気づき(2)・犬社会のルール

この記事は約2分で読めます。

さてさて、また続きです。

その前に、この柴犬市ちゃんのこのポーズだけでも
闘おうとしている、と受け取りそうな、そんな犬飼初心者の方が多い現実があります。

吠えに過剰に反応する。
歯が当たることを妙に恐れる。
犬と一緒に地べたに座ることが出来ない。

何故でしょう!?

命の脆弱さ。

私はこれだと思います。

生きていれば感じる、躍動感や、若さゆえのエネルギーみたいなものを
感じられないくらいに、われわれは貧弱になっているのかもしれませんよね、動物として。

えっと・・・
そうそう、気づきの続きですね。あせる

ルナちゃんは市ちゃんがガウっとするかどうかを見極めている=気づこうとしている写真です。
自分は相手にしないという方法を取った。
では、アグレッシブに他の仔に行った時は?
自分のするべきことをちゃんと備えて、市ちゃんの動向を見守っているのです。
または、危険に気づこうとしている、と言ってもいいです。

と書きました。
写真では、市ちゃんが遊ぼう~のポーズをとっています。
柴犬はこのようにとってもシグナルが上手だと感じます。
でも・・・
はなちゃんはじっと伏せたままですね。次にころんと仰向けになったりしました。
すると市ちゃんは
「この仔絶対あたし、好きかも~ドキドキ
というように強烈なラブラブ攻撃(?)をしていました。
ハナちゃんの体の上を、ピョンピョン飛んだり、体をはなちゃんの体にこすりつけたり。
至福の顔をしていましたね。
ということで、平和なうちに市ちゃんのコンタクトが終わりましたので
ルナちゃんは介入することなく済みました。
これが、
市ちゃんが「ヴッ」っと唸って、はなちゃんも緊張すれば
ルナちゃんは恐らく自分の体を2頭の間に入れ込むように分け入ったと思います。
私だったらそうします。
多分ルナちゃんもそうしたでしょう。

なぜ、分け入るかと言えば、それがなだめのシグナルなのです。
だから、それをされた側は、瞬時に抑制をきかせないといけないのです。
それがルールです。
そうしたルールをお互いが守ることで、たとえ小競り合いが起こっても
大きな争いに発展させることがない、というわけですね。
犬社会の知恵です。
これが犬語の世界なのですね。
争いによって命を落とすことがないように、相手をなだめるシグナル、そしてそれは
自分を落ち着かせるためのシグナルでもあるのです。

市ちゃんがおやつ欲しさに唸ることも、シグナルなんですが
使う場面ではないことを、無視によって教えられ、市ちゃんは受け入れつつあります。
もう少し回数を重ねると、すっかり覚えてしまうでしょう。

何て深い犬の世界でしょうか!

コメント

  1. まにゃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    戦いを避けるための行動、シグナルがちゃんとあって。。本気で噛むなんてよっぽどの事ですよね!
    ラフターも♂同士が小競り合いが有ったとき、
    大好きなボールと水遊びの最中なのに、「すーっ」と間に入りました。
    どちらかの♂に訴えるでも、どちらかの方を見るでもなく、間に入り込んだ感じでそこに居るって感じでした。
    見てた私の方がびっくり!
    でも、♂達もそれでやめたんですよ!
    ラフターも何も無かったかの様に、また遊びだしたのですが。。
    感心しました♪
    犬達って、凄い!!
    このコミュニケーションが出来ない犬は、絶対損だよ!
    いっぱい覚えられる環境をパピー達にはあげないとですねっ♪

  2. kyun より:

    SECRET: 0
    PASS:
    kyunと申します。
    我が家には二歳7ヵ月のチワワとプードルの雑種君がおります。私は家にいるので一日一緒にいるのですが 外に出ると知らない人や犬に吠えてしまいます。ワクチン接種後に散歩へ出て色んなワン友達も出来ました、7ヵ月過ぎた頃に吠える様になりそれまでにお友達になった人、ワンコ以外には敏感になt

  3. kyun より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (続)敏感に察知する様で 大小ワンコはもちろん相手をしてくれようと近づく人にも。。。。
    先生についてもらったり、吠え防止グッズを試してもみたのですが 変化はありませんでした。
    ずっと悩んでいたのですが こちらを読ませていただいて 遠慮しながら謝りながら散歩するより、楽しんで散歩レッスンをしようと再度決意しました。
    沢山の勉強になるお話 これからも楽しく読ませていただきます。宜しくお願いします♪
    兵庫県より、長々すみません!!!

  4. まきママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    市ちゃんの遊ぼう~のポーズ、うちの柴ワンコ・コタローと同じです!コタローの場合、これで遊んでくれないと、このポーズのまま反復横跳びも始めます。
    「そんなに激しく遊ぼう~って言うとびっくりしちゃうよ~」と、コタローに言っていると見せかけ、相手の飼い主さんに攻撃じゃないんですよぉ!!!と説明することもしばしばです(-_-;)
    市ちゃんはルナちゃんというワンコ先生がいて良かったですね♪コタローのワンコ先生はどこにいるんでしょう?飼い主ともども探索中です。

  5. ルナママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさんこんにちは!
    犬はかわいい。
    特に我が家の犬はかわいくてしかたがないですよね。
    毎日お散歩に行き、おいしいご飯を食べさせ、お風呂に入れ、毛並みをとかし、歯を磨き、爪を切り、一緒に遊び、時には叱り、褒め、一緒に寝る、病気になれば看病・・・。
    とにかく犬は家族です。
    しかし原点に帰り、犬はそもそも人間ではなく犬だということを知った上で可愛がる。
    それが大切なことなのだとチャーリーママさんが教えてくれました。
    犬の幸せを考えるということを・・・。

  6. たま より:

    SECRET: 0
    PASS:
     柴犬2匹(♂カンスケ1歳ちょっと、♀あんず6月1日生7ヶ月半)を同時に飼い始めて4ヶ月になります。
     うちも市ちゃんと同じ「遊ぼう!」のポーズをとるのですが、最近取っ組み合いが激しくなりました。どちらも歯をムキムキして激しく吠えあうことも・・・。
     取っ組み合いの途中でも同じ器から水を飲んだり、どちらかが飲んでいる間は待っていたりするので、仲がいいのか悪いのか・・・。
     他にもたくさん悩みはありますが、ブログを読んでいて、私達も変わらないといけないなぁと思いました。
     これらかもこのブログで勉強させていただきたいと思います!

  7. pooh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    我が家のあぶも仲良しの子に、苦手な子が来たので吠えて叱られた事があります(笑)
    大人しくなりますね~犬同士って素晴らしいって思いました。
    他の犬に対して吠えかかった時、間に入ろうと思いますが、前へ前へ出てしまうので難しいです。
    リードを短く持てば良いでしょうか?悩んでます。
    昨日の記事で、はなちゃんは不安を感じるとフセをすると書かれていましたが、あぶも他の犬に会って伏せをすることがあります。
    相手が近づくと結局ガウっとなりますが、伏せをした段階で褒めてあげると良いのでしょうか?
    なんだか、質問ばかりになってしまいました。
    自分が犬らしくなるために、どうかご指導お願いします!

  8. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    攻撃のためのフセと挨拶のためのフセの違いに気がつく必要があるようですね。人間も犬も。
    毎日の散歩という名の特訓が実になり始めたここ数か月、おおむね誰とでも挨拶が出来る仔になりました。吠える仔には近づかないでフセをして待ち、それでも吠えるのが止まないと、その仔をそれ以上追い詰めないように、す~っとその場を離れることが出来るようになりました。これが出来るようになるまで・・・・相当時間がかかりました( ̄ー ̄; 特効薬なんて無いんですよね。「経験」なんですよね。
    市ちゃんもチャーリーママさんに早い段階で出会えたのだから、色んなタイプの友達と接する経験を積み、そして先輩たちから教育的指導をたくさん受け、まっすぐいい子に育っていくことでしょうね。
    市ちゃんの飼い主さん、はなちゃんの飼い主さん、ルナちゃんの飼い主さん、皆さんトレーニングを頑張っていらっしゃいますよね(=⌒▽⌒=)
    自分の犬の持つ、「犬らしく楽しく生きる権利」を尊重している様子が感じられ、こちらに遊びに来るたびに清々しい思いになります♪
    TAROもよく大型犬の上を「走って」いました♪

  9. SECRET: 0
    PASS:
    本当に・・・
    まにゃさん、引っ越しておいでよ~
    って。。。
    どの子も良い教育係ですよね。
    生き生きとした犬生を送っているし、送らせてもらってる。
    やはり社会化のポイントは素敵な先輩犬ですからね。
    トラウマを作らせてしまうような、犬語の話せない犬は、
    どんなに犬の傍に来たくても、危険な存在になりますから・・・ねぇ。
    ラフターちゃん、カッコいいね。なかなかできないよ。
    でも、真のアルファーは♀だそうで・・・(;´Д`)ノ

  10. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして♪
    7か月と言えば、思春期ですね。
    自分の中で何かが変わったのでしょうね。
    まずは飼い主さんが楽しく、リラックスすること。
    ということは吠え防止グッズや、叱りは必要ないですからね。
    犬は自分で納得して初めて近づいていきたいかなぁ~、と思い始めるので
    強制はNGですね。
    近ければご一緒できますが、
    ぜひどんどんコメントで参加してください。
    ここに来る方はみんな仲間ですよ~。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    そうでしょ~!?
    柴犬のシグナルは大げさで愛らしいですよ。
    そのうち落ち着いてしまうので、本当は思いっきり自分を出させてあげたいのですよね~。
    和犬、ということで、
    先入観ありありでしょ?
    困りますよね。
    巻尾ですけど、どんな犬よりも表情がありますよ。
    じゃんじゃん、デジカメで写真を撮って(全身、出来れば顔も)どんな時にどんな体のシグナルが出るか、勉強されると面白いですね。
    耳も目も、色々な部分でお話しします!

  12. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。
    私は凄くないよ~。
    たまに飛び出るギャグに凄いこともある、かな・・・?( ´艸`)
    >犬はそもそも人間ではなく犬だということを知った上で可愛がる。
    そうですよ~。
    さすがルナママさんだ!
    犬には犬の幸せがありますものね。
    それが願わくば、飼い主と同じ方向性を持ったものでありますように。
    飼い主の努力が試されることでしょうか。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    うわ~ぉ!はじめまして~。
    柴犬2匹ですか!
    そりゃ、激しくバトルしますね。
    遊びですね。
    仲がいいほど激しく遊べると思いますよ。
    致命的なけがを負わせない、抑制の利いた遊びのはずです。
    「これが~~~?」
    って思うほど激しいでしょうけど・・・(゚_゚i)
    これからもよろしく。頑張ってくださいね。

  14. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。
    人間が叱っても大人しくならないのに、
    犬の吠えって素晴らしいですよね。
    ということは・・・
    人間が嫌う吠え、というのは本来、コミュニケーションにとって重要なものなんでしょうね。
    吠えても、動じず、吠えた犬を観察できる犬が、犬語の分かる犬、
    たとえ挨拶ができなくても、避ける選択ができるようになればいいのかな?
    そうも思います。
    犬の前に出たい時は、リードを両手で持って、おなかの前で固定し、左足を犬の顔の前に出して行く手を遮ります。
    その時、転移性の咬みが出るといけないので、
    咄嗟の行動でも動じないように、ガッチャエクササイズをします。
    フセですけど、あぶさんの中では、伏せて次に吠えかかろうとしているのですよね、
    ということは伏せて見させていることは、許可しているということになります。
    理想的には、「行こう!」
    で歩きだせるといいですね。
    ↓smallcountryさんもおっしゃっていますが、
    フセの違いに気がつかないといけません。
    自分が犬らしく!
    いいですねっ!

  15. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    寒い日が続いて雪が溶けていないところをお散歩するため、最近ますます小汚い格好で過ごす日々です(着替えればいいんですけど、楽チンなんですね。汚れても良い格好って)。
    今日の夕方のお散歩中、お店の前でつながれて飼い主さんを待っている仔がいました。Panは見つけるとすぐに挨拶したくて突進しようとします。でも、あちらは飼い主さんがいないし…。躊躇しているとPanは「クゥイン、ワン」とその仔に声をかけました。気づいたワンコさんも、「ワン」と返事をして、Panの方に来たそうなそぶりを見せました。
    でも、結局私は迂回して近づけずにその場を去りました。Panはとっても名残惜しそうに振り返り振り返りしてました。
    「犬は犬同士」とは言っても、こんな時には、どうしたらよいでしょう?
    あと10日で8ヶ月になるPanですが、最近寝ている時とお散歩の時以外、なんだか落ち着かない様子でよく吠えます。吠えている理由もよくわかりません(Panには何か聞こえているのかもしれませんが)。「名前を呼んで、来たらおやつ」はやっていますが、戻るとすぐに吠え始めるし、私の手を離せない時に吠えることが多いのでどうしたものかと思っています。帰省したり、お客さんが来たり、落ち着かない年末年始を過ごしてやっといつもの生活に戻ったので、そのせいかなぁ…。それともこれが「思春期」というやつでしょうか?
    メンバーにならないとメッセージが送れないようなので、コメントに書き込ませていただきましたm(_ _ )m。

  16. トミピー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はなちゃんのように挨拶の時に伏せてしまうオスカー(ゴールデンドゥードル1歳2か月♂)がいます。40?以上あるのにどんなに小さい子にもお腹を見せてしまします。こんな時ガウガウルークがルナちゃんのよう間に入ろうとするのです。(ルナちゃんのように素敵な教育係にはなれませんが、気持ちは同じなのかな?)
    今回のテーマを見て犬って会話してるんだ!と改めて感心しました。
    チャーリーママさんのブログで勉強してなければ見過ごしてしまう犬のやり取りです。
    ルークはおかげさまでランでは元気に走ってます!
    「おいらもオスカーも母さんに守ってもらってるから大丈夫なんだ!」って顔してます。

  17. SECRET: 0
    PASS:
    そうです。
    まず観察して、攻撃的な意味合いがあるのなら、回避の措置を取らないといけない。
    犬に任せ過ぎ、ということもあります。
    というか、観察不足かな。
    集中しすぎて、飼い主の言葉が耳に入らなくなって、リードを強く引く、そして、余計に攻撃的になる、という悪循環ですかね。
    素晴らしいですね~。特訓の成果・・・いいですね。頑張りましたものね。
    そう!皆さん、一生懸命。
    真摯な態度で、心が洗われます。
    こういう方々が経験を積めば、素晴らしい犬との共生の波が広がります。
    私も毎日気づきの連続で、鍛えられます。楽しいです♪

  18. SECRET: 0
    PASS:
    雪がなくても小汚い格好のチャーリーママでございます。
    綺麗な服・・・ないし・・・( ̄ー ̄;
    まあ、それはそれとして(笑)
    犬は犬同士ですが、
    我慢してもらうことも覚えてもらわないといけませんね。
    相手の飼い主さんがいらっしゃればいいですけどね。
    何が起こるかわかりませんし。
    私は用心深いので、危ないことは避けます。
    思春期もあるでしょうね。
    あとは環境の変化に、脳がついて行ってない、ということもあるでしょうし。
    これからしばらく、要観察ですね。またご報告してくださるとうれしいです。
    前のgooメールのアドレスはまだそのまま使えますよ。
    よろしければそこへメールください。

  19. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは♪
    お友達(?)からメールいただきました。
    これからお返事を書きます。ちょいと遠いですね。
    でも、往復4時間くらいかな?
    交通費がかかりますから・・・
    オスカー君は優しいのですね。世渡り上手と呼んでいます。^^
    ルーク君はもともと教育係的な気質があるのですね。
    もっと自信がついてくると、さりげない技が披露できるのかもしれないですね。
    それはそれで、楽しみではないですか?(≡^∇^≡)

タイトルとURLをコピーしました