氾濫法(猫慣れ)

この記事は約2分で読めます。

昨日の記事チャーリーが猫のあられに慣れる過程を簡単にお伝えしました。
今日はその慣らしについて、補足しますね。
1668.jpg
ただ・・・
パニック的になる犬の動きを止める、ということは
簡単なことではないことをまず、知っておいて貰わないといけません。
パニックを起こしやすい性格というのはあります。
目で、観察して、いつもと違うことに過度に集中して、
その興奮が体の反応に現れやすい=感受性の鋭い犬、ですね。
体の反応とは・・・走り出す、吠える、震える、瞳孔が開いたり、よだれが出る、といった反応。
ややもすると、
こういう反応すら、飼い主さんの制止を聞かない(聞けない)ということで
支配性
と決めつけられることがあります。
1940.jpg
では、昨日の記事から。
追いかけたり、襲ったり、いじめたり・・・攻撃的な行動は我が家の中では許さない
それを、早急に教える、ということ。
もう、その時点で『猫がいる』のだから、待ったなしなのです。
そこで!
拘束技
あられを目の前にして、いかに動きを止めるか。
自分自身で緊張を解き、脱力できれば乗り越えられると思ったのです。

拘束技
参考記事:http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-80.html
1707.jpg
これは氾濫法
といわれる方法です。
(反応が起こる刺激を何度も与えて、反応が消失するまで続ける、という方法)
あまり勧められていませんね。虐待だと言う人もいるかもしれません。
しかし・・・
生きているということは、日常、避けては通れないことばかりで
刺激に慣らすためには
待ったなしであることが多いですよね?
だから、私はこの氾濫法(洪水法ともいいます)を使います。
ただ・・・信頼関係がしっかりできた間柄でないと無理ですね。
信頼関係のカテゴリー
http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-category-8.html
55b45d334a4f860ed78642d25121e976.jpg
明日の記事で氾濫法についてもう少し説明します。
罰的な態度で臨んでも、犬には通じない、というか
飼い主さんの信念が貫けない、と思うんですね。
継続するために必要なことは、犬を困難から救ってあげたい、その気持ちの大きさ
熱さ、ではないかな?って思います。

コメント

  1. YUKI より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    拘束技、なるほどです。
    散歩の途中、犬とすれ違う場面などに、とにかくまめ太郎が視界に犬が入っただけで興奮スイッチが入ってしまいますので、最近は犬を発見したら先に私が抱き上げて、見せない様にする、それでも興奮スイッチが入ってしまったら、『大丈夫だよ~』と言ってなだめていました。
    でも氾濫法で『慣れさせる』と言う意味では、『見せない』では無く、『見せてなだめる』の方が良いのでしょうか。。。
    一度興奮スイッチが入ると、その犬に近寄らせてもらってしばらく時間おいて慣れさせるか、その犬が見えなくなるまで私の声が耳に入らないほど興奮してしまうので抱き上げても抑えるのが一苦労です・・・

  2. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。
    さすがYUKIさん、勘がいいですね。
    拘束技、見せないで、は大丈夫ですね。それを推し進めると
    次は氾濫法、なのですが・・・
    見えていない状態で興奮が鎮まるよりも
    そこに刺激物があるのに興奮を鎮めることができた、
    それが大切なのだと思います。
    「ワンワン」吠えたり、バタバタしているうちに
    相手の犬がどこかに行ったら(お散歩ではたいていそのようになりますよね?)
    吠えたり、バタバタした、だから嫌なやつ(=犬)がいなくなった
    ということになって
    犬を追い払うために吠えてやろう、とかバタバタがひどくなる、
    これが反射的な行動になる経過かなぁ、と睨んでいます。
    明日の記事にも書きましたが、
    興奮しているときは、拘束しているときは無言がいいです。
    土曜日はラブラドーるのルナちゃん、はなちゃんも参加します。
    興奮状態が出れば、対処の方法も実践できますけどね。
    またまたお利口さんになるかな?[絵文字:i-235]

  3. YUKI より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    興奮して吠えたり暴れたりした時に拘束されて、自分で力を抜けば解放される、と言うのを理解してもらわないといけないのですね。
    早速今日のお散歩から無言の拘束を実践してみます!
    犬に対して吠えるのは大きさに関わらず、ダックスやヨーキー、ラブラドール位の大型犬にも吠えますが、どちらかと言うと、大きさよりも散歩中やカフェなどで新しく視界に入ってきた相手に吠えます。
    でも近寄ってしまえば慣れる事がほとんどです。
    状況的にたくさんの犬がいる場所に自分が入って行く場合には吠えませんので、お散歩トレーニングの時は先日もそうでしたが、トレーニング参加者以外のワンコが通り掛かった時などに興奮スイッチが入りやすいと思います。
    参加申し込みはこちらのコメント欄でもよろしかったでしょうか?
    城址公園はたくさんのわんちゃんがお散歩に来られるので同じ様な状況にはなりやすいと思いますf^_^;またよろしくお願いします。

  4. たま より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
     猫だったり散歩の途中で会ってしまった犬だったり、何かとカンスケを抱く機会が多いです。
     つい声をかけてしまいたくなるのですが、私も深呼吸して落ち着くように心がけています。
     抱いても暴れて顎に頭突きされたりすることはあまりなくなりましたが、ノーリードの犬が走ってきたり(結構いるので怖いのです)、ヒート中と思われるワンコが私たちを追い抜いて走って行ったりすると、すごい鼻息で追いかけようとします。そのたびに抱っこです。
     まぁ、私も怖かったりびっくりするくらいですから、慣れるまで地道にやらないとと思っています。
     カンスケは散歩から帰ってくると行き倒れた犬のように寝てしまいます。(精神的に疲れてしまうのでしょうか・・・)

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    > 興奮して吠えたり暴れたりした時に拘束されて、自分で力を抜けば解放される、と言うのを理解してもらわないといけないのですね。
    > 早速今日のお散歩から無言の拘束を実践してみます!
    そうです!
    そしてその効果で、ママに抱かれれば、いいことが起きる、そこまで関連付けられたら
    これから何があっても怖くないですよ、
    という希望を持っているんですよ、この方法には。
    だから、一人でも多くの方に実践してもらいたいのです。
    で、効果があったよ~、という声が大きくなれば
    今まで見たいな、パニクッテいる仔にショックを与えるようなリード使いの訓練が
    見直されるかな?って。[絵文字:i-190]
    > 状況的にたくさんの犬がいる場所に自分が入って行く場合には吠えませんので、お散歩トレーニングの時は先日もそうでしたが、トレーニング参加者以外のワンコが通り掛かった時などに興奮スイッチが入りやすいと思います。
    では、なるべく私が近くを歩かせていただきますね。^^
    > 参加申し込みはこちらのコメント欄でもよろしかったでしょうか?
    はい、大丈夫ですよ。[絵文字:i-88]

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    >  猫だったり散歩の途中で会ってしまった犬だったり、何かとカンスケを抱く機会が多いです。
    >  つい声をかけてしまいたくなるのですが、私も深呼吸して落ち着くように心がけています。
    声をかけることで、動きが止まるまで、しっかり条件付けされている仔でしたら
    声をかけて止めていいのですけど。
    多くの仔は飼い主さんの声=興奮をあおる、
    という結果になりやすいと思います。
    リードを引く、というのもそうですよね。ぎゅ~っと引くと余計にイラつきますから。
    (その防止のためのガッチャエクササイズ、また名前を呼んでおやつですけどね)
    極小サイズの犬でも、パニック時にはかなりの力で暴れますので
    大変でしょうけど、おっしゃるとおり、地道に頑張ってください。
    すでに、色々結果が出てきていますので、励みになりますでしょ?[絵文字:i-236]
    >  カンスケは散歩から帰ってくると行き倒れた犬のように寝てしまいます。(精神的に疲れてしまうのでしょうか・・・)
    行き倒れた犬・・・[絵文字:i-230]
    そうですね、精神的な疲れでしょう。頑張れ!カンスケ!

タイトルとURLをコピーしました