それで、おやつはいつあげるのですか?

この記事は約2分で読めます。

003_20090728160225.jpg

今日のお題・・・何となく分かりますか?

って質問されても分からないですよね?

おやつを使う、褒めてしつける、というと、 何が何でも使って褒める、と信じて疑わない方も多いですね。

だから、いつおやつをあげるのですか?

いつ褒めるのですか?

こんな時は褒めていいのですか?

おやつをあげても食べないのですけど・・・ ということになります。

おやつも褒めも、

犬が受け入れ体制でない時には役には立たない、 ということを覚えておきましょう。

 

004_20090728160234.jpg

受け入れ体制にするための今までのお話でしたけど、 復習しましょう。

名前を呼ぶ リードをチョンチョンと動かすリードワークで犬を動かす ハーネスを使ったホールドラッピング インターセプト これらを同時に行って、安全距離を確保しながら 犬がまだいる状態で吠えやませる=我に帰す そして、脱力したら改めて声をかける「よしっ!」 その後、おやつを食べさせてもOKです。

おやつはご褒美、としての意味よりも、 確認としてのものと捉えています。

脳の興奮が冷めたかどうか、ということですね。

おやつのあげ方で、行動を強化する・・・とか・・・ 考えすぎるからきっと、「いつおやつを使うのですか?」 ということになるのだと思います。

私が推し進めている社会化のトレーニングは、 何かをさせるためのトレーニングではないので、 (訓練ではない、ということ)

おやつ、というのは

平常心の確認、平常心をそのまま保つためのもの

というとらえ方なのです。

食べられるときであれば食べさせましょう、ですかね。

逆に言うと、食べられない時=食べることに夢中になれない時は 食べさせないでくださいね、 ということです。

我に返った犬っていうのは、あなたの笑顔があるだけで 「よし」 を実感していると見ていて思うんです。

そういう時には、おやつの出番はないな、とも感じます。

おやつは一つの道具、その道具を使いこなすことが 飼い主さんの役目なのだということを忘れないようにしましょう。

おやつがなくても興奮を鎮められるように、 それを目標にすることで、おやつがもっともっと有効に使えるはずだと思います。

 

コメント

  1. pooh より:

    SECRET: 0
    PASS: bbdde58a109712e31e4649324eaec6f0
    補足説明、ありがとうございます。
    実は、リードちょんちょんで動かそうとしたけれど、動いてくれず
    焦ってインターセプトもできず、結果、暴れん坊にしてしまいまして・・・(汗
    その時に、「あれ?氾濫法はわざと吠えさせる方法なの?」と疑問が
    湧いてしまいました。
    >おやつ、というのは平常心の確認、平常心をそのまま保つためのもの、
    >というとらえ方なのです。
    これで、安心しました。でも、オヤツをあげようとして指を噛まれそうになる時は
    食べさせないということですよね。ちょっと判断が難しいかもしれません。
    ということは、オヤツという道具をうまく使いこなす事が今後の目標ですね。

  2. トミピー より:

    SECRET: 0
    PASS: defadfc2ad2fbb4fbcdc4d64f6c8d823
    今日の散歩の際、時々会う犬が後ろから来ました。
    気がついた時は結構近かったので、すぐに興奮しましたが
    インターセプト、名前を呼んで向き直ったルークがお座りし、私を見た後
    おやつ・・・(うわ~すごい、ルークできるじゃないの!)
    と思った後、向き直ってまた吠えました~~
    落ち着いたと思ったのですが^^;
    すぐそばまで来ていたので「ちょっと確認させてね」と言って
    臭い嗅ぎをさせてもらったら落ち着きましたが。
    こんな風でいいですか?
    ルークのガウガウは確認したい気持ちが大きいみたいです。
    でも少し慣れた知り合いの犬にも、会うたびに最初だけガウガウします。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    今お話ししていることは、簡単なようでと~っても難しいです。
    テクニックも必要ですのでね。
    > 実は、リードちょんちょんで動かそうとしたけれど、動いてくれず
    今日もトレーニングで皆さんにお見せしましたけど
    リード操作で動かすのは技ですので、習得しないとできないのですよね。
    一切力を入れませんしね。
    > 焦ってインターセプトもできず、結果、暴れん坊にしてしまいまして・・・(汗
    インターセプトも、リードを固定しながら足を顔の前に入れないといけませんね?
    転移性の噛みが出る子にはまず、興奮を止める、ということが必要です。
    > その時に、「あれ?氾濫法はわざと吠えさせる方法なの?」と疑問が
    > 湧いてしまいました。
    吠えを、止められないと、氾濫法は使えません。
    氾濫法は吠えが出ます。でも止められないといけないのですよ。
    逆効果です。
    だから、Uターンするのですから。
    > これで、安心しました。でも、オヤツをあげようとして指を噛まれそうになる時は
    > 食べさせないということですよね。ちょっと判断が難しいかもしれません。
    > ということは、オヤツという道具をうまく使いこなす事が今後の目標ですね。
    そうですね。
    噛まれそうかどうか分からない、判断が難しい時は
    止まらないで、あぶさんを動かさないといけません。
    その場にとどまっていると、興奮が増します。
    なので、動かすにはリードワークと、飼い主さんの動きですね、それが大切なんです。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > こんな風でいいですか?
    はい大丈夫です。
    とっても良いと思います。
    > ルークのガウガウは確認したい気持ちが大きいみたいです。
    そうでしょうね。
    まず、ガウガウ出ちゃうんでしょうね。
    人からするとやかましいですけど、
    吠えない仔がいい仔、という人間の決めたものが幅を利かせているので
    なかなか、やかましい子には大変です。
    まあ、静かに出来た方がいいので、後は慣れ、ですよね。
    ガウガウしても相手はスルー・・・みたいな体験がたくさん欲しいですね。

  5. スーさんママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ご無沙汰しております。
    チャーリーママさんは覚えていらっしゃらないかもしれませんが。。。
    私もずっと忙しく久しぶりにトレーニングのブログを拝見しました。
    これからまた少しづつ勉強していきたいと思います。
    我が家の2ビーグルは警戒吠えが得意なので、まさにぴったり。
    がんばりま~す。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > ご無沙汰しております。
    > チャーリーママさんは覚えていらっしゃらないかもしれませんが。。。
    えっと~、「金の卵」・・・ですよね?
    覚えてますよ~。
    > 私もずっと忙しく久しぶりにトレーニングのブログを拝見しました。
    > これからまた少しづつ勉強していきたいと思います。
    いろいろな角度からトレーニングを考えた記事を書いています。
    ぜひ読んでくださいね。
    頑張ってくださいね~。[絵文字:v-222]

タイトルとURLをコピーしました