オペラント条件づけを考える(2)

この記事は約3分で読めます。

犬飼初心者さんたちには、なかなか難しい話題でしょうか?
お散歩トレーニング、基本のトレーニングの大切な基礎になります。
頑張ってついてきてくださいね~。
写真は・・・あられが小さい頃、いたずらをする様子にあきれるチャーリーです。^^
【正の罰】
いわゆる罰(嫌悪、不快な刺激)が加えられる
犬の行動により嫌なことが起こる

昨日の負の罰のところで出てきた例で、
あなたが撫でていました、犬が唸った、正の罰ですから
嫌悪・不快な刺激が加わります。
犬の行動によって嫌なことが起きます。
マズルをつかまれる、鼻ぴんされた、首根っこをつかまれて吊るされた・・・など。
その罰によって、唸るのが減少すれば
罰という結果が犬の行動を減少させるように条件づけた、、ということになります。
これがいわゆる、罰、ですよね?
罰によって、犬が嫌なことが起こる・・・確かに起こる。
でも大事なのはそこからで、犬に学習をさせるための罰なので、
唸る、という行動が修正されなければ罰は意味がない、というわけです。
唸りと、罰とを結びつけることができるか?
ということ。
唸るだけじゃなくて、咬むようになった犬の相談が多いですけど
そういう子たちは間違いなく、正の罰を受けてきています。
関連づけの失敗?
または・・・罰というものの罪?でしょうか?
これはこれからも検証が続きます、私の中で。
(罰は効果がなければ意味がないわけです。
意味のない罰を与え続けていないか…に注意です。)
【負の強化】
嫌悪・不快刺激が取り除かれる
犬の行動が不快なことを取り除く

負の罰のところで書きましたけど
犬を撫でていたら、犬が唸ったので、あなたは手をひっこめた。
そして無視をした。これを繰り返して、撫でても唸ることを抑制でき、
唸りの行動が減少する。
これは・・・なかなか難しいですけど
第一、撫でられることが報酬であることが前提なわけですけど
犬は撫でられることが嫌だから唸ったのではないか?
ということもありますしね。

撫でられるのが犬にとって喜びでないのならば
唸って撫でる手を退けられるのは・・・負の強化、なのですよね。
寝ているときは撫でられるのが嫌い、とか
長時間なで続けられるのは嫌いとか、
知らない人に撫でられるのが嫌いな犬にとっては、
唸って撫でられなくなれば、唸りは強化される、ということでしょうね。
犬は撫でられるのが好き、
いつでも撫でられることを受け入れるものだ、という人の思い込みを
変えていくことも大切なような気がします。
このように、
犬の行動に対する人側の思い込みによっても
強化や罰に影響を与える、ということを考えて、
犬の行動の後の私たちの対応を決めることが必要だと思います。
ややこしいですけど、こういったことを頭に入れておくと
誰かに相談されたときに、間違いのないアドバイスができるようになりますよ。
もう少しお付き合いください。
お帰りの際にはどれでもポチっと
一日一回の応援のクリックをよろしくお願いいたします。
    
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ


【8月のトレーニングの予定表】
基本的な項目(スワレ・ツケ・マテ・おやつの使い方・指示の出し方)を
5回コースでトレーニングします。一回のみでの参加もOKです。

日時:7/29(水)・8/5(水)・12(水)・19(水)・26(水)
開始時間は午後5時です。
集合場所は城址公園二の丸広場。
参加費は2000円です。
お申し込み、ご予約は前日までにお願いいたします。
メールフォーム、携帯メール、コメント欄、またはcharliemama☆goo.jp(☆は@に変えてください)
でご連絡お願いいたします。
折り返し確認のメールをさせていただきます。
お散歩トレーニング仲間のブログhttp://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-37.html
お仲間次々増えています♪チェックをよろしく~

コメント

  1. ジェットママ より:

    SECRET: 0
    PASS: a38d45069d0d938782d5a56846b37a44
    こんにちは
    人の思い込みが違っていたために 条件づけがされなくて今に至っている ということが我が家では起きていると考えていいのでしょうか?
    たどって行くと 色んな間違いが出てくると思います
    一つづつ修復していく 繕う感じですね
    ジェットが安心して横にいられる状況にしていきたいです
    正と負 字のイメージではなくグラフのようですね
    どちらに働くか・・・
    働く方向が違っていたなら条件づけから変える ですね?
    難しいです 色んな面で正確に判断できるようにならなければです
    頭の上のほーーでわかった感じ 実践していかなければですね
    書き出してみて整理します[絵文字:v-267]

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    > こんにちは
    > 人の思い込みが違っていたために 条件づけがされなくて今に至っている ということが我が家では起きていると考えていいのでしょうか?
    とも言えるでしょうし、そればかりではないでしょう。
    まだまだパピーですので、試行錯誤、いろいろあって当然です。
    > 正と負 字のイメージではなくグラフのようですね
    > どちらに働くか・・・
    > 働く方向が違っていたなら条件づけから変える ですね?
    > 難しいです 色んな面で正確に判断できるようにならなければです
    書き出して整理すると理解の助けになりますね。
    正負は数学的なもの、おっしゃる通り、グラフですね。
    警戒吠えに名前を呼んでおやつ、
    がここまで発展していますが(笑)
    オペラント条件づけよりももっと大切な条件づけがあります。
    私はそれを使うトレーナーですが・・・
    そう。古典的条件づけですね。これからお話していきますけど。
    早い話が、
    飼い主さんの存在がそのまま「良いこと」「安心できること」
    犬の働きかけがなくても、たくさんの愛情を注いで絆を作ること
    それが古典的条件づけなんですねぇ~。
    だから、理不尽な叱りはNGなの。
    ただ・・・叱れない、という関係もまずいですけどね。

  3. YUKI より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    関連付けのオペラント、以前某雑誌で勉強しました。
    読んだ時にはなるほど、と理解したのですが、実際に実践するとなると、負の強化は知らず知らずにやってしまう事があるのに、正の強化を意識的にやろうとすると、なかなか入らないので難しいなぁ~って思いました。
    唸ると言えば、マロンが相変わらず、朝晩の散歩でリードを付ける時、(夕方の散歩時にはやりません、何故か)体を持ち上げようとすると唸り、他にも自分からひっくり返って撫でてもらってる時に、抱っこしようとすると唸ったりします。
    普段自分から抱っこをせがむ時もあるので、抱っこが嫌いな訳じゃないと思うんですが…
    そういう時は離すのではなく、なだめながらゆっくり抱き上げて、落ち着くまで待ち、唸らなくなったら褒めるようにしています。
    イマイチ、マロンの気持ちも掴みきれてないですが、これで良いのでしょうか…

  4. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    最後の例はTAROに当てはまります
    自分からくっついてくる時はとことん「ひっつき虫」になるくせに
    基本的に触られたり撫でられたりするのが好きではない仔です
    幸いにも、うちに来てすぐにトレーナーさんに指摘され気づけたので
    そこから「触っても大丈夫」なトレーニングを日々数回、数か月続けました
    だけど根本的なモノは変わらないから「撫でられる」は報酬にはなって
    いないから・・・・・小型犬故に公園では子供たちに大人気で「抱っこさせて」
    や「撫でてイイ?」とよく聞かれて[絵文字:v-388]

  5. 亮子 より:

    SECRET: 0
    PASS: e9c7f7a274f890b54166fbe701cb3a9e
    こんにちは!
    本当は、チョーカーのところか罰のところで書かねばならないレスなんですが、やっぱり新しい記事でレスさせてくださいませ。
    正の罰、ということで、最近私がいろいろ調べていて行き当たった情報を。
    まずは、チャーリーママさんもリンクしていらっしゃる「Dog Actually」に、アメリカペンシルベニア大の研究成果として、こんな記事が載っていました。
    「攻撃行動の原因は飼い主にある!?」
    http://dogactually.nifty.com/blog/2009/07/post-dabd.html
    ものすごくハッキリした結果が出ていますね。「罰=攻撃的手段によって問題行動を解決しようとすると、かえって犬の攻撃性を誘発する、そうでない方法では攻撃性を誘発することは少ない。」
    犬と人の感情が入ってきますので、科学的に正確な研究結果を出すのは容易ではないことだと思いますが、十分に根拠になりうる結果だと感じました。
    つまり、オペラント条件付けで、「犬の正しくない行動→正の罰→犬の行動の矯正」を目指しているはずが、結果として正の罰が攻撃という本能的な行動を呼び起こしている(古典的条件付けのほう)、っていう感じなんでしょうか?
    罰の関連づけで、チョークチェーンについての法律で調べていたら、
    オーストリアでは、2004年に禁止
    イギリスでは、一般人への販売を禁止、
    ドイツでは小型犬への使用禁止(?)→全面禁止に動いている
    という情報に当たりました。(オーストリア以外は裏を取れていませんが…)
    さらにASPCA(アメリカ動物虐待防止協会)のサイトでは、各種の犬具のなかで、チョークチェーンについては、「認可を受けたドッグトレーニングの専門家の指導の下で使用する場合、(ひっぱり防止などの)効果が見られる犬もある」という消極的な表現でした。普通のカラーやハーネスなどには「humane=
    人道的」という言葉がついていますが、チョークやスパイクなどにはもちろんついていませんでした。アメリカは法律での禁止はないのだと思いますが、ASPCAの考え方がはっきり出ていました。
    さらに、日本でも、動物愛護法の改正にかかわる国会議員・有識者らの会議で、チョークの危険にも言及されているようです。
    こういう資料を見ていくと、世界的な流れが、体罰を避ける方向へ動いているな、と思います。動物の虐待防止という意味からも、もう少し、「常識」になってしまっているような犬への罰ということについて、敏感になるべきでは、と思いました。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > 関連付けのオペラント、以前某雑誌で勉強しました。
    さすがですね~。[絵文字:v-218]
    > 読んだ時にはなるほど、と理解したのですが、実際に実践するとなると、負の強化は知らず知らずにやってしまう事があるのに、正の強化を意識的にやろうとすると、なかなか入らないので難しいなぁ~って思いました。
    そうそう、難しいです。
    理解も難しいですが、実践はさらに難しいかな。
    特に、正の強化で正しい行動を教えるときには
    タイミングと、何を強化したいかで教える側のスキルが試されます。[絵文字:v-356]
    > 唸ると言えば、マロンが相変わらず、朝晩の散歩でリードを付ける時、(夕方の散歩時にはやりません、何故か)体を持ち上げようとすると唸り、他にも自分からひっくり返って撫でてもらってる時に、抱っこしようとすると唸ったりします。
    ああ~、唸り・・・ですか。
    理解できないって感じでもどかしいですよね。
    う~ん、私だったら、唸られたら
    「な~に~?唸っちゃったのぉ~?何で~?何が嫌なの~?」
    と真意を問い詰めると思います。(笑)
    その時の反応で次の対処を考えます。

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > 自分からくっついてくる時はとことん「ひっつき虫」になるくせに
    > 基本的に触られたり撫でられたりするのが好きではない仔です
    そうなんですか!?
    意外な感じがします・・・ああ、そうでもないかな。。。
    私的には撫でられるのとかが好きじゃない犬がタイプです。[絵文字:i-239]
    > 幸いにも、うちに来てすぐにトレーナーさんに指摘され気づけたので
    > そこから「触っても大丈夫」なトレーニングを日々数回、数か月続けました
    時間をかけてゆっくりでしたね~。
    私の方法は・・・
    犬の方から近付いてもらって、手をねげんこつにして
    しゃがんだ膝の前に出すのね。
    撫でられるのが嫌いな子でも、慣れてくると犬の方から表現してくれるときがあるので
    それを待つんです。
    表現って言うのは、差し出したげんこつにね、顔を力強くこすりつけるの。
    猫もそうね。
    で、それを許してくれるとワシャワシャ触っても(爪を立てる感じで撫でます)
    「ああ~、平気なんだ」
    って感じるみたいですね。
    強めの刺激なら大丈夫な子もいたりするから、観察も面白いです。
    > だけど根本的なモノは変わらないから「撫でられる」は報酬にはなって
    > いないから・・・・・小型犬故に公園では子供たちに大人気で「抱っこさせて」
    > や「撫でてイイ?」とよく聞かれて[絵文字:v-388]
    そちらでもやはり、子供って言うのはそうなんですね。
    まあ、日本では大人もそういう人多いから。
    犬は撫でられるのは基本的に好きじゃないかな、と思います。

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    いろいろ情報をありがとうございます。
    > つまり、オペラント条件付けで、「犬の正しくない行動→正の罰→犬の行動の矯正」を目指しているはずが、結果として正の罰が攻撃という本能的な行動を呼び起こしている(古典的条件付けのほう)、っていう感じなんでしょうか?
    犬の肩ばかり持ちますが(笑)正の罰への防御でしょう。
    当然の反応ですけどね。
    チョークチェーン・・・
    虐待的に使う方法が正しい、
    というところがこの道具を亡くした方がいいと思う理由です。
    虐待的な使い方・・・
    わざと犬を前に出したり、ミスをさせて、引き倒しますよね?
    心を萎えさせるのが目的としか考えられないです。
    > さらに、日本でも、動物愛護法の改正にかかわる国会議員・有識者らの会議で、チョークの危険にも言及されているようです。
    相当いろいろな面で加速している、というお話をお聞きしました。
    ただJKCがネックではないかな?
    > こういう資料を見ていくと、世界的な流れが、体罰を避ける方向へ動いているな、と思います。動物の虐待防止という意味からも、もう少し、「常識」になってしまっているような犬への罰ということについて、敏感になるべきでは、と思いました。
    古くから犬にかかわっている方、古い方法でかかわっている方にも
    もう少し危機感を持っていただきたいな、と思います。
    と同時に、生体販売に対するくらいの目を、虐待訓練にも向けられることを望みます。

  9. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS: d1d16c28c7674cfc5e269dbe1209f552
    犬に対して負の強化を行う際は、負の罰よりも正の罰が一般的かと思いますが、その正の罰がピンポイントで関連付けが出来ていなければ、その罰に対して敵意を表したり、罰を繰り出した人に対して恐怖心を抱きかねないリスクが伴いますよね。
    ある行為を止めさせる為に手で叩く。 犬が意味を理解出来なければ、犬は手を嫌いになります。 また、飼い主に不信感を抱き、そそ飼い主が居ない所で行為を続けることもあります。
    正の強化(与える褒美)も、負の罰(喜びを奪う)も、正の罰(加える罰)も、本当の的確なタイミングは難しいですね。 僕にはその技量はないので、犬の気持ちになって考えることで犬の行動を肯定しつつ、理不尽な否定の場面を回避することに務めています。
    この回避というのは、「仕方ないなぁ~」という諦めも含まれます。
    タローは時~々、脚がとっちらかって、飲み水の入った鍋をぶちまけます。(爆)
    そんなとき僕は、「あ~あ、やっちゃた。(苦笑)」くらいで嘆きもしません。 オシッコやウンチをトイレ以外でしてしまっても「まぁ、仕方ない。」で終わり。 だって犬だから。
    多分、こんなことで怒られる犬も多いんだろうな。 でも、ここで怒るという正の罰を与えたところで、肝心なものは何ひとつ負の強化されませんからね。
    >犬は撫でられるのが好き、
    こんな風に思っている人って多いのでしょうか?
    僕の認識では、「犬は気安く撫でられるのが嫌い!」です。
    オペラント条件付けの一連の記事は、頭が鍛えられて面白い!
    そして毎朝6時以降にここを覗きにやってくる読者は、パブロフの犬のごとく条件付けをされている訳で、さすがはチャーリーママさんだと感心しております。[絵文字:v-391]
    そして僕も、ヨダレが垂れています・・・(爆)

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    ハーネス、お待たせしてすみませんでした。
    入荷しましたので、よろしくお願いたします。
    チャーリーも胴周りから言ったら4号でもいいのですけど、
    首周りのフィット感重視ですからね。
    本当にホールドラッピングという感じがしますよ。
    条件づけ、しかもオペラント・・・ややこしいですね~。
    考えるのが嫌いな人は
    「ああ~またこれかぁ、私はトレーニングなんて必要ないし~」
    なんちゃって思っているかもですねぇ。。。
    ただ、行動の法則を知っていれば、それを無視したむちゃくちゃな接し方なんて
    できないわけですものね。
    大事だと思います。
    で、名前を読んでおやつ、というところから発展して条件づけのお話をしている意味は
    > 正の強化(与える褒美)も、負の罰(喜びを奪う)も、正の罰(加える罰)も、本当の的確なタイミングは難しいですね。 僕にはその技量はないので、犬の気持ちになって考えることで犬の行動を肯定しつつ、理不尽な否定の場面を回避することに務めています。
    > この回避というのは、「仕方ないなぁ~」という諦めも含まれます。
    > タローは時~々、脚がとっちらかって、飲み水の入った鍋をぶちまけます。(爆)
    > そんなとき僕は、「あ~あ、やっちゃた。(苦笑)」くらいで嘆きもしません。 オシッコやウンチをトイレ以外でしてしまっても「まぁ、仕方ない。」で終わり。 だって犬だから。
    このような態度で犬を飼育することで条件づけられる古典的な条件づけ
    「この人がいると安心する」
    を作ることが大事ですよ、ということをお伝えしたいからです。
    何だかわからないけど、安心する。
    理屈ではない安心感。
    古典的条件づけでないと確立できません。
    たとえ犬が正しい行動をしなくても、お利口さんでなくても
    愛情を注ぐことで条件づけられるものですからね。
    > >犬は撫でられるのが好き、
    >
    > こんな風に思っている人って多いのでしょうか?
    > 僕の認識では、「犬は気安く撫でられるのが嫌い!」です。
    残念ながら、多いです。
    犬を飼っていない人にはもちろん多いですが
    ご自分の犬がパーソナルを尊重しない犬の場合は飼い主さんも大胆なような気がします。

  11. ぴぃ より:

    SECRET: 0
    PASS: 0942fa509dc21787c9bdabab6ff709d2
    お早うございます。
    昨日の答えは“古典的条件付け”が正解ということですね?
    正、負、オペラント条件付け、古典的条件付け・・・まだよく分からないので
    記事だけでなくコメントやお返事を読んでいるところです。
    類の伏せは、アスファルトと一体化するくらい(アゴまで)ベッタリ伏せて
    上目遣いで見ているようなので・・・服従を表しているのですね・・・トホホ。
    それで、フト思ったのですが、 類のこの行動は負の強化なのでは?と。
    散歩時に吠えられるのがイヤな類が [太字]自発的に[/太字]伏せて待ってみた
    →相手が吠えなかった→常に伏せて待つようになった。
    立場を変えて、相手の犬から見た場合はどうなるのでしょう?
    近寄られたくなくて(怖くて)常に吠えていた→相手の犬が伏せをして待つ
    (寄ってこないのがわかる)又は服従を示している犬は怖くない→吠える必要がない
    →吠えなくなる?負の強化なんでしょうか?
    ただ、類の場合吠えられないのが嬉しいのか、待ちきれないのか、すれ違いざまに
    飛び起きて、ばっと寄って行ってしまうのでヤッパリ吠えられるんですけどね。
    (このやり方で、一昨日吠えられた犬に今日は吠えられなかったんですが・・・。)
    私としては出来るだけ伏せずに普通にすれ違えるようにしたいと思っています

  12. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > 昨日の答えは“古典的条件付け”が正解ということですね?
    そういうことになります。
    > 正、負、オペラント条件付け、古典的条件付け・・・まだよく分からないので
    > 記事だけでなくコメントやお返事を読んでいるところです。
    考え出すと、混乱しますね。
    紙に書き出すといいと思います。(そこまでする!?[絵文字:v-392])
    > 類の伏せは、アスファルトと一体化するくらい(アゴまで)ベッタリ伏せて
    > 上目遣いで見ているようなので・・・服従を表しているのですね・・・トホホ。
    これは悪いことではないですよ。
    へりくだっているのですから、世渡り上手ですよね。
    その後の突進はまだおこちゃまなんですね。
    > それで、フト思ったのですが、 類のこの行動は負の強化なのでは?と。
    > 散歩時に吠えられるのがイヤな類が [太字]自発的に[/太字]伏せて待ってみた
    > →相手が吠えなかった→常に伏せて待つようになった。
    > 立場を変えて、相手の犬から見た場合はどうなるのでしょう?
    > 近寄られたくなくて(怖くて)常に吠えていた→相手の犬が伏せをして待つ
    > (寄ってこないのがわかる)又は服従を示している犬は怖くない→吠える必要がない
    > →吠えなくなる?負の強化なんでしょうか?
    正の強化ともいえるかもですね。
    類君の行動が相手の犬の吠えを止めた、というのであったら
    相手の吠えが止まった=刺激が無くなる=負で、
    それによって、類君の伏せが強化されたのは負の強化ですね。
    自分が伏せることで吠えられなかった、
    という報酬が得られた、と考えれば正の強化ですしね。
    相手のこの場合も厄介ですよ~。(笑)
    まず、立っている類君が脅威であった時に吠えたら伏せた、
    それで吠えなくなった、ということが強化されれば負の強化ですね。
    吠えたら伏せた、=うれしい、が強化されると
    相手の犬にとっては吠えがひどくなるでしょうね。
    悪い正の強化です。
    ただ・・・
    これだけで犬の行動が強化されたり、ということはないですよね。
    飼い主さんもいますし、相手もいるので、
    何がどうなって、また犬が何を考えて、によっても強化のされ方が違うと思います。
    大切なのは、
    怖くて吠えているのは叱ることではないし
    服従を示すために伏せているのは叱ることじゃない、
    ということですね。
    突進はしないようにリードでコントロールできるようになるといいと思います。

  13. ぴぃ より:

    SECRET: 0
    PASS: 0942fa509dc21787c9bdabab6ff709d2
    お返事ありがとうございます。
    正なのか負なのか・・・ややこしやぁ~、ですね。
    変な癖の類ですが、これまでは吠えながら向かってくる大きな犬にビビッて
    尻込みし、方向を変えたりする事はあっても、大抵は近寄って行って吠えられ
    ビックリして一旦立ち止まり、少し多めに距離をとりながら普通にすれ違ったり、
    追い越し、追い越されたりしていましたので、吠えられて相手の前で伏せて見せる
    という事はなかったです。
    今日は、後方から柴ちゃんが自転車に乗った男性に引かれてやって来るのに
    気付きサッと伏せの体勢に。 待ちきれず立ち上がって寄って行きかけたのを
    リードをしっかり持って止め、駆け足で先に行きかけたのですが、振り返り再び
    伏せ、又立ち上がったので、今度はリードを短く持ち、立ち止まったまま相手に
    先に行ってもらいました。 相手は興味を示したようでしたが、吠えることなく
    追い越していってくれました。
    実は一昨日もこの柴ちゃんに合ったのですが、その時は立ち上がって突進して来る
    類に驚いて吠えながら自転車を引き倒すか?の勢いで寄って来ました。
    (倒れなくてよかったー)
    アブナイ、アブナイ。ちゃんとコントロールできるよう、頑張ります。

  14. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > 正なのか負なのか・・・ややこしやぁ~、ですね。
    特にわからなくても、問題なし!ですね~。(笑)
    まあ、お話を聞く限りでは、
    正の強化、という感じですね。
    脇をしめて、リードを持つ手を(両手を)おなかの前で固定、
    これで、相当コントロールできるはずです。
    一歩も動かないでね~。[絵文字:v-218]

タイトルとURLをコピーしました