パニックになって吠える時

この記事は約2分で読めます。

001_20090721194910.jpg

ガウガウ、ヒ~ンヒ~ンなどなど・・・ パニック的な吠えとおやつの関係(使い方)を考えます。

警戒吠えには名前を呼んでおやつ、が使えることは何度もお話ししていますね? 要求吠えには、教育的な無視、石像インターセプトが使えます。

そこで、今日考えてみるパニック的な吠えですね。 パニックですので理性とか、抑制が出来ない状態。

ということは飼い主さんの声かけ、制止が聞かない吠えは すでにパニックと、私は捉えています。 ですので、対処は違ってきます。 恐怖症(雷や、音など)の対処と方向性は同じであると考えています。 分離不安もそうなのだと思いますね。

自信のなさ。

 犬の中で何が正解かが分かっていない、教わっていない、 理解が済んでいない、という状態が自信のなさに現れます。

一見、攻撃的な吠えをすると、支配性だと思われるでしょうけど 犬の中では恐怖がある、芯のところは怖くて怖くて仕方がないのでしょう。

怖くなければ吠えずにスルーできるはずですから。 怖い、というのは不安感なのかもしれないですね。 慣れていないための不安。 自分にとって脅威であるかもしれない、という不安。 その不安から反射的に吠えが出たとします。

吠えたら、結果的に相手がいなくなった・・・ 吠え=相手を遠ざけるのに有効な技・・・という関連付け その経験が続くと、吠えはどんどん強化されていきます。 どんどん攻撃的になって行く。(ように人には見える)

しかし、もともとは「怖い」という思いによるものだ、ということを忘れては 矯正はできません。 怖がる子を叱っていいわけがない、ということ。

誰にも頼ることができない、だから自分で吠えたり震えたり一人でパニクるのかもしれないのです。

話を戻しますね。吠えとおやつの関係。 お散歩中、避けてばかりはいられない犬との遭遇(犬嫌いで吠えが出る場合ね) とっさの時の対処に、皆さん困っておられると思うんです。

理論的には安全距離をとって吠えが出ないようにすればいいのですけど 必ず、それが不可能な場面がじゃんじゃん訪れる・・・

その時、 リードをガンガン引いて、首にショックを与えている人 足蹴りをかます人、 大声で叱りつける人 いろいろな方がいます。 それらは、私のブログに来てくださる方にとっては、もちろん私にとっても 論外なので、 それ以外の方法で対処する仕方を考えてみましょう。

その中でおやつの使い方についてお話しします。 長くなってしまったので明日に続きます。

 

 

コメント

  1. あとみん より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    うちの子はまさに、これです。
    避けてばかりいられない、犬との遭遇。
    そのたびガツンとショックしたり、大声で叱ったりと
    「論外」!!な対処を続けてきてしまった私です。(T-T)
    チャーリーママさんのおかげで、間違いに気づく事ができました。
    今は、名前を呼んでオヤツ、パニックの時は叱らない。
    これを徹底してお散歩しています。
    相手との距離が保てればなんとかできるようになっていますが
    病院の待合室など、近くの犬にはどうしようもないので
    いつも車の中で待機です。
    診察時、一瞬他の犬とすれ違うのも大騒ぎで(T-T)
    明日の記事を楽しみにしています。

  2. オラクル より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    読まさせていただきました!
    応援クリック!

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > うちの子はまさに、これです。
    まさに・・・そうでしたか。。。[絵文字:i-230]
    > 避けてばかりいられない、犬との遭遇。
    > そのたびガツンとショックしたり、大声で叱ったりと
    > 「論外」!!な対処を続けてきてしまった私です。(T-T)
    定説のようになってますからね。
    もしくは、避けて避けて避けまくる、みたいな。
    避けられないときは・・・凹むよぉ~。
    > チャーリーママさんのおかげで、間違いに気づく事ができました。
    > 今は、名前を呼んでオヤツ、パニックの時は叱らない。
    > これを徹底してお散歩しています。
    徹底をお願いします!
    途中、気持ちが萎えそうになりますが、徹底するしかないです。
    そうすると・・・
    叱られない、ママは分かってくれる、と絶対的な安心感が生まれるはずです。
    そうすると、吠えなくなるわけではなくて・・・
    吠えても顔を見せれば吠えが止まるようになる。
    まあ、これが理想なんです。ここまでやる。[絵文字:i-192]
    ここまでくると、転移性の噛みもなくなっているはずです。
    安心できる人がそばにいるのだから。敵じゃない。
    まだ、確立した方法ではないので
    私としては、成功例を作ってほしいのです。
    そうすれば、今の訓練法に少しでもストップがかけられないかな、と
    思っていますので。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪ご訪問ありがとうございます
    応援ありがとうございます!
    励みになります!

  5. たま より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
     安全距離を取って避けて通るのもいいのですが、そうすると回り道ばかりして家に帰れなくなることがあるのでやり過ごせるようになるのは必要です。
     安全距離をのうちに座らせておやつをあげて通り過ぎてもらおうとしましたが、食べ終わったあとに吠えてしまうようでは吠えを強化することになってしまいますよね。
     おやつではなく、名前を呼んで見たら「よし!」(+うちはおなかの辺りをポンポン)、それでもだめならホールドラッピングして落ち着いたら「よし!」でいこうと思います。
     吠えあいになっている時に「ほら、向こうは(あんずのこと)いいんだけど、これはだめなんだよ、うちのと仲が悪いんだなぁ、あっはっは!」と(吠えさせたまま)近所の人たちで大笑いしている飼い主に遭遇すると、今日はツイてないなぁと思います。逆に「ツイテ」がバッチリできている落ち着いた犬とすれ違うとカンスケも拍子抜けしたように落ち着いて飼い主さんに「いい仔ねぇ」と言われたり…。何事も勉強ですね。

  6. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    パニック的興奮はTAROにもあります。
    そしてそういう時はおやつも全く効力なしなんです・・・[絵文字:v-406]
    夜9時以降に庭へ出る時に激しく庭の奥に向かって吠え、でも自分一人では
    前に進まず、一緒に庭へ出ると興奮して私に向かってジャンプして吠えて・・・
    原因は「キツネが怖い」と分かっているので、一旦、庭の奥まで到達すると
    落ち着きます。
    でも、そもそも毎晩、こうして一緒に庭へ出る意味はあるのか!?とおもい、
    今は夜は庭に出ない・出さないことにしています。
    (夜最後のトイレは家の前の芝生でさせることにしました)
    私にとってのベストは「夜も庭で吠えない」だけど・・・・
    TAROとの妥協点を探り探りで見守るしかないのですよね
    あとはパニックの経験をあまり積ませないくらいなのでしょうかね[絵文字:v-388]

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    >  安全距離を取って避けて通るのもいいのですが、そうすると回り道ばかりして家に帰れなくなることがあるのでやり過ごせるようになるのは必要です。
    そう・・・
    実際的じゃないことが多々ある。
    避けたつもりがそこにも犬が、なんて。
    >  安全距離をのうちに座らせておやつをあげて通り過ぎてもらおうとしましたが、食べ終わったあとに吠えてしまうようでは吠えを強化することになってしまいますよね。
    次からの記事の先取りですね。(笑)
    行動の奥の心理を考えると、強化してますよね。
    >  おやつではなく、名前を呼んで見たら「よし!」(+うちはおなかの辺りをポンポン)、それでもだめならホールドラッピングして落ち着いたら「よし!」でいこうと思います。
    おやつ以上の拠り所になれるか、どうか。ですね。
    >  吠えあいになっている時に「ほら、向こうは(あんずのこと)いいんだけど、これはだめなんだよ、うちのと仲が悪いんだなぁ、あっはっは!」と(吠えさせたまま)近所の人たちで大笑いしている飼い主に遭遇すると、今日はツイてないなぁと思います。逆に「ツイテ」がバッチリできている落ち着いた犬とすれ違うとカンスケも拍子抜けしたように落ち着いて飼い主さんに「いい仔ねぇ」と言われたり…。何事も勉強ですね。
    そう・・・
    自分の犬はあきらめない、というのは美徳。でも
    他人様の反応にはあきらめも必要かと。。。
    勉強になります。[絵文字:i-232]

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > パニック的興奮はTAROにもあります。
    > そしてそういう時はおやつも全く効力なしなんです・・・[絵文字:v-406]
    そう・・・さすがのTARO君でもおやつがだめな時もあるんですね。
    やはり・・・キツネか。。。
    昼間も残り香があるでしょうし、夜になると出没するのですよね?
    そりゃあ、若い犬としては怖いと思います。
    > でも、そもそも毎晩、こうして一緒に庭へ出る意味はあるのか!?とおもい、
    > 今は夜は庭に出ない・出さないことにしています。
    > (夜最後のトイレは家の前の芝生でさせることにしました)
    > 私にとってのベストは「夜も庭で吠えない」だけど・・・・
    > TAROとの妥協点を探り探りで見守るしかないのですよね
    私は妥協が大好きなので(笑)
    まずはおっしゃる通り、
    > あとはパニックの経験をあまり積ませないくらいなのでしょうかね[絵文字:v-388]
    が大事でしょうね。パニックからトラウマ的にさせるのは避けないと。
    得体が知れないもの=パニック、という反射にしたくないですよね。
    後は、経験、年を取る、ということである程度解決するのかもしれないですよ。
    恐怖心が薄れるのかな・・・
    年を重ねるごとに、自信が付いている犬は
    恐れることがあほらしいかのようですもの。

  9. SECRET: 0
    PASS: b7dee6784a6096fb27bb0c70c9133199
    >理論的には安全距離をとって吠えが出ないようにすればいいのですけど
    >必ず、それが不可能な場面がじゃんじゃん訪れる・・・
    そうなのです。
    北国の冬の歩道は毎日「不可能な場面」との戦い(笑)です。
    夏場だと向こうから制御不能の犬が来た場合、こちらが車道に下りてすれ違えばいいのですが、冬場は歩道と車道の境には雪山があるので同じ土俵ですれ違わなくてはならなくって。
    以前はリードを短く持って、犬の引っ張りに踏ん張っている状態でした。
    数年前にシーザーの本に出会って、犬と接する際は毅然とした態度が大切だと知り、それからは落ち着いてコマンドで座らせ、なおかつ犬の顔の前に手を出してWAITといいながらやり過ごしてます。
    人間だけとすれ違う場合は足元に座らせ、犬連れの方とすれ違う場合は「乗って」で雪山の上に乗せてから座らせています。
    犬たちが落ち着いていてくれたときは本当に感謝の気持ちでいっぱいでうれしくなります[絵文字:v-238]

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > そうなのです。
    > 北国の冬の歩道は毎日「不可能な場面」との戦い(笑)です。
    ああ~、そうかぁ~。
    経験はないですが、想像できます!
    なかなかスリリングですね。
    > 数年前にシーザーの本に出会って、犬と接する際は毅然とした態度が大切だと知り、それからは落ち着いてコマンドで座らせ、なおかつ犬の顔の前に手を出してWAITといいながらやり過ごしてます。
    う~ん、シーザーですねっ!
    参考になる点がたくさんありますよね。
    毅然な態度・・・
    おやつやら、「NO!」とか大騒ぎして,バタバタするのは
    毅然さとは程遠い感じですものね。
    座ってやり過ごせるのはすごいですね~。
    目指すはそこですね。

タイトルとURLをコピーしました