拘束技・・・(ホールド・ラッピング)

この記事は約2分で読めます。

拘束技というと何だか、虐待イメージがする・・・
実際にお散歩トレーニングの生徒さんたちもぎゅ~っと締め付けるイメージがあったみたいだし。
だから考えました!
T-タッチでラッピングってありますよね?
だから・・・
ホールド・ラッピングにしますから!(宣言かい・・・
ホールド・ラッピングですからね、包み込みます。
以前ご紹介した動物感覚の中に、締め付け機が出てきます。
http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-258.html
興奮する牛を締め付け機の中に入れてじわ~と圧をかけると大人しくなる、というくだり。
著者は自閉症でして、自分用に締め付け機を作ったそうです。
自閉症の方が言っているのでそう信じるわけですが、動物の知覚と
自閉症の知覚は似ている、ということですね。
だから、脳がパニックを起こして体の反応(暴れるとか、泣きさけぶとか)が起こった時は
言葉でああだこうだ言うのも、そのまま静観するのも良くない、
拘束すると落ち着くらしいです。
痛みの伴わない、じんわりとした圧力をかける・・・
これが私が言う拘束技、いいえ今日からはホールド・ラッピングですね。
20120027_thumbnail_20090502150927.jpg
ナタリーちゃんのホールド・ラッピングです。
基礎的なトレーニング、T・タッチ、アジリティ・・・をされていますので
犬の扱い、触れかたは抜群ですね。
左肘でウエスト脇腹の辺りを固定している抱き方が素晴らしいです。
ナタリーちゃんのくつろぎ方も、信頼関係の表れでしょうか。
20120032_thumbnail_20090502150945.jpg
対面に吠えてしまう存在がある、どうしても避けられない状況であるとき
このように顔をその存在から遠ざけるように、覆いながら優しくラップします。
20120034_thumbnail_20090502151407.jpg
飼い主さんの普段の鼓動、静かな息遣いで犬は落ち着きます。
飼い主さんがテンパることがありませんように。
マズルをつかんでいるように見えますか?
つかんでいませんよ。
優しく顎を包み込んでいます。
20120037_thumbnail_20090502151418.jpg
犬の胸は安らぎのツボ、と私は思っています。
ここをしっかり包み込みます。
犬の気が飼い主さんに集中できない時は、この場合は右手の小指に注目。
顎のラインにかけられようとしているところです。
ここに触れることで落ち着きは加速するはずです。
もし・・・
犬がこれらを受け入れられないくらいに拒否するような場合は
家の中での信頼関係の構築をやり直しましょう。
叱らない。
名前を呼んで褒めておやつ。
失敗しそうなものは回避できるように管理をしっかりと。
以上が出来ていなければ、外の刺激からあなたに集中させることは難しいと思いますので。

コメント

  1. kumiko より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私の場合手が少し小さめなので、
    もしかしたら…立った状態での仰向けだっこよりも
    安定しやすいかな?と写真を見て思いました。
    さっそくあとでやってみようと思います!

  2. ころころん より:

    SECRET: 0
    PASS: f870ee81680cad2106c62bff7a80edad
    ただその場で吠えまくってる(!)時なら
    抱きあげるか、そのままでも同じように
    顔と体を包んでポンポンできるんですが、
    高速ダッシュでパニックになってるのをなだめようと
    思うときに、捕まえるのが一仕事で・・・・
    捕まえられれば、落ち着かせられるんですけどね。
    今朝もパニックになったので、一瞬の隙に、
    噛まれそうになりながら捕まえて、
    抱いてたら1~2分くらいで静かになりました。
    前回のお散歩トレーニングで、抱き方を見せていただいてから、
    ギューギュー締めなくてもいいんだ!と分かって、
    コロンも暴れず、落ち着き方が早くなったみたいです。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > 私の場合手が少し小さめなので、
    > もしかしたら…立った状態での仰向けだっこよりも
    ・・・ん?
    立ったまま仰向け抱っこしてましたか?
    それはりん君、怖かったかも。
    仰向け抱っこは座った状態で、お膝の上が基本ですね。
    安定感がありますからね。[絵文字:i-236]
    落っことしそうにぎこちない手つきになると暴れますからね。
    > さっそくあとでやってみようと思います!
    試してみてください。
    また結果も教えてね。[絵文字:i-88]

  4. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ホールド・ラッピングとは上手いこと考えましたね。 
    確かに「拘束抱っこ」と聞くと、説明を受けていても強く押さえるイメージが残ります。
    でも、これならば文字通り包み込むイメージが湧きますね。
    ちなみに若い頃のタローが対オスに敵対したときに行ってきた拘束?(なだめ方)は、
    まずは座らせる。 次に右手を胸に軽く手を添えて、左手で背中をソフトにゆっくり撫でつつ、「相手にしなくていいぞ~」と優しく声を掛けながら、「静」を保つというものです。
    一切力を加えずに押さえます。 力で押えると、落ち着くものも落ち着かなくなりますよね。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    ころんちゃん、抱っこさせてもらって思いましたけど
    信用してくれると芯からくつろげるな、と。
    なるべく何度も、我に返らせる成功をどんどん味あわせてあげて下さい。
    > 高速ダッシュでパニックになってるのをなだめようと
    > 思うときに、捕まえるのが一仕事で・・・・
    > 捕まえられれば、落ち着かせられるんですけどね。
    はなちゃんがルナママさんに近づきたい時に私がスプリッテンした動画ありましたよね。
    前に出たいのを後ろからリードで制御したやつ。
    あれは力いっぱいに引いているのではなくて、腕を前で固定して
    動きを止めています。
    あの要領で、コロンちゃんをその場で止めて、
    前に回りこんで、スプリッテン、次に抱く。
    これは普段から練習できますのでやってみてください。 [絵文字:v-222]

  6. YKNK より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    少し体を硬くしていましたが、ホールド・ラッピングできました。赤ちゃんだっこの方は、かなり嫌がります。立ったままやってしまっていたのがいけなかったのかもしれませんね。今度から座った状態+トリーツでやってみようと思います。うちの仔は、ほとんど問題になる行動がないのですが、お手入れをいやがる傾向になるのでもっと信頼関係を築いていきたいです。

  7. きり父 より:

    SECRET: 0
    PASS: be83e113aeeec3717846a8131ae8370e
     抱っこに関しては、ムツゴロウさんの著書に良いヒントがあります。
    「人という動物と分かりあう」p.90
     抱き方の具体的方法として p.91
    「外へ出てくる力を、そうっと内に戻してやる・・・」
     でも、本当のポイントは、p.92
     「赤ん坊を眠らせるのは、母の愛なんです」
     というのが、最も重要だと思いました。
     人間の方がテンパッていたらダメなんでしょうね。

  8. ころころん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    すみません、高速ダッシュは、部屋の中で
    リードなしの状態の時に、突然なるんです。
    外でなったことはないと思います。
    もう何も目に入らないんじゃないかという感じで、
    でもぶつからずに隙間を縫って走ってるので、
    実は見えてる?
    体ごと捕まえる状態です。
    前に立ちはだかったら、分かってくれるかしら?

  9. きり父 より:

    SECRET: 0
    PASS: be83e113aeeec3717846a8131ae8370e
     横レスすいません。
    >リードなしの状態の時に、『突然』なるんです。
     「突然」の原因となる出来事に、何か心当たりはないですか?
    注意深く観察すると、何か浮かび上がるかも?
     小生が知っている実例として、家の外をよその犬が通ると、窓を閉めた室内からでも察知して狂騒状態で走り回りながら鳴きまくる犬がいます。公園など家の外で会った時には、別に吠えもせずに落ち着いて挨拶ができる犬なんですけどね。
     「部屋の中で」という事なので、ちょっと気になりました。

  10. kumiko より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私立った状態で仰向けだっこしてました。
    (仰向け状態まではいかないかな?)
    ごめんね~、りん[絵文字:i-199][絵文字:i-201]
    写真のような形で抱っこしてみました。
    慣れてないからだと思いますが、
    ぎこちなくてちょっと怖かったです[絵文字:i-229]
    お尻を支えて反対の手を添える、
    いつもの抱き方の方が安定します。
    りんはどっちが楽かなぁ~[絵文字:i-6]

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > ホールド・ラッピングとは上手いこと考えましたね。
    そうですか~[絵文字:i-237]
    タローの主さんにそう言っていただけるとますます自信がついてきました。
    どうなん?これ?
    とか・・・思いつつでしたので。
    ちょっと字余り感が気になりますが。(笑)
     
    > ちなみに若い頃のタローが対オスに敵対したときに行ってきた拘束?(なだめ方)は、
    > まずは座らせる。 次に右手を胸に軽く手を添えて、左手で背中をソフトにゆっくり撫でつつ、「相手にしなくていいぞ~」と優しく声を掛けながら、「静」を保つというものです。
    > 一切力を加えずに押さえます。 力で押えると、落ち着くものも落ち着かなくなりますよね。
    そうです!
    はなちゃんの試してもらっているのもそんな感じです。
    大きな犬に限らず、どの犬うにも使えるラッピングですね。
    ちなみに幅広テープを使ったT-タッチのボディーラッピングは
    自分の体の境界線を犬に自覚させる、というもので興味深い手法です。
    が・・・
    道具を使うことが面倒な人間ですので(笑)抱く、抱える、なでる、ことで
    体を意識させる、ついでに飼い主さんに気持ちを持っていける・・・方が好きです。[絵文字:i-239]

  12. ころころん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    「突然」は、ホントに突然で・・・・
    静かな状態から、何が原因かサッパリです。
    ピキッとスイッチがはいるみたいです。
    部屋を抜け、廊下を通り、向こうの部屋まで
    ひたすら直線で往復です。
    5~10回は往復して終わりも突然です。
    この状態の時に吠えたことはありません。
    自分しか見えない状態、です。
    これは、月齢の低い時からある症状です。
    でも、月に1~2回のことです。
    バイクが通ったり、犬が通ったりしたときは、
    吠えながらベランダに出ていきますので、
    明らかに違います。

  13. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    このブログは皆さんに、コメントまで読んで
    お勉強していただくように前々からお話ししていますので、
    きり父さんのように良い情報を提供してくださると嬉しいです。
    人が動物を抱く、と言う行為。
    これはムツさんも仰っておられますが、マニュアルではないですね。
    テクニックでもない。
    命の、魂のやり取り、みたいなものです。
    [色:0033FF]形を決めず漠然とあればいい
    動物と触れ合うことは命が触れ合う一瞬を共有して生きること [/色]
    ムツゴロウさんの言葉は心に響きますね。
    響いた心のまま犬に対すれば大きな間違いはないはずだと思います。
    また、ころころんさんへのレスもありがとうございます。
    この場を共有していきましょう! [絵文字:v-218]

  14. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    今日の記事のような抱っこも慣れるまでは座って試すといいですよ。
    落としそうになる、ということは安心感がないですからね~。
    お尻を支えて抱っこする方法でもどちらでも。[絵文字:v-218]
    ただ、写真のような抱き方が出来ると、片手で抱けますから。
    何かと便利ですよ。
    慣れですから、大丈夫です。

  15. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    私的には高速ダッシュは普通かな?と。(爆)
    嬉しさ極まって、お尻を下げてただただ走りまわることは、従順な
    犬の中や人の中であまり我を通せない犬に多くみられるような気がしますけど・・・
    後は・・・
    コロンちゃんの場合は夜が多いです?
    時間は関係ない?
    絶対的な運動量の不足で、フラストレーションを発散させようと
    自然にそうなる犬もいますよ。
    そういう仔の場合は夜、活動的になる。
    で、パニック、と思っている行動が本当にパニックかどうかを
    観察してみてください。
    パニック的な顔は・・・そうですねぇ
    うに君、とマロ君のお写真がありますね?
    ああいう感じ。はなちゃんのお耳の穴が見えるように後ろに下がっているのも
    ちょいパニックの時の耳の形です。
    嬉しい時は目が涼しげ。陶酔していますし。
    耳も後ろにへばりついています。
    犬の表情も同時に読めるようになるといいと思います。
    それには日々の観察ですね。

  16. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    早速試されたのですね~。
    そうですね、仰向けの抱っこは座って。
    お腹の毛をブラッシングする等でも役に立ちますので。
    >うちの仔は、ほとんど問題になる行動がないのですが、お手入れをいやがる傾向になるのでもっと信頼関係を築いていきたいです。
    う~ん、羨ましい!(笑)
    そちらでは、社会化はどのように言われていますか?
    もちろん、早いうちに母犬から離す、などと言うことはないですよね?

  17. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS: d0ebcd7d786ae3ff938514ea2fcc28d0
    「ホールドラッピング」って、私もステキなネーミングだと思います。包み込む感じだってよくわかりました。
    片手でのこともありますが、抱き上げる時はたいていお尻と後ろ足(お座りしている時のような形で)を支えています。
    甘噛みがひどかった頃には、抱っこもままならない時期がありました。
    仰向け抱っこをするようになってから、抱っこすると落ち着くようになって、今でも抱っこしていると「別犬」かと思うくらいに落ち着いておとなしくなります。
    Panを抱っこすると、私もとっても幸せな気分になるので、それが伝わっているのかなぁとも思います。
    片手で抱っこも、上手にできると便利だと思うので試してみます。

  18. まきママ より:

    SECRET: 0
    PASS: f2249f95d1dd8bbd86b618df53d77919
    あ、コタローがデカイからでしょうか・・・(笑)
    私もコタローを静止させるときは「タローの主方式」です。
    コタローが前へ前へ出る状態なので、リードを押さえて座らせます。
    リードは引っ張らずに押さえるだけですので、
    コタローが前へ出るのをやめて座ればゆるみます。
    これを学習したのか、ある程度リードが張れるとオスワリするようになりました。
    いささか学習しすぎてオスワリがやけに多いような気もしますが(笑)
    悪い習慣ではないと思うのでそのままにしてあります。
    座った後落ち着いているようなら横から、
    コタローにまだ力が入っているようなら背後から包むように胸を撫でます。
    吠えや自制できないほどの興奮は今のところないので、
    どちらかというとガウガウごっこの相手がエキサイトしすぎたときに
    割ってはいる際に使うことが多いです。
    相手の飼い主さんが止めてくれないときは
    腕を犬の間に入れるようにしています。
    ・・・実は叱り飛ばす拘束方法を生後2ヶ月の頃やって失敗しました(^_^;)
    アレは飼い主の精神上も非常によくありません。
    叱り飛ばすうちに自分がエキサイトしてしまいます。
    飼い主が静かな気持ちでいることが、犬を静かにさせる大前提ですね。

  19. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    とっても、いい響きですね。
    包み込む優しさが感じられます。
    昨日のコメントに、ハーネスをがっしり掴むと肩に
    力が伝わると書きましたが、はなのハーネスは、
    首から肩、胸骨に沿って正中に、一番上のお乳に平行に
    一周、支えがあります。(今日再度しみじみ眺めてみました。)
    そのために、背中からハーネスを掴むことで胸全体に
    圧力が加わります。
    緩めたり、力を加えたりすることで、はなにとっては
    心地よい締め付けになっているのかなぁと感じました。
    リードを引いた時のイライラ感が、カラーの時より明らかに
    軽減されているのは、リードから伝わってきます。
    腕で包み込む時に支える部分とも重なってますし。
    リード使いも、ラッピングも奥が深いです。
    練習あるのみ!
    どっちにしても、緩めるのがポイントですねぇ。

  20. たま より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
     相変わらず知らない犬(特に興奮しているオス犬)を見ると唸ったり吠えたりと忙しいカンスケです。最近はその場に踏ん張って睨みつけて唸るというよりは、自分から吠えることも見られるように思います。それと、徐々にカンスケ自身が落ち着くのも早くなったような気がします。
     抱き上げずにかがみこんで体を包みように…と意識はしていますが、胸に手を当てて前に行かないようにするだけでも何とかやり過ごせるようになってきました。
     ホールドラッピング…こちらが余裕を持って冷静に取り組まないとうまくいかないですね。
     カンスケのありのままを受け止める、否定しない、カンスケと一緒に成長できればと思っています。
     あんずはたまに甘えん坊将軍になります。
     まだ思春期ですね~。それがまたかわいいのですが…。
     でもいつかは大人になってしまうのですね。

  21. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    > 「ホールドラッピング」って、私もステキなネーミングだと思います。包み込む感じだってよくわかりました。
    そう!?[絵文字:i-237]
    良かった!
    どうかなぁ~、って思ってね。これからどんどん使っていきます。
    > 甘噛みがひどかった頃には、抱っこもままならない時期がありました。
    > 仰向け抱っこをするようになってから、抱っこすると落ち着くようになって、今でも抱っこしていると「別犬」かと思うくらいに落ち着いておとなしくなります。
    これはね、本当に諦めないで続けて欲しいと思っているんです。
    犬が暴れると、自分が辛いからそこから先続けられないのでしょうが
    幸せな落ち着きを約束されている、と思います。
    実行して成功されている方の声がもっともっと多くなると、
    実践してくれる方も多くなるのではないでしょうか。
    > 片手で抱っこも、上手にできると便利だと思うので試してみます。
    はい。便利です。
    片手がふさがっている時には特に。
    動物病院などでは片手でひょいってされること多いですね。
    熟練、抱き方のツボを心得ているな、って感じです。

  22. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    > あ、コタローがデカイからでしょうか・・・(笑)
    チャーリーはさらにデカイですが(笑)片手でひょいっとできるのは
    私の尋常ではない腕力のせいかと思われます。
    恥ずかしいくらいに強いです。(爆)
    ただ・・・15,6キロ位までなら、何とかイケるはずですよ。
    保定の仕方だと思います。
    > 私もコタローを静止させるときは「タローの主方式」です。
    とっても良い方法ですよね。
    大型犬にはその方法が良いです。
    > いささか学習しすぎてオスワリがやけに多いような気もしますが(笑)
    > 悪い習慣ではないと思うのでそのままにしてあります。
    そうですね。
    好ましいと思います。
    多くの柴犬飼いの方は、ご自分の犬のパワーに押され気味でね、
    (実は柴犬だからっていうのは飼い主さんも思い込んでる)
    スプリッテンできない方が多いの。
    自立、自発性の高い柴犬(和犬)ですが・・・
    介入できないのと、しないで見守るのとは違うのですよね~。
    > ・・・実は叱り飛ばす拘束方法を生後2ヶ月の頃やって失敗しました(^_^;)
    > アレは飼い主の精神上も非常によくありません。
    > 叱り飛ばすうちに自分がエキサイトしてしまいます。
    > 飼い主が静かな気持ちでいることが、犬を静かにさせる大前提ですね。
    おおっ!
    そうですか・・・社会化期が救いでしたね。
    犬が尊敬するのは、物静かな威厳ですものね。鍛えられますわ。[絵文字:v-389]

  23. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    > とっても、いい響きですね。
    > 包み込む優しさが感じられます。
    ありがとうございます。これを使っていきたいです。
    > 緩めたり、力を加えたりすることで、はなにとっては
    > 心地よい締め付けになっているのかなぁと感じました。
    その通りですね。
    で、緩めることがポイントになります。[絵文字:i-190]
    またまた言いますけど、ぜひ記事にしてみてくださいね。
    リンクさせてもらって紹介したいので。[絵文字:i-88]

  24. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    >最近はその場に踏ん張って睨みつけて唸るというよりは、自分から吠えることも見られるように思います。
    吠え、は自分が出せるということなので、いけないと思わないことですね。
    制御できればいいわけですし、
    >それと、徐々にカンスケ自身が落ち着くのも早くなったような気がします。
    このように、落ち着ければいいわけですしね。
    >  抱き上げずにかがみこんで体を包みように…と意識はしていますが、胸に手を当てて前に行かないようにするだけでも何とかやり過ごせるようになってきました。
    それが出来始めると、スプリッテンで前に出るだけで落ちつけるようになって来るでしょう。
    信頼関係ですね。
    >  あんずはたまに甘えん坊将軍になります。
    >  まだ思春期ですね~。それがまたかわいいのですが…。
    >  でもいつかは大人になってしまうのですね。
    甘えん坊将軍。[絵文字:i-237]
    甘える思春期、っていうのも可愛いですね~。
    大人になって落ち着いた犬もまた可愛いですが、はっちゃけた犬も
    どうしようもなく愛しいですね。[絵文字:i-175]

タイトルとURLをコピーしました