ガウりの対象から注意を逸らすために

この記事は約3分で読めます。

この写真を使ってガウってなるときの対処を学びます。
ハナオンマさんの右手に注目。
この時はまだ市ちゃんはガウってなっていた時です。
それに備えてリードを後ろに引こうとしていますね。
ichimamaさんも右手を首輪近くに添えて、備えています。
できれば、もっとリードをたるませた方が犬は緊張しませんが、難しいですので
これでOKでしょう。

ここまでが昨日の記事でしたね。

この写真の時は、市ちゃんはまだそばに他の仔(犬)がいることがプレッシャーになって
つい「ガウッ」
って声が漏れてしまったんですよね・・・
取られたくない、という焦りでしょう。
当然の心理ですよね。
でも、それがなくなればもっと良いわけなので、
「ガウッも個性よ」
とは言わないでほしいです。
慣れれば、我慢できたり、譲ったりできるようになるんですから。

さて、ハナオンマさんの手にはクリームチーズが塗ってあります。
お外で人からおやつをもらっても食べなかった市ちゃんです。
「支配性が強いから、自分より目下と思う人間から物をもらって食べない」
などと、馬鹿げた発想はナンセンスです。
食べたことがないから、慣れないだけです。
他に犬がいるプレッシャーも手伝っているのでしょう。

この写真のような場面にみなさんも出会うと思います。
対処法をお話ししましょう。
まず、手に塗ったチーズなめさせる時は左方向に市ちゃんの顔を向けるようになめさせましょう。
ヨーキーのハナちゃんから顔を遠ざける形になりますね。
市ちゃんのママが右手でリードをつかんでいますね?
市ちゃんの耳がハナちゃんの方向へ動いたり、あるいは頭を下げたりしたら
唸りの前兆ですので、
右手で地面と平行にリードを引きます。
というか、市ちゃんがハナちゃんの方へ一歩出るでしょうから、
右手をその位置でぐっと力を入れれば、自然に首にちょっとした圧力がかかります。

これはジャックラッセルのひよちゃんです。
リードを持つのは私です。これはまた、登場させて、他のお話でも使いますが
今日は、右手の使い方に注目してください。

みなさん、ショックをかけるというと
とんでもない勢いでリードを引くことを想像されていませんか?
また実際にかなり激しく引いてますね?
もっと優しいリード使いを心がけましょう。

動画をご覧になっていかがですか?
右手はほとんど動いていませんよ。「くっ」っと指に力を加えるくらいです。
体は力を抜いていることに注目です。
一瞬力を加えたいので、脱力は絶対事項です。
多くの方は、緊張して体に力を入れ過ぎです。だから咄嗟の場合にタイミングがずれるのです。

で、市ちゃんへの対応はこのようにします。

では、ガウッてされる側の仔は?
このハナオンマさんのように、犬を相手から遠ざけるようにリードを引きます。
相手の犬が険悪な感じになったな~と感じた時は
無理しておやつをあげずに、ハナちゃんを後ろに引きながらハナオンマさんは右足で
ハナちゃんの頭を遮るように方向転換します。
はなちゃんと市ちゃんの間に分け入る形になりますので、
相手の興奮をなだめることができます。

方向転換の形はこちらの動画を参考にしてください。
この時は左足でチャーリーの頭を遮るように方向転換しています。

注意していただきたいのは、
明らかに攻撃的な態度の仔に、おやつをあげようとしないということです。
相手の犬がガウガウ言ってしまったら、興奮が冷めるまで
その場でじっとしていてあげてください。
「じゃあまた~」
何て去っていくと、ガウれば相手を追い払えると犬に思い込ませてしまうのでよくありません。
まあ、これも相手の協力がなければなかなか難しいことですけれど・・・

コメント

  1. sibaiti0805 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    優しくリードを引く
    咄嗟だと、ぐっとなってしまいますね(x_x;)
    気をつけます
    「ガウッ」ではなく
    お尻を上げて、横にピョンピョン飛んで「アウ」と言うときも、それは止めた方が良いのでしょうか?多分、柴一は遊びに誘ってるのだと思いますが相手の方は嫌な顔をされるので(*_*)
    今はお散歩中に、そうなった場合は、柴一に「遊べないよー」と言ってるだけなんですが…

  2. トミピー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今回のテーマはとても為になりありがたく拝見しています。
    お散歩中前かる来る犬にガウとなる前にルークにおやつで気を紛らわしています。
    おやつが間に合わず、ガウしてしまった場合でも
    鼻におやつを持っていくと夢中で食べるのですが
    それでもかまいませんか?
    リードさばき、こんなに力を入れないなんて
    驚きです!!
    気をつけて頑張ってみます。

  3. たま より:

    SECRET: 0
    PASS:
     リードさばきはこちらも脱力していないと、タイミングがずれてしまうんですね。
     散歩の時は、つい力を入れてリードを引いてしまっていたのでこらから直していきたいと思います。
     (いきなりちょっとの力で引いてもわかってくれるようになるまで繰り返すのがよいのでしょうか?)
     昨日の夜、2匹におやつをあげようとしていたとき、あんずが何の前触れもなく、カンスケもマズルをカプっと噛みました。
     痛くなかったのか我慢したのかわかりませんが、カンスケは何もなかったように振舞っていました。
     でもこれが他のワンコだったらと思うとショックで・・・。
     おやつタイムはその場で中止しましたが、カンスケの方が「オレが何か悪いことしたかなぁ」とクレートに入って行って寝てしまいました。
     あっちが良ければ今度はこっちと悩みがつきません・・・。

  4. ハナオンマ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    毎日楽しみに読ませていただいてまーす!
    今回はオンマとハナ出演ですね(笑)
    体や足をつかって、相手や対象物を遮断する形・・・
    チャーリーママさんに教えていただいて初めて知りました。
    動画を見るともっとわかりやすいですね!
    私も練習していきたいと思います。
    で、今度の水曜日はお散歩トレーニングありますか?
    今回は参加いたしますのでよろしくお願いいたします!

  5. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは♪
    メールありがとうございました。4月、楽しみにしています。
    桜の頃ですね。^^
    リード使いは練習あるのみ!です。
    とっさの時はリードを両手で持って、お腹の前で固定すればOKですね。
    大げさに引きすぎるのがいけません。
    横にぴょんピョン、「アウ」・・・( ´艸`)
    それは遊びの誘いですよ~。相手を気にして柴一君の行動を止めさせようとしない方が
    信頼関係が壊れませんね。
    遊びに誘えるのですから、いいんです!
    3歳くらいになるとしなくなってしまうみたいですから・・・。
    市ちゃんもはなちゃんによくやってますよ~。
    はなちゃんは上手に相手してくれますね。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    ガウしてもおやつが食べられるなんてなんちゅう食いしん坊万歳なんでしょうねぇ~。( ´艸`)
    私はそれで良いと思います。
    でも、恐らく多くの方はガウった行動を強化することになるのでは?
    と思われるのではないでしょうか?
    私は今迄の経験上、気を紛らわすことはあっても、強化はされないと思っています。
    非良ちゃんの動画もそうですよね?
    見方によっては、おやつで吠えを強化してる、と受け取るかもしれません。
    しかし、結果は・・・吠えはなくなって行くんです!!!
    リードさばきは優しく、想像以上に優しくお願いします。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    スポーツと同じで、
    動きの前には脱力がいいですね。
    「ゆる~~~」
    って・・・f^_^;
    まあ、まだ一緒に暮らし始めて日が浅いですので、慣れるのにも時間がかかりますよ。
    心許せる間柄になるには、時間がかかります。
    そういう時も飼い主さんは何事もなかったかのようにお願いします。自分で気まずさはわかりますから。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは~。
    水曜日、トレーニングありますよ。
    お待ちしていますね。^^
    この遮断は、家の中やドッグランでオフリードの時にこそ練習していただきたい項目です。
    犬にとってはいけないと叱るよりも
    悪いことだと分からせるいい方法のようです。
    水曜日にはぜひ、練習の成果を見せてくださいね~。(*^▽^*)

  9. なかじ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    とっても勉強になります。目からも鼻からもうろこが出そうでした。
    お散歩トレーニングではリードを引かないようにばかり意識してしまい…
    全然できてなかった(」゜□゜)」みなさんごめんなさい。
    意識して取り組みたいと思います(^O^)
    分かりやすくありがとうございます!!

  10. みかろん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    リードさばきの動画はとても勉強になりました。
    右手に注目とのことだったので、右手に注目してましたが、えっ?今なんかした?って。
    予想と全然違っていたので、もうびっくり!!
    いままで、ガウッってなると必死にリードをグイグイ引っ張っていたことを反省しました。
    最近は、こちらの以前の記事を読んで勉強させていただいている最中です。
    良い飼い主に早くなりたいなぁ~。

  11. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ひよちゃんの動画に釘付けでした^^
    「かぷり」とおやつを食べてますよね!? TAROと一緒だ♪ と嬉しくなってしまって。(相変わらずカプリと咥えます ^^;)
    チャーリーママさんの教室と、公園での散歩の違いが如実に表れている今日の記事です。こうしてトレーニングに参加している犬をお互いに使いあって良い方向への相乗効果を狙うのはみんなハッピーな気がします
    公園では「好ましくない」行動をとる犬とは「それじゃあ、また~」ですから(゚_゚i) 飼い主さんが孤独になってしまうことが負の連鎖の始まりなのかな。 

  12. ダクママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんわ
    何度も確認してしまいましたよ(ノ゚ο゚)ノ
    指先でチョイ♪なんですね!
    私は手首を少し振る感じでした・・
    ダクは振り向きますけど・もっと優しくですね。
    「ガウ」される時もありますが・大抵はダクも「ガウ」してしまいます(;^_^A
    お互い落ち着く事などなく「ガウがウ」の応酬になります。
    一度「お互い待ってみましょうか?」と黙って側にいた事がありましたが・・
    なんせお互い「ガウ」なのでこれは逆効果?と思って・・断念しました。
    とにかく今は回避を一番。
    行けそうなら行く・ヤバくなればリードを水平に引く・それでやってます、
    優しいリード使い・・私が緊張しないように。
    ですね。なかなか難しいですが・・まだまだこれからです。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    ほぉ~、それはそれは!
    鼻からうろこ!
    相当爽快でしょうねって・・・違うか。(^▽^;)
    大丈夫ですよぉ~。
    出来なくて当たり前。いろんな子がいることを覚える場所なのでそれもOKです!
    こういう場に慣れるとですね、他の場所に行って犬が興奮していても平気でいられるようになるからいいんです。

  14. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。
    ふ~ん・・・予想ってどんなのだったのかな?
    興味深いです。
    「ガッ!」
    とかいってリードを引く、みたいな?( ̄▽+ ̄*)
    チョン、チョン、って感じですね。
    合図ですからね~。
    いつも読んでくださってありがとうございます。
    前と今とでは考え方も変わってきていますので、削除したり修正したりの途中です。
    分からないことがあったら連絡してくださいね。

  15. SECRET: 0
    PASS:
    はい!
    「かぷり」ですね。私は好きです。^^
    これはいずれ直ります。あげる側が大げさな反応をしたり、手を引っ込めると直り難いまたは
    激しくなるかもしれないですよね。。。
    孤独感、疎外感、焦りを生みますよ。
    ダメ犬神話なるものが見え隠れしていますよ~。
    だから
    「いい仔に育てなきゃ」(それは正しいのですけど)
    という思いが、いい子じゃない反応を見せた時の焦燥感や諦めにつながってしまうみたいです。
    みんながいれば励まし合えます!

  16. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは~。
    そうですね、指先でチョイ♪です~。
    大型犬でも同じなんですよ。
    引きの強い仔でも同じ。
    引き戻すことが目的ではなくて、合図ですからね。
    実はこれ以外の合図も出しているんですよ。^^
    また明日以降の記事でね。
    そうですね、無理しないで、回避がいいと感じたら回避で。
    失敗はさせすぎるとよくないですしね。
    頑張って~。

タイトルとURLをコピーしました