関連付けを執着に発展させてしまった・・・

この記事は約2分で読めます。

とっさのときの行動の制止が、痛みとか苦しみを伴うものだとすると
犬は簡単に、目の前のものと、苦しみ、痛みを関連付けてしまいます。
ということは・・・
チェ-ンチョーカーをつけられた犬が、吠えかかろうとした時に
飼い主さんにリードをジャークされて、
犬=痛い・苦しい=嫌だ=他の犬は危険だ
と関連付けてしまいやすいですよ・・・

昨日お話ししましたが、今日はこれを発展させたいと思います。
犬を見ると狂ったように吠える・・・
この攻撃性に見える、恐怖症状(トラウマ)についてお話ししてきたことにもかぶる話です。

犬との出会い方、これは運不運もありますよね。
どんなにご自分の犬が良く社会化されていても、相手の犬が突然噛みつく犬だった、
そしてそれが連続して起こった、
逃げ場がないと感じた、
飼い主さんがギャーギャーパニックになった、
自分は逃げたいけど、リードが邪魔して逃げられないと感じた、
執拗に相手の犬が攻撃する・・・など・・・
不幸が重なると犬は出会いのまずさがトラウマになります。
どんなに性格の良い子であろうと、恐怖はどうしようもないのです。
ここ、日本では、オンリードが法律で定められています。
どんなに呼び戻しが出来ていようと、決まっていることは守らないと
犬が不利益を被る結果が待っています。
なので、犬が危険だと感じても逃げられないわけです。
また、
ドッグランで小型犬を追いかけまわす大型犬がいますが、小型犬はどんなに必死で逃げても
逃げ切ることが出来なければ、追い詰められたと感じるでしょう。
切羽詰まった感じ。
人間が思うより簡単に犬は恐怖をトラウマにしやすい動物です、私はそう思います。

ですので!
力を駆使した矯正をやめていただきたいのです。
チェーンチョーカーでの引き戻し、どなり、など、
どんな犬でも追い詰められたと感じると、行き場のないもやもやは
さらに弱いところに向かいます。
弱い者いじめ、をします。あせる

犬との出会いで、吠える、相手の犬は飼い主さんとともに迂回する
犬は追い払ったと感じる、
結果自分は強い、逃げた相手は弱い、
自分でも何とかできる場面が・・・犬との出会い。そして
自分が吠える、ということに自信がつく。
吠えて相手を追い払うということ・・・自分は強いと感じる。

というような、哀れな条件付け、関連付けをすることも、意外に簡単なのです。

犬と会った時の吠え、これは意外に執着であるような気もしますね・・・。しょぼん

コメント

  1. ルークママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    うちは良く小型犬に吠えられるのですが(笑)、吠えの内容によりうちの犬の反応も違うようです。
    私が感じるのは、警戒吠え、恐怖による威嚇、♂同士の攻撃、宿敵からの喧嘩のお誘い、そしてママさんの記事にあった「自信を持って相手を追い払おうとする吠え」などなど。
    それによって、まったく気にならないか、無視しようとするか、吠えられてもちょっと興味を持っちゃうか、吠え返すか、考えているように思います。
    大概の場合は、おたがいさま~♪なのですが、中には
    「うちの犬は自分より大きな相手に戦いを挑んで勇ましい!そんな姿が微笑ましい!」
    と思われている方もいらっしゃって。
    こんな方に限って、うちが吠え返すと
    「ちっちゃな子に向って吠えるなんて、アリエナイ・・・」と言わんばかりに眉をひそめる。
    大型犬と小型犬は大人と子供の関係ではありません。
    背の高い大人だって、背の低い大人に怒鳴りながら走り寄られたらコワイです。
    ・・・ちょっとグチっちゃいました~。

  2. yoko より:

    SECRET: 0
    PASS:
    犬が苦手なモモですが、地道に馴らしてきた結果、仔犬の頃に比べると挨拶できるワンコも少しずつ増えてきました。
    いつも挨拶するしないの判断はモモに任せていますが、挨拶した後、じゃれが激しい子やちょっとしつこいかなと思える子もいます。
    あまり過保護な反応はしたくないので、多少はほっておくのですが、いつもどのくらいの段階で助け舟を入れてあげるべきか悩みます。
    せっかくよい方向に向かっていても、ちょっとした油断でトラウマになる可能性があるということですよね。
    >>犬と会った時の吠え、これは意外に執着であるような気もしますね・・・。
    これって、なんとなくわかるような気がします。

  3. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    このことがいま、一番、気がかりなことです(>_<)
    こちらにいても「一緒に遊べない仔」はたくさんいるので、十分に気をつけて接さないといけないことだと思います。獣医さんに行って、「誰とでも遊べると思ったのに」という飼い主の過信が原因となって怪我をした仔を見るたびに引き締まる思いです。犬だけでなく飼い主にとっても大きなトラウマとなりますよね。
    先日いつもいく公園にいたるところに張り紙が貼ってありました。「こんな犬達を連れている人に注意をしましょう。うちの仔が噛まれました。同じく被害にあった人は連絡を」ということでした。おそらく被害者が団結してその飼い主の責任能力を行政機関を通して問うアクションを起こすのだと思います。自分もいつ被害者もしくは加害者になるかもしれないから・・・やっぱり地道なトレーニングと早期危険回避の目が大切なのですよね。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    吠えられても、吠えの内容によっては
    色々な反応うするのが社会性のある犬だと思っています。
    無礼な吠えには吠え返すこともありだと思います。
    また、ボディーランゲージを読みとっているのでしょうね。
    犬語ですからね。犬はよくわかっています。
    ただ・・・
    >「うちの犬は自分より大きな相手に戦いを挑んで勇ましい!そんな姿が微笑ましい!」
    このような方に育てられた犬は犬語を忘れてしまうことが多いので要注意です。
    犬にも飼い主にも要注意。
    >「自信を持って相手を追い払おうとする吠え」
    これには、吠えて教育してくれることが一番ありがたいのですが・・・
    なかなか色々な面で難しいです。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    そうかそうか!keinaさんのところでお見かけした
    yokoさんなのね!
    シーザーミラン、お読みになったのですね。
    私も多くの点で方法は違いますが、犬についての記述は最高だと思います。
    耳が痛いことが多いですけどね。」f^_^;
    そうですね、介入しないで、という方も多いですが、相手もいることですしね~、
    難しい。
    私が取る方法は、相手の犬と私が遊び始めます。気を引くとかね。
    日頃から犬語を話せるようにしないと犬は乗って来ませんが・・・
    そうすると、どちらにとってもダメージが少なく
    挨拶が終了できると思います。
    これもまた難しいですけど・・・
    どんなことでも遊べるとか、挨拶が出来るのがいいわけではないので、
    飼い主さんから見て「ちょっと~」
    と思った時点で、間に入ってもいいと私は思います。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    ああ~、そちらでもそうですか・・・
    オフリードでも回避は難しい場面がある、ということですね。
    相手の犬がストレスをためていたりして
    好戦的だったり、犬語を忘れている場合があるので、
    本当に注意しなくてはいけませんよね。
    被害者も加害者も・・・
    考えただけでもぞっとします。

  7. なかじ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    無意識のうちに悪循環になってる感じですね(∋_∈)
    お願いできる人なら協力してもらって、落ち着くまで一緒にいてもらったりした方がよいのでしょうか…
    わんこの社会化教室とゆうのがあり、見守り役でトレーナーさんが一人いて、飼い主は立ち会わず、犬が犬の社会を学ぶ事が目的で、万が一の時はトレーナーさんが止めてくれる感じです。
    そのような場所は執着を無くすには良いのでしょうか?

  8. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >犬との出会いで、吠える、相手の犬は飼い主さんとともに迂回する犬は追い払ったと感じる、
    >結果自分は強い、逃げた相手は弱い、
    なるほど! そんな見解もあるのですね。
    経験上の話しですが、強がりな性格で社会化不足の犬は、10頭以上の同型サイズの群れに入れてしまったほうが馴れは早いです。
    普段は強がっても、群れの中では非力であることを知ることになります。
    飼い主不在の社会化教室というのは良いアイデアですね。 ドッグランなどで問題なのは、飼い主の私情や相手への遠慮を抱いてしまう為、問題が発生した場合に適切な対処がされないことがあるのが問題です。
    例えば、悪さをした犬の飼い主の意識レベルが低い場合、問題犬を速やかに抑えようとせず、逆に被害犬の飼い主が自分の犬を抱え込むという不合理さなど。
    僕はタローを職場の群れに入れた際も、私情を挟まず公平に見ていました。 問題発生時には客観的な対処が必要なのです。
    公の場で自分の子供や犬を教育出来ない人であれば、トレーナー任せの社会化教室も良いのではないでしょうか。 

  9. SECRET: 0
    PASS:
    次のコメント見させていただきました~。
    藤沢ですか?
    明日も藤沢からいらっしゃいますよ。初めての方です。
    どんなに吠えられても動じないパピラブ、ルナちゃん。
    どんなに臆病な子でも低姿勢でお迎えするパピラブはなちゃん。
    最初はガウるけど、辛抱強いうちのチャーリーが
    お相手します。
    チャーリーは頭数が多い時は出席しませんが。
    ぜひどうぞ!
    わんこの社会化教室いいですね。
    ただ、教育係がいるか、いなければトレーナーがその代わりが出来るかがポイントです。
    どこでしょう?それは?
    興味深いですね。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    小型犬で、臆病でないとか、やけに関連付けの上手な犬に多いタイプ。
    自作自演、そして撃沈タイプと呼んでいます。
    まさに!チャーリーがそうかと思われます。(爆)
    やれやれ・・・
    飼い主の意識の向上がお散歩トレーニングの
    目的の一つでもあります。
    土kに出かけても冷静に観察できる目は一生の宝ですから!
    >トレーナー任せの社会化教室も
    若い方は少々乱暴なので冷や冷やしますが
    年をとっていればいいというものでもなく・・・
    社会化をしっかり理解してもらわないと悲惨な事にもなります。

  11. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今、タローと昼寝していました。( ̄▽ ̄)
    >飼い主の意識の向上がお散歩トレーニングの
    目的の一つでもあります。
    ここに来て「お散歩トレーニング」というのを知った時にはピンとこないものがありましたが、扱い方重視のしつけ教室とは趣旨が異なり、特に初心者の飼い主と犬の為には色々な経験値と自信を高める為に最も効果的な教室であると、後に理解しました。
    社会化は散歩をしながら行なうものなので、それがきちんと出来れば社会化教室に出す必要もありませんよね。(^^)
    今日の散歩もワンコに出会わなかったのですが、その変りに幼児を連れた親子が集う近所の公園に行って、チビッ子触れ合いをしてきました。
    タローは嬉しくも何ともないですが、こういう接点や刺激というものは社会性を維持するうえでは何歳になっても大切ですから。
    それと同時に、犬の触り方も子供と母親に教えてあげます。 過去に出会った幼児の8割は、初めはタローの視界に立っています。
    でも触ろうとするときは、タロー死角となる腰からお尻にかけて回り込んで、腰付近を触ろうとします。
    犬に不慣れな3~4歳のチビッ子にとって、紀州犬は超大型な存在なので、触るのも怖い訳です。 
    そこで、死角から接近して触るのは良くないことを教えてあげるのですが、母親たちの反応が「なるほど!」という場合と、無関心な場合があります。
    別にタローは僕が付いている状況で死角から触られても問題ないのですが、他の犬に同じ様に接してチビッ子が噛まれたら気の毒ですからね。
    チビッ子触れ合いは昔からしていますが、敢えて教えるようになったのは、昨年ここでBUNさんの日頃の取り組みをコメントで見てからです。(^^)

  12. SECRET: 0
    PASS:
    先ほどのレスの
    >土kに出かけても
    って何でしょう?(大爆)(→o←)ゞ
    寝ぼけていたのかさっぱり意味不明で失礼しました~。
    >母親たちの反応が「なるほど!」という場合と、無関心な場合があります。
    この、なるほどって思う人は、将来犬を飼っても
    飼育に熱心になってくれるでしょうね。^^
    どんどん教えてくださいねっ!
    正しいことはみんなに伝えて、みんなで意識を高めましょう!

  13. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >土kに出かけても 
    「何処かに出かけても」と、普通に読めましたので、何も問題ないですよ。(笑)

  14. SECRET: 0
    PASS:
    う~ん、
    フォローありがとうございます~。
    でもねぇ・・・
    何か違うような・・・
    眠れなくなりそうです。(爆)

タイトルとURLをコピーしました