出会った相手に片っ端から喧嘩を売る犬

この記事は約2分で読めます。

これは、相手が猫ですが、
突進しております。あせる
対犬にも、このような行動を取ることもあります。
今日はそのお話し。

チャーリーは家に迎えた時から先住犬がいて、
お散歩でも多くの犬に会ったり5ヶ月の時に、5ヶ月のココを迎えて
一緒に育ってきましたので、
犬には慣れているのです。
でも・・・先住犬もココも、無法者ではないので(いじめたりしませんので)
対、無法者には慣れていませんでした。

ドッグランや、お散歩で、追いかけまわされたり、突進されたり
噛まれたり・・・いろんなことが重なって
犬を見ると、先制攻撃的に吠えるようになってしまいました。
吠えれば、相手の飼い主さんは嫌がって遠ざかるじゃないですか?
だから、余計に行動が強化されてしまったんですね。
「吠えれば遠ざけられるんだな」
・・・

今では、大分落ち着いて、自分が特に苦手とする犬種か、初めて会う犬、
いきなり出会ってびっくりした時以外は、
吠えることも少なくなって来ましたが、それでもパニック的に吠えだすとなかなか収まらずに苦労します。

一時は、今日のタイトル通り、
出会った相手に片っ端から喧嘩を売る犬とはチャーリーのことでした。ヽ(;´ω`)ノ

トラウマは本当に厄介です。
チャーリーの場合は、新しい、知らない匂いに反射的に嫌な記憶がよみがえる
のだと思います。
それが酷い時は、匂いに誘発されるのではなく
犬を見ただけで反射的にパニックになる。

パニックになった時は?(パニックを起こさせなければいいのですが、生活していると
避けてばかりはいられませんからね)
拘束技で切り抜けて来ました。
拘束されることも、日々のスキンシップで良いことと関連付けていますので
チャーリーにとっては嫌なことではないのです。

パニックには拘束ですね。
http://ameblo.jp/syakaika-dog/entry-10180155196.html
転移性の攻撃のように、手当たり次第噛みつきの出る仔には
毎日、歯を当てないトレーニング(歯が当たったら遊びは中止)をしたり、
ヒッパリッコ遊びの時に、わざと体を触ったり(興奮時に体を触られることに慣らす)
一つずつ、面倒でも予防が大事になって来ます。
興奮しながらも人の存在に意識を残せる犬でいて欲しいと思っています。

そのように意識があれば、希望がありますからね。
どんなに矯正不可能だと思われる、攻撃というパニック症状でも
「チャーリー♪」
など、心躍るような(チャーリーの場合は名前=良いことの前触れですから)言葉が
犬を救ってくれると思うのです。

だから!
問題行動に叱りはよくありません。
希望が閉ざされますよ。グー

コメント

  1. sibaiti0805 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    昨日早速 柴一に
    あてっこ遊びをやってみました。
    片手に煮干しを握って「どっち?」
    ノリノリで遊びました(o^_^o)
    最初はお座りしたりふせをしたりしましたが、「どっち?」と言ってたら、「こっち」と言うように入ってる方の手を前足でチョンとするようになりました
    いい遊びを教えてもらって良かったです
    ありがとうございましたp(^-^)q
    叱りはトラウマをうむ事もよく覚えておきます

  2. ルークママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。
    昨日はありがとうございました。
    お世話になった上に“素敵な方”なんて言われちゃって~♪♪♪ ← 社交辞令の通じないワタシ(笑)
    想像通り、ママさんはとても自然体で、ゆるくて、細やかで、温かい方でした。
    お散歩トレーニング、ああいうやり方があったんだ~って、目から鱗でしたね~。
    本当に、百聞は一見にしかず。
    そして、生の(笑)チャーリーママさんにお会いして、記事の内容がさらに理解できるようになったと感じました。
    ママさんの記事は本当に本音なんですよね。トレーナーとしての建前ではなく。ご本人にお会いして、さらに強く感じました。
    みなさん、一度、参加なさると、「犬と暮らす」と言うことに対する考えが変わりますよ。

  3. しまみ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ’’出会った相手に片っ端から喧嘩を売る犬’’
    「うちの犬のことですか?」
    と思ってしまいました
    猫は、獲物だと思っています
    逃げる猫を追いかけたいみたいで、強気の猫が、「お前、なんか用か?」見たいな顔して逃げないと、「く~ん く~ん」と鳴いて、その場を去ります
    さすが’’へたれ’’です!!
    犬に対しては、子犬の頃に知り合ったわんことは仲良しですが、初めましての大人のわんこには、吠え掛かります
    子犬ちゃんには、ものすごく興味があるようで、「匂わせてください~」と、いう感じでくんくんします
    ただ、子犬ちゃんは「ひぇ~~、こ、こわいですぅ~~」って感じです...
    知ってる犬(人も)と、知らない犬をものすごく区別します
    最近は、滅多にありませんが、昔はよく車や自転車にも、飛び掛っていました
    今は、スクーター以外のオートバイですね、飛び掛かるのは...
    スーパーカブが特に気に入らないようです
    (郵便屋さんが乗ってるから)
    うちの母の件ですが、普段は何か食べてると、おすわりで横にへばりついて、おすそわけをもらったりしています
    襲撃(本当に襲撃って言葉がピッタリなんです!!)するのは、晩ごはんの時だけなのです
    不思議...

  4. ととまま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「名前=良いこと」が、だんだん定着してきているようです。
    家の中でも、いけないことをしていても、「とと、おいで」で、
    すぐに来るようになり、叱ることがなくなりました。
    引っ張りっこなどは、「オフ」で、すぐに離すのですが、
    ボール遊びは、ちょっとムニュムニュ噛み噛みしていたくなっちゃう、とと。
    「オフ」では、なかなか離さないこともありました。
    それが、最近、オフの前に「とと」と付け加えると、
    「とと」で私の顔を見て、その後の「オフ」で、すぐに離すようになりました。
    まだまだ直したいところはありますが、着実に成果が現れてきていて、
    毎日が、ますます楽しくなっています。
    これからも、パソコン画面がへこんでしまうほど、熟読させていただきます。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    遊び気に入ってくれてよかった。(*^▽^*)
    みんな好きですよ。
    食いしん坊万歳ならなおさらです。
    手の中にあると見せかけて、実はお尻の下だった!!!
    なんていう、サプライズバージョンも知恵比べになって楽しいかもですね。
    楽しい=イキイキ
    だから、叱りは悪い関連付けなのでよくないですね。

  6. pooh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    転移性の攻撃が出ないようにと、ケンカ遊びをすれば
    鬼ごっこになり、ヒッパリッコよりはロープを投げて欲しいらしく、あまりのってきません。
    そこで、例の豆しば君おもちゃを持ってプロレスごっこをしてみたらテンションあげあげになりました。
    ただ、この遊びでは咬みつきを強化してしまいそうな気がするのですが、どうでしょう?
    豆しば君のつもりで咬みすぎだなっと思ったら
    「痛!」といって、
    遊びは中止していますが、実際に咬まれているわけではないので・・・・
    それとも、「痛い!」は使わずに身体を触ったりの方が良いですか?
    または、他に何か良いトレーニングがあれば教えていただきたいです!

  7. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    こちらこそありがとうございました。
    色々な方とご一緒できますと、刺激になりますし
    何より「犬馬鹿万歳」ですからね。
    純粋に楽しいです。
    私の記事は本音です。
    出来ないことはしませんし、やってみて?のことはお勧めできません。
    試行錯誤でお散歩トレーニングを作り上げてきましたが、これは犬飼ベテランさんで、思いやりにあふれ、危険を未然に防ごうという気持ちのある方でしたら
    どんどん広げていってほしい方法だと思うのです。(いかがですか?ルークママさんも地域で行ってみては?)
    で・・・
    私は社交辞令も言えない人ですよ。('-^*)/

  8. SECRET: 0
    PASS:
    おお!さすがへたれ、ときましたか。^^;
    仔犬ちゃんに優しいのは評価できますよね!
    多分、クーちゃんも犬としては、目で見た認識力と、深読みすることが多い仔、のような気がしてきました。
    色々お話しをお聞きしていますとね。
    ちょっと、チャーリーに似てるかも・・・
    「晩御飯時の襲撃」・・・すごい・・・(><;)
    恐らく、襲撃してから食事、みたいな一つのパターンが出来上がっているかとも思われます。
    なので、
    準備は前もってしておいて、
    意表をついてご飯の時間にするとかですね、
    パターンを徹底的に崩してみる方法をお願いします。
    しかし・・・お母様、耐えてますね。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    そうですか!
    定着し始めましたか。楽しいでしょ?
    変わったな、って実感できますよね。
    名前が喜びの合図、
    我に帰るし、期待がこみあげてくるし
    脳の中でパルスが走る、っていうような表情することもあります。
    私的には「絶対に」ってことはあまり言わない主義ですが
    この名前の方法は、絶対にお勧めです。
    後遺症が「絶対に」ないですね。
    画面がへこんだら、ご一報ください。(爆)

  10. SECRET: 0
    PASS:
    ああ~~~、可哀そうな豆しば君。(笑)
    激しく戦うのですものね。
    それはトレーニングのチャンスです。
    「痛い!」
    も触りもまずなしにして、
    名前を呼ぶ、それで正気にさせる。
    だから毎日の名前を呼んでおやつ、みたいに
    名前を良いことと関連付けることは続けないといけませんね。
    そうすると、呼ばれるとお座りするようになるはずです。
    いつでも、どこでも、飼い主さんに意識が残るとはそういうことです。
    声かけに反応する、ということ。
    それが確かめられたら、触ることも始めてみましょう。
    しかも、「あぶ~~~♪」って名前を呼びながら
    触るのよ。(^∇^)

  11. ダクママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさんこんばんわヾ(@°▽°@)ノ
    ダクは毎日行く公園では常にアンテナがバンバンに立ってる・・という感じがします。
    違う場所でワン仔と会っても・吠える時もありますが・わりとやり過ごす事が出来たりします。
    だけど・それを乗り越えないといけないのかなって思います。
    上がったり下がったりですが・なかなかいい感じ
    の日もあったりして・「お散歩って楽しい。」に近づいてるかな?
    焦らない・焦らない・です。
    おやつの当てっこ遊び・・私は頭の上に置きます
    かなりツボにはまるようで
    これ以上開かない位に目を見開いて飛びついてきます。
    噛み付きに関しては名前を呼ぶと見上げます。
    手首に噛み付くとスイッチが入りますけど
    仰向け抱っこで落ち着いてくれます。
    まだまだですけど
    チャーリーママさんありがとう(^∇^)です。

  12. たま より:

    SECRET: 0
    PASS:
     カンスケは近所の猫が見えるたび、フェンス越しにじーっと見続け、鼻をピスピスと鳴らしています。散歩の帰りには車の下に猫がいないかどうかチェックしまくりです。
     今日の散歩はすれ違った犬に唸られると唸り返し、私に抱きかかえられてしばらくたって、やっと落ち着きました。
     (あんずはパニックというより、近くに行きたいの!というように見ているだけですが・・・。)
     名前を呼んでおやつを繰り返して、喜んでくるのを習慣化できるようにすることをもっとやらないといけないですね。
     (最近は、ゴミ箱の中に顔を突っ込んで「カンスケ~!」、テレビの後ろを覗き込んで「カンスケ~!」と名前を呼んでいます。「おれ、ここにいるんだけど」と私の顔をわざわざ覗き込んできます。)
     そういえば、リードを無理に引っ張るのをやめるようにして、ちょっとでもいい歩き方をしたら褒めるのを繰り返していたら、「散歩、楽しいねぇ」の顔が増えてきたような気がします。
     クリームチーズは手に塗ってなめてもらうと手がスベスベになりますね。(笑)
     外でもちょっとだけなめてくれる時があるので散歩が楽しみです。(おかげで腰も痛くないです!)

  13. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    猫はやっぱり、どうしても、ダメみたいです
    動画のチャーリー君みたいに
    尻尾をぶんぶん振って反応します(><;)
    嬉しくて振る尻尾と、興奮して振る尻尾は
    違うのですよね。 
    庭に来る鳥に向かって尻尾をぶんぶん振って
    蹴散らす様子を最初は「嬉しいのかな」と
    思っていましたが、そうではなく
    「あっちいけー!」という意味だと気付くのに
    時間のかかった私なんですσ(^_^;)

  14. SECRET: 0
    PASS:
    毎日行く公園?
    それはね、テリトリーになっているのだと思いますよ。
    ダク君にとっての
    「俺の陣地」
    そうすると、強気になるのね。
    チャーリーは動物病院に行くと、どんなに知らない仔がいても、大人しいです。
    犬の世界も興味深いですよね。^^
    なるほどぉ~、頭の上ですか。
    私は・・・口の中です。(爆)
    まだまだ?ではないですよぉ。
    すごい進歩だと思いますよ。
    皆さんの頑張りに、こちらこそありがとうです。

  15. SECRET: 0
    PASS:
    まだ若いうちに、猫=追いかけるもの
    と認識させない方がいいですよ。
    チャーリーの場合は相当酷かったですけど、
    猫を保護して、一か八か飼い始めたのですが
    それでよその猫にも随分慣れたのです。
    でも・・・リードがなければ
    すっ飛んで行ってしまうと思いますよ。
    猫を見たらおやつ。猫を見たら名前を呼んでおやつ。猫を見続けさせないで
    早めに気を逸らせた方がいいみたいです。
    無理やり、をやめると本当に良くなって来ますよね。
    こんなに簡単なのに、やはり強制しなくては犬は直らない、という思い込みが強すぎるということでしょうか。
    腰、痛くなくてよかった。≧(´▽`)≦

  16. SECRET: 0
    PASS:
    猫はだめですか?
    遺伝子のなせる技、でしょうねぇ。
    うちの仔たち・・・チャーリー以外は猫は平気ですから。
    社会化期に会わせたことなかったですけど。f^_^;
    チャーリーもオフリードでしたら・・・すっ飛んで
    「さよならぁ~」
    でしょうねぇ。随分、反応は良くなって、ひょっとすると、待ってくれるかもしれませんけど。
    嬉しい時もぐるぐる回りますけど、尻尾。
    体の緊張感が違いますね。
    チャーリーはまるで、ぜんまい仕掛けのおもちゃみたいね。(^▽^;)

  17. なかじ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーくんは希望の光って表現が正しいかは分からないですが、そう感じます。
    わんこの可能性と、私が学べばみんなに出来ることがまだまだたくさんあるんだと思います。
    期待はしないけど、希望は捨てません(^O^)

  18. SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーの場合はなかなか難しいですよ。
    根が深いし、さらに深読みしますしね・・・(^^ゞ
    そう思うと、ひよちゃんたちはストレートな感じがするので大丈夫ですよ!
    期待もしてOK('-^*)/

  19. なかじ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    期待しても大丈夫と言ってもらえてうれしいです。
    自分自身を追い詰めてた以前とは違うから今なら期待してもいいかな(^O^)って思えました!
    みんなと自分を信じてやっていくどぉーー

  20. SECRET: 0
    PASS:
    犬にとっての良い期待だったら、
    どんなに期待しても負担にはなりません。
    むしろ喜んで受け入れてくれるはず。
    信じる!
    信じきってみましょうね!
    私も信じてやっています。(´∀`)

タイトルとURLをコピーしました