分離不安(3)

この記事は約2分で読めます。

    f:id:charliemama3:20190512185550j:plain

分離快感についてはしつけをしっかり行う、ということで 頑張っていただくとして、 真性(?)分離不安についてですね。

不安症状ですから、やはり一種のパニック、 良い悪いが判断できない状態。 反射的な随伴症状が出る。大脳辺縁系に支配されている状態・・・ ということ。

トレーニング、というのではなく矯正という感覚でもなく 治療、ですね。

ココの雷恐怖症・・・に通じます。

分離不安に対するときのこちらの姿勢。

ココは 分離不安的な様子も見せますよ。だいぶ良くなりましたけど。 具体的にはココの場合・・・無気力になる、震える、洗面所など薄暗いところに隠れる。 静かなパニックなのかな、かわいそうです。

一人でいられる自信、 何か嫌なことが起こった時に、平常心でいられる自信がない、 ということだと思います。

一度、陥った気分の悪さを脳が勝手に思いだしてしまうのでしょうね。

その仔の許容量の問題なのだともいえます。

大きな音に対して敏感であるとか、 湿度に敏感であるとか、 新しい環境、物事に敏感である、 ・・・ 等々・・・ 不安症状を感じて気分が悪くなりますね?

その時、飼い主さんが帰ってきた、 物を破壊している時、掘っている時、かじっている時、 気分が一時的に良くなるとします・・・ するとどうなると思いますか?

飼い主さんがいなくなれば再び不安な気持ちになり、 または 物を壊したりすることが習慣化するのです。しかも無意識に。

このような犬を叱っていいわけがないですよね? 行動を叱るということがいかに無意味なことかを理解していただきたいと思います。

では、治療はどうやっていくのか。 医師ではないので、トレーニングとしての治療を考えてみたいと思います。

 

 

コメント

  1. きり父 より:

    SECRET: 0
    PASS: be83e113aeeec3717846a8131ae8370e
    >このような犬を叱っていいわけがないですよね?
    >行動を叱るということがいかに無意味なことかを理解していただきたいと思います。
     「知恵遅れ」「発達障害」「分離不安」というキーワードでGoogle検索すると、人間の赤ちゃんや幼児の事例が多数ヒットします。
     乳児期の養育が不適切で、きちんとした母子のコミュニケーションが不足した場合は、人間の赤ちゃんでも自閉症とか発達障害になり、分離不安などの症状を呈します。
     犬の真性(?)分離不安というのは、人間の自閉症とか発達障害と類似の障害と考えてます。要するに、乳児期にまともに母犬と触れ合うことなく、きちんとした自然離乳もしていないというのが、どれほど犬に悪影響を与えているかと言うことでしょう。ここにも犬の流通問題が、深刻に影響していると考えています。
     きちんとした繁殖・流通を行えば、この問題は「予防可能」なはずだと思われますが、現実は・・・(悲)
     叱るというのは、人間でも正常に発達した子供に対する教育方法です。知恵遅れの子供を叱るのはナンセンスです。犬も然りですかね・・・

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    >  叱るというのは、人間でも正常に発達した子供に対する教育方法です。知恵遅れの子供を叱るのはナンセンスです。犬も然りですかね・・・
    ここのところ、
    自分の道の再確認になりました。
    気づきをありがとうございます。
    犬は・・・自閉症的な脳の働きをするそうです。
    違いに敏感、そしてその違いに執着する。
    瞬時にフラッシュバックする・・・
    そしてその傾向は一生涯続くものである。
    傾向に大きい、小さいの個体差がある、ということですが。
    ということで、
    行動は叱りでの強制はNGである、ということ。
    NO,にはダメージが伴うからです。
    そして後遺症はいつ、現れるかわからない。
    難しい仔は確かにいて、飼い方云々でなかったりもするんですよね。
    ここが犬の飼育の難しいところでしょうけど。
    だから、難しい子が来た、迎えたら、
    その子なりの飼育法を試みることが大事、ということです。
    そしてどの子にも共通して、叱らない、ということですね。
    矯正しない、ということではありません。
    罰を与えない、ということです。

  3. マヒナ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    分離不安…興味深いです[e:2]
    続きが待ち遠しい~[e:330]

  4. SECRET: 0
    PASS: 7a1ff113c6b0d9329a088cfe7868c898
    以前にコメントさせて頂きましたボクサーの飼い主です。
    ボクサーではないのですが、2年間繋ぎっぱなしで、ご飯だけを与えられていたゴールデン(推定7歳)の里親さんになった友人の事ですが、1人で寝たり、留守番が出来ません。
    物を壊したり、掘ったり、噛んだりは一切無いのですが夜になると吠えて飼い主を起します。
    誰でも人さえ居ればおとなしく留守番は出来ます。
    うちの家にお泊りもするんですが、1人になると吠えるので一緒にベッドの部屋に入れると静かに寝ています。
    外出では車の中で留守番は出来ます。
    獣医師から分離不安と言われ、薬を処方されていますが、1人で過ごす事が出来ません。
    その家にはパグが2匹居るのですが一緒に居ても同じ事だそうです。
    対処の仕方はありますでしょうか?

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    > 分離不安…興味深いです[e:2]
    なかなか、難しい分野ですよね。
    投薬治療でも思わしい結果が出ない、とお聞きします。
    不安ですから、不安の治療薬は・・・自信なのかな?
    って思って続きを書きますね。
    特効薬はないのでしょうね。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    いらっしゃいませ~。
    このゴールデンちゃんの場合は
    典型的な自信不足ですよね。
    暗闇が怖いのかもしれないです。夜が苦手な犬っていますよ。
    なんか、こう~、嫌~な感じがしてくるんだろうな、って思います。かわいそうです。
    繋ぎっ放し・・・
    お散歩もしていなかったのでしょうか?
    声かけも、愛撫も与えられていなかったのでしょうか?
    そうであるが故の不安による吠えであるならば
    満たされなかったもので満たしてあげることこそが治療法なのではないでしょうか。
    特効薬はあり得ませんね。
    自分の中で満足するまで。
    誰かがいなくても、その誰かが帰ってくればまた
    お散歩してくれたり、可愛がってくれたりする、
    それを心待ちにできるようにするには、べたべたの愛情が必要であると思います。
    添い寝するくらいの愛情のかけ方が有効でしょう。
    離れると吠えるから慣らしのために離れさせる、というのはナンセンスですよ。
    何をするにも褒めて、NG的な行動の際には無視。
    運動をたっぷりして、体をお手入れして、美味しいものを食べて
    横に愛情をくれる人がいる、
    徹底的に満足させない限り不安感はなくならないのではないかなぁ。
    「吠え」という行動だけに目がいって
    それをやめさせると、ますます自信がなくなります。
    自尊心を持たせてあげられる術があれば全部やる、
    大変でしょうけど・・・この方法しか思いつきません。

  7. きり父 より:

    SECRET: 0
    PASS: be83e113aeeec3717846a8131ae8370e
    Georgeさん
    >添い寝するくらいの愛情のかけ方が有効でしょう。
     チャーリーママさんの方法が良いと思います。
     それに付け加えるとすれば、下記の2つを教え込んでみては?
    1.留守番をさせる前に十分になでて可愛がり、「行ってきます」とか「待っててね」をたっぷりします。無視して出かけるのは良くないです。人間の方から、シグナルを送ってやるべきです。
    2.帰ってきたら、何を置いても真っ先に犬のところに行き、「ただいま」「おりこうにお留守番できたね」とたっぷり褒めて、撫でて、可愛がります。
     「行ってきます」で出かけても、必ず帰ってきて「ただいま」をして可愛がってもらえる、そう犬が覚えてくれれば状況は良くなるかもしれません。
     まず、在宅中でも席を立つ時などに「待っててね」、戻ってきたら「良い子にしてたね」と何かにつけて声をかけて十分にかまってやります。次に、玄関先で短時間の練習を、毎日やってみれば良いかもしれません。それこそ、玄関から門のポストまで新聞を取りに行く程度の短時間の「お留守番」から練習します。練習の目的は、人間の「行ってきます」などのシグナルを覚えてもらことです。
     我が家の柴犬が仔犬の頃にお留守番を教えるのに、上に書いたやり方を実行してました。それで問題なく留守番できるようになってます。

  8. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS: d0ebcd7d786ae3ff938514ea2fcc28d0
    いつもコメント参考にさせていただいています。
    >乳児期の養育が不適切で、きちんとした母子のコミュニケーションが不足した場合は、人間の赤ちゃんでも自閉症とか発達障害になり、分離不安などの症状を呈します。
    この部分について、誤解がおありのようなので書かせてください。
    自閉症や発達障害の原因は、先天性の脳機能障害だと言われています。かつて、養育方法に原因があると言われていたために、そのような誤解が広がり、現在でも周囲の偏見や自責の思いに苦しめられている方(主に母親)がたくさんいます。
    チャーリーママさんの書かれたご返事に、
    >犬は・・・自閉症的な脳の働きをするそうです。
    >違いに敏感、そしてその違いに執着する。
    >瞬時にフラッシュバックする・・・
    >そしてその傾向は一生涯続くものである。
    とあります。
    私は、Panと暮らし始めて、自閉症や発達障害の子供を持つ親御さんのご苦労がほんの少しだけわかったような気がします。
    私は犬飼いの初心者(やっともうすぐ若葉マークが取れます)ですが、発達障害や自閉症の子供を持つ親御さんの養育への取り組みに、犬飼いとして学ぶべきこがあるのでは…とも考えています。

  9. きり父 より:

    SECRET: 0
    PASS: be83e113aeeec3717846a8131ae8370e
    Panさん
    >自閉症や発達障害の原因は、先天性の脳機能障害だと言われています。
     ご指摘の件ですが、こういう事があるという事は存じております。近年は、そのような原因遺伝子の存在が、究明されてきていることも知っております。
     しかし、養育の不適切が原因の後天的な障害が存在することも事実です。何でもかんでも先天的・遺伝的な原因のせいにして、あたかも後天的な障害など存在しないという論調は、何の解決にもならないと考えています。
     遺伝的・先天的な要因と、後天的な要因は、分けて考えるべきです。運悪く先天的なハンディを背負ってしまった子には、暖かく接する事が必要なのは言うまでもありません。適切な治療やケアを施すことも重要でしょう。
     しかし、せっかく健全に生まれついたのに、養育が不適切でおかしくしてしまうのは、絶対にあってはならない事だと思います。乳幼児期に、脳の機能を十分使わなかった場合は、脳の機能低下が起こります。
     判りやすい動物実験例としては、誕生直後から1ヶ月ほど完全暗所で飼育した猫は、眼球に異常が無くても光を一切認識しない盲目になります。原因として、脳の視神経ネットワークの形成不全が起きていると言われています。乳幼児期の使うべき時期に脳を使わないと、脳はダメになってしまうのです。知能や心の発達に関しても同じ事です。
     という事で、先の発言は少し訂正いたします。「自閉症」という言葉の使い方が不適切でした。
    訂正後
     乳児期の養育が不適切で、きちんとした母子のコミュニケーションが不足した場合は、人間の赤ちゃんでも後天的な発達障害になる場合があり、分離不安などの症状を呈します。(遺伝性・先天性の障害は除く)
    >そしてその傾向は一生涯続くものである。
     一生続くものであるから、取り返しがつかなくなるから、予防可能なことであれば何としてでも予防することが重要だと考えています。
     やれることを全部やって予防に努めたとしても、運悪く先天的な要因から「難しい仔」になってしまう事もあります。それでも諦めずに向かい合い、すべて受け止めることが必要になる事もあるでしょう。犬を飼う、命を預かるというのは、そういうことだと思ってます。

  10. 亮子 より:

    SECRET: 0
    PASS: e9c7f7a274f890b54166fbe701cb3a9e
    こんばんは、お話しに横から便乗させてくださいませ。
    >発達障害や自閉症の子供を持つ親御さんの養育への取り組みに、犬飼いとして学ぶべきこがあるのでは…
    実は先日、TVで発達障害の研究者の女性で、自らも発達障害のお子さんを育てられたお母さん(お名前を失念しました)のご活動をちょっと拝見しました。
    ご自身が子育てをされるとき、そして今、障害を持つお子さんの親御さんたちの相談を受けられるとき、ビデオをものすごく活用されていたんです。
    ご両親は、語りかけても語りかけても応答のない我が子に、とても疲れ切っていらっしゃいます。ですが、「応答がない」と見えているお子さんが、ある日あるとき、ある瞬間に、ごくわずかな反応を返しているんです。
    それを、膨大なビデオの中から、「これ!」と見つけ出し、「ここでこんなふうに応えてあげてみましょう」みたいなふうに教えていらっしゃったんです。
    人間の子供さんと動物を一緒に論じることに抵抗を持たれる方もいらっしゃるかと思いますが…
    私は、こちらで見せていただくたくさんの動画を思い出していました。方法論としては、同じと考えていいですよね。
    向かい合っているときは、こちらも必死だから我が子(この場合ワン子たちですが)のシグナルを見過ごすことのほうが多いのではと思います。もしくは、シグナルを知らないで、見えていないとか。でもビデオだから、あっ! と気づける。
    「観察」って生き物(人間の子供も含め)と向き合うためには、とても大事なことだと思っています。ビデオというありがたい道具、どんどん活用したいなぁって思いました。

  11. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS: d0ebcd7d786ae3ff938514ea2fcc28d0
    きり父さま
    「訂正」ありがとうございました。
    私の発言に誤りがあってもみんな読んでないでしょう(泣)けど、きり父さんの発言には多くの方が注目しているので、僭越ながら先のコメントをさせていただきました。
    >諦めずに向かい合い、すべて受け止めることが必要になる事もあるでしょう。犬を飼う、命を預かるというのは、そういうことだと思ってます。
    このお言葉、心して受け止めます。
    亮子さま
    興味深いお話、ありがとうございました。
    養育する人を支える立場の人(私たちで言えばチャーリーママさんのような)が、「大丈夫ですよ」と安心させてくれて、具体的な道を指し示してくれると心強いですね。
    動画というのは、具体的な「ここ」を示してくださる時のツールとしてとても有用ですね。
    ぽむくんの動画からも素人ながらいろんなことが分かるような気がします。

タイトルとURLをコピーしました