自分の犬から目を離さない

この記事は約3分で読めます。

  お出かけシーズンがやって来ます。 その前に、梅雨の鬱陶しさでバテ気味の飼い主さん、ワンコさんは多いでしょうか? 昨日の記事にも絡むお話ですね。 犬同士の社会化・・・社会化の出来ていない犬同士が出あうことの危険性についてです。 私たち(特に犬飼初心者さんは)

犬は○○なもの!という思い込みにとらわれていること多いですよね。 犬同士は遊ぶもの、 犬同士は挨拶できるもの 犬同士一緒にいると楽しい・・・ など。

が、 前もお話ししましたが、犬は犬に出会うと心拍数が上がります。

順位付けが出来上がるまでは、相当の緊張感が走る、と言っても言い過ぎではありませんよ。

人は認めたくない考えでしょうけれど・・・ 犬は人を順位付けの対象とは思わないですが 犬同士はかなり敏感です。

鈍感な個体もいる、ということですね。 だから、不特定多数の犬同士が出会う時は 飼い主さんが慎重に、ご自分の犬の行動を制御できる体制にいてほしいと思います。

社会化、教育されずに育った犬は 相手の犬のパーソナルスペースに無頓着で、 または、他の飼い主さんの元に近づきたいがために 一緒にいる犬のパーソナルスペースに安易に侵入する犬がいますが そういう犬は相手の犬に脅威を与えるだけでなく 攻撃される行為をしている、という認識を持っていただきたいと思います。

そういう行動をして、相手の犬にガウっとされたとしても その相手の犬を責めるのは筋違いなんですね。 攻撃をした側が正しい、ということもある(犬の社会では)ということを頭に入れて ご自分の犬の行動を制御できるようにしましょう。

そのためにはオンリードでの制御は絶対だと思いますし、 リードに頼らず、声かけでの制御が必要です。 それが出来なければ、ドッグランでの遊びは時期尚早、ということも頭に入れておいてください。

ドッグランは不特定多数の犬が集まっています。 犬同士を遊ばせる、という感覚で行くのではなく オフリードで飼い主さんと一緒に走ったりする場所、という感覚でいてあげてください。

呼び戻し、 飼い主さんに意識が集中しているか、 相手のパーソナルスペースを意識できるか ・・・ すべて、「マテ」のトレーニングが基本であると思います。

なぜトレーニングするか? 犬に自制を求めるためです。 突発的に相手に突進攻撃する犬に必要なのは 常に声をかけ続け、固まる(攻撃対象に意識を向ける)ことを阻止することです。 常にアイコンタクトを求めます。

問題のない犬とは明らかに対処が違いますので、ここは 飼主さんがご自分で判断するのではなく、経験のある人に アドバイスを求めていただきたいと思います。

 

例えば・・・ チャーリーのようにワンワンうるさい犬は、相手の方は攻撃されると思うかもしれませんが チャーリーは攻撃できません。

攻撃の選択肢がないのです。

(絶対にないとは言い切れませんけどね。相手の犬が怖がっているときはチャーリは吠えません 彼なりの法則があるらしいです。)

だから、私はチャーリーが他の犬と出会ったときは 無言で相手の犬の動向だけに注意します。

ワンワンが癇に障る犬が、チャーリーの顔を噛む、ということに備えるためです。 (うちの子は大丈夫よ、と言われる時が最も危険です)

・・・ というように、犬によって対処が違って当然なんです。 なかなか難しいですね。 犬も、それにプラスして人の社会もあることですから。

 

 

コメント

  1. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今日のタイトルは、ほんとに、絶対ですよね!!
    公園でも携帯で放しながら散歩をしている人、
    立ち止まっておしゃべりに夢中なグループには
    なるべく近寄らないようにしています
    (知り合いは別ですが)
    仰るとおり、犬同士はとても敏感でデリケート。人それぞれなように、犬もそれぞれだということを常に頭に入れておくようにしています。そういう意味でも今日の記事はよいリマインドになりました ^^
    最後の一枚が奇跡に見えます! キツネはもう諦めるとして、猫に対しては改善すべく課題の1つです。

  2. ナタリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    最後の写真、いいですね~。愛おしいです。
    日々の生活態度とともに涙腺も年々ゆるくなってしまって・・。ウルウル・・いい光景です。
    今日のお話も考えさせられました。ありがとうございます。
    いつもお散歩トレーニングに行くときは、自分なりのテーマをもってのぞむのですが、現実はなかなか身体も気持ちも思うようにはいきません。
    自分の意識思考が身体にいきわたり、自然な振る舞いとして身につくには時間がかかるのね。
    いったい今まで何をしてたんでしょうね、私。

  3. ジェットママ より:

    SECRET: 0
    PASS: a38d45069d0d938782d5a56846b37a44
    おはようございます
    毎日 ん~なるほどっ! と思ってこのブログから帰るのですが実践に結びつけるのがなかなか・・です
    ・・・の部分には読んだはずなのに忘れてる というのが入ったりします[絵文字:v-404]
    >犬同士はかなり敏感です。
    繰り返しジェットは学んでいくのでしょうか?
    飼い主側の対処も正しくないとジェットも正しく学べないということですね?
    また相手にも社会化されていない犬がいるんですね
    難しい[絵文字:v-356]なぁと思いますが 出来ないから出来るように♪ですね
    昨日のコメントにいただいたレスに関することなのですが お客さんといっても宅急便の人なんです^^;
    部屋に入ってくる人には挨拶させますが 宅急便やそういう配達の場合頑張って吼えるジェットなのです、なのでその時私は玄関にいてジェットのそばにはいません。
    吼え続けている場合 安心するように言えばいいのでしょうか?

  4. ルークママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    チャーリーくん、何か食べた後で
    お口が良い匂いだったのかしら・・・(笑)
    可愛い写真ですね~♪
    今日の記事、タイムリーでした。
    昨日、散歩中、ルークがしつこく寄って来る大型犬の仔犬(6か月ですでに25kg)に吠え・空咬みで怒ってしまいました。
    最初、挨拶した後、ルークは私の脇に戻り、一緒に歩き始めたのですが、仔犬ちゃんは、遊びたくて遊びたくて仕方ありません。
    ルークは無視し続けたので、私も「この子はもう犬同士の遊びはしないのよ」とフォローしたのですが、
    真後ろから突進され、お尻に頭を突っ込まれ、ガゥガゥっと怒りました。
    でも攻撃ではなく、その場に踏ん張ったままで、空咬みも口をバクバクしているだけ。
    咬む意思はゼロと見ました。
    「いい加減にしろよ!これ以上付きまとうと本気で怒るぞ!」という感じ。
    相手が「まだ子供なんで遊びたいだけなんです」とおっしゃるので「それは分かりますが、犬は真後ろや正面から突進させるのを嫌がります。だから怒られたんだけど、それも良い経験よ~。」と説明しました(汗)。
    でもまた一緒に(横並びで)歩きだした直後、真横上からちょっかいを出され、またガゥ! 今度は向こうもガゥ!となりケンカになりそうだったので別れました。
    先日もあったのですが、“犬が犬に突進してしまう”とき、「犬が大好きだから」「遊びたいだけだから」という理由で好き勝手に突進させると、危険な目にも合いかねないと思います。
    相手の様子を見ながら(分からなかったらOKかどうか聞いて)、自分の犬をリードでコントロールしながら、なるべく相手に脅威を与えないような近づき方をした方が良いんじゃないかなぁと思いました。

  5. ルナママ より:

    SECRET: 0
    PASS: b49ba89f17854fd1e89d00535620a217
    最近、お散歩中に会うワンちゃんとの対応にちょっと悩んだりしています。
    ルナはあの通り、社交的ですからね。
    初対面なら、近づけてもいいか一声かけてから近付けさせますが、
    色んな飼い主がいるから、嫌な思いすることもあるし、
    まあ、人間が嫌な思いするんなら構わないんですがね、
    犬がトラウマになったり、怪我したりってことは避けたいですね。
    素人ですから、まだ咄嗟の判断がつかない時があります。そのぶん、犬から目を離さないことには気をつけますけれど。
    昨日の話なんですが、散歩中に海で大きいワンコさんに会ったんです(犬種不明)。
    お互いに興味津々で遠巻きに意識してたんですが、
    近くまで来てみたら、明らかに相手のワンコさんの目つきが違うんです。
    目を大きく見開いてこちらを一点にじっと見つめて動かないんです。(素人目ですが突進してきそうでした)
    私はすぐに目をそらして後ろを向いてみました。
    ルナも距離をとっています。
    飼い主さんと話をしたところ、噛み付きますのでとの事。
    そのまま退散しようかとも思いましたが、
    飼い主さんはリードを短く持っていてくれ、ルナに匂いかぎをさせてくれました。
    その後、ルナは距離を取ってプレイバウしたところ、
    相手ワンコさんもプレイバウしたのですが、
    すぐにルナは離れて地面の臭いを嗅ぎ始めました。
    その時点で終わりにしたほうがいいなと思い、退散しました。
    自分のとった行動がはたして良かったのか悪かったのかわかりません。
    全く挨拶せずに退散すればよかったのか?
    相手ワンコさんが窮屈な状態で臭い嗅ぎさせてよかったのか?そしてその後ルナの臭い嗅ぎをさせていないので、挨拶が終わっていない状態でプレイバウしたものの相手ワンコさんは怒ってたのかな?
    恐怖を感じてたのかな?
    自分のとった行動を反省するとともに、どう対処すればよかったのかわかりませんでした。
    後ほど直接お聞きします。

  6. SECRET: 0
    PASS: 64d83ee51948616f3a79b20947b3834f
    はじめてコメントいたします♪
    うちにはもうすぐ1歳になるマルチーズがおります。名前はすみれと申します。
    めちゃめちゃハイパーだったパピーの頃、すがる思いで毎日このブログに訪れてました。
    どんなに勇気をいただいたことか・・・;;どんな言葉で表現したらよいかわからないほどです。
    おかげさまで今では素直な良い子に育ちました^^*。
    ずっとお礼を言いたかったんです!ありがとうございます♪
    そしてこれからも色々参考にさせていただきたいと思ってます!
    事後報告なのですが、うちのブログのお気に入りにリンクさせていただいてます、よろしいでしょうか^^?
    そして、今日のテーマはまさにこれからの課題なんです。
    走るのが大好きで、常にリードをひっぱって、ワンコや人を見つけると、嬉しさのあまり飛びついてしまうんです。
    ひっぱり防止ハーネスなどで、矯正しようと思ったのです、失敗しました。
    意地でもひっぱるので、肉球を怪我してしまい、あと、気管にもすごく負担がかかってるみたいで、、
    ワンちゃんにはしょっちゅう追い払われてます。。
    もう少し大人になったら落ち着けばいいんですが・・・^^;

  7. 亮子 より:

    SECRET: 0
    PASS: e9c7f7a274f890b54166fbe701cb3a9e
    「思ったより社会化されている」ぽむですが、日々やっぱり修行中です。
    それでも、8~9歳になっていても、どんどん進化しているのは、ホントにすばらしい!です。
    対犬緊張ってすごいのですね。
    心拍数まであがっているんですか~!
    どうりで、クウカイだとたてがみが逆立ちますし、ぽむだと目をむいて(笑…ちょっと無礼者系)ヨダレをポタポタ垂らします。
    幼い頃からクウカイは、犬が前から来ると、ぺっちゃんと伏せて待っている子でした。相手の飼い主さんに笑われるんですよ~。最近は、相手によって態度を変えます。伏せて待つ事もありますし、無視してすれ違うこともあります。瞬時に相手の状況を見抜いて判断しているのかなぁ。
    ぽむは、とにかく、犬との距離感が上手に取れない感じがあります(汗)
    相手がさっさと行き過ぎていくと、ウルルルル~ワンワンワン!と走り回って「オレをムシすんのかぁ~!」(といっているように見える)
    で、いざ挨拶させると、上手にできることもあれば、相手次第では、顔を背けることができず(怖いんでしょうね、目をむいてます…笑)ガン飛ばしあってまたウルルルル~ワンワンワン!
    現在、誰彼かまわず声をかけずに済むように、名前を呼びながら通り過ぎる練習中です。1勝3敗ペースです。
    地域の中では、「有名犬」なので、なかなか相手の飼い主さんを無視してというのは難しい状況にあります^^;
    相手が優しければ、どんなにでかい犬でも落ち着いてそばに居られるようで、それだけは助かっています

  8. ココア母 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    チャーリーママさん、皆さん今晩は。
    最初からザーーーーっと読ませていただきました。
    ザーっとじゃいけませんね。さらに熟読していきます。
    目下のお散歩拒否に悩みを抱えておりますが、今日夕方
    二人の息子とともにお散歩へ出かけました。
    すると不思議なことに、子供たちの呼びかけでスタスタと歩くじゃありませんか!しかもとても楽しそう。
    お散歩のマナーもあるでしょう。でもその前に楽しさを
    知ってもらえたらと思ったココア母です。
    ココアが我が家にきて、ちょうど1月が経ちました。
    記念にブログ開設致しましたので、リンクを張らせて頂きます。
    これからもよろしくお願いいたします。

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    公園で、飼い主さん同士お話ししている脇で、
    犬がつまらなさそうにしていたり、
    他の犬と険悪になっていたり・・・
    それでも、問題はあまり起こらなかったりするので、
    いつまでも飼い主さんたちは自分たちの行動が間違っていることに気がつかないのですよね。
    犬たちが自分で対処せざるを得ない、ということでもあります。
    なので、いざという時呼び戻そうったって言うことききませんねぇ。
    犬たちを見ているのはきりなく面白いです。[絵文字:i-239]
    > 最後の一枚が奇跡に見えます! キツネはもう諦めるとして、猫に対しては改善すべく課題の1つです。
    それぞれの命を、飼い主がどれだけ大事にしているか、
    犬はそれを理解できる動物だと思います。
    それが理解できた時、奇跡は起きるのでしょう。

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    今日もお疲れさまでした。
    ナタリーちゃんの笑顔が印象的でした。[絵文字:i-189]
    > 最後の写真、いいですね~。愛おしいです。
    > 日々の生活態度とともに涙腺も年々ゆるくなってしまって・・。ウルウル・・いい光景です。
    そうですか・・・
    生活態度がね・・・[絵文字:i-239]
    実際にこの目で見ると、ウルウルどころではありません。
    ムツゴロウさんではありませんが、人類みな兄弟!命が溢れるといい!
    そう思います。
    > いつもお散歩トレーニングに行くときは、自分なりのテーマをもってのぞむのですが、現実はなかなか身体も気持ちも思うようにはいきません。
    > 自分の意識思考が身体にいきわたり、自然な振る舞いとして身につくには時間がかかるのね。
    > いったい今まで何をしてたんでしょうね、私。
    いいえ~、なんのなんの。
    スタートした時が遅かろうが早かろうが、関係ないと思います。
    救いは、犬は想像以上に理解が早い!
    ということかなぁ。
    仰る通り、自分の意識を変えることが大変なのですが、
    それも楽しみとして、最後に取っておいたと思えばいいじゃないですか!
    だから、出会えたわけですし。[絵文字:i-260]

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    実践は大変ですよね~。
    でもね、そのうちに、読んだこと、学んだことが
    実践できる時が来るんですよ。
    毎日の繰り返しで。
    ジェット君もそうですよ。
    今一生懸命に、生きていく場に、何があるのか
    自分は何を知ればいいのか、学んでいるんです。
    でもなかなか追いつかないのはしょうがないですね。
    飼い主さんもジェット君も一年生ですから!
    一番大事なことは、リラックスすること。
    まずは他の飼い主さんにも笑顔で接すること。
    他の犬にも優しくあることで、ジェット君がこれからどのように生きていけばいいかを
    教えられるのだと思います。
    > 昨日のコメントにいただいたレスに関することなのですが お客さんといっても宅急便の人なんです^^;
    > 部屋に入ってくる人には挨拶させますが 宅急便やそういう配達の場合頑張って吼えるジェットなのです、なのでその時私は玄関にいてジェットのそばにはいません。
    > 吼え続けている場合 安心するように言えばいいのでしょうか?
    サークル、ケージに入っている、ということですか?
    小型犬ですと、抱っこでもいいから一緒に連れて行って
    配達の方におやつをもらう、ということをしてもらうんですよ。
    できればそのようにしてあげると、後々吠えの問題は消えると思いますけど。

  12. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > チャーリーくん、何か食べた後で
    > お口が良い匂いだったのかしら・・・(笑)
    > 可愛い写真ですね~♪
    ありがとうございます。
    今まさに、おやつを食べている写真ですね。
    守ることが無くなったということで、目を離しても安全である、
    という目安でもあります。
    KYなワンコさんに会うと、対処が大変!
    KYな、というのは飼い主さんが教育しなければ犬は分からないままですよね。
    なにしろ、犬同士で教育すると、何を言われるかわからない、
    そういう心配がありますから。
    > 先日もあったのですが、“犬が犬に突進してしまう”とき、「犬が大好きだから」「遊びたいだけだから」という理由で好き勝手に突進させると、危険な目にも合いかねないと思います。
    犬の飼い方教室を実施するために今、構想を練っていますが
    トレーニング云々よりも、
    犬ってどういう動物か、どのように行動するのか、ということを
    知ってもらうことが大切なのでしょうね。
    > 相手の様子を見ながら(分からなかったらOKかどうか聞いて)、自分の犬をリードでコントロールしながら、なるべく相手に脅威を与えないような近づき方をした方が良いんじゃないかなぁと思いました。
    仰る通りだと思います。
    犬の好き勝手にさせることが犬を尊重すること、というような誤解は
    犬のためにはなりません。
    その辺がちょっとぐちゃぐちゃな感じもします。

  13. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    今日もお疲れさまでした。
    なかなか犬同士の挨拶は厄介ですよ。
    犬の向こうに人がいますから。
    考え方もいろいろなのでね・・・
    ただ、ルナちゃんを見ていて思うのですが、ルナちゃんの判断は的確なので
    ある程度ルナちゃんの対犬への反応を見て、
    決めさせてもいいのかなって思います。
    ああ見えてもチャーリーは、どんなにフレンドリーだと言われようと
    チャーリーが警戒心を絶対にとかないい犬は、至近距離で体当たりする犬、だったりします。
    犬の犬を見る目は侮れません。
    今日のこのお話は、それでOK,ということで大丈夫ですか?
    ルナちゃん、ますます良い子になってますね。[絵文字:v-238]

  14. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    初めまして、コメントありがとうございます。
    足跡からお邪魔させていただいたことがあります。
    パピーの頃から読んでくださっていたのですか!
    ありがとうございます!
    こちらの方こそ、お礼を言わせていただきたいです。
    リンクの件、OKですよぉ~。
    報告ありがとうございます。
    すみれちゃん・・・
    ハイパーさに手を焼く飼い主さんは多いですが、
    そのうち落ち着いちゃうんですから(笑)
    まあ、個体差もありますがず~っと元気な子もいますけど[絵文字:i-229]
    飼い主さんが慣れて、気にならなくなるってこともあるし、
    それはそれで大丈夫ですし、微笑ましいと思います。
    こちらこそよろしくお願いします。

  15. たま より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
     今日のタイトルでもう、耳が痛くて目も痛くて頭も痛くて、居たたまれないのですが・・・。
     本当にちょっとしたことが重なって事故が起きてしまうのだと痛感しました。
     今は心配してくださったり励まして頂いた方々に感謝しつつ、私にできることなら何でもやろうという気持ちになってきましたので、これからも宜しくお願いします。
     今の課題はカンスケに対する接し方の我が家でのルールを確認して徹底することです。

  16. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    ぽむ君の進歩ぶりは絶賛に値しますね~。
    世の中には、手をかけてあげればもっともっと進歩するワンコさんは
    多いのでしょうね。
    人の都合の勝手さが悲しいです。
    > 対犬緊張ってすごいのですね。
    > 心拍数まであがっているんですか~!
    ムツゴロウさんのところで、心拍数を測る実験をした結果だそうです。
    なので、多頭飼育は、ストレスに留意してあげないと犬は過酷だ、ということですね。
    ぽむ君の犬との距離感も経験でしょうし、
    どのことも挨拶する必要もないのですし、
    >現在、誰彼かまわず声をかけずに済むように、名前を呼びながら通り過ぎる練習中です。
    この取り組みはとても素晴らしいと思います。[絵文字:v-218]

  17. SECRET: 0
    PASS: 3ffc2e9605fbbc4ceff601445d969352
    こんばんは。
    おかげさまで豪雨の山は越えたようです。
    静かな夜を迎えています。
    さて、我が家のすぐ近所にMIX大型犬 30kg弱 1歳4ヶ月がいます。お散歩の時、必ずこの仔のところに挨拶に行きたがるごうです。その仔もごうが来るのを待ち遠しそうに待っています。
    遊びに行ったとき、その仔は係留されており、フセをして尻尾を振りながら優しい目をしてごうを待ってます。
    ごうは、地面の匂いをかぎながら、ジグザグジグザグしながら近づくのですが、鼻を突き合わせてご挨拶した後、相手の仔が立ち上がると、サ~っと距離をあけます。なかなかこれから先に進めません。
    相手も、係留されていているので緊張するでしょうから・・・。
    飼い主さんもなんとかごうと その仔が遊べる日が来ないかと思っているのですが、両ワンコも飼い主もお互いに不慣れなものでなかなか難しいです。飼い主さんがその仔を制御できるようにならないと、一緒に遊べる日は遠いのかなぁ・・・と、思っています。
    相手は係留されているのに、このような形で毎日、挨拶に行かせていてもいいのでしょうか?
    また、OKならばケースバイケースでしょうが、そのような場合の観察ポイントや留意点てありますか?
    P.S. ブログにリンクさせていただきました。
    P.S.S. あぁ・・・ PCに夢中で お風呂のお湯があふれかえって、しかも全て水 ;; 夫から怒鳴られたぁ ・・・ ^^;

  18. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > 最初からザーーーーっと読ませていただきました。
    > ザーっとじゃいけませんね。さらに熟読していきます。
    ありがとうございます。
    大変でしたでしょ?ブログって結構読みにくいですしね。
    目が痛くなります。
    > 目下のお散歩拒否に悩みを抱えておりますが、今日夕方
    > 二人の息子とともにお散歩へ出かけました。
    > すると不思議なことに、子供たちの呼びかけでスタスタと歩くじゃありませんか!しかもとても楽しそう。
    > お散歩のマナーもあるでしょう。でもその前に楽しさを
    > 知ってもらえたらと思ったココア母です。
    そう!
    実は楽しいが一番なんですよ。
    楽しいと思えなければ正しいことを覚えられるはずがないですもの。
    犬が自発的に何かをする、、し始めたら誘導する、そういう感じがいいですね。
    子供さんとは波長が合うのでしょう。
    > ココアが我が家にきて、ちょうど1月が経ちました。
    > 記念にブログ開設致しましたので、リンクを張らせて頂きます。
    > これからもよろしくお願いいたします。
    そうですか!
    で、ブログのURLを教えてください[絵文字:v-222]

  19. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    >  今日のタイトルでもう、耳が痛くて目も痛くて頭も痛くて、居たたまれないのですが・・・。
    そうかぁ~、痛いところだらけでしたね。(笑)
    でも、お若いから体は痛くなくていいわねぇ。
    今日はお散歩トレーニングでした。
    小田原から元気のエネルギーが飛んでいったと思うけど、受け取ってくださいね。
    >  本当にちょっとしたことが重なって事故が起きてしまうのだと痛感しました。
    >  今は心配してくださったり励まして頂いた方々に感謝しつつ、私にできることなら何でもやろうという気持ちになってきましたので、これからも宜しくお願いします。
    >  今の課題はカンスケに対する接し方の我が家でのルールを確認して徹底することです。
    頑張るしかないですものね。
    明日の記事をたまさんに贈ります。^^

  20. ルナママ より:

    SECRET: 0
    PASS: b49ba89f17854fd1e89d00535620a217
    今日もありがとうございました!
    ルナは、パパさんにも遊んでいただき、十二分に満足してオヤスミしております。
    コメントの件、OKです!
    ルナと他のワンコさんを良く観察して、ある程度ルナに任せながらやっていってみます。
    信用することも大事ですものね!

  21. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > こんばんは。
    > おかげさまで豪雨の山は越えたようです。
    > 静かな夜を迎えています。
    そうですか~、今こちらも雨が強くなってきています。
    今日はお散歩トレーニング、奇跡的に晴れました。[絵文字:i-1]
    > 飼い主さんもなんとかごうと その仔が遊べる日が来ないかと思っているのですが、両ワンコも飼い主もお互いに不慣れなものでなかなか難しいです。飼い主さんがその仔を制御できるようにならないと、一緒に遊べる日は遠いのかなぁ・・・と、思っています。
    相手が繋留されていてその感じですと、相性がいいのでしょうね。
    ごう君の近づき方も抜群です。
    相手のワンコさんも安心するのでしょうね。
    その子も繋留でなく、引き綱であればまた違うと思いますけど。
    今はそんな感じでもご挨拶しに行けば相手の子も嬉しいのではないでしょうか?
    > 相手は係留されているのに、このような形で毎日、挨拶に行かせていてもいいのでしょうか?
    > また、OKならばケースバイケースでしょうが、そのような場合の観察ポイントや留意点てありますか?
    犬同士にまかせる、プラス、ごうのお母さんがその相手のワンコさんと仲良くなる
    というのもポイントでしょう。
    私はいつもその手を多用します。(笑)
    > P.S. ブログにリンクさせていただきました。
    > P.S.S. あぁ・・・ PCに夢中で お風呂のお湯があふれかえって、しかも全て水 ;; 夫から怒鳴られたぁ ・・・ ^^;
    はは・・・[絵文字:i-229]
    今日は水風呂?(そんなわけないか・爆)
    リンクの件了解で~す[絵文字:i-234]

  22. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    ルンタン、いい夢見てるかな?
    よく成長してますので、任せても大丈夫だと思います。
    犬との遊びは無駄じゃないね。[絵文字:v-218]
    おやすみなさい。

  23. ジェットママ より:

    SECRET: 0
    PASS: a38d45069d0d938782d5a56846b37a44
    ジェットはまだサークルの中だったり出てたりという状態です
    ずっと出しておいたほうがいいのか いつごろからしたらいいのかと主人と話をしていますが トイレを覚えてから・・と思っていて今に至ってます
    トイレの回数も減ってきました
    踏み切れずにいるという感じです
    階段を上るけど降りてこれないのもあります
    お留守番の心配もあります
    月齢5ヶ月に入りました お部屋でフリーの方がいいでしょうか?

  24. そら母 より:

    SECRET: 0
    PASS: 3201b19ebd8b0a22e8fa96785d61e2ec
    「すぐやる課のせっかちそら母です」(笑)
    いつも考えさせられる記事で、コメントしよう!と途中まで書き出し、
    考えがまとまらず削除していました。
    今回も前回も、あぁ~空もそうだなぁ・・・と思っていました。
    空は犬を見ると、ダダダダァーーー(雨の時と同じですね)と駆け寄っていきます。
    近所ではそんな空を受け入れてくれる仔は少なく(当然ですよね)、
    逃げられることが多いです。
    相手の仔が嫌がる時は、「そら~」と呼んで制止しようとしますが、
    なかなか上手くいかずリードを引いてしまうことも多いです^_^;
    またお尻嗅ぎも相手の匂いは嗅ぐくせに、自分はなかなかじっとしていられません。
    ジッとしていられたのは、黒柴はなちゃんだけかも・・・あとは数匹の仔だけ。
    なかには空にクンクンされても我慢してくれる子もいますが、それ程多くはないです。
    相手のパーソナルスペースをかなり侵している空です。
    今後は外で「まて」のコマンドで私が制止できるように努力することが大切ですよね。
    「待て」の項目を再度覗いてみました。また根気強く練習してみようと思っています。
    他にもよい方法がありましたら、アドバイスをお願いしますm(_ _)m

  25. ココア母 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今朝は雨の中散歩にチャレンジしてきました。
    子供を幼稚園のバスに乗せるための往復2~300メートル。
    頑張ってくれました。止まり止まりではありますが、
    雨が傘に当たる音、普段とは違う車の音、そして得体のしれないにょろにょろミミズ。
    ミミズが気に入ったようでココアパンチ炸裂でした。
    こうしてお散歩の楽しみを一つづづ見つけて欲しいですね。
    犬飼超初心者のココア母ですが、ブログに関しても同じくで、
    ココア父いわく、その知識で初めて大丈夫なのか?ま、頑張れよ。と・・・
    私のつたないブログですが、どうぞ遊びにいらしてください。
    「ココアな毎日」http://1968197320022004.blog46.fc2.com/
    今日は久々に仕事が来ました。ミシンを使った内職です。
    しかも午後一番納ときたもんで[絵文字:v-40]ミシンと向かい合ってきます。

  26. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS: d1d16c28c7674cfc5e269dbe1209f552
    つくばのアクシデントに連動して書いていただいたのでしょうか? だとしたら有り難い限りです。
    単独事故でもそうですが、事故は二つの偶然が重なって起こります。
    例えば、日頃から油断をしていない人同士でも、100%気が張っている訳ではありません。 一方の気が張っていればどうにかなることもありますが、その一瞬の隙が重なったときは避けようがありませんね。
    だから僕は事故渋滞などで現場を通過するときは、一切現場を見ません。 その時の視線は前後の車に注意を傾けます。 何故ならば、99%の人は事故現場を眺めながらアクセルを緩めて通過するからです。
    おかげで脇見渋滞の完成です。(まったく迷惑)
    「マテ」のトレーニングといえば、僕はタローの呼び戻し訓練をサボっていたので完璧ではありませんでしたが、「マテ」だけは遠隔でも強力なブレーキとして使っていました。 
    玄関出るとき「マテ」、横断歩道で信号待ちをする時に「マテ」、あぜ道で放すときは「マテ」をかけたまま30~40m先に僕が行き、そこで解除のゴーサイン。 
    でも耳が遠くなってからはコマンドが聞き取れないので出来なくなりましたが、「マテ」の練習は自制にはいいですね。
    タローとカンスケの件は電光石火でした。さすがに老体のタローは交わせるだけの反応が出来ませんので、流れの中では自分の犬のみならず、他犬の動きにも十分注意せねばと思いました。
    目指すは「ゴルゴ13」並の注意力かな。(^^)   

  27. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > ジェットはまだサークルの中だったり出てたりという状態です
    > ずっと出しておいたほうがいいのか いつごろからしたらいいのかと主人と話をしていますが トイレを覚えてから・・と思っていて今に至ってます
    人の目のある時はフリーにして、ついでにトイレトレーニング、にしたらいかがですか?
    サークルの中がトイレですか?
    トイレノートをつけて、時間になったら、するタイミングになったら
    ワンツーなどの声掛けでトイレに直行させる、という方法。
    お留守番や、目を離す時は、
    噛むおもちゃや、大きめのガムなどを与えてサークルに入れておきます。
    イタズラをさせないような環境を作ってあげつつ、
    将来に備えて、サークルの外でも大人しくしていられるように、
    やはりつきっきりになれるときに練習するといいと思います。
    > 階段を上るけど降りてこれないのもあります
    階段は上り下りできないように、ゲートを設置します。
    事故防止には絶対に必要かと思います。

  28. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > 「すぐやる課のせっかちそら母です」(笑)
    せっかちかぁ~。[絵文字:v-398]
    せっかちだけど、いろいろ考える方ですよねっ!?
    子犬の時って突進型ですよ。
    それが子犬らしさなのかもしれない。
    私はトレーニングでもある程度許しています。
    突進を止めさせるのは実は簡単なんですけど、
    犬ってみんな年を取るとびっくりするくらい落ち着いてしまうんですよね。
    それを待っていればいいのですが
    人と暮らすとそうとばかりはいっていられなかったり、
    あとは、いろんなワンコさんがいるので突進で怖い思いをさせてもかわいそうだ、
    ということで、リードでのコントロールは出来た方が絶対にいいですよ、
    というお話ですね。
    > 「待て」の項目を再度覗いてみました。また根気強く練習してみようと思っています。
    > 他にもよい方法がありましたら、アドバイスをお願いしますm(_ _)m
    相手の方と共同作業で(サクラを頼むんですけど)、
    くるっと背中を向けてくださいね、とお願いします。
    突進のたびにそうされると、突進はいけないことだと理解するんですね。
    ただ・・・理解する時期というのもワンコさんそれぞれですので。
    空ちゃんは受け入れられるかな?
    後は、突進する時はおすわりさせてもいいです。
    おすわりさせて、相手の方から来るのを待つようにする、とか。
    でも・・・基本、突進するほど他のものに興味があるのですから
    それはそれで大事にしてあげたいところですよね。
    頑張って~。[絵文字:v-222]

  29. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > つくばのアクシデントに連動して書いていただいたのでしょうか? だとしたら有り難い限りです。
    う~ん、たまたまだったような気もしますっ!(すみませんっ![絵文字:v-356])
    でも、参加された方々の声がきけてほっとしました。
    ただ・・・
    思い出すとフラッシュバックするのは犬も人も同じですので
    たまさんのケアーはしっかりと、とは思います。
    攻撃性は究極の本能です。
    成長とともに攻撃のセンターはブロックされることを覚えて行くわけですけど
    一度外れやすくなった鍵は、次もはずれる、
    その覚悟がないと咬む、という行動には対処できないでしょう。
    攻撃のセンターは、視床下部にもあることがわかっています。
    それをブロックするには、脳を鍛えるしかないので、
    繰り返しのトレーニングが大事です。そのトレーニングの前段階の
    叱らない、とホールドラッピングの完成、
    なんですね。
    周りの人が注意できることと言えば・・・常に優しく話しかけること
    固まるすきを与えないくらい、常にです。
    歩きながら遊べるリード使いによる歩行も有効です。
    たまさんをお願いします。
    > 「マテ」のトレーニングといえば、僕はタローの呼び戻し訓練をサボっていたので完璧ではありませんでしたが、「マテ」だけは遠隔でも強力なブレーキとして使っていました。 
    > 玄関出るとき「マテ」、横断歩道で信号待ちをする時に「マテ」、あぜ道で放すときは「マテ」をかけたまま30~40m先に僕が行き、そこで解除のゴーサイン。 
    > でも耳が遠くなってからはコマンドが聞き取れないので出来なくなりましたが、「マテ」の練習は自制にはいいですね。
    >
    >
    > タローとカンスケの件は電光石火でした。さすがに老体のタローは交わせるだけの反応が出来ませんので、流れの中では自分の犬のみならず、他犬の動きにも十分注意せねばと思いました。
    > 目指すは「ゴルゴ13」並の注意力かな。(^^)   

  30. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS: d1d16c28c7674cfc5e269dbe1209f552
    >思い出すとフラッシュバックするのは犬も人も同じですので
    >たまさんのケアーはしっかりと、とは思います。
    はい、この点よく心得ました。 犬の場合、それらの反応が何に起因しているのかが未知な部分があるので、その見極めが出来ない状況では、慎重に手探りしながら推察するしかないでしょうか。
    そういえば特にトラウマのない僕ですが、土曜日の深夜に散歩をしていると、先代犬を交通事故で亡くした記憶が蘇る時が何度もありました(タローが10歳を迎えるまで)。
    その事故当日が土曜日だったのですが、土曜は平日の深夜よりも遊び歩く人が多いので、明らかに交通量の違いが顕著なんですよね。
    「土曜日」「深夜」「車の量」このキーワードが重なってフラッシュバックしていたのです。別に思い出して嘆いてた訳ではありませんが、僅か生後9ヶ月までの短い付き合いだったので、時々思い出してやらないと浮かばれませんからね。(笑)
    また、戦争帰還兵などもフラッシュバックすると言いますが、やはり強烈な体験というのは払拭するのは歳月が必要だと痛感しました。
    >一度外れやすくなった鍵は、次もはずれる、
    >その覚悟がないと咬む、という行動には対処できないでしょう。
    これは密かに認識しているところであります。 逆に言えば、1度封印した扉の鍵は、決してこじ開けるマネをしてはいけないとも言えますよね。
    だからこそ優しく接することに徹しなければいけないと思っています。
    >周りの人が注意できることと言えば・・・常に優しく話しかけること
    >固まるすきを与えないくらい、常にです。
    >歩きながら遊べるリード使いによる歩行も有効です。
    >たまさんをお願いします。
    大変参考になりました。色々とご指導ありがとうございます。(^^)
    やっぱりチャーリーママさんは、日本屈指の「社会化のドッグトレーナー」ですね!

  31. たま より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
     何だかメンタル面でもすっかりフォローとサポートを頂いてしまいました。二人もトレーナーがついていてすごいです。
     今の所は大丈夫ですが、今後、お散歩して行く時にどうなるかは(いくら自分では大丈夫と言っても)どうなるかわからないですね。それがフラッシュバックなんだと思いますし…。
     体が固まらないように、視線が釘付けになってしまわないようにということは、私の癖か条件反射になるくらい声かけを徹底したいと思います。
     一度外れやすくなった鍵は次も外れる、覚悟して対処します。
     でも外さない覚悟もしたいです。
     

  32. まきママ より:

    SECRET: 0
    PASS: f2249f95d1dd8bbd86b618df53d77919
    初対面の犬同士の場合、自分の犬から目を離す人はそうそういないでしょうが、公園でいつも会っている仲良し飼い主動詞の場合、会話に夢中になって犬への注意を怠ってしまうことがありますね。
    いくら仲良しワンコ同士でも、興奮しすぎてしまうこともありますし(^_^;)注意が必要です。
    コタローももっとパピーの頃は、犬を見かけると突進してました。
    相手が嫌がろうが逃げようが関係ない調子だったので、まず座ることを教えてきました。
    それでも相手が近づいてきてくれなければ、やり過ごす経験もさせてきました。
    最初はなかなか座れなかったり、逃げていく相手を追いかけたくなったりして鳴いたりしていましたが、するといつの頃からか、自分で伏せるようになってきました。
    もっとも、これはすべての犬に対してではなく、伏せるのはたいてい顔見知りなど友好的な犬に対してです。
    吠えている犬やあまり友好的に感じられない犬には立ち止まってゆっくり近づき、相手のパーソナルスペース?手前で止まって様子を伺いながら回り込んだり、時にはプレイバウしてみたりします。
    コタローなりに相手とコミュニケーションをとろうとしているのですが、相手の飼い主さんには理解されないことも多いですね。
    「尻尾を振ってないから喜んでないんだよ」とか声付きプレイバウに「ほら怒ってるよ」とか言われたりもします。
    オシリのニオイをかぎあうまでいく初対面の犬は少ないです。
    鼻同士で挨拶できれば、まあ合格かなぁとは思っています。
    実際は飼い主同士がもっと時間をかけてあげれば、挨拶も充分できるのでしょうけど、この辺は飼い主の話術にかかってます!

  33. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    カンスケ君はラッキーなワンコさんです。
    だって、理解しようとしてくれる人
    救ってくれようとする人に囲まれているのですからね。
    それだけで、生まれてきた意味が大きいですね。
    さらに充実した犬生になることを願っています。
    まだまだ多くの犬が、勝手に運命から切り離されて命を絶たれるこの時代、
    カンスケ君の取り組みは意義があります。
    全国で頑張っている方への励ましになりますから。
    タローの主さん♪くれぐれもよろしく、です。
    フラッシュバックが去った時に、
    目の前に笑顔があって、優しい声で名前を呼ばれる・・・
    トラウマ克服の唯一の方法だと確信しています。
    企業秘密かな・・・まあいいか。(笑)

  34. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    タローの主さんへのコメントレスに書きましたが
    トラウマ克服の私の方法をぜひ試してくださいね。
    また、自分自身の克服法としては
    忘れようとしないこと。
    折に触れて思い出しては、あの時はこうだったけど
    こうした方が良かったかとか、反省点をシュミレーションすることは
    トラウマにさせない方法でもあると思います。
    奥に潜ませてしまうから何かの拍子に出てきてしまうので、
    いつも出しときゃいいんじゃないか、と。
    O型ですから、大雑把です。(笑)

  35. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まきママさんがおっしゃる通り、
    顔見知り、仲の良い者同士が危険ですね。
    特に若い犬の場合は、思わぬ小競り合いが喧嘩に発展することもあります。
    > コタローももっとパピーの頃は、犬を見かけると突進してました。
    > 相手が嫌がろうが逃げようが関係ない調子だったので、まず座ることを教えてきました。
    > それでも相手が近づいてきてくれなければ、やり過ごす経験もさせてきました。
    > 最初はなかなか座れなかったり、逃げていく相手を追いかけたくなったりして鳴いたりしていましたが、するといつの頃からか、自分で伏せるようになってきました。
    なるほどねぇ~、コタロー君の落ち着きはそういう取り組みから生まれたのですね。
    コタロー君のフセは
    相手に敵意が無いことを知らせる最大級のなだめのポーズの様に思います。
    犬には大丈夫、通じています。
    通じないのは社会性が無い犬、ということが言えるかもしれませんね。
    吠えてプレイバウする子は大好きだな~。
    我が家の子たちは一歩引きますけど(笑)意味は通じます。
    人間には通じないっていうのが、犬たちにとっては災難でしょうね。
    > 実際は飼い主同士がもっと時間をかけてあげれば、挨拶も充分できるのでしょうけど、この辺は飼い主の話術にかかってます!
    そうそう!
    話術に磨きをかけなくっちゃ。[絵文字:v-392]

タイトルとURLをコピーしました