触り慣れていないから、敏感になる

この記事は約2分で読めます。

敏感すぎる肌の犬が多いと感じています。
首輪も付けられない、ブラッシングで咬む、足を拭くと咬むなど、
我慢できずに咬む行為に移るという行為は
犬の支配性ではなくて、敏感すぎる肌、と考えた方が納得できそうです。

昨日お話ししました。

これをもう少し考えてみます。

あるサイトで、次のような記述を見ました。
グェって感じで、気が動転しましたがあせる・・・さて、あなたも動転するかどうか
ちょっと読んでみてくださいませ。

>柴犬は足を拭かれるのが嫌いで咬みつく犬が多いが、
これは特に柴犬の足には敏感な神経が通っているから・・・

どうでしょう?叫び
私は息が止まりそうでしたが(止めませんけどね)納得してしまう方もいるのでしょうか?
そこまで、犬種で違うものなのか!
(そう言い切っていいのか!)

足を拭かれるのが嫌なのはコーギーもなかなか嫌がる仔が多いですよね。
「ある日突然、咬むんです」
というように・・・

大抵、突然の前触れはあるし、飼い主さんが何気に腹を立てながらごしごししたのが
追い詰められたと感じてしまったのかもしれないし、
まあ、遊びでも前足を攻撃されると、エキサイトしますしね。
急所は急所でしょう。
ただ・・・
柴だけではない。

ムツゴロウさんはこうおっしゃってました。
「柴のような古いタイプの犬は、良い方、悪い方、どちらに転ぶか分からない時期、に
丁寧に飼育しないと、性格がねじ曲がる。」
と・・・

良い方、悪い方どちらに転ぶか分からない時期、これは社会化期から思春期にかけてですかね。
私はそう理解しているのですが・・・

その時期に、追い詰められたと感じるような飼育法をしてしまうと
人に対して心を開かなくなる、
とっさのときに咬みつきを現しやすくなるのだと思います。
(警戒心をやたらに植え付ける、ということ。)

だから!

突然咬むわけではなく、必ず前兆があるわけですし、
もしそれに気がつかないようでしたら、
犬の飼育に関して、無関心すぎたと反省しなくてはいけないはずです。
犬が悪いわけではない。

明日に続きます。

コメント

  1. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    TAROを飼うまで気持ちの決着をつけるのに
    10年かかった「原因」は実家で飼っていた犬
    なのですが、柴でした。
    柴とヨーキーの違いはたくさんあるけど
    そもそも接し方、飼育理念が違うとこうも
    違ってくるのか と思っているのは私だけ
    でなく、この冬休みに遊びに来ていた妹も
    同意見なようです。
    でも彼女はTAROが公園で遊ぶ姿を見て、
    自分も犬を飼おうと思っていたけど、やめておく
    と言っていました。
    自分のライフスタイルを考え、まだ時期ではない
    と判断したようです。
    犬種ではないのですよね。犬と向き合う姿勢なのですよね。

  2. すかい より:

    SECRET: 0
    PASS:
    柴犬は云々・・・ちょっと前なら確実に
    「へえ~そうなんだ~~」と思い、
    柴犬を飼ってる子にも教えたと思います。
    けど、今は大丈夫です^^
    わんたと暮らしてみて、犬にも人格と言うか
    性格や気質が備わっている事を実感してます。
    同じ犬種でも、育て方が違いますよね。
    しつけの本を鵜呑みにして、うちの子は馬鹿だ!
    という飼い主さんが近所にいますが・・・
    本よりも犬を見て欲しいと、切に願います。

  3. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん、おはようございます。
    アンディも他人に触られる事にまだまだ警戒心があり、自分から傍に行っても他人の手が出てくると尻込みする事がまだまだあります。慣れるまでは。犬を飼っている人でもアンディが唸っているのにも関わらず、触ろうとしてアンディが歯を当てた事もあり、一応謝りましたが、アンディの警告を無視してしまったからなのよねって言いたかったです。その方からは、「大丈夫ですよ、私が悪いんだから」と言って下さったのでトラブルはなく、アンディも何事もなく、また傍に行ったりしてましたがね(笑)自分の飼い犬が人間大好きだと、やはり同じように接してしまう気持ちもよくわかります。
    うちの娘もたまに、アンディの警告を無視してしつこく抱こうとして指先をカブっとされて泣いてます。「あなたがもし、しつこくされたらどうする?嫌になるでしょ?」と言って納得はするものの…アンディを抱っこしたい気持ちが強いんですよね(^^;小学生ですが、アンディと精神年齢一緒?って思う事も。娘は抱きたいから抱く!アンディは嫌だから怒って歯を当てたりちょい噛みする。本能でお互い行動してる感じですよ(^_^)

  4. ルークママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。
    >>足を拭かれるのが嫌なのは、コーギーもなかなか嫌がる仔が多いですよね。
    ボーダーも多いですよ。
    私はてっきり、ボーダーの足には敏感な神経が通っているから
    だと思っていました(爆)
    友人のトリマーさんに、「訓練士さんについている犬は多いのに、足に触れない。訓練士さんて、足先を触ったりすることは教えないの?」
    と聞かれたことを思い出しました。A=´、`=)ゞ
    オビよりアジより基本なこと、ありますよねぇ。
    うちは、私の肉球フェチが幸いして(笑)、里子の子を除いて足先は大丈夫ですが、爪きりを見たとたんにものすごい勢いで足を隠します。これも何とかしたいと頑張ってはいるのですが、先日、その子が爪切りに威嚇して空咬みしたので避けようとしたところ手に歯が当たってしまい、痛かったのなんのって・・・。
    自分の犬の爪くらいちゃんと切れるようになりたいなぁ。トホホ。

  5. Keina より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    私の母も大の犬好き。
    しかも日本犬が大好きです。
    私が小さな頃は祖母の家に秋田犬がいたので家系なのかな・・・
    今、実家にいる柴犬は2匹目で、もう15才のおばあちゃんです。
    この柴犬がパピーの頃は「この仔病気?」と思う程、気質の荒い仔でした。
    まだ2ヶ月足らずなのに牙を剥いて唸るのですから。
    脱走に噛み付き、物を守る、地面を掘るなど
    問題行動とされるすべてを網羅したのではないか(笑)と思うくらいのヤンチャッぷり。
    その頃は今のようにトレーニングできる場所なども少なくて
    素人家族で何とか向き合って来ました。
    特別、何かをしたわけじゃないけど
    母は厳しかったですね~。毅然としてました。
    格闘しているところを何度も見ましたから・・・
    今ではね、誰が来ても耳を後ろにそっくり返らせ
    腰までクネクネさせながら尻尾を振るような愛想の良い仔。
    それが根底にあるからメグの気難しさも何とかなるって思えるのかもしれません。
    どんなに大変でも心の中に「可愛くて可愛くて仕方ない」って思いがあれば
    いつかは通じ合えるものですよね♪

  6. Keina より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今、実家の柴犬ナナ↑の事を話していて思い出したんですけど
    実はナナに対しては、かなり厳しい事をしていた気がするんです。
    マズルを握って叱ったりもしたし馬乗り(体重はかけませんけど(^_^;))になって叱った事もあります。
    横っ面を張り倒した事(ビンタ?)もあるようでした。
    今のナナを見ていると、それが100%間違っていたとも思えない部分もあります。
    そうかと思えば知り合いの柴犬は
    体罰を繰り返されていたために飼い主を見るだけで牙を剥いて唸り
    近づくと噛み付くようになってしまったそうなんです。
    そしてある日、その仔はいなくなっていました。
    今の私は体罰など断固反対派ですが
    褒めながら育ててナナをここまでに出来ただろうかと思うと
    それも疑問に思います。
    ひとくくりには語れない、しつけの難しさなのでしょうか。

  7. ゆきわさ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん、はじめまして
    米国在住のゆきわさと申します、E.ブルドッグのわさび(♀ 1才半)と暮らしています
    うちの犬に攻撃的なところがあり、ポジティブトレーニング法(米国ではこう言いますが、まさしく社会化トレーニングのことです)でトレーニングしているのですが、それでは治らないのでは?と言われて、訓練の仕方を変えようかと悩んでいた時にここにたどり着きました。
    わさびはおとなしくて、とても怖がりで、気が小さくて、自分に自信がない“ひとりっこ”タイプで、古いトレーニング法(支配性トレーニング)では、彼女の攻撃性に当てはまらないところが多々あって理解に苦しんでいたのですが、チャーリーママさんの攻撃性の説明を読んで、そうだ、その通りだわ!とひざを打つほど、納得できました!
    最近では毎日拝見するのが楽しみになっておりますが、チャーリーママさんの一言は
    いつも深い!! 自分の反省点や課題を見つけるよいアドバイスになっています
    これからもチャーリーママさんのアドバイスを励みにトレーニングがんばります!
    どうぞよろしくお願いします

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >犬種ではないのですよね。犬と向き合う姿勢なのですよね。
    本当に!仰るとおりですね!
    妹さん、TARO君といいコンビの!
    まだ時期ではないと・・・
    じっくり、その時を待たれるという姿勢はとても素晴らしいと思います。
    私たちがそのように深く考えることができたら
    不幸な犬は少なくなっていくのだろうなぁ、と思いました。
    柴犬・・・
    かなり乱暴な繁殖も手伝って、難しい仔が多いです。
    後は、独立心が高く、犬の中で育てた方がいいという犬種であること、社会化期が短い(と私は感じています)ことなど、飼いやすいとは言えないですね。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    ちょっと前なら「へぇ~、そうなんだ」って・・・
    何となくはっきり言われると妙に説得力あるんですよね~。
    怖いです。
    >本よりも犬を見て欲しいと、切に願います。
    ああ~!素晴らしいですね。
    ここに来る方はみなさん名言をおっしゃる!

  10. SECRET: 0
    PASS:
    みーなさん、こんにちは♪
    チャーリーもはっきり言って他人から撫でられるのは嫌いです。
    おやつをもらうのは大好きですが。(苦笑)
    犬はしつこくされるのは基本的に嫌いですね。
    中には好きな子もいますけど。
    仰るとおり、自分の犬が人間が大好きだと
    吠えたり、触られるのを嫌がったりすると
    「なんで!?」
    と思いますよね。これはしょうがないですが、分かってあげて欲しいとも思います。

  11. ぎんたろう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「柴のような古いタイプの犬は、良い方、悪い方、どちらに転ぶか分からない時期、に
    丁寧に飼育しないと、性格がねじ曲がる。」
    とのこと。
    うちの銀(柴・もうすぐ一歳)は丁度思春期前後から、チャーリーママさんのやり方を取り入れたんです。訓練士さんのやり方のいいところ「毅然と犬として扱う」をしながら、犬の接し方はチャーリーママさんのおっしゃるような「肌をなぜて、“いい子だよ・・”とやさしく声をかける」と。
    暴力で抑えつけようとしたときには、その倍くらいの力で歯をむいてきていた銀が、こちらが力を抜いて「いい子だね・・」と囁くようにやさしく触れるようになった本当に瞬間、体の力を抜いて、ペロッとなめてきた。また、体を触らせてくれるようになったのも、声かけを変えた時期と一致しています。
    劇的な犬との関係の変化でした。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    >私はてっきり、ボーダーの足には敏感な神経が通っているからだと思っていました
    ( ´艸`)
    これには相当ツボりました!
    当分笑いには事欠きません。嫌なことがあったらこのフレーズを思い出します!(きっぱり!)
    そうですね、生活する上で最も基本的なこと・・・
    どこを触られても触らせてくれる、ということね。
    特別教えなくても、要は毎日の触れ合い、ということだと思いますけどね。
    フェチになるくらいがいいと睨んでいます。( ̄▽+ ̄*)
    里子・・・?

  13. SECRET: 0
    PASS:
    ナナちゃんは今ではほのぼのとした感じですが、そんな武勇伝があったのですね!?
    2か月足らず、だったからこそ厳しさもよかったですね。
    母犬がまだ教育する時期ですので、強い仔にはかなり厳しく教育するみたいですよ。
    しかもそれは愛情がこもっているから。
    体罰が絶対にいけないということはないと思います。
    心がひりひりする感じがあって
    体罰がマニュアル化していなくて、
    たっぷり愛してあげられれば、必ず気持は通じるはずだと思います。
    が・・・!
    通じないくらいに、もろい子もいます。
    難しいところです。
    思春期の繰り返される体罰は厳禁です。
    育てには時期も見極めないといけないと思います。

  14. SECRET: 0
    PASS:
    初めまして♪
    ブルちゃんですか~。
    まだ若いので、攻撃が反射になることは避けなくてはいけませんね。
    ということから、支配性のトレーニングはよした方がいいと思います。
    恐がって、何かを遠ざけたいというのがわさびちゃんの真意のはずですから、
    まずは、自信をつけるように、
    事あるごとに
    「YES!」
    と褒めてあげられるように頑張ってみてください。
    こちらこそ、よろしくお願いします。
    いつでも、来てくださいね!('-^*)/

  15. ととまま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今年もよろしくお願いします♪
    ととは、どこを触られても大丈夫な子です。
    特に気をつけていたわけではないので、生まれ持ったものでしょうか?
    爪切り、スプレー、ブラシなど、道具には、しばらく抵抗しましたが、
    それも慣れてしまえば爪切り中に寝ちゃったりします。
    ボーダーですが、足を拭くときには、順番に自分で足をあげます。
    ボーダーですが・・・・(笑)
    近所の子どもたちにも、お腹やしっぽや、体じゅう撫でまわされても喜んでいます。
    ただ、心配なのは、この子たちが他のワンちゃんにも、そうしてしまわないか。
    毎回毎回、注意はしてるんですが、まだヨチヨチの子もいて。
    それでも必ず言っておこうと思っています。
    ・・・シワほうれい線は、劇的に変化しないんですね。。了解です(笑)

  16. だらだらな爺 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    体を撫でることは多分犬を扱う上で重要なことのひとつだと思っています。
    遊びながらバシバシ叩くような愛撫やしっとりとした愛撫を使い分けることは特別なことではないと思っています。
    普通訓練士は意識していなくてもやってます。よっぽどへぼな訓練しを見てしまったのかなと思います。
    又トリミングに慣れているボーダーにも?です。
    僕は犬がへそ天になってるとき腹から太ももを撫ぜています。時々乳首もつまみます。。。

  17. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは♪
    人間の思い込みが相当幅を利かせています。
    歯をむく、唸るには、力で押さえ込まないといけない、とか。
    あるいは、人間の恐怖心からの反応なのでしょうねぇ。
    ムツゴロウさんも昔は力で対していたそうですよ。
    でも・・・多くの咬み犬に触れて、下からふわっと犬に受け入れられるように接した時に、
    ぎんたろうさんの感じた
    >劇的な犬との関係の変化
    を感じたそうです。
    誰だって、向かってこられたら恐ろしくて反撃しますからね。
    反撃するなという方が無理でしょう。

  18. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは♪
    その節はありがとうございました。^^
    宣伝も、20日過ぎには削除できるオプションが出来ましたよ~。
    有料ですが。(^o^;)
    シワほうれい線・・・見納めですよぉ~。(爆)
    ボーダー・・・
    特別な神経の無いボーダーですか!?┐( ̄ヘ ̄)┌
    生まれ持った性格でしょうね。家庭環境も微妙に絡んでのことでしょうけど。
    甘ったれ?ですか?

  19. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは~。
    犬と仲良くなるためには、
    撫で撫でするだけではダメですよね。
    荒っぽい遊び、一転して優しく・・・
    この使い分けのできる人は、訓練士でなくても犬の扱いに安心感が持てます。
    が!
    荒いだけ、または触れない人。か、
    優しく、またはおっかなびっくり撫でるだけ、
    とか偏っていますので、犬はちょっとかわいそうかな?と感じますね。
    >僕は犬がへそ天になってるとき腹から太ももを撫ぜています。時々乳首もつまみます。。。
    (///∇//)キャッ!

  20. jacky0728 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ですね。犬種によってって言われたら、この犬種は飼いたくないとか言う人が、出てきちゃいますよね! 飼い方で絶対に性格が変わってくると思うのですが… 失礼した話ですね。

  21. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    連投で恐縮です
    「噛む・警戒」と話がそれてしまうかもしれませんが、今日、「おや」っと思った出来事がありましたのでコメントを残しました。詳しくは私のブログにアップしたのですが、要するに、犬に復讐をするという気持ちはないというのは本当だろうか、という疑問です。対 人間にはなくても、対 犬ではどうだろう ということです。
    お時間・機会があります時、お考えをお聞かせいただければ幸いです。
    コメントではなく、問題提起で重ね重ね恐縮です

  22. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    遅ればせながら…あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!!
    年末年始の非日常から、やっと日常の暮らしに戻りました。…と思ったら雪!今日はお散歩をさぼったので(昨日までちょっとストレスの多い生活だったせいもあるのか)、ずっといたずらしたり甘えたり、おしっこを失敗したり(-。-;)のPanでした。
    Panはもつれやすい毛質なので、お散歩の後には必ず仰向け抱っこして全身の毛をコーミングするようにしています。
    「お散歩の度ごとに面倒くさいなぁ」と思う時もありますが、これのおかげで必ず毎日全身をくまなく触る習慣ができたのはよかったのかもしれません。Panは、お散歩の後の疲労感とコーミングの心地よさが相まって、必ずウトウトと眠るようになりました。

  23. まにゃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    乱暴な説ですねっ♪ う~ん。。。
    足って結構敏感だからねぇ~って・・・
    慣れたら大丈夫ですよねっ♪
    うちの柴も甲斐も、どこ触っても大丈夫でしたよ♪
    たぶん慣れですよねっ♪
    知り合いのシッターさんは黒ラブちゃんで足拭きの時、噛まれたそうですよ!
    どの犬種でも慣れてないせいなのでしょうね。。
    無理やりつかまれて、ゴシゴシだと嫌ですものね!
    その仔にあった強さや触り方の違いがあると思うし、大事な時期に慣れさせて置くのが大切なのでしょう。。
    柴だから仕方が無い!と云われるのは。。。
    悲しいかも!!
    我が家の足拭きは、ゲーム感覚で楽しく、我慢してもらって、おもいっきりおやつの期待で楽しみにしてもらい、
    終わりの合図で一気に飛び跳ねてお部屋に入ってます。
    それでも、引っ張りすぎたりしたら足引っ込めたりしますもの・・優しくしないとねっ♪
    柴や日本犬の名誉のため、犬種のせいじゃないよっ!!って言いたかった♪
    犬の反応として、わかりやすい方だからやりやすいと思いますよっ!
    すぐに覚える賢さもあるし、チャーリーママが云う様に、カーミングシグナルも多いと思います。
    以外と、コミュニケーション上手! おしゃべりともいうかしら?

  24. SECRET: 0
    PASS:
    いらっしゃ~い♪
    不思議ですよね。
    こんなことがあるところではまかり通る世界なのか、犬の世界は!
    という感じでますます、失礼な気がしますね。

  25. SECRET: 0
    PASS:
    先ほどお邪魔させていただきました。^^
    確かに!対人間にはないような気がします。
    やはり犬と人間は特別な契約で結ばれているからでしょうか?(これもムツゴロウさんから聞いた話なの)
    体犬に対してはあるでしょ!
    個体差はあるでしょうけど。知能指数の問題かしら?復讐はボーっとしていたら無理よね。f^_^;

  26. SECRET: 0
    PASS:
    明けましておめでとうございます。
    お忙しかったのですね。体調は崩されていませんか?皆様。
    雪ですね。
    小田原は雨です。梅も咲き始めています。
    Pan君、柔らかな美しい被毛でしたね。
    面倒ですけどね、お手入れ。でも、習慣にするとしないと気持ち悪いですからね。
    仰向け抱っこ、気に入ってもらってよかったですね。気持ちがいいと思いますよ。
    真にくつろぐ時はへそ天ですもんね。

  27. SECRET: 0
    PASS:
    乱暴でしょ?
    このブログの宣伝に出てくるある有名な方の説ですよ。(ここだけの話^^;)
    やはり、期待感ですよね。ポイントは。
    契約といってもいいかな。
    犬にとって足を拭くとかは???な行動だから
    我慢してもらうんだから、ご褒美は絶対よね♪
    明日から少し柴ちゃんのこと書きます。
    お散歩トレーニングに参加してもらっている仔で
    成長著しいの。
    ちなみに私も、柴に限らず、和犬は大好き。
    おしゃべりですよね、うるさいくらい。о(ж>▽<)y ☆

タイトルとURLをコピーしました