を見て、私の間違いに気付きました。
    いつも練習するときは足を顔の前に出して方向転換しているのに、
    犬に会った時は、あぶを外側にして方向転換しようとしていました。
    ここでも、見させてましたね。
    間違いに気付いたら早く実践してみたくなっちゃいます。
    本当はまだ不安で一杯ですけれど・・・・
    「自由の使い方を学ぶ」
    おっしゃるとおりですね。時々、目がショボショボになって
    読み切れないこともありますが、これからも勉強させて下さい。

  6. SECRET: 0
    PASS: b7dee6784a6096fb27bb0c70c9133199
    おはようございます。
    許可している、自由の与えすぎ。
    犬との共存年数が短い一般の飼い主が自らこのことに気づくことは難しいですよねー、そう自分も気づけなかったです。
    そして、しつけ本として出版されている本、陽性風もビシバシも両方いろいろ読みましたが、このことが書かれているのって見たことないですし。
    だから、何で吠えるようになっちゃったの?ってなるんですよね。
    威嚇吠えではないのですが、海人が散歩時に人や犬に吠えるようになったときは???でした。
    観察することを許可し、好きなだけ見る自由を与えていたんだなと今ならわかります。
    すれ違った後も後ろを気にしていることが何度もありましたから。
    後姿を見て耳がロックオン状態になっていたら、ロックオンの対象を把握できなくてもインターセプトして視線や耳をリセットしてあげる必要があるのですよね。
    そうしてまた歩き出して、耳の状態を見てはインターセプトして、対象がはっきりして対象に近づいたらおやつと関連付けして、こんな感じでいいでしょうか。
    「気を逸らす」と「インターセプト」でほぼ犬や人に吠えずにすれ違えるようになってきました。
    ただ、おやつを持って歩くの忘れることが多く、ここぞというときによい関連付けをしそびれてます( ̄Д ̄;;
    コーギーは尻尾が無いので後姿を読むには耳の様子が頼りです。

  7. カイママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    カイは、シャイでは無いと思いますが、ビビりなので、外で人に吠える事は、滅多に無いんですけど、固まって「クークー…」と不安そうに啼く事があります。
    今朝の散歩の時も、登山に来たと思われる団体(30人位の団体さん)に遭遇してしまい、みんな帽子を被り、リュックを背負い、杖をもっていて、ビビりのカイにとっては、この光景が、とても怖い物に見えてしまったみたいで、いつものように固まりました。
    人数が多いだけに、どんなにインターセプトしても、カイには見えてしまうし、団体さんは、カイを無視してくれずに「あら~可愛いワンちゃんね~」と言って、カイを取り囲む状態になってしまい、カイは俯く感じで「クークー…」してしまいました。その時、カイは、おやつも食べれなかったので、私は抱っこして、その場を立ち去ったんですけど…
    カイは、散歩で、一度、そうなってしまうと、他の道でも、人に会うと、不安な声を出します。
    こうなると、とにかく早く家に帰りたくなるみたいで、足が中々、進まず、帰り道だけは、ダッシュで帰ろうとします。
    我が家は、駅前という事もあり、学生や、園児や、登山やら…と、色んな団体に遭遇する機会が多いんですけど、私は、カイが、乗り越えられるように、出来るだけ抱っこはしないで、インターセプトや、おやつを使って様子を見るようにしてるんですけど、結局、いつも同じパターンになりがちです。
    仕方の無い事ではありますが、子供や、お年寄りの団体の方達は、やたらとカイに触ろうとするので、それも、カイにとっては怖いんですよね。
    団体を見つけた段階で、抱っこして立ち去るべきか、乗り越えられるように、インターセプトやおやつを使って、今と同じ事を続けるべきか、どちらが良いのでしょうか?
    今日のテーマと、若干、話しがずれてしまったかも知れないんですけど、今朝の出来事が、気になったもので…

  8. キョロママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まさに、私がしてる事が今日のblogの内容でした[s:20305][s:20305]
    公園にムリに行かなくなってからキョロのペースで歩いて来たつもり[s:18008][s:18008]でしたが、最近家のそばでワンコに会うと吠えるようになりました[s:20305]
    まさにガン見を許してた結果かもしれません[s:18008]
    今朝は公園には抱っこで連れて行ってみましたがここでは吠える事も出来ないくらい(情報を裁ききれなかったのかも[s:18008])でした。
    どうしてあげればいいのか?
    私の迷いが結局キョロを動揺させてしまってるんですね[s:18008][s:18008]
    いつかチャーリーママさんのお散歩トレーニングに伺えるようになりたいです[s:18226]

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    初めまして~。コメントありがとうございます。
    > 飼いはじめた当初からこちらのブログを読ませていただいています。本当に色々と教えていただき勇気付けられたり、励まされたり。ありがとうございます。
    > 少々興奮症気味ですが、おかげさまで、吼えもコントロール出来る様になりましたし、興奮も鎮められます。
    > 何より、こちらのブログを読んで、私自身がラムの事を信じられるようになりました。
    お役に立てて嬉しいです。
    > ただ一つ、悩みがあります。家の中ではとても活発なのに、どうしてもお散歩が駄目です。ブログにあるように、まだワクチン接種が終わらないうちから抱っこして外に連れ出していたのに、1ヶ月以上経った今も、外が怖くて仕方ないようです。
    う~ん、
    ラムちゃんはペットショップ出身ですか?
    いろいろな方におやつをもらう、という能動的な経験を積みましたか?
    抱っこ散歩の意外な盲点、というのはまた記事にしますけど
    抱っこされていて、目にするものに慣れているか?どうか?
    は、分かりにくいと思います。
    見ているだけでは、ひょっとしたら怖いものと認識しているかもしれないですよね?
    実はラムちゃんに似た症状のシェルティーちゃんがいます。
    もっと症状がひどく出ます。
    やはり、玄関から通りまでが難関みたいで・・・
    2歳ですが抱っこで通りまで出ています。
    がんとして歩かないので仕方がない、と言えば仕方がないです。
    > 根気よく待ってみても、家の近くでは帰りたい気持ちが強く、家に向かって引っ張ります。通りに出るとおやつも食べられません。
    > 抱っこで、少し離れたところまで連れて行くと諦めるのか、元気に歩きます。
    > 玄関前から一歩も動かなかった頃から比べると、通りに出るまでの2~30mは歩くようになったので進歩が無いわけではないのですが、こういう場合どうしたらいいのでしょうか?
    今しばらく、そんな感じでやってみてくださいますか?
    後は、歩きだしてから「よし!」を多発できるように、
    トレーニングを入れながら歩くといいと思います。自信をつけさせますね。
    人用のクリームチーズは使ったことありますか?
    苦手な場所で、指に塗ったものをなめさせると効果的です。
    何か分からないことがありましたらメールでもいいですので連絡してくださいね。

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > >飼い主さんが犬をそのままにし過ぎる
    > その通りですね!最近やっとそれに気がついて、改善中です。
    今の時点で気がついて改善しようとされるところがすごいです!
    > コタローはシャイで怖がりでってわけではないですが、人に対して警戒吠えをすることがあります。
    > 吠える人の傾向はだいたい分かっているんですけど(^_^;)
    「今度は吠えるかな~?」
    って・・・ちょっと見ちゃうんですよね~。
    チャーリーもそういうところがあるのね、だから自分の観察の方に
    集中しすぎるってことがあるんです・・・[絵文字:i-230]
    > 警戒吠えしつつ、その人の周りをぐるっとまわってニオイをゆっくり嗅がせてもらえば大丈夫なんですが、なかなか赤の他人に「目を合わせないでニオイを心行くまで嗅がせてやって下さい」とはさすがに言い辛いものがあります。
    はは・・・言えませんよね、普通。
    > 意識をターゲットに集中させず(もちろんそこにいることはコタローも認識していますが)こちらに100%とは言わないまでも、いくらかでも意識を持ってこさせることができれば、吠えずすれ違うことができるようになってきました。
    [絵文字:i-234]
    すごい!
    100%は無理。
    100%を求めると行き詰ります。
    10%の集中でもいいからもってもらって、しぶしぶでもいいから
    着いてくる、で大丈夫ですよね。
    > もちろん、普段からオンリードでのおいでや名前を呼んでおやつをやってないと、いきなりは出来ないですけど(^_^;)
    > しかもちょっとサボるととたんに精度が落ちます。
    動きが反射的に出るようになるまで、繰り返す。
    これはお教室に行かなくても出来ることなので、皆さんに頑張ってもらいたいなって思います。

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    じゅぴ太君、と~っても良くなっていると私は感じていますよ。
    「ああそうかぁ![絵文字:i-190]」
    のツボが満タンになるまで、働きかけたいですね。
    今の調子でお願いしますね、お家の周りで。
    お散歩トレーニング時の方法について考えましょう。
    > お散歩トレーニングでは、特に集合時に常連ワンちゃん相手に吠えてしまう時は
    > その様子を見させてもらう事が多いのですが、これも早々に介入した方がいいですか。
    いえ。
    お散歩トレーニングの場は、見じ通りトレーニングですので
    介入はなしで、じゅぴ太君がどうするかを見たいです。
    相手が攻撃することはないので、マイナスのイメージになることはないでしょう。
    相手も、じゅぴ太君をよく分かってくれつつありますので
    それに甘えてしまいましょう。
    > 警戒なのか威嚇なのかはたまた遊びたいのか、見分け&聞き分けが難しいです。
    これを見極められるようになるのもトレーニングですから。[絵文字:v-222]
    たとえ威嚇で会っても、根っこは恐怖でしょ?
    普段のお散歩では、恐怖の吠えに対してもガウリで返されることはあると思いますが
    お散歩トレーニングに来ている子たちは、見分けがつくように育っていると思います。
    早い話が寛容なの。
    だから大丈夫。観察しましょう。
    > 予め一般のワンちゃんが来たら遠くに離れて一切近づかない方がいいのか
    > まずはじゅぴ太に任せて、吠えたら介入の方がいいのか教えてください。
    気がついて近づきたい時も、回り込むでしょ?
    その動きを邪魔しないようにリード操作しながら、インターセプトしながら
    じゅぴ太君と一緒に動いてみましょう。
    その都度見させていただいて対処していきましょう。

  12. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > うっ!耳が痛いです。
    [絵文字:v-418]
    私もよくやっちゃいます。
    というか・・・吠えても仕方がない時は、吠えを指示でやめさせることを
    重視しています。
    やめさせてもなお吠える時は、後ろに控えさせて「マテ」ですね・・・
    トレーニングが進むと、いろいろ応用できるはずだと思います。
    > でも、立ち去るべき時、動くべき時は、サッと動くべきですね。
    > 吠え始めてからあわてて立ち去るのは、かえって難しいですし。
    > とっさに動くべきか否かの判断をする反射神経を養わなくては
    > いけませんね。新たな課題が見つかりました(^_^)v
    やはり「ツイテ~」は完璧に出来た方が
    便利です。
    ゲーム性も高くて楽しいですしね。
    Pan君は反射神経がいいのでまとわりつくように足元を歩くことも出来そうですね。
    ドッグダンスみたいなやつ。

  13. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    お買い物ありがとうございます。
    お送りいたしましたのでお待ちくださいね。[絵文字:e-466]
    > 両足の隙間から、がん見させていた間抜けな飼い主です。
    ああ~、足が細くて間から見えたのでしたっけ?[絵文字:v-391]
    > ただ、距離的に余裕があれば「おいで」で、ついてきてくれますし
    > 我に返ることも早くなってきたと思います。
    やはり、その成功する距離がポイントでしょう。
    近づきすぎると失敗しますね。
    で、咄嗟の時に動かないから、結果的に近くなってしまう・・・
    これがお悩みなわけですよね。
    今日の動画を参考にして、毎日動かす練習をされるといいと思います。
    > そして今日改めて「ついて」の動画を見て、私の間違いに気付きました。
    > いつも練習するときは足を顔の前に出して方向転換しているのに、
    > 犬に会った時は、あぶを外側にして方向転換しようとしていました。
    どうしても突進するからそういう形になるのではないですか?
    一度脇をしめて、あぶさんをpoohさんのそばに寄せて
    そこから方向転換に入るといいと思います。
    「あぶぅ~♪」
    「ツイテ♪」
    「OK~♪」
    見たいな声かけをしながら、きびきび動いてみてください。
    頑張って。[絵文字:v-220]

  14. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Panさん達と同じようなことが昨日あってこの偶然にビックリ。
    そして今日の記事がまたしても旬な話題でさらにビックリ。
    >ふだんあまり人が立ち入ることのない場所だったので、私も不
    審に思ってじ~っと見ていたんです。足下ではPanも同じく見て
    いました。
    Panさん達と全く同じで、いつもの公園で初めて見た光景がメッカの方角にむかいお祈りをするイスラムの男性2人。
    TAROは尻尾をぶんぶん振ってウォフウォフいいました[絵文字:v-389]
    「吠えるなぁ」と思っていると吠えるので、ある意味期待を裏切らないというか・・・・吠えてほしくなかったら早めに介入! 仰るとおりです!!  
    オフリードなので、その場から、とっとと離れることに徹します!!

  15. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > 許可している、自由の与えすぎ。
    > 犬との共存年数が短い一般の飼い主が自らこのことに気づくことは難しいですよねー、そう自分も気づけなかったです。
    そうですね・・・
    カウンセリングでお伝えしたいのはその点ですが、
    なかなか伝わらないです。
    トレーニングを重ねて、このブログを読んでいただいて
    初めてお話しする時期が来たかな、というケースが多いですね。
    > そして、しつけ本として出版されている本、陽性風もビシバシも両方いろいろ読みましたが、このことが書かれているのって見たことないですし。
    > だから、何で吠えるようになっちゃったの?ってなるんですよね。
    私も悩める飼い主でしたから。
    そうさせる犬がいて悩むのですよね。
    悩みの種になるような犬がいなければ(爆)気がつかなかったことばかり。
    どうして?の部分って・・・トレーナーは実は気づいていないかな?
    と思いますね。
    > 後姿を見て耳がロックオン状態になっていたら、ロックオンの対象を把握できなくてもインターセプトして視線や耳をリセットしてあげる必要があるのですよね。
    > そうしてまた歩き出して、耳の状態を見てはインターセプトして、対象がはっきりして対象に近づいたらおやつと関連付けして、こんな感じでいいでしょうか。
    素晴らしい![絵文字:v-425]
    完璧です!
    耳の状態を観察。観察し続けると分かって来ますよね。
    初心者飼い主さんは分からないで、進めなくなってしまう方がいらっしゃいますので
    励まし続けないといけないのです。
    感覚、の部分もありますからね。

  16. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    団体さんかぁ~。
    しかも登山者・・・
    まあ、クークーは分かるなぁ。
    たぶん、あれ~?と思う瞬間から、固まるまでには時間的に余裕があると思います。
    その余裕のうちに
    ツイテと、方向転換を抱っこしないで行います。
    カイママさんの携帯からですと動画が見れなかったですよね?
    基本のトレーニングの実戦なので、見れないのは不利ですね。
    明日のトレーニングの時にデモしますので、一緒にやってみましょう。
    > 団体を見つけた段階で、抱っこして立ち去るべきか、乗り越えられるように、インターセプトやおやつを使って、今と同じ事を続けるべきか、どちらが良いのでしょうか?
    ということで、抱っこしないで方向転換。
    飼い主さんに集中させる。
    まさに基本的なトレーニング。これからのトレーニングは基礎強化に励みましょう。

  17. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    迷った時は基本に帰りましょうね。
    ドキドキ、吠えそうになったら
    興奮しそうだったら?
    どうしましょうか?
    まずはホールドラッピングでもなければインターセプトでもないですよ。
    名前を読んでおやつ、です。
    すべての基本ですね。
    お家の中でしっかりと練習。
    どこでも練習、です。
    ワンコさんを連れてくるのが大変でしたら、お一人で見学にいらっしゃいませんか?
    大歓迎ですよ。[絵文字:v-222]

  18. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > Panさん達と同じようなことが昨日あってこの偶然にビックリ。
    > そして今日の記事がまたしても旬な話題でさらにビックリ。
    いやいや~、偶然ですね~。びっくりです。
    実はね・・・大きな声では言えませんが(爆)
    城址公園の二の丸広場、お散歩トレーニングの集合場所なんですけど
    そこでね、日曜日に首をつって自殺していた人がいたんですって。
    私はちょうど行かなかったから見なかったんですけど
    その話を聞いて、チャーリーとココだったら絶対にガンガン激吠えだろうなぁ・・・って。
    [絵文字:i-230]
    > Panさん達と全く同じで、いつもの公園で初めて見た光景がメッカの方角にむかいお祈りをするイスラムの男性2人。
    ・・・
    太極拳をしている人はいますが・・・
    お祈りはさすがにこちらはいないか。。。
    > TAROは尻尾をぶんぶん振ってウォフウォフいいました[絵文字:v-389]
    > 「吠えるなぁ」と思っていると吠えるので、ある意味期待を裏切らないというか・・・・吠えてほしくなかったら早めに介入! 仰るとおりです!! 
     > オフリードなので、その場から、とっとと離れることに徹します!!
    おお~、トレーニングを積んでおかないと難しいなぁ。
    リコールは絶対ですね!

  19. きりり より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    > 犬に自由を与え過ぎる。
    > 自由の次に吠えや突進があったり、吠えや突進で相手の犬を怖がらせるとか。
    > そういう自由は介入の対象だと私は思うんですね。
    > なぜトレーニングするかというと、自由の使い方を学ぶ、、と言ってもいいかもしれませんね。
    > 介入によって犬は必ず学びますから。
    ↑ちょっと凹んでしまいました・・・
    うちのワンコは相手のワンコが吠えない限り吠えないのですが、ガンガン吠えてきたら
    応戦してしまいます。
    そうさせないように介入しているつもりですが、突然現れたビーグルがワンワン吠え始め応戦して
    しまったことがあります。
    引っ張られ、はじめてそのビーグルの存在に気がついたのですが、時すでに応戦中。。。
    なんせ21Kgの体なので、引き止めるのに必死になりました・・・
    その時は無言でその場を通り過ぎ、尻尾ビンビンが少しおさまったところで声をかけホールドラッピングしたのですが“何するの?”って感じでスタスタ歩いて行ってしまいました。
    そういう場合ってどうしたらいいのでしょうか?
    声かけするタイミングを間違えた????
    介入する暇さえない状態でした・・・
    自由を与えすぎだったのでしょうか?
    “自由の使い方”・・・う~ん難しい!!
    一つできるようになった~~と思っても次の課題が現れ悩んでしまいます。
    まっ、解決したときの嬉しさを思うと頑張れるかな・・・!

  20. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > ↑ちょっと凹んでしまいました・・・
    ありゃりゃ・・・凹んじゃいました?(私はしょっちゅう凹みますが・爆)
    > うちのワンコは相手のワンコが吠えない限り吠えないのですが、ガンガン吠えてきたら
    > 応戦してしまいます。
    うあん、それで、引きとめるわけでしょ?
    それは自由の与えすぎとは言わないのではないでしょうか?
    凹むということはそうだと思いますよ。
    そういう状況で犬に自由を与える人は、
    自分が転ばないように引きとめますが、犬の行動を制御する、
    意思を制御するという感覚よりも
    「あんなに吠えさせて、だからうちの仔が吠えるんだ」
    という感覚なのではないかな?
    と私はいろいろ見ていて思います。
    > その時は無言でその場を通り過ぎ、尻尾ビンビンが少しおさまったところで声をかけホールドラッピングしたのですが“何するの?”って感じでスタスタ歩いて行ってしまいました。
    > そういう場合ってどうしたらいいのでしょうか?
    > 声かけするタイミングを間違えた????
    > 介入する暇さえない状態でした・・・
    そういう場合は、今のように
    無言でその場を通り過ぎる。
    それを繰り返して、吠えられても飼い主さんは冷静である、
    ことに気付いてもらうしかないでしょう。
    ワンコさんのモデルになる、というつもりですね。
    慌てないで、日頃からリードの使い方を練習して、
    負担のない方向転換と、脚側を練習しましょう。

タイトルとURLをコピーしました