拘束技の補足を少し(ホールドラッピング)

この記事は約2分で読めます。

一昨日のお散歩トレーニングで、質問があったのですが
今日はそのことについてお話しします。
拘束技ってどのくらいの強さでするんですか?
ふ~~~む、もっともですね。
私だけが分かっていても仕方ないし、
私と犬が分かっているだけでもいけないですね。
皆さんはどの位の力で拘束しますか?
「拘束技って…プロレス思い出すからみんなギュっとしちゃうみたいに・・・」
という貴重なご意見(誰の?)がありましたが・・・
拘束技、と言う言葉のイメージから、
かなりきつく、ぎゅ~って感じで押さえつけてる、と言う方が多いみたいです。
それだと、暴れますよね?
実際に私が昨日はエル君を少し拘束しましたけど・・・
見ていた方は少ないかな?
001.jpg
4月4日のお散歩トレーニングに初参加のバーニーズマウンテンドッグの陸君とコーイケルホンディエのエル君
犬が動いていなければ、お豆腐が崩れないくらいの感じで支えています。
犬が静止を振りほどきたい
と動いたら、なるべくお豆腐を崩さないような感じで(イメージですよ)体を支えます。
その時も手に過度の力は入れません。
罰ではないので、力ずくで押さえては逆効果です。
脱力したら褒めるための拘束なので、包み込む感じでお願しますね
はなのおかぁちゃんの記事 http://blog.goo.ne.jp/hanamama0208/e/eb1ee7ee812e063d4f86a7ae7c580110
に私がコメントした文です。
言葉で
「ダメ」
「ノー」
と叱らなくても、行動ではなちゃんの動きを止めようということが
否定されている、と感じるのだと思います。
だから、ムキになる。
まずは興奮を鎮まらせる、そのためには丸ごと肯定されなくっちゃぁね。

拘束技は、結果的に動きを止めるためのものになっていますが
気持は包み込む。
「こっちの世界へ帰っておいで、こっちの方が楽しいよ~」
という優しい気持ちで包み込みます。
また・・・
水の入ったバケツを持ってぐるぐる回すときに、力一杯にバケツの取っ手を
握る人はいませんよね。
テニスをやった事ある人はわかると思いますけど、
ラケットって、ボールが当たるまで手の中で泳がせるような感じで握っています。
野球もそうですよね。
コツの世界ですかね。
トンカチの使い方もそうですし、パンをこねる時もそうです。
犬のリードさばきでいったら、引っ張られたら緩める時の感じですかね・・・
最小限の力、いつも力んでいると、ここぞの時に力を入れることはできません。
フィーリングの世界・・・
勘のいい人悪い人はいますが毎日の努力は裏切りませんので、コツをつかむまで
頑張って練習していただきたいと思います。

コメント

  1. ぴぃ より:

    SECRET: 0
    PASS: 4a27efec9a7827d797c08cbb6b0af54f
    はじめまして。
    チョット前から、ほぼ毎日こっそりお邪魔させていただいています。
    記事とは関係ないのですが・・・、先日狂犬病の予防注射に病院へ行った時の事です。
    いつもキャリーに入るのも車に乗るのも嫌がり、かなり抵抗するので、今回は徒歩で病院に行きました(片道30分強)。 病院に入るのを拒み、逃げ回り(リードは着けています)ビビリオシッコをする犬(8ヶ月・中型・雑種)をやっとの事で抱きかかえ病院に入り、診察台に乗せようとしたらビビリウンチ。吠え、噛み付きは一切ありませんが、今回で3回目の通院(前回・2月20日は去勢手術)で、いつもこんな感じです。捕まえ抱きかかえる時なだめようと「よしよし」などと声をかけてしまうのもいけないのかも・・・。
    病院にも迷惑をかけ、私と犬との信頼関係がちゃんと築けていないから・・・と、かなり落ち込みました。
    シャンプー時にもビビリオシッコ、ウンチのコ。どうやって慣らしたらいいんでしょう・・・。 
    まだまだお尋ねしたい事はありますが、長くなりましたので、この辺で。

  2. 陸ママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    拘束技、
    私もぎゅっと抱き締めるものだとばかり思っていましたので教えて下さい。
    陸が散歩中、何かに向かって前足を上げ、
    今にも突進していきそうな勢いで激しく吠え立てた時、
    (滅多にないんですが、怪しいヤツ!追い払え!と吠えてる様に感じます)
    三回チャレンジしたことがあります。
    ぎゅっと抱き締めて、いいこね~大好き~等優しい言葉をかけながら、
    落ち着いたと感じられてから力を緩め、一度おすわりやふせをさせて、
    大丈夫そうなら歩き出す。
    一回目は突進していきそうなのでまさしく力ずくでした。
    段々力はいらなくなってきました。
    三回目では(ついこのあいだです)一回目の3分の2くらいでしょうか。
    こんな様子ですが、使う場面、方法、等あってますか?
    ところでチャーリーママさん、この場を少しお貸し下さい[絵文字:v-436]
    先週土曜日のお散歩の皆様へ
    小さなわんちゃんから大きなわんちゃんまで、
    自然な関わり合いで、とても充実したお散歩が出来ました。
    ありがとうございました。
    またご一緒したいです。その時は宜しくお願いします[絵文字:v-436]
    ・・・・・・・・ママさん、すみません、ありがとうございました。

  3. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    特に前足の肩あたりを外からギュッと圧迫させると有効だと思うのですがいかがでしょうか?
    この「技」に似たことをパピーの頃から続けておりますが興奮している時だけでなく、気を落ち着かせてあげる時にも効果的なようです。やり方や強さを文字であらわすのは難しいけど、チャーリーママさんのトレーニングに遠くて通えない方はたくさんいらっしゃると思うので、ここで「こんな方法があるんだ」ということをお知らせするのはとても有意義なことだと思います。興奮した仔をしかりつけるような人が減ってゆくといいなぁと思う最近なので。
    (TAROの友達で9か月のミニチュアピットブルがいるのですが、その仔は元気で元気で、たまに飼い主さんに大きな声で叱られてるの・・・)

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪初めまして~。
    コメントそして、毎日こっそり(笑)読んでくださってありがとうございます。
    ビビりシッコ、しかも・・・脱糞ですか!!!
    相当ですね~。
    これは信頼関係云々ではないですよ。
    [太字][色:CC0000]正真正銘のビビりさん![/色][/太字]
    ですね。
    なので、絶対に叱らないということ。
    これは普段の生活においてもそうですが、おしっこウンチの失敗は
    絶対に叱ってはいけません。
    怖かったら、その位反応してしまう仔もいる、ということです。
    それを分かってあげた上で、慣らしていきます。
    徒歩で行ける距離の病院ならば、お散歩で玄関まで行って帰って来る。
    玄関前でおやつが食べられるようにする、
    などを繰り返してあげてください。
    シャンプーはまず(お家のお風呂場でシャンプーしていますか?)場所に慣らす。
    シャワーヘッドからお湯が出ているのを見せて、慣らす。
    足にかけて、その日は終わり。
    すべておやつが食べられるように繰り返します。
    無理矢理、というのが恐怖心をあおってしまいますので、
    出来なくて当然!位の気持ちでのんびりお願いします。
    またよかったら、コメントしてくださいね。[絵文字:v-221]

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    体育館寒くて、風邪ひきませんでしたか?(笑)
    やはり、ぎゅっと?
    と思っていましたか?でもねぇ・・・このぎゅっと、という言葉も
    人それぞれですよ、受け取り方が。
    犬が脱力しているのに、ず~っと同じ調子でつかんでいることが
    ぎゅっと、だと私は思っていますので。
    その辺は、陸ママさんは出来ていると思いますが、いかがでしょうか?
    陸君は、タイミングさえ間違わなければ
    突進、吠えの前に、チュチュ、もしくは名前を呼ぶ、またはマグネットで
    方向転換できる仔ですので、まずはそれでしのぐ。
    次は、吠えかかっても転移性の噛みつき等が出ませんので
    前に回り込んで座らせて、相手と陸君の間に入り込んで、顔を見させる。
    それがダメなら、拘束ですかね。
    拘束も大きくて大変ですが、力が入った時は思いっきりつかまないと
    引き倒されますので、しがみつく様でも仕方ないですが・・・
    後は、引っ張りの矯正の感覚で、緩める、つかむ、を繰り返す、ってことですね。[絵文字:v-218]
    またぜひ!参加してくださいね。
    参加できなかった方々の残念のため息が聞こえてきそうです。[絵文字:v-411]

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    さすが経験されているだけあって、部位のご指摘(笑)
    ありがとうございます。
    仰るとおりだと思います。
    大型犬を抱っこするとき、片方の腕で前足の付け根に腕をまわしこむようにして
    保定しながら抱きますが、動きが止まります。[絵文字:v-218]
    多くの方は、動きを止めようと、ウエストの辺りをつかみますが・・・
    噛まれやすいですね。[絵文字:v-356]
    興奮した仔を叱りつける・・・
    多いです。
    しかも、叱らないと、なんで叱らないんだと文句を言いたげな人が多いのが
    困る点です。
    興奮状態の仔=パニック的な仔を叱ると、噛みつきが出やすいかな、と感じます。

  7. ぴぃ より:

    SECRET: 0
    PASS: 4a27efec9a7827d797c08cbb6b0af54f
    ブン!ブン!ブン!(激しく頷く音)。 おおお!そーか、そーか!
    お散歩で病院の玄関まで行って帰ってくる!
    場所(自宅のお風呂です)に慣らし、お湯が出ているのを見せて(見せるだけ!)慣らし、チョットだけかけて終わる。(屋外飼育なので、玄関内に慣らし、脱衣所にも慣らす必要がありそうです。)各々の場所で、[太字]おやつが食べられるようになるまで[/太字]慣らす。分かります。病院帰りに公園に寄った時も、すぐ隣の田んぼで突然ショベルカーが来て工事が始まった時も(急いで犬の様子を見に行ったら、犬小屋の中で・・・。すぐ玄関内に入れました。)、おやつをあげてみましたが、そわそわしておやつどころではありませんでした。
    時間をかけて少しずつ、無理せず慣らしていくんですね。焦らず、ゆったり頑張ります。
    ビビリション&フンの時叱った事はないんです。ただただ呆れ(なんでそこまで・・・と。)、なんだかルイ(犬の名前)が気のどくで、とても叱る気にはなりません。
    チャーリーママさんに 正真正銘のビビリさん! と太鼓判を押していただき、なんだか気が楽になりました。そういうコなんだ!と開き直った感じです。
    本当にありがとうございました。

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    [絵文字:v-222]こんばんは♪
    ここに来て、コメントまで残してくださる方なので、
    ビビりシッコ、やウンチを叱ることはない、と思っていましたよ~。
    病院でも叱られませんか?
    中には叱るスタッフもいますね。[絵文字:v-356]
    おやつも、かなり嗜好性が高いもの、なめ続けられるもの
    ということで、クリームチーズが便利ですよ。
    人間用のです、スペシャルなおやつですね。[絵文字:v-352]
    >正真正銘のビビリさん! と太鼓判を押していただき、なんだか気が楽になりました。そういうコなんだ!と開き直った感じです。
    これが大事なことだと思います。
    大抵、問題行動だといわれて、飼育や接し方がいけないから、とか・・・
    言われたり、自分でそう考えてしまったり。
    問題を複雑にしがちだと思います。
    何故?と考えるより、対処法を考えていけばいいのですよね。
    性格を変えることは難しいですけど、慣らすことは可能ですので、
    頑張ってくださいね。

  9. マヒナ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私も『ムギュ~[e:51]』っと抱き締めるのかと思っていました[e:451]
    豆腐を崩さないような感覚なのですね…難しいですね[e:351]
    我が家のワンコ達はMダックスなのですが、体高が低く、拘束技がとっても使い辛い(特に散歩の時等は)のですが、抱き上げたりはしない方が良いのですか?でないと地面に這いつくばるような感じになってしまうのですが…[e:351]小型犬オーナーの皆さんはどの様にされているのでしょうか?

  10. 陸ママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ご回答ありがとうございます。
    はい、力が強い分、脱力したのはわかりやすかったので
    ずっと抱き締めていたことはないと思います。
    常に観察を怠ってはいけないんですね。
    そういえば三回とも吠え出してから「あっ!しまった!」と思って拘束技でした。
    先ずは方向転換、次は壁になってアイコンタクト、ですね。
    チャーリーママさんの言葉はとてもわかりやすく、
    イメージトレーニングがやりやすいです。
    で、拘束しなければならない時は前足の肩辺りを圧迫ですね。
    smallcountryさん、ありがとうございます。
    引き倒されるといえば、
    以前にジーッと見ている陸と一緒になって私も見てて、
    いきなり(私にとって、ですが)突進されて引き倒された事があります。
    足がもつれて後ろ向きに倒れ、左後頭部を思いっきり
    アスファルトにガツンとしてしましました。
    ・・・・・アホすぎます・・・おりこうに座ってみてるなあって思ってたんです。
    次の日朝起きられなかったりして・・と思いながら
    ぐっすり寝ました。
    朝が来てよかったとしみじみ感じました。
    体育館寒かったです。まあかん、ってとこで日向に
    出られました。セーフでした。

  11. エルママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    チャーリーママさん こんばんは
    お散歩トレーニングに参加して分かったこと、気づいたこと、
    2時間歩いていく中で数えきれないほどたくさんありました。
    毎日のお散歩ではすれ違う人や犬に吠えて吠えて
    飛びかかろうとする時も…
    こんなガウガウ犬がお散歩トレーニングではワンコさんに囲まれても
    大丈夫だなんて想像もできませんでした。
    先輩ワンコさんへのご挨拶も何とかこなし、振り向けばおやつ、
    あっちでパクパクこっちでパクパクと
    エルにとっては夢のような一日だったと思います。
    一緒に歩いてくれたワンコさん、皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
    たくさんのアドバイス ありがとうございました。
    チャーリーママさんから「5歳頃には落ち着いて生活できるよう焦らず
    ゆっくりやりましょう」というお話を聞いて気持ちが楽になりました。
    2歳までには落ち着くものだと思い込んでいたので…
    咬みつきの問題は未だに対処方法がわかりません。
    完全に無くなるのは無理なのかな~と思うようになりました。
    噛まれないように工夫しながら生活するしかないのかとも思います。
    今はまず、信頼される主人になれるよう頑張るしかないですね!
    お散歩トレーニングで少しでも人や犬に慣れることを目標に
    一からやり直すつもりでがんばります~
    これからもどうぞよろしくおねがいいたします。

  12. マロはは より:

    SECRET: 0
    PASS: 0f1f0d3d4a90d799fbcb4eb2919131c7
    拘束技の強さ・・・お城に入る前の坂道の途中で、
    アスパママさんと陸ママさん(だったと思うんだけど)と三人で話してました。
    みんなギュウって思ってたんですよね。
    ギュウの程度は人それぞれだったけどかなり強めといった感じ。
    ギュウってすると脚バタバタして暴れるんで、あんまりやってなかったので
    今度は30cm四方の豆腐を抱きしめる感覚でやってみたいと思います。
    で、質問なんですがマロって確かにすぐガウガウするんですが、
    間に入ってチュチュ&おやつで止めるのでそんなにパニックにはなっていないんじゃないかと。
    どのくらいでパニックっていうのか分からないんです。
    チャーリーママさんマロがパニックになったのトレーニング中にありました?
    まだ観察力が足りなくて・・・
    今度トレーニング中に拘束技使ったほうがいい時があったら教えてください。

  13. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    豆腐を潰さない、その気持ちが大事です。
    「潰れない強さで」ではありません。
    意識の問題ですかね。こういうように意識するだけで
    犬扱いはぐ~んと優しくなるはずですから。
    抱き上げもOKですよ。[絵文字:v-218]

  14. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    三河弁には和みます。(わかる人は少ないだろうなぁ~[絵文字:v-398])
    風邪、引かなかったですか?
    超大きな仔ですから~、命の危険、大げさでなくありますよね。
    相手にとってもそう感じるのでしょうけど。[絵文字:v-356]
    どんなに訓練を積んでも、飼い主さんの接し方が強制であったら
    日々のストレスで、飼い主さんの指示を聞きたいと思える犬には
    育てられないと思っています。
    陸君は基本の信頼関係がばっちりなので、
    「私の方を見とってね」
    と言えばそれが喜びであるので自然なアイコンタクトになると思います。
    実際、はた目から見て、好ましいペアですよ。[絵文字:v-434]

  15. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    エルママさん、コメントありがとうございます。
    犬はね、観察の名人なので、
    どう振る舞えばいいかを他の犬を見て学びますし、
    自分のテリトリー以外は、テリトリー意識から解放されますので
    飼い主さんの意思が伝わりやすいと思います。
    なので、どんなにガウガウする仔でも、歩けるんですね~。不思議ですね。
    焦りは禁物。
    生まれや育ち、飼い主さんの教え、思い・・・それぞれですので
    何が落ち着気か?ということでも違ってきますし。
    社会化ができているか、いないか、社会性が育っているかいないか、
    家庭内でお子さんを噛む、というのは非常に非社会的な行動です。
    反対に言うと、社会性を育てれば、噛まなくなる、ということですね。
    社会性・・・犬ですから、犬としての「格」が育っているかどうかです。
    犬としてのマナーができているかどうか。
    ということで、犬の中で活動する、(一緒に歩くというのは最もストレスのかからない方法です。)
    回数を増やしていかないと、噛むことから自分を解放することは無理だと思います。
    エル君を矯正する、という意識ですとどうしても威圧的になりますし、
    飼い主さんにも負担が大きいです。
    なので、「慣らす」「育て直す」そういう感覚でお願いしたいと思います。
    こちらこそよろしくお願いいたします。[絵文字:v-222]

  16. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪
    拘束技…今度お散歩トレーニングの時に力加減、やってみますね。
    基本的にこの技、咬む犬、にも使っていますので
    ぎゅ~っと締め付けたら咬まれます。[絵文字:v-356]
    なので基本的に信頼関係ができていないとおススメはできない技ですね。
    心地よい圧迫感、という感じ…なかなか文章では難しいなぁ。
    マロ君はガウガウではないですよね~。
    アンアン、吠えている気持は「怖いんだけど」「あっちに行って欲しいんだけど」
    ですね。攻撃的な気持ちはないんですよ。
    なので、その場合は一切拘束の必要はないです。
    むしろフリーにして、逃げたいところに逃げられる、慣れてきたら
    行きたいところに行ける、ようにしてあげないとストレスですね。
    まだまだ始まったところ、慣れることだけで十分ですよ。
    ほかに問題はないので、飼い主さんは大きな心で対処してあげてください。[絵文字:v-222]

タイトルとURLをコピーしました