その場を制する

この記事は約4分で読めます。

昨日のルークママさんのコメントに
>あれだけワンコが食べ物に集まってケンカにならないのがすごいですね~。ちょっと不思議。
というのがありましたので、
ちょっとそれについて、逸れるかもしれませんが私の考えをお話しします。
たまさん418
市ちゃん、月齢の近いあんずちゃんを非常に牽制しています。
あんずちゃんは、日々カンスケ君とプロレス遊びで、力の発散、
攻撃心の抑制、控える態度が身についていると感じます。
この月齢で(10か月)ここまで抑制された仔は見ていて鳥肌がたちます。
お水を守るときにちょっとムキ顔になりました。市ちゃんに対してです。
うつむき加減で、歯を剥くのですけど、そこから前に突進しないシグナルも素晴らしいです。
遊びから学んだものですね。
そのシグナルを受け入れた市ちゃんも素晴らしいです。
で・・・話を戻しますが
私的には食べ物での争いを一切認めません。
人間社会で暮らさせる時に、一つのもので争われていたのでは
身がもちません。
家庭でも、誰が上とか下とか考慮せず、食べ物を前にして
争うことは禁じています。
一喝。「ガウッ!」
物でもそうかな。
人のものを横から取る、という行動も一切許しません。
喧嘩に発展するのなら、おもちゃは捨てます。
犬たちが見ている前で、ごみ箱にポイ。それで終わり。
これを繰り返していると自然に学びます。
大切なのは、犬に伝わる気迫です。
初めて参加した犬が、飼い主さんの制御がきかないなと感じたら
人の制御を受け入れられる抑制のきいた犬かどうかを私がまず試します。
抑制が利かないなと感じたら・・・目っぱっています。(笑)
ガウリが出るとき、出た時は間に入らないといけません。
恐怖のガウりはまた別ね。
社会、犬社会の群れの中で、喧嘩に発展しないように
喧嘩の芽を摘みます。
お散歩トレーニングではこれは必須です。
場を制する者が必ずいて、犬はその者を時折観察します。
自分の行動は正しいだろうか、という意味もこもっていますよ。
パピーの頃からそういう経験をさせておくと、自分を抑えることが楽になります。
我慢をする、ということね。
この写真、市ちゃんが最もガウが出やすい姿勢です。(笑)
市ちゃんが頑なに(笑)このままでしたら
私はカメラをはなして、市ちゃんの視界に入るところまで移動してアイコンタクトを求めます。
ハンドサインを使うでしょう。
気をそらせられればいいですし、
「いけない行動をしたら承知しないよ」
と眼を飛ばす・・・。
多くの参加者がいて、ばらばらになり過ぎると
こういう勉強の場面を見逃しやすいですけど、
なるべく、私が犬たちの中でどういう行動をとるかを見ていてほしいと思います。
一番見ていてくれるのは誰か知っていますか?
答えは・・・ルナちゃんです。
小競り合いが始まると必ず現れます。次は市ちゃん。
だから、ルナちゃんは私に一目置いてくれますし、指示に従ってくれます。
敬意を表してくれてありがとうね、ルンタン。
ルナ
で、最後になりました。
おやつがあってもケンカにならないのは、
わきまえている、そしてなにより、ガウって言っている場合じゃない。(笑)
言っている間におやつがなくなったら一大事。(爆)
それくらい集中してますよね。
楽しい集中です。
食べ物にそれほど関心のない仔は、争いや小競り合いや犬とのコンタクトに集中しがちです。
私の希望としては、犬同士、人間社会で楽しく暮らす時には
おやつ万歳、食いしん坊万歳でお願いします、ということですね。
ブログ村の参加カテゴリーを増やしてみました。お帰りの際にはどれでもポチっと
応援のクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 小田原情報へにほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ


ブログ村トラコミュアンケート実施中です。お題は
手で遊ばせると手を噛むようになると思いますか?
です。下記のバナーをクリックしてアンケートにご協力ください。
関連記事はこちらです。→http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-551.html

にほんブログ村 トラコミュ しつけの悩み、問題行動へ
しつけの悩み、問題行動

【4月のお散歩トレーニングの予定】
*4月は毎週土曜日にも開催いたします。

1日(水)・4日(土)・8日(水)・11日(土)・15日(水)・18日(土)

22日(水)・25日(土)
となっております。
開始時刻は午後2時です。
 【5月の予定】9日(土)・13日(水)・16日(土)・23日(土)・27日(水)
注:5月は開始時刻変更いたします。とりあえず3時。
気温の変化に伴いもう少し遅らせる場合もございます。

集合場所は城址公園二の丸広場。
参加費は1家族2000円です。
お申し込み、ご予約は前日までにお願いいたします。
メールフォーム、携帯メール、コメント欄、またはcharliemama☆goo.jp(☆は@に変えてください)
でご連絡お願いいたします。
折り返し確認のメールをさせていただきます。
                                                     
FC2ブックマーク

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私もいい場面を見逃してます…
    今まで、『みんなの輪の中で大暴れしたらどうしよう』
    ってことばっかり考えて、いつも少し離れた所から見てました。
    暴れたら私が制すればいいことなのに…
    もしかしたら、ルナちゃん達が『はなちゃん落ち着きなさい!』って
    言ってくれるかもしれませんね。
    私がはなの学ぶ機会を奪っていることに反省です。
    それでも、はなは遠くからみんなの事を見るようになりました。
    市ちゃんとルナちゃんがプロレス遊びをしていたのを見ていた時、
    遊びが終わって、ルナちゃんがその勢いのままはなの方に来たら、
    スーッと交わして地面のにおい嗅ぎをしました。
    はななりに、ルナちゃんの興奮を読み取ったのかもしれません。
    (お散歩前には、ルナちゃんとのプロレスを楽しんでいたので。)
    カーミングシグナルもいろいろ出してましたが、私が読み取れず、
    アスパちゃんのママに教えてもらう場面が、何回かありました。
    怖がらずに遠慮しないで(私が)みんなの輪に少しずつ
    入っていこうと思います。
    そうしないと、私の目も肥えませんから。
    はなは私以上にちゃんと見ているのかもしれませんね。
    ますますがんばらねば!

  2. ルークママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    ワタシの疑問にお答えいただきましてありがとうございます♪
    我が家の犬たちの散歩道は遊歩道で、犬無し散歩の方も多く、餌付けを楽しむ方たち(爆)も何人かいらっしゃいます。
    もちろんうちの犬たちもしっかり餌付けが入っており、
    その方を見かけると訓練も何もかもすべて吹っ飛んで、一目散ダッシュ!
    でも、それが可愛いのですって。ものすごく喜んでくださるので、やはりお断りできませんねぇ(笑)
    で、その方たちのところには犬が集まってしまうわけで、犬同士が本来の社会的距離よりずっと近いところで、おやつをジッと待つ・・・。
    初対面の犬が混ざっていたりすると、結構、緊張感が感じられます。
    一匹がガゥっとなると、一斉にガゥガゥってなり、飼い主が「きゃぁ~!」なんて飛び上ろうものなら、更に大騒ぎ。
    なので、私は犬が多い時は近寄らないのですが、お散歩トレーニングの風景を見ていて、いつも不思議に思っていました。
    “叱る”とか“叱らない”とかの問題ではなく、どういう行動を否定して消去していくのか?
    また、それが出そうなとき、出たとき、どう対応するか?
    飼い主にとって、犬との日常生活で一番重要な情報だと思います。
    お散歩トレーニング、奥が深い・・・!

  3. はなぷー。 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。
    はなはワンコに会うと挨拶しないではおれない性質です。
    先週土曜日、旅先で2匹一緒の柴犬と鼻挨拶の最中にはなはマズルをがぶっと噛まれ、同時に「わんわん」吠えました。まさに「挨拶してるのになにすんのよー!」ってな感じで。
    幸い怪我もなく、その場で私ははなを抱き、少し離れたところで降ろしておやつをあげ、喜んで食べられたので、怯えてはいないなぁとちょっと安心しましたが、このときの私の対応ってどうだったんだろう?と悩み中です。
    ガウガウされようが、唸られようが、吠えられようが構わず挨拶しに行ってしまいます。
    相手の飼い主さんが「うちはダメなのよ」と言われると離しておけるのですが、今回のように特に何もなくいきなりがぶって来られると、私が相手の犬のカーミングシグナル見落としたか?とかいろいろ考えてしまいました。
    私ははなも見ますが、はなが近寄っていくワンコをよく観察しては、「ゆっくり挨拶だよ」「お座りしてごらん」と話しながらはなを落ち着かせる対応をします。(まだまだ言うことききませんが・・・)
    人の介入はどこから?、ワンコのガウガウがどこまでが遊びでどこからが喧嘩なのか?と考えてしまうわけです。
    今回のことは、対犬へのトラウマにはなっていないようで、噛まれた後も出会う犬に嬉しそうに近寄っていくのでちょっと安心していますが、私としてはちょっとショックでした。
    まとまりない話をしてしまいましてすみません。
    「その場を制す」まさに、土曜日、私がしたかったことかもしれません。
    相手の飼い主さんは特に何もされず、「大丈夫ですか?」としか言われなかったもので、そんな時は私が「制する」行動をとらないといけないなぁと思ったもので。
    ちなみにですが、そら母さんと連絡が取れ、今月中にはなと空ちゃんのご対面の場を設けられそうです。
    空ちゃんにいろいろ教えてもらえるかなぁと思っています。
    チャーリーママさんには「ご縁」をいただきました。ありがとうございます!

  4. たま より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
     うちでもおやつをもらう時に並びますが、この時だけはケンカになりません。
     カンスケがあんずのご飯の残りを気にして近づくと吠え合いです。不用意に近づいてもあんずは気に入らないようで、カンスケが困っている時も・・・。
     あんずが市ちゃんにムキした時、カンスケが相手だと2,3秒たってからちょっと下がって「ワン!ワン!ワン!」と吠えるパターンです。
     前に教えていただいたように、ムキした時に気をそらせるため声をかけるようにしていましたが、この時は主人が「これはお前のじゃないだろ~」と声をかけたのでどうなるかと…。
     声をかけたら「え!?」とキョトンとしていたそうですが、他のワンコ達に慣れてきたら吠える時もあるのかなぁと思っています。私たちにたしなめられると文句ありげに「フゴフゴ何とかカントカ」と文句を言っていますが、やっぱり目は離せないですし、ガウらせないところで終わらせないといけないですね。
     あんずもまだまだです。
     カンスケがムキしだして(カンスケのムキは歯茎丸出しで怖いです)「こりゃヤバイ」と思ったのか、急に口の周りを舐めて気を使う時もあれば、吠えあいに発展して、カンスケが怒ってひっくり返ったあんずの首に足を乗せてあんずがちびってしまったり…。カンスケもムキムキで収めようと我慢しているのも伝わってきます。家の中ではカンスケの方が冷静です。ワン!と吠えてはっと我に返ります。今のところは本気のケンカには発展しません。(ありがたいことに) 
     カンスケにはもちろんいい勉強になりますが、思春期のあんずにとっても自分が中心じゃないんだということを理解するお散歩トレーニングだと思っています。

  5. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS: d1d16c28c7674cfc5e269dbe1209f552
    これまた面白い話題ですね~(^^) ヨダレがでちゃう
    僕の経験上では、複数の犬が居ても人が手にしているものを与えるときはトラブルが起きにくいですね。
    何故ならば、そこには人の手という占有者の存在があるからでしょう。
    それに与える側は無作為にオヤツを差し出す訳ではなく、差し出す時点で個体に狙いを定めていますし、それは他の犬も見て判っています。
    犬社会のルールでは、他の犬が占有している餌や、咥えているオモチャを奪うことはタブーとされています。
    例えば、人に唸って餌を守る犬でも、人の手から直接渡せば唸ったりはしません。
    これは犬ルールに乗っ取った反応で、他の占有権を侵さないという訳です。
    しかし、占有者がその占有物から目を離した場合は、誰の占有物でもなくなり、取った者勝ちとなります。
    多頭生活で犬社会のルールが身についていれば、こんな具合ですが、1頭飼いの場合は犬同士の占有権を学ぶ機会が少ないので、思わず横取りしたり、占有権を持つ犬が唸った時に逆切れしたりと、個体によって反応はまちまちかも知れません。
    1頭飼いの場合、逆に競争を知らないことで独占欲を抱かない個体もいます。(うちのタローがこのタイプです。)
    では、複数の犬を前にして、オヤツを手渡しではなく、放り投げたらどうなるか?
    この場合、オヤツは誰の占有権もない状態となるので、手渡しとは違って争奪戦の小競り合いになるリスクは高まると思います。
    以上は僕の経験上の観察範囲でのことなので、読まれた方はあくまでも参考事例のひとつとしてご理解願います。(^^)

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    はなちゃんのスイッチは、バリアフラストレーションですよ。
    なので、積極的に犬の中に入れた方がいいです。
    もう大丈夫。
    後は、おかぁちゃんの精神力ですよ。
    「マテ」
    をさせる。指示に従わせる。
    スイッチが入りそうになっても「マテ」で止めさせるためには
    私やルナちゃんが犬たちの中でどんな姿勢で、どんなポジションで
    どんな無視の仕方をしているかを、おかぁちゃんが観察して
    はなちゃんに示さないといけないですよね。
    それが制御です。
    はなちゃんの出すシグナルを一つずつ観察する必要はありません。
    はなちゃんはもう大丈夫なので、自分の勉強に集中してください。
    自分からシグナルを出せるようにしましょう。
    そのためには、はなちゃんを気にするのではなくて、制する者の方法を学んでほしいと思っています。
    頑張りましょう。[絵文字:v-220]

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    何だか答えになっていなくてごめんなさい。
    >一匹がガゥっとなると、一斉にガゥガゥってなり、飼い主が「きゃぁ~!」なんて飛び上ろうものなら、更に大騒ぎ。
    飼い主さんが声を発しないで淡々とおやつをあげ続ければ
    すぐにおさまるはずです。
    または、怖がらずに喧噪の中に足を踏み入れる。
    そこで、ガウガウがおさまらない犬は・・・要個別トレーニングですかね。(笑)
    トラウマ的になっていない限り、人間側の発するシグナルを読み取れるはずですね。
    しつけ、というのは
    犬と飼い主がシグナルのやり取りをしつつ、ルールを確認することだと思います。
    それができていれば、私的には何も望まないなぁ。[絵文字:v-352]

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    > はなはワンコに会うと挨拶しないではおれない性質です。
    柴ちゃんって・・・意外に思われるかもしれないですけど
    そういう仔、多いです。
    だけど・・・相手が社会性が育っていないといきなり噛まれるケースは多いので
    注意が必要です。
    恐らく、ピンと立った耳、尻尾が巻き上げられて堂々としているので
    けんか腰に見えちゃうのかな~。
    ただ。突進する仔も多いので、飼い主さんは制御が必要ですけどね。
    こういう経験は飼い主さんの方がトラウマになるんです。
    なので、大切なことは「犬は案外気にしない」
    と信じること。
    次はどうだろうと、びくびくしてリードが張れた状態は避けましょうね。
    空ちゃんも、ご挨拶の好きな優しい柴犬に成長しました。
    ぜひぜひ、交流を深めてください。
    パパ、ママ、がこれまた素敵な方なので、いろいろ勉強させてもらってくださいね。[絵文字:v-218]

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    ブログ丁寧にUPされていましたね。
    次に紹介させてくださいね。^^
    >  あんずが市ちゃんにムキした時、カンスケが相手だと2,3秒たってからちょっと下がって「ワン!ワン!ワン!」と吠えるパターンです。
    あの場合は、声かけだけで(場合によっては声かけも不要)
    人が介入しなくても、あんずちゃんが自分で考えると思いますけどね。
    市ちゃんもそうして成長してきました。
    いちいちガウリは矯正していません。
    ガウル必要ないんだ・・・と言う場所がお散歩トレーニングなんですね。
    強制は要らないです。
    遠くて大変ですが、
    ぜひぜひまたいらしてくださいね。
    できれば柴犬大集合、がいいなぁ。[絵文字:v-411]

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    今日はお休みですね?(笑)
    > これまた面白い話題ですね~(^^) ヨダレがでちゃう
    そうでしょう?
    これはタローの主さんのジャンルですね。
    みなさんにコメントをぜひ読んでもらわないといけませんね~。
    せっかくの美しい犬の秩序なんですが・・・
    ダメにしているのは人間なんですよね。
    繁殖、流通の過程、社会化期の甘過ぎる接し方・・・
    犬じゃなくなっています。
    じゃあ、もう一つ面白い情報をお教えしちゃおう。(知ってるかな?)
    http://dogactually.nifty.com/blog/cat21140444/index.html
    このサイト、面白いですよ。
    私もコメントしましたけど、ぜひ入れてみてください。

  11. たま より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
     お返事のコメントを見て、あんずはカンスケと他の仔をちゃんと区別しているからとわかっていたはずだったのにーと思い返しました。(見守るんだと言い聞かせる私・・・)
     それと、主人が目撃したのですが、あんずがりん君に(十分距離がある位置で)パクっと(噛むまね?を)やったそうです。
     これもあんずなりの意思表示でしょうか?
     カンスケがたまにあんずにやっているのは見たことがありますが・・・。
     りん君は首をすくめて身を引いたそうです。

  12. ころころん より:

    SECRET: 0
    PASS: f870ee81680cad2106c62bff7a80edad
    食べ物を守るというのとはちょっと違うかも知れませんが、
    他の子におやつをあげたり、かまったりすると、
    すぐにやきもち焼いて吠える子はどうすればいいでしょう?
    無視する?
    待ってね、と声をかける?
    両方におやつを同時にあげる?
    こんなにコロンがやきもち焼きとは思いませんでした。

  13. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    あんずちゃんの場合は、見守ってあげてくださいね。
    大丈夫ですよ。
    りん君に対する行動は「空噛み」でしょう。
    近くに寄らないで、と言うシグナルでしょう。
    そういうものをりん君は覚えていかなければいけないので大丈夫です。
    チワワは一般的にどうしても過保護にされますので
    犬語がまったく通じない仔が多いです。
    甘やかされるので自制もききません。
    りん君はこれからどんどん成長してどんな犬種にも臆することなく立ちまわれるように
    育てたいと思っていますので、大丈夫です。
    ママが若いですので、そちらのフォローは私がしますから。[絵文字:v-222]

  14. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    やきもち焼き・・・
    これは擬人化ですね。[絵文字:v-356]
    守り、守る行動が取れないために、吠える。
    飼い主さんはやきもちを焼いている、と受け取る。
    ということです。
    物を守ろうとガウるのと同じ、自制がきかない状態です。
    なので、
    同時におやつをあげます。
    コロンちゃんが吠えたら、コロンちゃんにはあげてはいけないですね。
    待たせます。無視する形になりますね?
    制止できるようにするのがトレーニングですので、そこは頑張ってください。[絵文字:v-392]

  15. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS: d1d16c28c7674cfc5e269dbe1209f552
    さっそく見てきました。 ツウ好みの濃い内容で、とても読み応えがありました。
    そりゃもう、ヨダレが垂れ流しです!(爆)
    そして、お言葉に甘えてコメントしてきたのですが、どうやら文字数制限がないようで、思わず少しだけコメントが長くなってしまいました。(汗)
    それにしても、チャーリーママさんを揺すると、オヤツと犬ネタがワンサカ出てきますね。[絵文字:v-407]
    貴重な掘り出し物をご紹介頂き、ありがとうございます!(^^)

  16. へちまこ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今晩は。
    犬と食べ物の占有権…深いテーマですね。
    ちなみに、現在、リデルの疑似群れでは行儀の悪い犬はリデルに教育的指導をされてしまいます。
    特に今は、newcomerの9か月の柴♂が食べ物がらみで迂闊にリデルの前に出ようもんなら、「さがれっ!」のうなりで退けられます(噛みはしませんよ)周りの飼い主が見たらリデルのことをなんて意地悪な犬だと思うかもしれませんが、食べ物を貰う輪に入るマナーの悪さを教育されているわけです。この柴君も初めのころは、他犬を無視して一直線に分け入ってきてたんですが、近ごろは周りの様子を見るようになったし、ちゃんと後方で座って待てるようになったんですね、人の指示なしで。こういう犬同士の教育的指導って本当に大切だと思うし、犬も人間の家族とばかり過ごしていると、犬語を忘れがちだからチャーリーさんのようなお散歩トレーニングって、重要ですよね。ルナちゃんが素敵な教育係になりますよう、お祈りしてますね。では、[絵文字:v-222]

  17. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    少しだけ長い(笑)コメント拝見いたしました。
    史嶋さんからトラックバックを送ってくれと言われて試みたのですが・・・
    承認制なのか…う~ん、やり方がまずいのか・・・
    では、さらに・・・
    コメント↑のへちまこさんのブログはご存じ?
    http://living-wan.cocolog-nifty.com/blog/
    ティーチングドッグ、犬語の世界を堪能して下さい。[絵文字:v-222]

  18. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    記事拝見いたしました。
    犬たちの成長に胸を打たれます。
    リデルちゃんのティーチングは素晴らしいです。
    ルナちゃんも素質があると私は思うのですが・・・
    対面させてみたいなぁ。[絵文字:v-398]
    でも・・・私の犬ではないのでね。難しいところですが、飼い主さんも骨太な方なので
    期待しているんですよ。
    >周りの飼い主が見たらリデルのことをなんて意地悪な犬だと思うかもしれませんが、食べ物を貰う輪に入るマナーの悪さを教育されているわけです。
    ああ・・・
    私も意地悪だって思われてるかなぁ。(笑)
    犬たちは積極的に犬語を発信していますが、
    人間が気がつかない、というのが一番たちが悪いみたいですね。
    犬がイラつきますね。
    5月には見学に行けそうです。また連絡させてください。ハーネスの件も。[絵文字:v-398]

  19. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんに狆は~(笑)
    昨夜へちまこさんのコメントを見てピピッと来ました。
    それで早速サイドバーのリンクから深夜のうちに訪問しました。(´▽`)ゞ
    もちろん、しっかりご挨拶のコメントを残してきましたよ♪
    今朝はまだコメントが承認前でアップされていなかったので、チャーリーママさんも気付かなかったと思います。(爆)
    夜行性で放浪癖があるせいか? 夜中に魅力的なコメントを見つけると、ついつい出所を嗅ぎつけたくなります。

  20. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    [絵文字:v-399]
    > こんに狆は~(笑)
    気を取り直して・・・っと。(笑)
    さすがタローの主さん、隙がないですねぇ。
    挨拶のコメントも確認してきました。(爆)
    今度また、見学に行ってこようと思っています。
    ティーチングドッグ、リデルちゃんを。
    楽しみ~♪

  21. なかじ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは☆
    我が家ではヒヅメなどをかじっていて、他の仔の物を欲しがってワンワンする時があります。
    お水を飲んでる間に他の仔に取られて「返して」みたいな時もあります。
    幾つかコングを出していて喧嘩までは行きませんが、1つをめぐってグガーッってなります(>_<)
    これからは奪い合いをしたらおしまいにしようと思います。
    誰かが食べている物を欲しがって、ワンワンしたら昔を思い出して?!眼を飛ばしてみようと思います。

  22. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS: d1d16c28c7674cfc5e269dbe1209f552
    >やきもち焼き・・・
    >これは擬人化ですね。
    >守り、守る行動が取れないために、吠える。
    例えばです、自分の愛犬が見てる前で、他の犬を撫でまたとします。
    そのときに、愛犬が飼い主に向かって吠えるのを「嫉妬、やきもち」などと言いますよね。
    この状況で、愛犬が他の犬に吠えたり割って入るのであれば、考えられることがいくつかあります。
    1、飼い主(仲間)を部外者から守る為に近付けたくない。
    2、飼い主(仲間)を占有したいから守る。
    といったところでしょうか?
    では上記の状況で、愛犬が他犬ではなく飼い主に向かって吠える場合は、愛犬は何を守ろうとしているのでしょうか?

  23. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます♪
    そう場合の吠え・・・
    そうですねぇ、犬の性格によるのではないでしょうか?
    または・・・
    以前飼い主さんが他の犬を撫でていて、次に犬にとって嫌なこと
    例えば違う犬にしつこく匂いを嗅がれたとか・・・ガウられたとか
    そういうことがパターンとして記憶に残っている場合
    次に起こることに反応して吠える、ということが多々あります。
    だから・・・
    問題行動を直すことは難しいのですね。
    色々な犬の吠えとかの問題が、人間の考えるやきもちとか守りとか
    であったら、もっともっと簡単に矯正できるのですけどね。
    と私は感じています。[絵文字:v-222]

  24. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なかじさん、おはようございます♪
    具合はどうですか?
    奪い合いが始まったら終わりにする。
    徹底した方が、みんなの精神が安定すると思いますよ。
    犬に任せる、という方もいますが、私は嫌いです。
    どんな時にも守ってやりたいと思うので、そのためには
    自分の力を誇示するときは誇示した方がおさまると思うからです。
    >昔を思い出して?!眼を飛ばしてみようと思います。
    ふ~ん。。。[絵文字:v-391]

タイトルとURLをコピーしました