落ち着け、自分

この記事は約2分で読めます。

ハンドリングの最中に
犬に向けてカーミングシグナル(なだめのシグナル)を出しっぱなし状態の私です。
その目的は・・・
「落ち着け」ということを、犬に伝えたいためです。

落ち着く事が出来たら、自分で自分を抑える事が出来たら
それ以外、何も望むものはないのではないかと、私は考えています。
おすわりやふせも・・・
そんなこと指示してできたからって別にどうってことないじゃん。
自分で自ら座ったり、ふせたり
そういう自発的な行動ができるようになれば(いや、犬はもともとできますけど)
それでOK.
人間が上から目線で教えようなどと思うから、犬は混乱するのではないでしょうか?

それでなくても、文化の違いで犬は戸惑い、いらつく毎日だと思いますよ。

ザ・カルチャークラッシュ―ヒト文化とイヌ文化の衝突 動物の学習理論と行動科学に基づいたトレーニングのすすめ ザ・カルチャークラッシュ―ヒト文化とイヌ文化の衝突 動物の学習理論と行動科学に基づいたトレーニングのすすめ
(2004/07)
ジーン ドナルドソン水越 美奈

商品詳細を見る

 
この写真をご覧ください。
ヨーキーのハナちゃんは「スワレ」の言葉もハンドサインもなしで
見事に座る事が出来ます。
しかも、待つ事もできる。
これは、座ればおやつがもらえて、しかも褒められると
良い関連付けができているからです。
こうなればもう、スワレのたびにおやつを与えるのではハナちゃんに申し訳ないですね。
この後、2~3歩下がって「オイデ」で来させて見ましょうか?
ついてくるでしょうか?
ついてきたら、おやつをあげてもいいでしょう。
今まで一粒のおやつは、一つの行動の後のご褒美だったのを
2~3つの連続した行動の後のご褒美にしていきます。

そのやり方は上手な方と、苦手な方とがあると思いますが、ポイントは
犬が視線を向けてくるのは、何も「ご褒美ちょうだい」の気持ちだけではない、
ということを理解する、ということです。

「これでいいの?」
の確認の気持ちもあるので、「いいよ~、OK」と言葉をかけるだけで
十分ご褒美になるはずですね。
言葉の褒めで満足したり、興奮しないでいられるようになると
いよいよ「落ちつきも」本物になって来た、ということでしょう!

コメント

  1. sibaiti0805 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そういえば、柴一は 家の中では、甘えて飛びついたりしてきても、無言でじっと見つめればお座りしますが、外ではなかなか難しいです(^^;)
    紹介されている本 探してみたいと思います(^-^)

  2. ダクママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    この言葉は息子が以前通っていた空手の師範がいつも言い聞かせてくれていた言葉です。
    最近身にしみて感じます。
    言葉が通じない分コツコツパターン化させること+おやつで良い関連付けをさせる事・・
    息子(18歳)はダクに「お座り・ふせ・バーン(ヘソ天です)」を教えてました・・しかも一切おやつを使わずにです。 できると「よっしゃー」の言葉だけ・撫でるのでもなく・です・
    なんでやねん?ずーっと不思議でしたが・
    以前の記事で「馬鹿になる」というのがありましたね?一緒になって心底遊んでいるのでしょうね。
    息子が帰ると大喜びで「遊んで。遊んで」ピョンピョンしてます。
    息子が座るとダクも息子をガン見しつつお座りで「もっと遊んで」アピールです
    何かをして欲しい時=お座りになってます
    大抵はおやつだったりします。
    でも息子の場合は何が出るのか判らないので
    (たまーにおやつが出たりします。)
    いきなり四つんばいになってみたり・追いかけてみたり・本気で楽しんでます。(息子が)
    ついでにお尻の匂いも嗅いで欲しい母です。
    と・なると、・落ち着きたい=お座り・とは違うのでしょうか?
    外では側に行けた飼い主さんとお話をしてる間は「伏せ」をしてます。
    「伏せ」の方が落ち着くのでしょうね
    余裕のない時は「お座り」で座りますがお尻がもぞもぞします。おやつをあげたり、抱っこしたりで
    私からもサインをだしながら・外でも落ち着けるように・・継続は力なり・・です。

  3. すかい より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも、なるほど~と読ませてもらっています。
    以前は散歩してるヒトを見たら、
    ビョンビョンとジャンプして待ってました。
    けど、今は伏せをして待っています。
    これも落ち着け自分!の合図ですよね。
    目の前にまで来たら、ガバッと行きますが…^^;
    あと、アイコンタクトを取ると座ります。
    これも・・・かな?
    まだまだ嬉しいと、興奮してしまい
    私の声も聞こえてないときがあります。
    鍛錬鍛錬・・・。

  4. pooh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    興奮症で、落ち着きのない犬。
    でも、興奮して駆けずり回る姿もまた、かわいいなぁ(親ばか)と、思ってます。
    ただ、自分で自分をおさえられるようにならないと、
    ストレスはたまりっぱなしですね。
    散歩中も、なだめのシグナルを出し続ける。飼い主も忙しいですね。
    さて、いつもトレーニングする公園でおやつなしで「ついて」をやってみました。期待感に満ちあふれた視線を送ってきて、とても嬉しくなりましたよ。
    その後は、確認のつもりでおやつを見せながら続けましたけど、おやつはあげたり、あげなかったりでも良いですよね?
    それと、口輪は黙ってつけさせてくれますので初めての子に挨拶させるときは着用してみます。
    まだ、先のお話ですけど・・・・

  5. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは♪
    室内の刺激の少ない場所で成功しても、
    外での刺激の多いところでは難しい、そういう場合に使うのが「道具」ですね。
    言葉、ハンドサイン、それでもだめなら「おやつ」
    です。
    成功させることがトレーニングですので、臨機応変に道具を利用してあげてください。
    カルチャークラッシュは本屋さんに並んでいることはまずないでしょうね。アマゾンが早いです。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    仰るとおり、継続は力です。
    いつも、自分に言い聞かせています。
    対、犬については人間以上に継続しないといけませんね。
    文化が違いますからね。
    はい、馬鹿になる。ありましたよ♪
    馬鹿になれるのは一つの道具です。
    >でも息子の場合は何が出るのか判らないので
    そして!この何が出るか分からない、これがトレーナーの腕の見せ所ですね。
    犬に読まれない、また犬に期待感を持たせる。
    オスワリも、フセも、自分にと手の落ちつけのカーミングシグナルであったり、
    相手に対する落ちつけの意味があったり
    相手にとってのなだめの意味もあります。
    息子さんに対してのは、なだめでしょう。
    「ほらぁ~、こんなにいい仔だよ~、わかるでしょぉ~、楽しいこと待ってるよぉ~」
    ってな感じですね。
    フセの方がスワルよりも落ち着きますね。
    相手に対しての意味も強いです。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    わんた君もだいぶ大人になって来ましたね~。
    フセは、仰るとおり、落ちつけのサインですし、
    相手に対しての落ちつけや、自分が敵意はないことの合図です!
    若いうちはなかなか興奮もしょうがないです。
    無理に抑えるのではなく、出来ることをさせて
    自分で抑制できるのを「待つ」というのがいいと思います。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは♪
    興奮と、喜びは少し違うので注意ですね。
    恐らく、可愛いなと見ていられるのは喜びの興奮でしょう。
    中には、執着の興奮を(よその犬を追いかけまわしているとか、延々とボール遊びする=し過ぎるとか、制止の声も聞こえないくらいリードを引っ張って歩くとか)
    喜んでいると勘違いする方がいるので注意が必要です。
    執着は犬のためになりません。
    抑制が効かない状態なので、本能的な部分が丸出しになって危険なこともあります。
    「マテ」でまてるかどうか、ですね。ポイントは。
    ついての練習・・・
    期待に満ちた目は本当に愛しいですよね。^^
    あげたり、あげなかったりでいいですよ。臨機応変でお願いしますね。
    口輪も、とっさの噛みつきが出ない分、安心できますので(双方の飼い主さんに)
    説明して挨拶練習の時に使ってみてください。

  9. まにゃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    犬の苛つきから・・転化?転移?性攻撃。。
    なんですけど。。
    仔犬の頃、おもちゃやタオルで戯れて遊んでいると、苛つくとムキになって歯を剥き出したり、唸ったりしておもちゃに噛み付くのは、「苛ついた」と思うのですが。。
    あまり「苛つき」から攻撃として噛む!!に記憶がないので。。(観察不足かも知れませんが)
    知りたいのですが!!
    明らかに「苛ついている様子」がわかるものですか?
    「噛む」ときは、始めから「噛む」意識で噛んでいる様なのですか?
    引っ張る、服をつかむつもりが、歯が当たるのとは、明らかに違いがわかるものですか?
    もしかして、私が犬の苛つきがわからないでいるのか?と心配になりましたが。。
    成犬でもあるのでしょうねぇ~

  10. SECRET: 0
    PASS:
    本当はね、イラつくから、転移性の攻撃になるのではないんです。(はなちゃんの件ですよね?)
    相手を認識して、こっちがだめだからお前を噛む、という認識がないのが転移性の攻撃です。
    喧嘩している犬を止めようと間に入ると
    噛まれる危険性がありますよね?
    あれはパニックを起こしているから、周りにあるものすべてに反応して、手当たり次第噛みつくわけです。
    狂気を感じる瞬間ですね。
    非常に社会化されて、抑制を母犬や飼い主さんに教えられていると、その狂気は発現しないのです。
    大脳皮質のパルスが異常に働いて、理性が効かない状態ですね。
    人間でも起こりますよね。
    イラつきがそのまま、攻撃に移る・・・これを阻止するための犬育て、社会化、そしてトレーニングです。
    成犬でももちろんあります。
    そういう犬には
    そこまで興奮しないような対策と、興奮を瞬時に抑えられるようなトレーニングの努力が必要です。
    「飼い犬がイラついて噛む」というのが理解できない、ということの方が理想です。

  11. まにゃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    わかりました!!ありがとうございます。
    以前、カイ君に威嚇した犬がカイ君の威嚇にまけて。。そのあと、マンナを噛もうとした事があるのですが。。似てる?
    この行動みたいなのが、パニックから起きる・・・どうして良いかわからないと云う経験不足
    がパニックを引き起こし、はけ口が手当たり次第「噛む」に繋がるのでしょか・・・
    だったら、明らかにわかる「噛み」ですねっ!!
    遊びではない、パニックだからパニックの興奮は明らかにわかりますね!
    お忙しいのに、ありがとうございました♪

  12. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは~♪
    う~ん、カイ君という強い犬、堂々とした犬がいる
    ってことが財産ですねっ!
    しかも強い人間とかもいるし・・・(誰!?)( ´艸`)
    強いものを見て、抑制を学ぶ、
    抑制をさせられる、子犬に時期にぜひとも身につけたいことですね。そういう教育係がいなければ、人間がなるしかないです。
    噛み、パニックについては観察の通りだと思います。

  13. ハナオンマ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日はハナがお利口なワンコとして登場し、ちょっぴり嬉しい♪ハナオンマです。
    >今まで一粒のおやつは、一つの行動の後のご褒美だったのを
    2~3つの連続した行動の後のご褒美にしていきます。
    まさに、今私が練習していることです。
    チャーリーママさんのハンドリングの動画を思い出して、できるだけ流れるように動いて最後にトリーツ。
    「いいよ、OK」「お利口ね」という肯定の言葉でハナが満足できるようになるといいです。
    でもこの写真、食い意地が張ったハナですからね(笑)足元に近寄りすぎじゃないかしら?って飼い主は笑っちゃったんですよ~

  14. SECRET: 0
    PASS:
    久しぶりに会ったハナちゃんは
    大人の雰囲気を醸し出していましたね。
    かっとびも影を潜めていましたが
    「ここはこうしてみんなに合わせて歩く場所」
    と考えた結果なのでしょうね~。
    頼もしいと思います。
    近寄り過ぎ?いいえ大丈夫ですよぉ~。(笑)
    そうそう、おじさん(おじいさん?)が苦手っぽい感じでしたけど・・・
    その年代の方にトリ-ツをもらって慣れさせるといいかもしれませんね。

  15. だらだら犬を飼ってる爺 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    興奮 意欲 集中 それに見合うコントロール 自制心 高いレベルでバランスを取りたい という気持ちは変わり有りません。
    興奮は意味が意味が広すぎる言葉ですね
    食 性 恐怖 威嚇 捕食 単純な喜び かな?
    犬を飼うには何を伸ばして 何を消していくのが
    幸せなことなのかを考えなければいけないと
    以上ママのブログで強く思うようになりました。

  16. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは♪
    >犬を飼うには何を伸ばして 何を消していくのが
    幸せなことなのかを考えなければいけないと
    まったく、このことに尽きると思います。
    犬の幸せが自分の幸せになるような犬との暮らしができたら
    犬も人もハッピーですよね、きっと。
    興奮のない暮らしでは面白くも何ともないですもんね。
    興奮の中に飼い主さんへの意識が必ずあると、
    犬にとっても幸せなはずだと信じています。
    そういう飼い主でいたいな。

タイトルとURLをコピーしました