オペラント条件づけを考える

この記事は約3分で読めます。

013_20090802175633.jpg
正=陽性
何かを加えることです。良い感じ、というような感情的なものではありません。
負=陰性
何かを取り去ること。やはり嫌なこととか、感情的なものではありません

これを頭に置いていただいて。。。
B.F.スキナー博士の学習方法の4つの分類、をお勉強します。
1:正の強化=報酬が加えられる(もらえる)
犬の取った行動が良いことを起させた。
2:負の罰=報酬がなくなった(取り上げられる)
犬の行動によりよいことがなくなる
3:正の罰=いわゆる罰(嫌悪、不快な刺激)が加えられる
犬の行動により嫌なことが起こる
4:負の強化=嫌悪・不快刺激が取り除かれる
犬の行動が不快なことを取り除く
以上ですね。
それぞれ、考えてみましょう。
【正の強化】
報酬が加えられる(もらえる)
犬の取った行動が良いことを起させた。

これはみなさんよくご存知ですよね?
報酬の加えられる(=与えられる)強化なので、おやつで釣る、と勘違いされている強化です。
犬がそばに近づいてきて座った。そのたびに
「いいこ~」と言ってジャーキーを与えた。犬は頻繁にそばに来て座るようになった。
犬が座ることによって,自分にとって良い結果が起きた。
まあ、いわゆる思いこみ、ですね~。
思い込みを強化するのに役立ったのが
この場合は「いい子ね」とジャーキー。
そばに来て飛びつくことはNGですので、座る行動が強化されたことは
あなたにとって好ましいことですね。
ただ・・・・
好ましい行動だけが強化されるのが正の強化ではないことに注意です。
これはまたお話ししますけど・・・
犬にとって良いことが起きるように犬が行動を起こす、
これが正の強化ですね。

【負の罰】

報酬がなくなった(取り上げられる)
犬の行動によりよいことがなくなる

良く例に出されているもので考えてみますね。
私の疑問でもあるものですけど・・・
その一
犬を撫でていたら、犬が唸ったので、あなたは手をひっこめた。
そして無視をした。これを繰り返して、撫でても唸ることを抑制でき、
唸りの行動が減少する。
これは・・・なかなか難しいですけど
第一、撫でられることが報酬であることが前提なわけですけど
犬は撫でられることが嫌だから唸ったのではないか?
ということもありますしね。
ここが問題行動に向き合う時のポイントなんです。
理論ではなく、犬を見ないといけない、ということね。
また・・・
強制的な指導を好む方は、唸られた時点で【正の罰】マズルをつかむとか
ひっくり返して睨みつけるとか、
をしなければ、撫でるのをやめれば唸る行動を強化するのではないか?
と思うみたいですね。(【負の強化】になる、という考え)
これは正の罰のところで私の考えを述べますが・・・
結局、犬の行動を見て判断することの限界、なのかなって思います。
現れている行動ではなくて、その奥の心情に注目する、ということが大事だと思うんです。
唸る、は確かにけしからんですけど・・・びっくりしますよね~、実際。
でも、「今はやめてね」という合図なのかもしれないですよね。
そうすると、撫でるのは報酬ではないし、
唸るのは罰に当たる行為ではない。そういうことではないのかなぁ。
明日に続いちゃいます。
お帰りの際にはどれでもポチっと
一日一回の応援のクリックをよろしくお願いいたします。
    
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ


【8月のトレーニングの予定表】
基本的な項目(スワレ・ツケ・マテ・おやつの使い方・指示の出し方)を
5回コースでトレーニングします。一回のみでの参加もOKです。

日時:7/29(水)・8/5(水)・12(水)・19(水)・26(水)
開始時間は午後5時です。
集合場所は城址公園二の丸広場。
参加費は2000円です。
お申し込み、ご予約は前日までにお願いいたします。
メールフォーム、携帯メール、コメント欄、またはcharliemama☆goo.jp(☆は@に変えてください)
でご連絡お願いいたします。
折り返し確認のメールをさせていただきます。
お散歩トレーニング仲間のブログhttp://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-37.html
お仲間次々増えています♪チェックをよろしく~

コメント

  1. 亮子 より:

    SECRET: 0
    PASS: e9c7f7a274f890b54166fbe701cb3a9e
    負の罰ですが
    子犬が飼い主の手を甘噛みした→飼い主は遊ぶのをやめてどこかへ行ってしまった。
    この例は正しいでしょうか?
    先に行ってしまいますが、
    負の強化に興味ありです。
    現在の悩み事、ぽむがどうしてもブラッシング嫌いです。
    褒めても、オヤツを使っても、やらせることはやらせますが、スグに嫌になってハウハウが出て来ます(本気で咬まれることはありませんが、そのままやっていればたぶん咬みますね)
    無視してやりつづける方法も考えたのですが、新しいお家へ行くことを考えたらできればブラッシングを好きに(耐えられるように)なってほしい。
    なので、「嫌なのに続ける」ことをためらいます。(これが負の強化になってないかという心配ですね)。
    現在成功している方法は、ハウハウが始まったときに、かみかみロープなどを与えて、手の代わりにハウハウしている間にちゃっちゃとブラシを通してしまう、です。まぁそれで用は済むんですが…。モウ一歩、進めたい! ところです。

  2. 江戸っ子 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私も迷ってしまいます。眠い時、触れたりすると唸ります。
    そのまま止めればまた寝ます。就寝時、そばを通る時は
    大分唸らなくなりました。唸るかなぁ~、と意識しない事が
    KEYなのです。唸っていても、顔をワシャワシャすると、
    ウワウワしたりしなかったり。オヤツを持っていると唸りません。
    食事は今も抱っこしてますが、私が多少動いても唸らなく
    なりました。しかし、残したご飯をつまんで上げると
    ものすごくムキムキするようになりました。前は
    普通に食べていたのです。
    以前に怒られたのがトラウマになっているのだから、
    そっとするべきか、それとも、顔をワシャワシャしたりして
    「何も起こらないよ~」と実演する方がいいのか。
    人間のPTSDは、トラウマとなっているものに
    わざと対峙する療法でしかトラウマを克服
    できなかったりします。おぼれた人がずっと
    水を避けている限り泳げない、と言う事と
    同じです。なので、腫れ物扱いはしたくないと
    思うのです。
    でも、分からなくなります。ぶれたらいけないのも、
    トラウマ克服には時間が掛かるのも
    分かってるんですけどね。
    今週末一歳のバースデーです[絵文字:v-238]
    うちに来てくれてありがとうです[絵文字:v-238]

  3. ランパ より:

    SECRET: 0
    PASS: 39cb5a30b8c60f8a4aa5f12b7331ab03
    初めてコメントさせて頂きます。今まで、読み逃げ専門でした[絵文字:e-466]。
     >良く例に出されているもので考えてみますね。
     >私の疑問でもあるものですけど・・・
     >犬を撫でていたら、犬が唸ったので、あなたは手をひっこめた。
     >そして無視をした。これを繰り返して、撫でても唸ることを抑制でき、
     >唸りの行動が減少する。
    上記は「負の罰」の例としては、実際にはあまりないのかな~と感じました。
    だから、理解がしづらいのかなと。
    むしろ、チャーリーママさんが仰られているように、
     >犬は撫でられることが嫌だから唸ったのではないか?
    こちらの理由の方が実際は多く、記事の最後の方でも触れられていますが、
    「負の強化」の例として適当かなと感じました。
     >犬を撫でていたら、犬が唸ったので、あなたは手をひっこめた。
     ⇒唸れば「嫌なこと(撫でられる)がなくなった」ので、
     ⇒唸りの行動が増加する。
    もし、
     >唸る、は確かにけしからんですけど・・・びっくりしますよね、
     >でも、「今はやめてね」という合図なのかもしれないですよね。
    であれば、むしろ「唸ってくれてありがとう」と感謝すべきかと思います。
    犬語で礼儀正しく、嫌だと教えてくれているのですから。
    これを無視して無理に撫で続けたり、正の罰を与えてしまうと、
    「唸る」では通じないと思い、次の段階の「噛み付き」に進んでしまう
    のかなと思います。
    「負の強化」の結果唸ってしまうのであれば、嫌なことは実はそんなに
    嫌なことじゃないよ~と徐々に慣らす=「社会化」していけばと思うので、
    それこそおやつなどの出番かなと。
    マズルを掴むとかひっくり返すなどの「正の罰」は、この事例では特に
    論外だと思います。
     >結局、犬の行動を見て判断することの限界、なのかなって思います。
     >現れている行動ではなくて、その奥の心情に注目する、ということが
     >大事だと思うんです。
    本当にそうだと思います。同じ「唸る」行動でも、犬の気持ちとしては様々ですよね。
    (撫でられている時ではなく)一般的に
     怖い・不安
     警戒
     強気の威嚇(警告)
     虚勢の威嚇(相手の出方・反応を探る) ←うちの犬の場合(笑)
     教育的指導
    などなど、あるかと。
    まずは相手を理解することが、コミュニケーション、
    ひいてはしつけなどの第一歩ですよね。
    初コメなのに長くなって、スミマセン。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > 負の罰ですが
    > 子犬が飼い主の手を甘噛みした→飼い主は遊ぶのをやめてどこかへ行ってしまった。
    > この例は正しいでしょうか?
    はい、最も分かりやすい例ですよね。
    ただ・・・これからのお話の流れの都合で(爆)使いませんでした。
    でもね、負の罰の与え方としては正解なんですけど、
    犬の甘噛みが減少しなければ、オペラント条件づけされていない、ということですね。
    ややこしいなぁ・・・
    > 先に行ってしまいますが、
    [絵文字:v-356]
    > 負の強化に興味ありです。
    > 現在の悩み事、ぽむがどうしてもブラッシング嫌いです。
    > 褒めても、オヤツを使っても、やらせることはやらせますが、スグに嫌になってハウハウが出て来ます(本気で咬まれることはありませんが、そのままやっていればたぶん咬みますね)
    >
    > 無視してやりつづける方法も考えたのですが、新しいお家へ行くことを考えたらできればブラッシングを好きに(耐えられるように)なってほしい。
    > なので、「嫌なのに続ける」ことをためらいます。(これが負の強化になってないかという心配ですね)。
    咬む、を出現させてブラッシングを止める、ということでなければ
    大丈夫ではないでしょうか?
    慣れさせるということに、焦りと、強制はいけないですので、
    もうこれ以上は~というギリギリでやめる、ということが信頼関係につながると思います。
    そこのところを分かってくれる方にポム君を迎えてていただきたいなぁ。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    もうすぐ一歳なのですね。
    おめでとうございます~。[絵文字:v-315]
    まだまだ、頭の中はおこちゃまですから、のんびり構えましょうね。
    行きがかり上(爆)オペラント条件付けをお話ししていますけど、
    問題行動に向かう時に、私は意識しません。
    むしろ、古典的条件づけに意義があると思っています。
    これは、息切れしなければ(笑)後々記事にしていきたいところです。
    食事の残りにムキムキ・・・
    試す時期、ってのもありますよね。それは感じませんか?
    私は基本、笑い飛ばしてワシャワシャしてしまうのが好きです。
    ただ・・・犬のパーソナル、心のパーソナルには気を使いますけど。
    だから・・・
    落ち着いて寝ていたい・・・寝ているとき、排せつの時は非常に無防備でしょ?
    その時は触れない、というのは気をつけています。
    > 人間のPTSDは、トラウマとなっているものに
    > わざと対峙する療法でしかトラウマを克服
    > できなかったりします。おぼれた人がずっと
    > 水を避けている限り泳げない、と言う事と
    > 同じです。なので、腫れ物扱いはしたくないと
    > 思うのです。
    確かに。私もそう思います。
    ただ・・・トラウマを乗り越えさせるために絶対に必要なのは
    「絶対的な安心感」
    それを古典的条件づけで飼い主さんの存在=安心
    ということだと思っているんです。
    急がば回れ、ですかね。
    >
    > でも、分からなくなります。ぶれたらいけないのも、
    > トラウマ克服には時間が掛かるのも
    > 分かってるんですけどね。
    >
    > 今週末一歳のバースデーです[絵文字:v-238]
    > うちに来てくれてありがとうです[絵文字:v-238]

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    初めまして~。コメントありがとうございます。
    読み逃げでも全然構いませんが、コメントくださるとさらに調子に乗れます。(笑)
    >  >良く例に出されているもので考えてみますね。
    >  >私の疑問でもあるものですけど・・・
    >  >犬を撫でていたら、犬が唸ったので、あなたは手をひっこめた。
    >  >そして無視をした。これを繰り返して、撫でても唸ることを抑制でき、
    >  >唸りの行動が減少する。
    >
    > 上記は「負の罰」の例としては、実際にはあまりないのかな~と感じました。
    > だから、理解がしづらいのかなと。
    私の持っている参考書には書いてある記述で・・・いつも???でしたけど、
    まあ亮子さんのコメントの、子犬が甘噛みしました→その場を離れた
    というのが一番分かりやすい負の罰、なのでしょうね。
    ただ・・・
    問題行動の相談で、多いのが唸ったから撫でるのをやめてあげたのに
    と仰るケースが多いです。
    飼い主さんとしては負の罰のつもり、ということ、らしいですよ。
    ああ、ややこしいな。
    で、ランパさんは専門家とかではなく?[絵文字:v-391]
    コメント長くても大歓迎ですので、ご意見じゃんじゃんお寄せください。

  7. ランパ より:

    SECRET: 0
    PASS: 39cb5a30b8c60f8a4aa5f12b7331ab03
    犬好きが高じて、先日駆け出しの専門家になりました[絵文字:v-410]。
    今は自宅近所で出張トレーニングなどをしながら、色々と準備をしているところです。
    学校はトレーナーではなくカウンセラー養成に近かったので、犬のハンドリングの
    経験も少ないですし、学校から引き取ったMDFの飼い主としても駆け出しです。
    チャーリーママさんの飼い主さんや犬に対する姿勢には、すごく共感していますので、
    今後ともよろしくお願いします。

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    > 犬好きが高じて、先日駆け出しの専門家になりました[絵文字:v-410]。
    > 今は自宅近所で出張トレーニングなどをしながら、色々と準備をしているところです。
    そうですかぁ~。
    それは楽しみですね。
    > 学校はトレーナーではなくカウンセラー養成に近かったので、犬のハンドリングの
    > 経験も少ないですし、学校から引き取ったMDFの飼い主としても駆け出しです。
    大丈夫ですよ~。
    何事も真心込めて真摯に向き合う人の勝ち、ですから。
    > チャーリーママさんの飼い主さんや犬に対する姿勢には、すごく共感していますので、
    > 今後ともよろしくお願いします。
    こちらこそよろしくお願いします。
    いろいろ情報交換いたしましょう。
    お近くでしたら、お散歩トレーニング、見学されませんか?よかったら。

  9. ランパ より:

    SECRET: 0
    PASS: 39cb5a30b8c60f8a4aa5f12b7331ab03
    チャーリーママさんへ
    おはようございます。
    お散歩トレーニングの見学へのお誘いありがとうございます。
    都区内在住ですが、電車で片道2時間位のようなので、
    涼しくなったら、ぜひ愛犬と一緒に伺わせて頂ければと思います。
    場の雰囲気や、多人数/移動しながらでのチャーリーママさんの
    立ち位置などなど、とても参考になると思います。
    その際は、よろしくお願いします。

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    涼しくなったらぜひいらしてください。
    カーミングシグナルの観察も面白いですよ。
    いろいろな飼い主さんとお話をする、というのもこれからのお仕事に
    役立つと思います。
    で、欲を言うと・・・
    ご近所でお散歩トレーニングを開催されるといいと思います。
    このようなトレーニングは必要なのになかなか場がないですので
    皆さん待っておられますから。
    お散歩トレーニングにいらっしゃる時はメールくださいね。[絵文字:v-222]

タイトルとURLをコピーしました