叱らない、ということ(叱らないからキレる、のではないよ)

この記事は約3分で読めます。

002_20090518170242.jpg
もう少しでキリ番です♪踏んだ方はメッセージが出ますのでぜひ、返信して下さいね。前、333333の時は音沙汰なくて残念でした


褒めてしつける・・・
実践中の方、ぶれていませんか?
褒める=叱らないです。でも、甘やかすこととは違います。
いけない行動をしたら、制御します。
オンリードならばリードを持つ手をお腹の前で固定。
イタズラ最中ならば名前を呼ぶ、とか「おいで」です。
呼ばれることによい関連づけができていれば戻ってきます。
見ていない時のイタズラならば、イタズラできないように片付けましょう。
もしくは見ていられなくなる前に、遊びでエネルギーを発散しましょう。
早い話が、寝るくらいに疲れさせる、ということ。
十分付き合ってあげてください。
また、今まさにいけない行動に突進しそうなときは?「マテ」で止めます。
それでも止められなければ
インターセプト。それでだめなら、体をひっつかまえて拘束です。
これが褒めてしつける最初の一歩。
イタズラを容認するのとは違うことを頭に入れてくださいね。
行動学の先生方・・・
前にこんな記事があったので非常にがっかりしました。
要約すると、ですね・・・(青字の部分ね)
人間の子供のゆとり教育でストレスをかけられなくなったから、
それによって我慢が出来なく、社会に不適応な子がでてきた。
しかもキレやすい。
だから、犬のしつけも人間の教育の後追いをしているから
問題行動を持った犬が多くなった。
脳には褒められて働く回路と、叱られて働く回路とがあって、
どちらも使われないと脳の働きとして不具合が生じるかもしれない。
だから叱るときは体罰も肯定する。専門家に相談するように…云々・・・

非常にもっともらしいですね。
獣医さんに甘噛みの相談をすると返って来そうな内容です。
ということで、飼い主さんは専門家という人に相談して、
マズルコントロールや、チョーカーチェーンのショックを試して
犬を追い詰めていくのです。
犬は人間に叱られても、行動が間違っていたと理解できません。
人に攻撃されたと思うはずです。
それが犬の脳の働き。
都合のいいところだけ、犬を擬人化するのは良くないですよ。
ゆとりというのはストレスを与えないということ。
甘やかしではないですね。
そこの区別が出来ていないと、教育は語れません。
犬や子供の教育の前に、大人の教育がなっていないから
犬の問題行動が(本当は犬のではないのですけどね)増加しているのではないかな?
ちょっと真っ向勝負的になっていますけど・・・仕方ないかな。


小田原城址公園の花菖蒲祭り6月から開催です。
土曜日にはジャズコンサートも開催されます。
お散歩トレーニングも6月までは今まで通りの感じで行いたいと思います。
001_20090518105730.jpg
早い花はもう咲き始めています。
お水ははられていません。
昨日のお散歩途中で撮りました。
002_20090518105850.jpg
003.jpg
天守閣前の本丸茶屋の大海老天どんとおそば・・・
平日限定20食だそうです。
この間、ルナママさんと、アスパママさん、お召し上がりになってました。
皆さんもいかがですか?(笑)
天守閣前にはテーブルとベンチがありますので、ワンコさん連れでもOKですよ~。
004_20090518110159.jpg
お帰りの際にはどれでもポチっと
応援のクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ


 【5月の予定】9日(土)・13日(水)・16(土)・23日(土)・27日(水)
注:5月は開始時刻変更いたします。とりあえず3時。
気温の変化に伴いもう少し遅らせる場合もございます。

集合場所は城址公園二の丸広場。
参加費は1家族2000円です。
お申し込み、ご予約は前日までにお願いいたします。
メールフォーム、携帯メール、コメント欄、またはcharliemama☆goo.jp(☆は@に変えてください)
でご連絡お願いいたします。
折り返し確認のメールをさせていただきます。
お知らせ
3メーターのナイロンリード、店頭以外でもオンラインショップにてご購入できるようになりました。
注意事項をよくお読みになって、ご購入をご検討くださいませ。
3メーターロングリード
           

コメント

  1. マヒナ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ゆとり教育…って何が…?どの辺りが『ゆとり』なのかな?って疑問です[e:330]土曜日が休みになり、子供達は低学年のうちから5時間授業の日が増え、宿題も1年生から毎日タップリでます[e:330]それから友達と遊ぶので本当に短い時間外遊びをし、お風呂に入って夕飯食べて寝る…と、何だか毎日駆け足のような小学生達です[e:351]
    お互いイライラしてしまい感情的に子供を叱ってしまうことがあります。でもその声は『届いていないな』と感じます。
    逆に褒めて教えたことは良く覚えているんですね~[e:446]感情的に叱った時のことは『叱られた』事は『恐怖』として覚えているけど内容を覚えていなかったりします。
    褒めて教えたことは本当に良く覚えていて『また実行しよう』と言う意欲が見られます。
    きっとワンコ達も同じなんでしょうかね?[e:446]

  2. 亮子 より:

    SECRET: 0
    PASS: e9c7f7a274f890b54166fbe701cb3a9e
    ぽめ爺と接し、チャーリーママさんからアドバイスをいただくようになってから、我が子のしつけも、ぶれていたことを見直すようになりました。
    叱って、ショックやマズルコントロールを入れるしつけをする友人も少なくありませんが、私は内心ずっとそれに反発を感じてきていました。
    実はウチの子は、生後6ヶ月~8ヶ月の間のしつけ教室に通っていた頃、多少の攻撃性(唸る)が出た時期がありました。結果的に体調不良から来ていたようだったのですが、トレーナーさんからは、「唸っても叱らないように、唸る原因を考えて、それをまず極力取り除きましょう」ということになりました。日本犬の血の濃い子なので、独立心が強く、ヘタをすると攻撃する犬になるという懸念はありました。
    力で押さえつけられた子は、いつか力で反撃してくる。
    そのように教わった日々を、今思い出しています。
    反省することばかりです。
    やはり、その後、叱るしつけの人と話すうちに、私も反発を感じながらも、厳しくしなければならないのではと、影響をかなり受けていたのだと思います。
    で、たぶん、一番矛盾を感じて文句をいいたかったのは、我が家の子だろうと感じました。
    無抵抗の我が家の猫を、無理矢理追い回すことがあるので、そのときだけはMAXで怒るんですが^^;
    これも、最近は首筋をつかむなどしていました。
    掴まれただけで、悲鳴を上げます。
    やりすぎだったのかな。やはり…。
    反省だらけ、です。
    ポメ爺、いいところに現れてくれたのかも。
    今日のポメ爺は、朝からご飯拒否でした。
    好き嫌いが多すぎです(というか、好きなものしか食べてなかったのかも?)薬があるので、それだけはレバーにくるんで食べさせてあとは下げちゃいました。薬のせいで食欲不振もあるかも。
    食べないくせに、残した器に手をかけると「ううううう~」なんて言うので、「だって、あんた、食べないじゃん」と、さっさと取り上げてしまいました。
    唸られずに抱き上げるタイミング(というか、「抱き上げていいよ」のサインのようなもの)がちらっとみえてきました。
    今朝は、散歩後、抱き上げたままで、ほとんど唸らずに、ブラッシングと足ふきを受け入れてくれました。
    微妙な進歩かな~と思いますが、道のりは長いですね。
    チャーリーママさんのアドバイスを読ませていただいて、すごくほっとして力が抜けます。
    テンパってしまっているんですよね、ついつい^^;
    いつも本当にありがとうございます!

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今日も実りあるトレーニングでした。
    いろいろなワンコさんに会って、いろいろな経験をして
    はななりに考えるようになったなぁって思っています。
    たとえ、相手のワンコさんが怖くて逃げたとしても、
    チャーリーママさんや私の後ろに隠れつつ、
    その相手を観察したり、自分で距離を取ったり。
    以前なら、自分でどうすることも出来ない感情を、
    ただ私にぶつけてきては噛むということしかしなかったのに。
    否定されない経験を積んでこそ、自分で考えて行動するという
    次のステップに行けるんだと思います。
    お出かけがストレスになるのかも?
    なんて思っていましたけど、今日のはなを見ていて、
    そのストレスを『快のストレスに変えてあげること』が
    私の役目だなぁって思いました。
    諦めないで、一緒に楽しみます♪
    いつもながらに、チャーリーママさんとお話すると
    気持ちが楽になります。
    ありがとうございました。

  4. ななし より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは
    叱っても犬には伝わらない、擬人化は意味がないというのは私もそう思います。
    ならば、褒めても犬にその意味は伝わらないというのもあてはまると思うのですがどうなんでしょう・・・
    犬にとっては攻撃されないので居心地がいい程度の認識で、それが人が犬に与えられる最大の安心なのかもしれませんね。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    お嬢さん、気持ちよく育っていますね。
    なかなか忙しい学校生活、気の毒です。
    教育の現場も、なにがゆとりか、っていうことが
    つかめない状態なのでしょうか。
    我が家の一人息子は早々に学校に見切りをつけてしまった口ですが
    (私もそうですけど)
    忙しいのは脳が壊れますね。
    褒められる、ゆとりの中で褒められる・・・
    間違った場面で褒めてしまったとしても、叱るほどに副作用はないですものね。
    叱られれば委縮して、行動は止めさせられても、
    次に何かをする意欲は育たないでしょうから。
    > 褒めて教えたことは本当に良く覚えていて『また実行しよう』と言う意欲が見られます。
    > きっとワンコ達も同じなんでしょうかね?[e:446]
    本当に、仰るとおりですよね。[絵文字:v-218]

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    手のかかる仔がやって来た時、
    それをプラスにする、そのためのも「褒めて肯定する」方法が最高だ、
    って思います。
    犬の態度が全然違いますよね。
    自信がつけられるか、なくすか・・・
    チャーリーのしつけ直しで相当いろいろ試行錯誤しまして・・・
    今の方法論に至るまでには(体罰はなしでしたけど)いろんなことを試しました。
    だから、こちらの要求にすぐに反応してくれないのですよね。
    信頼関係の問題だと思います。
    きっと・・・いつだったか叱られたことが太脳裏に浮かんで
    危険だと感じさせてしまうのかもしれませんね。
    > 力で押さえつけられた子は、いつか力で反撃してくる。
    > そのように教わった日々を、今思い出しています。
    > 反省することばかりです。
    > やはり、その後、叱るしつけの人と話すうちに、私も反発を感じながらも、厳しくしなければならないのではと、影響をかなり受けていたのだと思います。
    叱るしつけの良くないところは、影響力が大きいことです。
    褒めるしつけはそこまで影響しないところを見ると、
    褒めるより叱る方が、人間には安直なのかもしれないですね・・・
    > チャーリーママさんのアドバイスを読ませていただいて、すごくほっとして力が抜けます。
    > テンパってしまっているんですよね、ついつい^^;
    いや~、テンパらない人はいないですよ。
    お察しいたします。
    ご協力できたこと、本当にうれしく思います。
    masamiさんにも感謝しています。
    一緒に頑張る仲間っていいですね。[絵文字:v-238]

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    今日もお疲れ様でした~。
    どんどんお仲間が増えて楽しいですね。勉強になりますしね。
    はなちゃんのとって先生が一杯だ![絵文字:i-239]
    怖くて隠れて・・・面白かった~。可愛いね。
    ナタリーちゃんのママも仰っていましたけど、ほんの2か月前
    飛んで飛んで噛んで噛んで・・・
    大変だったんだよね~。
    すごい成長です。[絵文字:v-218]
    > 否定されない経験を積んでこそ、自分で考えて行動するという
    > 次のステップに行けるんだと思います。
    そうなんですよね。
    それを認められない人がいる、というのがどうしても納得できません。
    >
    > お出かけがストレスになるのかも?
    > なんて思っていましたけど、今日のはなを見ていて、
    > そのストレスを『快のストレスに変えてあげること』が
    > 私の役目だなぁって思いました。
    > 諦めないで、一緒に楽しみます♪
    そうそう!その調子!前向きに行きましょう。
    慣れって大事ですもの。
    トレーニングだって、消極的な人が見たら、
    「何もあんなにストレスのかかるところにいさせなくても~」
    というと思います。
    でも?
    違いますものね。
    頑張りましょうね。[絵文字:v-222]

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ななしさん、こんにちは♪
    > 叱っても犬には伝わらない、擬人化は意味がないというのは私もそう思います。
    > ならば、褒めても犬にその意味は伝わらないというのもあてはまると思うのですがどうなんでしょう・・・
    そうです!
    私も叱りを取り入れていた時、次に叱らない方法に移行して・・・
    褒めだって犬には通じないのでは?
    と思った時期があったんですよ。
    でも・・・
    褒めると明らかに慕い方が違います。
    家の仔たちも、トレーニングのワンコさんたちも。
    ところが、飼い主さんたちの褒めは、伝わっていないと感じることもあります。
    安心感が伝わっていないのだと思います。
    褒められるツボ探し、っていうのもトレーナーとしてず~っと生きていく時には
    大事かな、なんて思うんですけれど・・・(笑)

  9. hiro より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ママさんのトレーニングに通う一人として不覚にも、昨日、バジルをかなりの勢いで怒ってしまいました(T_T)
    自分の体調が悪かったって、言い訳ですが、2匹でリビングを大運動会、キレてしまいました…(-_-#)バジルを捕まえて、ひっくり返して『いけない!!』
    我に返って、やってしまった…(;_;)って感じで…
    こんな勝手な飼い主じゃ、まだまだソルバジは信頼してくれないですよね(;_;)
    ママさんの今日のブログは、ママさんに何処かで見られてたのかと思うくらい、ドキッとしました(*_*;
    まだまだ修業がたりませんね…反省反省

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは~♪
    まあまあ・・・
    あの大運動会(笑)しかも体調悪し、となればしょうがないねぇ~。
    で、バジルちゃん叱られてどんな感じでした?
    しゅんとしていれば、まあ叱りも思春期の暴れん坊には薬だった、ということですが
    余計に怒り出す、イラつくのでしたらやはり、叱りは良くない、ということですね。
    こうしてお話ししてくださるので、安心していますよ。[絵文字:i-236]
    > ママさんのトレーニングに通う一人として不覚にも、昨日、バジルをかなりの勢いで怒ってしまいました(T_T)
    > 自分の体調が悪かったって、言い訳ですが、2匹でリビングを大運動会、キレてしまいました…(-_-#)バジルを捕まえて、ひっくり返して『いけない!!』
    > 我に返って、やってしまった…(;_;)って感じで…
    > こんな勝手な飼い主じゃ、まだまだソルバジは信頼してくれないですよね(;_;)
    > ママさんの今日のブログは、ママさんに何処かで見られてたのかと思うくらい、ドキッとしました(*_*;
    > まだまだ修業がたりませんね…反省反省

  11. たま より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
     こんばんは。
     夜の散歩から帰ってくるまでは今日1日ムキムキすることもなく、みんなニコニコして過ごせたなぁと思っていましたが・・・。
     夜ご飯の残りを2匹で食べていたのですが(最近2回に分けて食べた方が残さないのでそうしていました)が、カンスケが先に食べ終わってあんずに近寄り、まだ食べていたあんずが怒って吠えるとカンスケも唸って吠え出し馬乗りになってちびらせました。
     他犬のご飯をとるのはルール違反なので、私が拘束して黙っていればいいのについ「だめでしょ!」と…。
     
     力が抜けて落ち着くまで仰向け抱っこで拘束し続けましたが、興奮して咳までするし・・・。
     チュチュ♪も出なかったので情けなかったです。
     幸い、あんずもカンスケもしばらくするとニコニコしてまったりし始めたのでよかったのですが、つい言ってしまって…。ちびらせる前に拘束できなかったので、夫婦で反省しています。
     カンスケも思春期が今きたのかなぁと思う今日のこの頃です。

  12. ハナ母 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今日はお店でお世話になりました。
    脱走プードル君は、ママさんが仰るとおりしつけ以前の問題ですね。ハナが小さかった頃にいろいろ工夫したことを思い出しました。まもなくラティスなどで囲まれて脱走防止がなされることでしょう。
    プードル君、本当に楽しそうだったんですよ。ハナもあんなふうに毎日楽しいかしら?って思いました。楽しいといいな。
    このブログで学びつつ、明日もハナと一緒にゆるーく楽しくお散歩します。

  13. カイママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    チャーリママさんに、カウンセリグを受けて、3ヶ月になりました。まだ、3ヶ月ではありますが、チャーリママさんに言われた「叱らない事」を守ってきて、本当に良かったです。まだ、苦手な事(ドライヤーやブラッシング)をされる時は、たまに、「ガブリ!」が出る時もあるけど、「あらら~、カイ君、ガブリなの~?」と優しく言うと、噛んでる力を緩めてくれるようになりました。手に関しての噛みは、叱らなくなった事で、かなり改善されてきました(^-^)ただ、相変わらず、足の指先に噛んでくる時は、何を言っても止めてくれません(汗)先日、チャーリママさんに教えて頂いた、四つん這いで犬になって「ガウ!」も試したんですけど、カイには伝わらず、止めてくれませんでした(ToT)でも、せっかく、叱らずに、3ヶ月やってきたのだから、何とか良い方法はないかと…今は、歩いてる時に、噛んできたら、私は「木」になって、カイがあきらめるまで待つようにしてますが、中々、あきらめてくれず、私の足元で足が動くのを待ってます。足を噛む時は、引き止める時と、遊びの時があるようです。パパに関しては、寝ている時に、足先を噛まれる事も多く、やはり「アウト」と言っても中々、離してくれません。 あまりの痛みに、パパは「あーっ!」と怒りそうな声をだしますが、私の顔を見て「あーっ!うと…」と一応、「アウト」に言い換えてます…(^_^;) 遊びであるなら、手と同様「アウト」で離してくれても良いと思うのですが…足は手より、かなり手強いです…(-_-;)

  14. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    昨夜キリ番発生しましたが、残念でした?よね。
    どなただったのかなぁ・・・?
    カンスケ君、思春期?自立期に重なるのかもしれないですね。
    でも・・・
    十分甘えた後だから、思春期かもですね。
    出るべきものは出ないと。
    また・・・
    多頭ですから、飼い主さんの毅然な態度も時には必要。
    仁王立ち、ですかね。
    我が家も犬たちが若い時は、物をめぐる小競り合いが時々起りまして・・・
    でも、人がいない時には起こらないのですよ。
    だから、人が介入するから、もめる、みたいに言われますけど
    私はそうではなくて、飼い主さん、試されてませんか?
    と思うのですね~。
    家庭内の争いを、力でなく気迫で鎮められて初めて、その家族は
    安定さが機能するのではないかな?って。
    これも行動学の教えとは違うところですかね。
    だから、自分自身いつでも、心の目で確かなことを探せるように
    ピュアーでいたいと思っています。[絵文字:v-222]

  15. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    こちらこそ、ありがとうございました。
    海水塩分濃度、もう一度検索確認して訂正しておきました。
    助かりました。
    また気がついたら教えてくださいね。
    プードル君、何かあってからでは、いくら後悔してもしきれませんから。
    人はとかく、犬に求めすぎですよね。
    人の努力が大事なことはたくさんあって、それまで
    トレーニングやつけで何とかしようと思うから、犬が追い込まれるのかなぁ?
    と感じています。
    意識を変える、というのはそういうことなのかな、と思います。
    また、機会がありましたらぜひ、お散歩トレーニング参加してみてください。
    楽しいですよ。[絵文字:v-222]

  16. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    そうですね、3か月。
    すごく変わりましたよね!
    飼い主さん、ぶれずに頑張ってくれたからだと感謝しています。
    まだまだ、これからですから。
    今のまま、すこ~し辛抱で、頑張ってみましょうね。
    私だったらどうだろう?と思える足先への噛み・・・
    カイママさんは優しいから、絶対に私なんかよりもしっかりとした
    犬との信頼関係が築けるはずです。
    ・・・
    私がお邪魔しても、足、かぷりってされるかな?[絵文字:v-398]

  17. ルークママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    チャーリーママさん、おはようございます。
    横レス入れてごめんなさい。
    たまさんのコメントにあった食事中のことですが
    うちでも似たようなことがありますので、我が家の対処法を書かせて下さいませ(^^)
    うちは、4匹、一緒に御飯を食べます。
    我が家のボス犬サラは、自分が先に食べ終わると(放っておけば)他の子のご飯を取り上げます。
    サラがその子のお皿に顔を突っ込むと、その子は自分からお皿を放棄します。
    最近、手作り食にしてからこの行動が出るようになりました。美味しいんでしょうね~(笑)
    最初は、私がサラの首輪を掴み、止める、拘束。
    これで止めることはできましたが、あまり効果があるようには見えませんでした。
    そこで、次に試したのは、スプリッテンです。食事中、サラと他犬の間に立ちます。もともと人間が食事中に傍に立っていても嫌がらない、という前提はありますが。
    ただし、さりげなく、犬に対して横向きになるように(正面に立ちはだかるようなことがないように)、犬を見ないで、何となく立っています。
    サラが食べ終わり、他の子のお皿に行こうとしたら、無言で間に入ります。回り込もうとしても、こちらも位置を変えて、スプリッテンします。
    他の子のお皿に向かう、ということを止めさせる、経験を積ませない。サラはすぐに諦めるようになりました。
    上位の犬が下位の犬の食べ物を取り上げる、これ自体は本能のなせる技では、と私は思っています。
    でもそこでさらに上位の私が、「この群れでは、それはNGだよ 」ということをはっきり伝えれば(=スプリッテンしてその行動を取らせない)、犬は理解すると思います。
    ママさん、見当違いでしたら、校正お願いしますね(^^)

  18. カイママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ちなみに、あずき母さんが遊びに来た時、足先を少々、狙われておりました。あずきちゃんの足だけではなく、あずき母さんの足までも…(^_^;) もちろん、その日も、私の足にも噛んでいたので、何かを取りに、歩かなければいけない時は、カイを引きずりながら、歩かざるを得ない…あずき母さんも少々、ビックリしておりました(笑) お客様には、足先にクッションが入ってる厚手のスリッパは欠かせません。でも、まだ、叱らない方法を始めて3ヶ月ですもんね…何とか改善できるように、私なりに頑張ってみます! 手と足… カイにとって、何が、そんなに違うのか…その謎を解きたい(-"-;)

  19. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS: d1d16c28c7674cfc5e269dbe1209f552
    僕もルークママさんと対処が似てるかな?
    犬の個体間に力関係がある場合や、ただ単に食いしん坊の個体場合、時としてタブーとされる横取りも横行します。
    犬の食欲を満たしてあげることは我々の大事な責務であり、多頭飼育における食事の分配というのは、個体管理も含めて人が管理すべき守備範囲であるかと。
    特にエサの横取りに関しては、犬が自分のエサを守りきれない時点で、その犬の対処能力を超えてしまっているので、これには迷わず介入するべきだと思います。
    昔の話ですが、ラブラドール3頭がいる犬舎(8畳相当)での一例。 
    食事の時は部屋の四隅に順次食器を置きながら、3頭それぞれに与えます。 その間僕は犬舎の中央で様子を伺う訳ですが、早く食べ終わる個体が他のエサを取りに行くことがあります。 
    その時僕は、まだ食べている犬の前に立って盾となり、横取りに来る犬をブロックします。 
    こちらが油断した隙に、既にエサが奪われている状況であれば、すかさず僕が奪い返して元の犬に与えます。 そしてブロック。 エアデール・テリアが4頭いた犬舎でも同じです。 
    目の前で付いて見る時間がないときには、横取り犬だけ繋留した状態でエサを与えていました。
    あとはエサを与える順序を変えたりもします。 食べ終わってから他のところへ横取りに行く個体も、自分のエサが食べ終わるまでは取りには行きません。
    自分のをしっかり食べてから取りに行くところがミソですよね。(笑)
    そこで、食べるのが遅い個体から先にエサを与え、横取り犬は30秒ほどずらして与えたりもしまた。 こうすることで、食べ終わる時間の帳尻を合わせるという狙いです。
    但しこれは、先に与えた犬の食べるスピードがあまりに遅ければ、それほど意味はありません。
    家庭においても、エサの横取りは管理者(飼い主、上位者)としては許すわけにはいかないので、僕ならばしばらく食事の時はカンスケとあんずの間に4つ脚で入って、睨みや唸りを駆使してカンスケをブロックします。 飼い主が犬になりきって犬視点で威圧することは、上から言葉で威圧するよりも犬にハッキリ伝わるものがあります。
    拘束は、犬を落ち着かせる、又はその場(状況)を制する目的であれば効果的ですが、犬に秩序を教えることは出来ないものです。
    介入の方法も色々ありますが、上記はあくまでも僕流なので参考までに。(^^)

  20. YUKI より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    叱らないしつけ、褒めて伸ばす、最初にしつけ教室に通った所の方針と、しつけ本などの影響で、小さい頃はそれで頑張ったのですが、だんだんに自我が出てきて、困った行動が目立ち始めたころ、良い所は褒めて伸ばすにしても、ダメな事はどうやって教えるんだろう??と悩んだ時期がありました。
    しつけ本なんかには無視してやめたら褒めるとか書いてありましたが、ウチのマロンにはまったく効果がありませんでした。
    それで、私はマロンがいけないことをした時は、拘束して低い声で『いけない!』(感情は入れずにソフトにですが威圧的に)言うようにしていたのですが、それでマロンは大概の事は理解して、今は『いけない』の言葉だけで止めてくれるようになりました。
    言われた後はしゅ~ん…となっちゃうので、これでいいのかなぁ…とも思ってはいたのですが、それで止めてくれた後は思いっきり褒めてますので大丈夫かなって思ってます。
    ただ、同じやり方でもまめちゃんには通用しないようで、私がいくら迫力出しても、遊びになっちゃってるみたいで理解してくれません(^_^;)
    それ以上やると、イジケても嫌なので、どうしたものかと…
    犬もそれぞれ個性があるので、そのコにあったやり方を見つけるのが大変ですιι(+_+)
    何が正解か、確信が出来ない状態ですが、良好な信頼関係が築けるように頑張りたいです。

  21. たま より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
     ルークママさん、主さん、ありがとうございます。
     今は、部屋の対角線にご飯を置いて、カンスケに先にご飯をあげています。(何事もカンスケ優先にしていたのでご飯もそうです)
     あんずは食べるのが遅いのですが、きれいに器を舐めながら食べます。カンスケは食べるのは早いのですが、食べ散らかすしちょっと残った状態であんずの所へ行こうとします。あんずが吠えるようになったのは最近のことです。
     ルークママさんのスプリッテンで阻止、悪い経験を積ませないということは、なるほどと思いました。犬にわかるように教えないといけないですね。うちもご飯中に何をしても怒らないので、横に立って近づかないようにと言うのを続けていけばカンスケにもあんずにもわかると思います。吠えあいが始まってしまうとなかなかおさめられないのですが・・・。(気迫が足りないのかな)
     それと昨日のようなことは、確かにスープをかけたりフードを変えるようになってから顕著ですね(笑)
     主さんの犬視線になって威圧・・・。やるなら(昨日止められなくてひとりしょぼくれていた)主人にやってもらおうかと(笑)
     先代犬の噛み付きを、犬になって(時には耳を噛んで)やめさせたそうなので、ここは父ちゃん犬の威厳を見せてもらおうかなと思います。
     カンスケのやりたいようにやらせてしまうのは今後のためにもならないので、毅然と対処していきたいと思います。(気持ちだけはあるのですが) 
     
     スプリッテンと犬視線での威嚇、両方やるのがいいのかどちらかを最初にやるのか…。
     どっちもいいようだし…。
     犬になってスプリッテン???

  22. たま より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
     カンスケは(今になってですが)自己主張できるようになり、社会化を身につけるべく徐々に発達している段階なのかと思っています。
     1歳半をすぎ、体は成犬でもあんずと同じくらいの(もしくはそれ以前の)発達段階なのと…。
     今やっと自分を出してもいいんだという所まできて(チャーリーママさんのコメントにもありましたが)思春期と自立期がごっちゃになった感じなのかと…。
     昨日のこともカンスケの成長過程では当然出ることで、これからも嵐が起こるだろうという覚悟はできています。
     出すものは出す。チャーリーママさんの仰るとおりだと思います。
     時々私を試しているなぁと思うことあります。それまでリードもタルタルで散歩していたのに急に違う方向へ行って、私が木になっているとすぐに戻ってきたり…。
    これはいいのかな?ここまではいいのかな?と試しているのかなぁと…。 
     ここで私が導いてやらないと社会化を身につけた犬にはなれないのだろうと思っています。
     (思い違いしていたら校正してくださいね!)
     ここで相談できることって本当にありがたいですね!
     チャーリーママさんだけでなく、みなさんのご意見を伺えるのですから。

  23. hiro より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    怒ってしまった後、バジルの反応は、ビックリした後は少し、しょんぼりしていました。
    その夜は犬が違うくらい!ソルトが目の前で、オモチャをかじっていても誘いにのらず、おとなしくしていました。
    とゆうことは、少しは薬だったのかな?
    しかし、次の日からはジャジャ馬復活!!
    まあ、そうゆう時期ですよね(-_-;)

  24. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ルークママさん、こんにちは♪
    横レス大歓迎ですよ。
    色々アドバイスし合えたらいいです。
    見当違いではないですよ~。
    私もその方法です。猫もいますので、それしか方法がないでしょうね。
    ただ、猫が襲うといううちの場合[絵文字:v-356](ココをいじめます)
    猫には拘束でないと通じませんけれど。
    >上位の犬が下位の犬の食べ物を取り上げる、これ自体は本能のなせる技では、と私は思っています。
    本能を抑えて人に従う従順さが犬の特徴なのでしょうね。

  25. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    あずき母さんにお聞きしました~。[絵文字:i-239]
    そりゃ、びっくりでしょうね。
    手に靴下はいたりしたらどうするかな?
    では逆立ちしたら?とか・・・
    今ちょっと考えたら笑えてきてしまいました。
    一体何なのでしょうね?(笑)

  26. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    我が家は、食に貪欲なチャーリーとココ、あまり興味のないカレン、
    に加わって、種の違うあられ、というメンバーですので、
    スプリッテンだけの対処はなかなか難しく、
    カレンだけはケージでお召し上がり、です。
    以前、食べたくなくってさっさと出てきてしまって
    チャーリーが完食してしまった時は焦りましたね~。
    なかなか問題の方向性が違うような気もしますが・・・
    とにかく、人の管理はぜったいですよ、ということでしょうね。
    それまでを、訓練やトレーニングで何とかしようとすると、問題行動、とされる
    のではないかな?って思います。
    > 拘束は、犬を落ち着かせる、又はその場(状況)を制する目的であれば効果的ですが、犬に秩序を教えることは出来ないものです。
    そうですね。
    私もそう思います。犬は秩序を教えられますから、通じる方法で対処することは大事でしょうね。
    ちなみに猫には通じません。[絵文字:v-388]
    拘束します。(笑)

  27. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    褒めてしつける、
    私も最初、「じゃあ、ダメなことを教える時は?」
    っていうことが疑問でした。なので、いつまでも「ダメ」で、やめたら「良い仔ね」
    で対応していましたけど、何となく今一つという感じが否めませんで・・・
    今は99%(残り1%はつい、叱りが出ちゃう時があって[絵文字:v-356])褒めて
    対応しています。
    そうするとね、
    悪いことしなくなるんです。
    しても、すぐにやめます。というか辛抱してくれるのね。
    この効果は絶対なので、だから薦めるんです。
    犬が年老いた時、絶対的な信頼感が育まれているのと、どこかに
    叱られるという恐怖があるのとでは、違いが大きいと思うんですよ。[絵文字:v-238]

  28. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    その考えで大丈夫ですよ~。
    そして!
    [太字][色:CC0066]犬になってスプリッテン[/色][/太字]
    これも、試されたらいかがでしょうか?
    ただ、面白いから私は日常的に犬になります。(笑)
    パピーたちと接するとき、犬になり切ると、私を見る目が変わります。
    これは絶対ですので、楽しみとしての、犬になり切る、というのはおススメ。
    カンスケ君、あんずちゃん、共に基本的な犬としての核はできているので
    安心して、ご自分の思うことを試されても大きな間違いはないはずですよ。[絵文字:v-222]

  29. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    薬が効いたのも、一晩だった!(爆)
    バジルちゃんらしい、というかワンコらしくて頼もしいですね。
    いつまでも飼い主さんがイライラをぶつけ続けなければ大丈夫。
    ママも真剣に怒る時は、ソルトママより怖いんだ、
    って・・・分かったかな?[絵文字:v-391]

  30. まきママ より:

    SECRET: 0
    PASS: f2249f95d1dd8bbd86b618df53d77919
    「怒らない」はできても「叱らない」となると難しいです。
    イタズラをやめさせるのに「シナイよ」「イケナイ」などの否定語をつい使ってしまっています。
    そうですね、「マテ」させればいいんですよね。
    ちゃんと「マテ」できるかどうかはおいて(笑)。
    それに叱るときには名前を呼んではいけません、とよく言われてるので、イタズラを止めるのときに名前を呼んではいけないと思い込んでました。
    止めるだけのためなら名前を呼んでも全然差し支えないんですよね。
    その後で叱らなければ、名前を呼ぶことに悪いイメージがつかないですから。
    なかなかオンリードのおいで、難しいです(ーー;)
    昨日も散歩の帰りに何度も座り込んでしまいましたが、リードを引っ張らずに「おいで~」「行くよ~」で頑張っています。
    それを見ていたM式の方から(冗談めかしてですが)「甘いんじゃないのぉ~?」って言われましたけど、「ゆるゆるで育てるつもりだからね~」って笑っておきました!(^^)!
    まあ、いたしかたありません。動かない犬の周りをぐるぐる回ってる私はヘンでしょうからね~(笑)。

  31. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    日本男児ですから、恐らく叱られたら余計に聞かないでしょうね。^^;
    マテ、させるには動きを止められればいいのですから
    名前を呼ぶ(=良いことと関連付けられている)
    のがいいですね。それさえも癇に障るお年頃でしたら(笑)
    スプリッテンで存在を認めさせます。
    > まあ、いたしかたありません。動かない犬の周りをぐるぐる回ってる私はヘンでしょうからね~(笑)。
    コタロー君が動かない時前に立ったことはありますか?
    仁王立ち感覚で。
    それからおもむろに、腕(指さしで)
    「あっち」
    と進みたい方向を指し示すとどうでしょう?
    動かないかな?
    まあ・・・
    思春期というのは、脳の中の配線が一度バラバラになって
    もう一度つながれる位活発に動いているそうです。
    煙が上がるくらい・・・[絵文字:v-355]
    だから、動かない静の中でも、めまぐるしく動いて悶々としているのかもしれないですよね。
    忍、ですかね。[絵文字:v-220]

  32. たま より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
     夕方のご飯の時、いつも通りの位置でいつも通りにあげました。
     やはりカンスケは残した状態であんずの方へ向かおうとしたので、私は犬視線になって(四つん這いですが)スプリッテンしました。
     2,3回うろうろしてあんずの方へ向かいましたが、下を向いて考え込んだようにしばらく止まると、また残りのご飯を食べ始めました。
     あんずは途中で食べるのをやめ、私の斜め後から私たちの様子を伺っていましたが、また食べ始めました。
     カンスケは食べ終わった後ふせたので、私も横に座ってあんずが食べ終わるのを待ちました。
     声も出さず手も出さなくても、ちゃんとわかってくれました!
     しばらくこの方法でいきたいと思います。
     主人がいる時にスプリッテンがだめになったら、こわ~いボス犬の登場予定です。(主人はムキ!の練習をしています)
     さっき、夜の散歩にみんなで行きましたが、久しぶりにカンスケが拾い食いして何かをくわえていたので、名前を呼んでこちらに来させ(ちょっと自慢げでした)口をこじ開け、鼻にふっと息をかけると離してくれました。よしよしと褒めたのもつかの間、取ったものを見ると「潰れて半分干からびた鼠」(すご~く油っぽいんです)。
     カンスケはニコニコでしたがあそこで怒ったり叱ったりしたら、せっかくプレゼント捕ってきたのに…といじけてしまうのでしょうね。

  33. あずき母 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    足をかんで欲しいときは~~
    オモチャを持って走り回る[絵文字:e-282]ことです・・・[絵文字:e-442]
    私は、これで興奮したときに来ましたよ~~
    でも、話には聞いてましたが、実際どんなんかなぁ?って思ってたので~
    [太字]「来たぁ!![絵文字:391]」
    [/太字]
    ってなかんじでした~
    しかもそのとき、うっかりスリッパ脱いじゃってたので、
    ヤバッ!!スリッパスリッパ~~[絵文字:e-270]
    ってなっちゃいました(笑)

  34. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS: d1d16c28c7674cfc5e269dbe1209f552
    その場面でスプリッテンがうまくいったということは、たまさんもカンスケに対してしっかり威厳があるという証拠ですね。(^^)
    この場合の威厳とは、支配的なそれとは意味が違いますよ。
    日頃の愛情によって信頼関係が築かれます。 その信頼すべき飼い主が筋の通った態度を示したならば、犬は言うことを聞くものです。
    ネズミを咥えてきたのを叱らないのも正解ですね。 ネズミの日干しが気持ちが悪いのはこちらの都合です。(笑) それこそ叱ったら筋違いに捉えられ、カンスケの不信感を煽り兼ねませんよね。
    それに、なんと言っても切り札のたま父ボスが控えていますから、ファミリーは安泰かと思います。(^^)
    それと、スプリッテンとは人間が介入するという意味ではなく、本来、犬同士の間に犬が介入する行動を意味します。そこには犬が体を入れることも、唸ることも、力で制圧することも広く含まれます。 つまり、四つ脚で犬になりきって介入するのが本当のスプリッテンとも言えますね。
    チャーリーママさんが実践で紹介している人の脚を使ったスプリッテンは、そんな犬達の行動を見習った介入テクニックで、犬の行動に習っているからこそ無理なく効果的に行えるのです。
    そして、ルークママさんが紹介された対処法も同じですよね。(^^)
    リードやチェーンによるショックといった人為的制圧ではなく、自然の摂理を実践応用するあたりも、チャーリーママさんのトレーナーとしてのスキルの高さを物語っています。と、密かに思っていました。(笑)

  35. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    すごいすごい!
    素晴らしいです。
    そうですね、奥の手がありますので心強いです。(笑)
    プロレスごっこにたまさんも四つん這いになって参戦して
    一緒に遊べるとさらに楽しいですよ~。
    やるかやらないかは、飼い主さん次第!
    受け入れてくれるかは犬たち次第、ですけどね。[絵文字:v-398]
    >「潰れて半分干からびた鼠」(すご~く油っぽいんです)。
    [絵文字:v-399]
    >  カンスケはニコニコでしたがあそこで怒ったり叱ったりしたら、せっかくプレゼント捕ってきたのに…といじけてしまうのでしょうね。
    はい、仰るとおりですね。
    たまさん、素晴らしいよ~。[絵文字:v-218]

  36. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ふ~ん・・・
    > 足をかんで欲しいときは~~
    > オモチャを持って走り回る[絵文字:e-282]ことです・・・[絵文字:e-442]
    噛まれたくはないですけどね~、積極的に(笑)
    ソルトちゃんが遊ぶときに後ろ足を噛む、っていうのと
    同じような感じかな?

  37. ルークママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    すご~い! カンスケくんも犬語がちゃんと分かっていて、たまさんのことリーダーとして尊敬している、ってことですよね。(いわゆるリーダー論ではないですが。)
    良い関係が築けているんだなぁと思いました。あんずちゃんも安心してごはんが食べられるし、たまさんへの尊敬の念が増したと思いますよ。
    うちのボス犬サラも、他の犬同士が小競り合いになりそうになると、さっと体を2匹の間に挟みます。小競り合いの度合によっては、低くウ゛ッと唸ります。それで2匹はすっと離れ、終了です。娘のミューズが他の犬に吠えかかられると、ミューズをかばうように前へ出ますね~。でもミューズ以外はやられてもシランプリだったりするんですけどね・・・(爆)

  38. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    スプリッテンもそうですけど、ホールドラッピングも
    そのテクニック以前の飼い主「力」が大事ですね。
    そこのところをお伝えするのに必死なんですけど…(笑)
    どうしてもテクニックに頼りたがりますよね。
    叱る叱らない、というのもそうなんですが
    叱れないような人では何をしても犬の心には響きませんね。
    叱らないのと叱れないのでは全然違いますからね~。
    「スプリッテンで前に立つと、叱っていることになりませんか?」
    という質問まで出ることもあります。
    犬の自制がきかない暴走はそういう気持ちの弱い飼い主さんの責任であると感じています。
    意外に多いですよ。
    なかなか厄介でもあります。
    たまさんはそこのところの理解が素晴らしいのです。
    感心しちゃいます。
    お褒めいただいて恐縮ですが・・・
    トレーナーとしてのスキルは怪しいですよ。(笑)
    ただ・・・犬たちの中に入ってどれだけαになれるか、の挑戦をしています。
    犬になり切る。(無理でもやってみたいんです!)
    これは従来の方法論からはかけ離れていますけど、とっても大事だと思うんですよね~。[絵文字:v-398]

  39. たま より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
     タローの主さん! 
     いつか、唸ったり威嚇したりして威厳を示さなければいけない時もあるかもしれません。犬(視線)になってというキーワード、すごく響きました。いつも忘れずにいようと思います。ありがとうございました!
     獲物を取ってきたら褒めるというのは、主人が先代犬によくしていました。小屋の前に鼠やらモグラが並んでいる時は、褒めて獲物は頂き、陰の方にそうっと埋めていたそうです。なので、今回も私が何か言う前に主人がよしよしと褒めていました。
     ルークママさん!
     今朝もカンスケは私の頭を毛づくろいしてくれたのでちょっと安心しました。あんずもおどおどすることが減ってきたように思います。
     ルークママさんの具体的なアドバイスのおかげで、食事時の平安が訪れました。食事以外でも小競り合いが始まったら、体を入れて唸ってみようと思います。
     ありがとうございました!
     それにしても娘はいつまでたっても娘なんですかね!?
     2匹だとわからないことも、3頭以上だとわかることがたくさんあるんですね!
     チャーリーママさん!
     我が家の場合、放っておくと家庭崩壊につながりますので「待ったなし!即実行」の必要性をひしひしと感じています。
     経験もないのにいきなり多頭飼いですから、この場で皆さんにアドバイス頂けるのは、参考になる程度のものではないです。
     お褒め頂いて恐縮ですが、私がこうやってできたことは全てチャーリーママさんとみなさんのおかげなのです。私はそれを実行したまでで…。
     犬になりきってというお考えが根底にあって、そこから見える犬の行動をわかりやすく私たちに解説してくださる、犬の行動から導き出された対処法ですから犬に伝わらないはずがないのですね。そうなると、観察が大事なんだなぁと、いろんな所に繋がっていきます。
     ありがとうございました!
     (これからの目標は「犬になって遊ぶ!」です。)

  40. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    ムツゴロウさんは犬には真の親離れはない、と仰っておられましたが
    古き良き犬と言う部分を残す和犬は、自立期にはちょっとした反抗がみられるのかもしれませんね。
    カンスケ君が順調に社会化、思春期をやり直してひょっとして
    自立期の反抗が訪れたとしても、
    慌てず騒がず、カンスケ君の生きるステージはここであること。
    だから飼い主には絶対であることを教えてあげてください。
    いつまでも変わらぬ愛情と(いや、ますます増してく愛情かな?)凛とした厳しさで
    教育してあげてください。
    また、来月お会いしましょうね~。[絵文字:v-222]

タイトルとURLをコピーしました