噛む犬は悪い仔?

この記事は約3分で読めます。

これはマーリンさんのところのファピ君、心配そうに見ているのはランス君。
ファピ君は去年ドッグシェルターさんから里子でやって来た仔です。
その経緯についてはマーリンさんのブログをご覧ください。
http://mariiseisyou.blog64.fc2.com/category4-1.html

仰向け抱っこで、お手入れをする時などなどで・・・
このような状態になってしまいました、ということです。
歯周病が酷くて、痛みがあった、その痛みによる反応なのでしょう。

マーリンさんは、その他はいいところばかりのファピ君なので、
これも個性と受け止めて、生涯自分のところで飼育されるという決意に
一点の曇りもない、とおっしゃっております。
(これが里親になるということですよ。トライアルしてやっぱりだめだから、
そういうのは私は・・・ちょっと受け入れがたいなぁ)

この場ではこうして抱かせてもらっていますが(上の写真)
皆さんは無理にする必要はありません。
ただ・・・どうしてもこの体勢はお手入れに必要になってきますので
直せるものなら直したいですよね。
今日はそれについて考えてみましょう。

犬の心拍数は瞬時に上がったり下がったりする、そうです。
(これについては次回お話しますね)
そして・・・大きな音は・・・心を鎮める=脳の興奮レベルを下げる
ことができる、そうです。

こういうことをお話しすると
犬の悪い行いを叱る、ことを肯定したと受け止めて
叱りを日常化する方がいることを危惧します。

叱るのではないですよ。

我に返させるのです。

人間側の心の持ち方は、その人の行動を支配しますので、
叱る=日常が荒れてきます。荒れる?
犬に対する接し方が荒くなります。

犬は気持ちを察することはしませんので
目に見えた物を信じます。
だから・・・雑に扱われれば、警戒するのは当然ということになります。

心拍数に話を戻します。

上がったり下がったりが急激に起こりますので
このガウガウ状態の心拍数激高の場面でも、大きな音を聞かせたら?
どうなんでしょうか?
ということがこれからの私の取り組み(予定)です。

大きな音・・・
コラッ!
っていうのが一般的ですが・・・うちの犬たちはそれで鎮まりますよ。
普段叱らないし、叱られることが彼らにとってダメージにならない飼育をしていますから。

信頼関係には自信があります。

私が守り切る、たとえ自分の犬に牙を向けられても怒らない、という・・・自信。
(ちょっと変な人でしょ?)
でも・・・多くの家庭はそこまで犬との関係を深めていないですよね。
だから、飼育にいろいろ迷いが出るのだと思います。
そういう方が「こらっ!」と言って犬に通じるか・・・?
通じないですね。残念ながら。だから、多くの方にお教えするとき
叱らないでね、とお断りをするのです。
ガウガウの噛みつきが出たパニック時においてもそうです。
叱るから、酷くする。叱らなくても
「だめでしょ」とか「ノー」も多くの場合噛みつきを定着させてしまいます。
無言が一番。できれば拘束。写真は力は入っていないですが、ファピ君に噛まれないように
保定はしているんですよ。

この時・・・必笑ガチャガチャを耳元で鳴らしたらどうなるかな?
・・・

ちょっと今何件か噛みつき相談受けていますので、いろいろ対策を練って
危険のない、効果のある方法を見つけてみたいと思っています。
経過発表をお楽しみに。
精一杯頑張ってみたい。

コメント

  1. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    最近困っているのが、夜、庭にやって来るキツネや猫に対しての吠えなのですが、これも一種のパニックなのですよねf^_^;
    トイレも庭なので、庭に出すたびに興奮するのですが、そんなときに役立つ技が以前からチャーリーママさんが推奨されている「拘束」なんです
    (私の場合、キツメに抱きしめて落ち着かせてから地面に下ろしています)
    これは「我に返す」のにとても有効的ですね。
    大きな声を出したり叱らなくていいからお互いの気持ちも荒れないし。
    毎晩毎回、一緒に庭に出るのを付き合ってあげるのは正直面倒だな と思うこともあるのですが、夜、月が綺麗だったり、公園から吹いてくる風が気持ち良かったり、そういうことを気づけることは幸せなことなんだと、自分に言い聞かせています。 犬と生活していると、仙人のように悟りが開けていくみたい (`∀´)

  2. ダクママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    帰宅すると噛み付きます。それは「おかえり。遅かったね寂しかったよ」というダクにとってのメッセージなのかな?と感じています。
    歌ったり「ダクちゃ~ん。ただいま~お母さんも寂しかったよ^」と言いながらグリグリするとスッキリ落ち着きます。
    躾本と呼ばれる物に書いてあった事があります。
    「吠えたり噛んだりする時に新聞か雑誌を丸めて床を叩き大きな音を出す。すると犬はその行動を止める」・・・
    確かに止めますがその場だけでした。
    そこで終わると天罰療法?だけど丸めた中から「おやつ」が一粒出てきたら?びっくりしたけど「嬉しい」に変わるのですね?
    雑誌を缶に置き換えるて「必笑!ガチャガチャ」の出来上がりでしょうか?
    缶ではないですが小さな容器におやつを入れて音を鳴らすと目を見開いて飛んできます。
    それに慣れたら缶バージョンをパニック状態に使おうと考えています。

  3. kumiko より:

    SECRET: 0
    PASS:
    仰向けだっこ大事ですね!!
    先週りんをシャンプーしたときに思いました。
    フードを使いながら仰向けだっこの練習をしています。
    でも、暴れて噛もうとします。
    私に抱かれるのは嫌なことなのかな?って
    ちょっとネガティブになっちゃったり・・・(^▽^;)
    必笑ガチャガチャの記事を読んでから実践していますが、
    だっこ練習のときにもやってみようと思います♪
    また、撫でようとするとき、遊んでいるとき
    りんは私の手狙っているようです。
    他の家族の手はあまり噛まないいようなので
    それも気になっています。
    何かメッセージがあるのかな?
    それとも噛み噛みしたいだけ?
    聞きだせるものなら、聞きたいことだらけです!笑。

  4. たま より:

    SECRET: 0
    PASS:
     庭で遊んでいても興奮した時などに抱き上げた時に感じる脈拍はすごい速さですね。
     逆に寝ている時にくっついてみると、私たちとそう変わらなかったりして、その差に驚かされます。
     パニックになる前にうまく回避させてあげられればいいのだと思いますが、なかなかうまくいかなくて・・・。
     ガッチャエクササイズも必笑ガチャガチャも毎日繰り返していかないとなぁと思いますが、「ダメ!」と怒りまくっていた以前よりは気持ちが楽ですね。(きっと顔に出ていたんだろうなぁと・・・)
     ちょっとした事件・・・
     ワンコは無事で窓ガラス代1万6千円でした。
     今日も相変わらず元気にプロレスです。
     無事で何よりですが、監督不行き届きで大反省です。

  5. sibaiti0805 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    出来るとお手入れの時とか楽です
    家の仔は体が大きいから、抱っこしてるのが大変だけど(o^_^o)
    家は帰宅した時
    カミカミしてきます
    ゆるくだから、甘えてるんだなぁと思ってやめさせずに、「はいはいただいまー」と言ってます(^_^;)
    寝る前にも私の手をゆるーくあまがみしてから服だけを毛繕いするみたいににゃんにゃんしてきますが、寝る前の儀式かなぁ~とこれもそのままです(^^;)

  6. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    Panの甘噛みに悩んでいた頃、「噛む=悪」と思いこんでいました。
    いま思い出せば、あれは「じゃれ噛み」で、やんちゃなPanにとっては動くモノはすべておもちゃだったから噛みたかったのだと思います。
    いま、Panはいろんな「表情」の「噛み」をします。
    じゃれる、甘える、要求する、拒む…「攻撃する」の「噛み」は、まだ見たことがありませんが、「噛み」はすべて悪だから止めさせなくてはとあせる必要はなかったと思います。
    「噛む」のなかにどんな「表情」がみえるのか、観察することの大切さがやっとわかりました。
    4月のお散歩トレーニングの予定はお決まりでしょうか?早々に、再トライしたいとただいま計画中です!

  7. SECRET: 0
    PASS:
    うわぁ~、キツネ・・・猫は分かるけど((>д<))
    パニックと言えばパニックなんでしょうが。
    それにしても・・・キツネ。
    そんなパニック的な興奮にも効くんですね。
    我に帰った時、絶対的な安心感を感じるようですね、犬が。
    なので、パニックを起こすたびに、絆が深まる!
    なかなか素晴らしいですねっ!
    それでは、仙人になったsmallcountryさんに日本でお会いできる、ということですね!v(^-^)v

  8. SECRET: 0
    PASS:
    お留守番はかなりのフラストレーションがたまります。若い犬は。
    年を経て、落ち着いてくると
    飼い主さんは必ず帰って来るという安心感が習慣によって生まれてくるのでしょうか、
    そんな安定感を感じます。4~5歳くらいかなぁ、そうなるのは。
    だから、寂しさを表す、お留守番中のいたずらや
    お帰りなさいの挨拶に
    新聞紙でパンッ!は
    犬の不信感を買いますねぇ・・・
    ふふ・・・
    わかりますよね?
    必笑ガチャガチャ!使えそうでしょ?( ´艸`)

  9. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは♪
    ブログお邪魔させていただきました。^^
    その都度アドバイスができていいですねっ!
    さて・・・
    仰向け抱っこ・・・
    りん君は安定感があればじ~っとしてくれるので(私がやったときはおとなしかったでしょ?)
    おやつを使わないでやったほうが抱きやすいでしょ?
    また今度、抱き方をお見せしますね。
    心許せるから噛んで遊びたいのよ。
    メッセージはそれだけ。「好きだよ」って。
    怒られない人だから。(*^▽^*)

  10. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは♪
    う~ん、ガラスに激突?ですか?
    怪我がなくてよかった。
    いろいろありますよね、成長途中には。
    2頭いるとなかなか大変ですよ。
    こっちに気を取られて、向こうに気が回せない、みたいに。
    どっちもまだ若いし。
    でも、メリットは大きいですから。
    犬同士で遊んでいる仔は、犬としての社会性が抜群になりますから。
    楽しみですよ♪

  11. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは♪
    仰向けにさせると断然楽ですよね。
    チャーリーよりは柴一君は小さいかな?
    大きいとずるずる下がって来るんですよね~。(^o^;)
    ゆる~い甘噛み、わたしも好んでさせてますよ。
    口の中に手を入れる、というのは濃厚なスキンシップだよ、とムツゴロウさんは仰っていました。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    うん、うん、悪いことと思えば
    止めさせなきゃ、って必死になりますよね。
    こちらが向きになれば、犬も意地になる・・・
    悪循環ですね。
    永遠に続くことはない甘噛みだから、
    ぐっと辛抱だよ、と言ってもらえないと、安心できないですよね。
    そういう人間側の思いで犬との間に溝が出来てしまう・・・ということですね。
    それが問題行動の原因でしょう。
    「噛み」に関して熟練(?)してこられましたね。
    色々な方の力になってあげてください。
    4月ですか!
    そうですねぇ。水曜日は、1・8・22・29で。
    土曜日は4・18で、行う予定です。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    ファピが唸る、噛むという行為をするのは
    何かをされるのではないかという恐怖から自分を守るためにする攻撃です。
    穏やかなファピがデビルに変わるのですが、
    それを悪い子だと思ったことはありません。
    保定していれば噛まれませんし、床におろせば瞬時に我にかえり、
    そのときにはおびえた表情のファピがいます。
    自分を必死で守っているんですね。
    早急に解決できることだとは思っていません。
    抜歯の手術がすんで痛みがなくなり
    ようやく落ち着いてきましたから
    すこしずついろいろなことを試してみようと思います。

  14. hiro より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさんに来ていただくまでは、吠えたら『コラッ』と怒り、噛みついたら怒り…でも大声で怒れば、ワンコも余計に興奮していました(*_*;
    今は怒らない叫ばないしつけをと心がけています(^-^)正直まだ少し怒ってしまいますが、徹底できるようにしたいと思ってます!

  15. SECRET: 0
    PASS:
    マーリンさん、こんにちは。
    お写真使わせていただいてます。^^
    お兄ちゃん、おめでとうございます。
    ファピ君のこの行動は、
    前にも書きましたが、攻撃ではありませんね。
    「防御」
    です。
    無理をしないようにいろいろな方法で頑張ってください。
    しかし・・・
    最初からこの唸り、噛みが出ている子たちは
    攻撃的だと引き出されないわけですよね。
    非常に残念です。
    ですから、犬の攻撃だと言われている行動は実は防御であることを、このブログを通して
    発信し続け、また多くの噛みで困っている飼い主さんにお伝えしていきたいと思っています。
    そして!
    最終的にはノーキルシェルターですね。
    これが実現できるといいなと思います。

  16. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは♪
    ソルバジちゃんは元気ですからね~。(-^□^-)
    つい
    「こらぁ~」
    とか出ちゃうのもわかります。
    ソルトちゃんの方がナイーブなので叱るとダメージが残りますね。
    バジルちゃんは叱るとさらにテンション高くなるかもしれませんけど・・・天真爛漫、そして
    母ソルトちゃんの教育の賜で
    犬としてのイロハが養われていますので頼もしいです。
    頑張りましょうね~。

タイトルとURLをコピーしました