自信

この記事は約2分で読めます。

 

    

    f:id:charliemama3:20190513183054j:plain

自信・・・それは不安症や恐怖症を考える時のキーワードにしています。 なにも、不安症は病的なものばかりではありません 「ちょっと待っててね」 と飼い主さんがその場を離れる時に この世の終わりのように大騒ぎする犬・・・

これは、当然なんですけどね、成長過程としては。 ただ、自信が無いのだと思うんです。 じっと待っている自信

 

自信をつけさせるための「褒め」を考えてきました。

褒めのほかに大切なのは、「慣らすこと」なのです。

慣らすこと=社会化ですね。

社会化というのはパピー教室などに参加して行うものではないんですよ。

行えることもありますけど。 自分の環境下、そして生活圏での慣らしが大切なのです。 トレーニングモードでない、ということがポインントでしょうか。

人に慣らす、といって人ごみの中に連れて行き、人を見せるのは 社会化ではありません。

個体によっては、情報がオーバーしますので、パニックになってしまいます。

脳が処理できる情報量を与える、これがポイントです。

お教室では 飼い主さんはどうしても他の飼い主さんや犬が気になりますね?

うちの仔って・・・なんでこんなこともできないの。 うちの仔だけ他の犬と遊べない・・・とか。

家でもそうですね? マニュアル通りできないと焦る、というのは、他の存在が気になるからではありませんか?

その犬の個性を、といくら言われても 他が気になって気になってしょうがないのではありませんか? まずはそこからですね。

犬は認めないと、自信が持てないでしょう。

その子だけを見てあげてください。 そういう子もいるという理解をお願いします。

子犬は噛んだり、跳ねたり、吠えたり、いたずらしたり・・・ これはあたりまえ。

自分の居場所を見つけ始めるのが2週間目くらい。 その頃から徐々に甘噛みとか始まりますよ。正常な行為です。

眠くても寝たくないから、狂気の目で遊び続けますね(爆)

手当たりしだい噛んだりします。

排泄を我慢しているときは、人と同じでそわそわするし、 胃腸の弱いい犬は、腸が痛くてイライラするかもしれません。

皮膚感覚の敏感な犬はお天気が悪ければ、体を触るのも一苦労かもしれませんね。

痛いと感じるから。

ショップでおなかをすかせた環境に置かれた犬は 物を守る習性が付いているかもしれないし、 刺激の不足で、喜怒哀楽がうまく表わせないかもしれません。

そんな犬たちを理解することが、しつけの前に求められることで、 それがなされなければ、自信をつけさせるために褒めることはできないでしょう。 飼い主さんの準備不足ですね。 準備不足を嘆くことはありません。 私もそうですけど、気づいたときが再び始まりの時なのですから。

 

 

 

コメント

  1. pooh より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    分離不安・・・あまり重要視していませんでした。
    というのも、クレートに入れていれば、外出しても吠えるようなこともなかったので。
    でもこのことが、恐怖症や興奮症、全ての事につながっていくんですね。
    クレート飼いをやめて、ストーカー行為も減ってきましたが、今朝やられました。
    10分くらい外出した時、部屋の隅に「ちーーー」っと!黄色いシミが出来ていました・・・
    こちらのブログを読んでいなかったら「もう3歳なのに、まったくもう!」と
    怒っていたかもしれません。いえ、落ち込んでいたかな?
    自信をつけさせるための「よしっ!」で笑顔も増えました。
    外で犬が吠えていても、眠ったままでした。自信がついてきたのでしょうか?
    引き続きのんびり、まったり頑張ります。

  2. ぴぃ より:

    SECRET: 0
    PASS: 0942fa509dc21787c9bdabab6ff709d2
    でも、今回は [太字]声を掛けない 目を合わせない ホールドラッピング おやつ[/太字]
    を実行し何とか乗り切りました。
    詳細は長くなるので省きますが(ブログにはUPしています)、雷が鳴リ初めて私が庭に出て、
    類と一緒にいた約30分間のうちの半分以上、落ち着いてオスワリをしていられました。
    チャーリーママさんのおかげです。 ありがとうございます。

  3. トミピー より:

    SECRET: 0
    PASS: defadfc2ad2fbb4fbcdc4d64f6c8d823
    前回の動画と記事ですが
    >.吠え止んでから、目を見た時に「よしっ!」と声をかければいいのです。
    >(カメラ撮影中、声かけられなくてごめんよ、チャーリー)
    >むやみに声掛けしないで、「よし」を使うタイミングを見計らってくださいね。
    前回のチャーリー君の動画を見て、室内で外の音に吠える我が家の3匹に
    試したところ、吠えなくなりました!
    「なんだなんだ?」という不安と緊張が消えるのが分かります。
    以前は吠えてる時にダメ!と叱っていましたが、「よし!」の使い方に驚きです。
    これは飼い主もイライラしない方法だな~と以前の自分を反省。
    >犬は認めないと、自信が持てないでしょう。
    >その子だけを見てあげてください。
    >そんな犬たちを理解することが、しつけの前に求められることで、
    >それがなされなければ、自信をつけさせるために褒めることはできないでしょう。
    ・・・人と同じですね~なんだか胸にキュンと来ました。
    地道に頑張ってます!!

  4. 亮子 より:

    SECRET: 0
    PASS: e9c7f7a274f890b54166fbe701cb3a9e
    >そんな犬たちを理解することが、しつけの前に求められることで、
    >それがなされなければ、自信をつけさせるために褒めることはできないでしょう。
    ぽむを受け入れしたとき、「理解しようとする心」が足りなかったかなぁ、と思います。なんというか、よく言うところの「犬をわかったつもりになっていた」というやつです。だから、咬むようにしむけてしまった面もあったかもしれないし…。
    人とおんなじで、一頭一頭、どの子も同じ子はいないんですよね。
    そのことを、思い出させてくれたのがぽむでした。
    >私もそうですけど、気づいたときが再び始まりの時なのですから。
    ここに集うみなさんのわんこは、多くはまだ子犬・若犬さんですよね(^0^)
    パパママのみなさん、大丈夫ですよ~! じじぃ犬だって、ちゃあんと進歩して進化してどんどんいい子になるんですもの。若い子はスタミナがありあまっている分、大変だろうとお察ししますが…。
    きっと、すばらしい未来が待ってますねっ!

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > 分離不安・・・あまり重要視していませんでした。
    > というのも、クレートに入れていれば、外出しても吠えるようなこともなかったので。
    > でもこのことが、恐怖症や興奮症、全ての事につながっていくんですね。
    ということになります。
    クレートの中では、守らなければならないものが一杯になると、
    私は感じています。
    中に入って安心?
    それは人の思い込みの様な気もします。
    警戒心が育ってしまうと思います。
    クレートの外に出ると、囲いが無いのでどんどん不安になって
    囲いの代わりに武器=自分を守るものが必要なのではないかな?
    それが、先制攻撃=吠え・突進・・・
    これは私の理論ですけど。
    始まったばかり、心をしっかり持って取り組んでくださいね。
    > 自信をつけさせるための「よしっ!」で笑顔も増えました。
    > 外で犬が吠えていても、眠ったままでした。自信がついてきたのでしょうか?
    そうでしょうね~。
    今までは乗り越えられない音(吠え)だったのでしょうけど、
    寝ていられるのですから、[絵文字:v-218]ですねっ!

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    このコメントを読む前に、ブログの方にお邪魔しておりました。
    本当に素晴らしい取り組みだと思います。
    ぴぃさんが雷を怖がらない、その態度もよかったですね。
    これから、ちょくちょく雷が鳴ると思いますけど、
    トレーニングの機会、というくらいの気持ちでやってみてください。
    うちも、ココがだいぶ良くなってきましたので、
    雷がむしろ鳴らないかと思っているんですよ。[絵文字:v-392]

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > 前回のチャーリー君の動画を見て、室内で外の音に吠える我が家の3匹に
    > 試したところ、吠えなくなりました!
    そうでしょ~?
    見られるのって不安なんですよね。
    それを逆手に取る!
    叱らないで済むし、いい方法だと思いますけどね。
    行動学だと残酷っていうのかな?分かりませんけど。
    > 以前は吠えてる時にダメ!と叱っていましたが、「よし!」の使い方に驚きです。
    > これは飼い主もイライラしない方法だな~と以前の自分を反省。
    犬同士のシグナル、使えるものは使う、
    イライラしないために使う、叱らないために使う、という考え方です。
    犬も感情豊かな動物ですから、
    言葉が通じないだけで、気持ちは通じると信じてやっていきましょうね。
    取り組みの過程も、大切な時間だと思います。

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > ぽむを受け入れしたとき、「理解しようとする心」が足りなかったかなぁ、と思います。なんというか、よく言うところの「犬をわかったつもりになっていた」というやつです。だから、咬むようにしむけてしまった面もあったかもしれないし…。
    いえいえ~、そんなことはないですよ。
    なかなか分かるものではありませんよ。
    私なんて初めて会うワンコさん、相当慎重になりますけど、
    理解しきれなくて抱かせずともよい警戒心を持たせてしまうこともまだまだあります。
    なので、そこからですね。
    いかに信頼してもらうか、それには理解しようと努めないと。
    心を開いてはもらえないですね・・・
    > 人とおんなじで、一頭一頭、どの子も同じ子はいないんですよね。
    > そのことを、思い出させてくれたのがぽむでした。
    本当に、素晴らしい経験になりましたね。
    ぽむ君に感謝ですね?
    > ここに集うみなさんのわんこは、多くはまだ子犬・若犬さんですよね(^0^)
    > パパママのみなさん、大丈夫ですよ~! じじぃ犬だって、ちゃあんと進歩して進化してどんどんいい子になるんですもの。若い子はスタミナがありあまっている分、大変だろうとお察ししますが…。
    > きっと、すばらしい未来が待ってますねっ!
    飼育放棄に至ることは避けさせたい、その思いでやっています。
    どうしても煮詰まってしまうこともあるようです。
    たくさんの理解者がもっともっと増えて、困っている人がいるな、と感じたら
    手を差し伸べられる、そんな関係作りもこのブログの目的なんですよね。

  9. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS: d0ebcd7d786ae3ff938514ea2fcc28d0
    こんばんは。
    Panと暮らし始めて今日で1年です。
    去年の今日を思い出して感慨に浸っています。
    まだまだ未熟な飼い主と、まだまだやんちゃなPanですが、
    チャーリーママさんのおかげで、なんとかここまで来られ
    ました。
    >眠くても寝たくないから、狂気の目で遊び続けますね(爆)
    >手当たりしだい噛んだりします。
    >排泄を我慢しているときは、人と同じでそわそわするし、
    >胃腸の弱いい犬は、腸が痛くてイライラするかもしれません。
    まさにチビの頃のPanです(^^;)
    >そんな犬たちを理解することが、しつけの前に求められることで、
    >それがなされなければ、自信をつけさせるために褒めることはできないでしょ>う。
    本当にそうですね。
    いちいち「異常なんじゃないか」って不安になっていたら、犬にもその気持ちは
    伝染しますよね。今ならよくわかります。
    「分かろう」とし始めた時から、犬も飼い主を分かろうとし始める…。どちらか片
    方だけに何かを強いるのでなく、お互いに歩み寄って行くことが犬との暮らしを
    楽しくして行くのだと感じています。
    楽しく、でも地道な努力も忘れずに、2年生もがんばります。
    どうぞこれからもよろしくお願いしますm(_ _)m

  10. mimichon より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >自分の環境下、そして生活圏での慣らしが大切なのです。
    >トレーニングモードでない、ということがポインントでしょうか。
    そうですよね。
    昨日の記事にもかかれていましたが、職業犬訓練ではなく、家庭犬なのですものね。
    ましてや、不安がいっぱいな犬たち。身近な場所から少しずつ・・ですね。
    >個体によっては、情報がオーバーしますので、パニックになってしまいます。
    >脳が処理できる情報量を与える、これがポイントです
    ミミがスクールのレッスン中に待てない理由、ここにもありましたね。
    ミミにとって、スクールのレッスン場は、自分の生活圏から一気に飛び出し過ぎてしまって
    情報オーバーな状態になっていたのですね。
    慣らすことが大事だと思うあまりに、ハードルを一気に高くし過ぎると、慣らしているつもりが、かえって不安を大きくしてしまう。とても気をつけなければいけないことだと思いました。
    >犬は認めないと、自信が持てないでしょう。
    >その子だけを見てあげてください。
    >そういう子もいるという理解をお願いします。
    人もそうですね。
    良いところ、悪いところ、デコボコな自分を全て認めて受け入れてもらえると・・
    こんな自分でもOKなんだって、小さな自信につながって、そういう人には心が開きます。
    信頼関係って、ここから始まるような・・。
    ここ数日の不安(自信)関連の記事、本当にたくさんの事に気づかせて頂きました。
    ありがとうございます。
    ミミがじっと待てるようになる日を夢見て・・とにかく頑張ってみますね~♪

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    一年の記念日おめでとうございます。[絵文字:v-308]
    早いものですね~。
    感慨深いですね。
    ワンコさんも、飼い主さんも、どんどん成長していくのですから。
    犬を育てるのって・・・
    テクニックではなくて、結局人がどう生きるか
    その人がどう生きたいか、がとっても反映されると思うんですね。
    それが犬から信頼されるポイントでもあるし、
    絆なのでしょう。
    今日もPan君のまっすぐな瞳がママを見つめているのでしょうね。
    2年生進級おめでとう♪(笑)

  12. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    私がお散歩トレーニングにこだわるわけは
    家庭犬であること。
    家庭犬としての一番のお仕事はお散歩であること。
    だからそのお散歩を充実させたい、ということと、
    室内という空間では、緊張が高まりすぎて、
    物を覚えるという脳の状態ではない、ということ。
    ストレスによる体の反応も出やすいですしね。
    ということで、戸外、お散歩、日常的、のお散歩トレーニングなんですね。
    ゆるゆるモード、何かをしなくちゃいけない、ということもなし、
    普段のお散歩と変わりはない、けれどそこで出る問題点には
    即座に対応できる、ということですかね。
    > 良いところ、悪いところ、デコボコな自分を全て認めて受け入れてもらえると・・
    > こんな自分でもOKなんだって、小さな自信につながって、そういう人には心が開きます。
    > 信頼関係って、ここから始まるような・・。
    犬の失敗にも「OK,大丈夫よ」
    と言えるかどうか。
    失敗したくてするわけじゃないんだし。
    犬を育て続けることで、自分も育ってるかな?と感じる日々です。(笑)
    頑張りましょうね~。
    ぜひ、お会いしてみたいです。[絵文字:v-222]

タイトルとURLをコピーしました