飼い主に思い込みはありませんか?

この記事は約2分で読めます。

犬のシグナルを読み取る
安全距離を考える
挨拶が必要でない場合もある(お互いに)

犬のシグナルについては明後日からお話ししていきましょう。
では、
安全距離
は覚えていますか?以前でてきましたよね?

知識はバラバラでは役にたちませんよ。
いつでも引き出せるようにスタンバイをお願いしますね。
そうすると、生きた知恵に昇華させられます。
合格

安全距離に左右される犬たち
この記事あたりから、安全距離について書いていますので、復習してくださいね。
リードつきのお散歩では、物理的に安全距離は狭いです。逃げられませんから。
安全距離の狭い場面で、安全距離内に他の犬が侵入してきた時、侵入の仕方、などで、
犬は抱かなくてもいい警戒心を抱く、それを頭に入れておいてください。

なので・・・
3つ目、挨拶が必要でない場合もある(お互いに)ということもあります。

飼い主さん同士お話しするときも、犬は飼い主さんの傍らで
座るなり、立つなりして待っていられれば挨拶の必要はないですよ、ということですね。
犬が出会ったら、必ず挨拶しなければいけない、その思い込みをまず
捨ててみましょうか?

人間だって、誰かれ構わず挨拶しないでしょ?
また、誰かれ構わず、喧嘩を売って歩くこともしませんね?
すれ違うだけの方が断然多いじゃないですか?

だから!
無理に挨拶をさせる必要は・・・ないのですよ。本当はね。

ということで、ドッグランなども、案外危険ですね。
お友達同士遊んでいるところに、新しい犬が入って来る時などが一番危険です。
お互いが挨拶行動が出来ない犬同士だと、さらに危険度は増します。
ドッグランはオフリードですが、囲われていますね?
テリトリー意識+自分の匂いを嗅がせられないマナー違反が重なると
とんでもない事故に発展することもあります。

飼い主さんは、犬を甘く見ることはなく、社会化に努め
自信がなければトレーニングに参加して、
自分の犬を制御出来る技術を磨く。これは大型犬、小型犬にかかわらず
すべての犬飼いに求められる事だと思います。
続きますね。

コメント

  1. ダクママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    前からワン仔が来るたび緊張してました
    「安全距離」も状況によって変わります
    大きい仔が苦手ですが
    相手にいきなり吠えるのでびっくりさせてしまう事も・多々あります
    ラブちゃんやゴールデンちゃん堂々としててダクなんて相手にしない態度で無視しててくれてるのにしつこい・・「あんたうるさいよ!」と{チラ}
    そそくさと私の足の間に鼻先ぐりぐりと隠れます私のリラックス感とルンルン具合で安全距離が違うような・・見極めが今一歩難しいです
    観察しつつリラックスして・・緊張感も保ちつつ・・
    かな?
    それとブログ作っちゃいました~
    ヘトヘトです(泣)書きたい気持ちと腕が付いていきません
    チャーリーママさんの事書いて良いですか?
    ちなみに名前の由来で終わってます・・

  2. ルークママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    必ずしも挨拶は必要ではない。
    これは結構、見落としがちだと思います。 子供の公園デビューじゃないですけど、「ほら~お友達よ~」と唸る犬や後ずさりする犬を引っ張りながら近づけてこられると、腰が引けます(私の・・・)。
    ルーク7才は幼馴染の犬たちにしか興味を示しません。 それより私と歩くことが好きです。 ほとんどの犬を無視して歩きます。でもすごく楽しそうに散歩します。
    ♀は、お互いにお尻の臭いを嗅ぐ、というのはOKですが、一方的に後ろに回られてお尻に頭を突っ込まれるとウ”ッと怒って退きます。
    相手の飼い主さんで「あっ!唸ってますよ!」(叱ったほうが良い、という意味で)という人もいますが
    私は“無礼者!”というウォーニングを発しただけと思っているので放っておきます。
    このウ"ッで大概の犬は離れますし。逆に叱って我慢させようとすると、この先に発展するのではと思っているのですが、どうでしょう???

  3. pooh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    安全距離を狭くすること、四苦八苦しています。
    まだまだ、あぶにとっては信頼できる人ではないのかもしれません(^_^;)
    >犬を甘く見ることはなく、社会化に努め
    自信がなければトレーニングに参加
    正直、「ツケ」がうまくいかないので(言わなくてもほぼ、横について歩いてくれますが、一緒に歩くことが楽しいって表情になって欲しいんですよね。)自信がなくなっています。できたらチャーリーママさんのトレーニング参加したいのですが、遠いですからね・・・私一人で参加しようかな。それじゃ、意味無いですよね(笑)
    犬のシグナルのお話も楽しみです。他の犬を見つけると、興味津々に見えるんですけど、攻撃しちゃいますからね。シグナルも私の思いこみがあるのかもしれませんね。期待してます。

  4. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん、こんにちは。
    今日広場でアンディと遊んでると、一頭の小型犬の子供がアンディの傍に来ました。アンディには待たせて相手の犬の様子を見てみると、その犬はアンディに近付いてきて、その飼い主さん夫婦が後から来て様子を見ていたので、アンディをフリーにしました。お互いに顔を近付けてニオイ嗅ぎ、お尻のニオイを嗅ぎ。聴くとその犬は5ヶ月になったばかりの男の子。その内、犬がアンディと遊びの体制になったので様子みていました。アンディも相手をしながら、なんと何か気に入らない事があったのか?子供だからか?時々「ガウガウ~!ガルル!」と怒ると、その犬は一旦離れて伏せ体制。アンディはそのまま動かずに遊びをしかけてくるのを待って。また挑んできたら相手をして怒って。怒っても怯む事なく遊びを仕掛ける犬に暫く尻尾はDown…。テンションが上がってくると尻尾はUp。アンディが怒れば相手は伏せしてアンディの傍に来て顔を付け合わせ、遊びの体制の繰り返し。アンディは怒っても噛み付き行為はしないけど、もしかしたら歯は当ててガウガウ!っと言ってたかもしれませんが相手の犬は効き目無し(^^;飼い主さんの話によると、しつこくて怒られる方だとか…。アンディと同じタイプ。他の犬とで遊んでて降参ポーズをするらしく、アンディに怒られても逃げて走るだけ。アンディは子供だから手加減した?そう思いたいけどわかりません。
    しかしアンディは、女の子に同じようにバトル状態になっても怒らずに相手にするんで、女の子と男の子では違うんだなっと新たな発見?をしました。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    ブログ開設おめでとうございます。
    はい、どうぞ何でも書いてくださいね。
    コメントをくださる方、トレーニングを受けられる方が、どんどんブログを始められること、
    すごく嬉しいです。
    ブログは良いことばかりを書くものではないです。
    辛かったことや苦しいことを書いても、
    理解してくれる人、共感してくれる人、励ましてくれる人、反対に励まされる人、いろいろです。
    ネットの世界は虚構の世界ではなく、温かい世界もあるんだ、そんな世界を作ろうと思いませんか?
    ということで、私はブログを開設することをみなさんにおススメしています。
    毎回見極めが大変でしょう。
    でも、「ごめんね~、吠えてしまって~」
    と明るく言えれば、怖いものなしですよぉ~。
    一度ついた吠えの習慣はなかなかとっ払うのは骨が折れます。
    まずは、「吠えても叱られないんだ」
    ということを覚えさせること。
    明日の記事をお読みください。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    明日の記事で書きますが
    >唸る犬や後ずさりする犬を引っ張りながら近づけてこられると
    せっかくウォーニングを発しているのに、効果がないから
    反射的に吠えるようになる、と睨んでいます。
    犬には通じているのですが、飼い主さんに通じないのが厄介ですよね~。
    叱ってはいけませんよ。
    叱ると、ママを信用しなくなります。
    「この人、全然わかってないじゃん。危険かもしれない・・・」
    リードで繋がれた人が危険だと感じる犬は、ストレスで一杯でしょう。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    他の犬(特定の)=攻撃対象
    になっている場合、明日の記事に書きますが
    犬が組み立てた理論、になっていないかどうか、
    が問題です。
    1年かかってその状態になったとすると、最低でも1年はかけて思い込みを崩していかないといけない、
    そのくらいの気持ちでお願いしないといけません。
    あきらめない、続けることが大事です。
    実際に私が歩くところをご覧になっていただくといいのですけれど・・・
    お散歩中ず~っと声かけしたり、アイコンタクトを求めるのではなくて
    期待感をいかに持たせるか、
    なんですよね。ご褒美がいつやってくるか分からない。
    ついつい注目しちゃう。
    犬からしたら、そんな感じ。
    体をリラックスさせて、ユーモアを忘れないように。
    興味津々・・・見続ける、というのはそもそも
    「行ったろか~」的な気持ちがこもった動作ですね。

  8. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    イヌ同士って不思議です。
    Panは、基本的にどんなワンコにでも挨拶をしたいようで、遠くにワンコの姿を見つけると、近づいてくるまでお座りして待っています。
    でも、相手によって挨拶の仕方、挨拶にかける時間は様々なんですね。姿を眺めるだけで、挨拶しないで去って行くこともあります。「あの子とは挨拶しなくていいのね」と私もPanに連れられて立ち去ります(;^_^A どういう子に挨拶が必要ないのか、その分類は私には今のところまったく分かりません。
    今日は、初対面の黒ラブくん(2歳)とご挨拶しました。結構テンションの高い子だったので、Panも一緒に興奮するのかと思いきや、落ち着いて座って臭いをかがれ、その後ゴロリンとお腹を見せて嗅がれ放題でした(-^□^-)
    明日で満7ヶ月になるPanですが、近頃「落ち着いてるね」と言われることが増えてきました。内弁慶なだけなんですけどね(・・。)ゞ

  9. SECRET: 0
    PASS:
    みーなさん、こんにちは♪
    >アンディも相手をしながら、なんと何か気に入らない事があったのか?子供だからか?時々「ガウガウ~!ガルル!」と怒ると、その犬は一旦離れて伏せ体制。
    これは、ヒートアップしすぎだぞ、の合図と
    はいわかりました、の受け答え、だと思います。
    アンディ君は教育をした、のだと思いますけど・・・
    実際見てみないとわかりませんが、教育係は実に気長に付き合ってやりますよね~。
    子犬でも、物になりそうだ、強いぞ、と見極めると
    自分からかってでも、教育をしたがる犬もいるようですね。
    根っから先生なんでしょうねぇ。
    アンディ君にはそういう才能もある、ということなのかなぁ。≧(´▽`)≦

  10. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    怒られて伏せした意味がわからなかったのですが、アンディは本気では相手にしてないなっと見てて感じました。だから、私や子犬の飼い主さんは安心して見ていられたのかな?と感じました。
    私ももしかしてアンディはその子犬に教育してる?っと思ったのですが、実際に他の子犬と接触する機会が少なく我が子達に教育?しても、犬を教育する機会はほぼ無いに等しいので、アンディは叱られる方が多いので、教育犬にはなれないと思いました。
    アンディは先輩犬として子犬に教育したのなら、凄い進歩しているんだな~っと感心します(*^o^*)
    たまにアンディから離れて、マーキング行為をすると、アンディは同じ場所にマーキング(-_-;
    2頭目を飼う予定はありませんが、もし子犬を迎えたらちゃんと教育してくれるかしら?(笑)

  11. SECRET: 0
    PASS:
    本当に!おっしゃる通り、犬によって挨拶の仕方はいろいろ・・・
    なので、マニュアルは作っちゃぁいけないのですよね。
    挨拶一つとっても様々ですから。
    でも・・・観察するって楽しくないですか?(‐^▽^‐)
    明日で満7か月ですか・・・早いですね~。
    思春期、という時期ですがどうでしょう?
    少しも感じませんか?興味深いです。
    本家本元「はなちゃん」はおかぁちゃんが、具合でも悪いんじゃないかって心配するくらい落ち着いてきましたよ。
    2月で一歳です。
    挨拶上手のPan君♪さらに磨きをかけてくださいね。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    競技会でアンディ君、普段通りにできるって以前書かれていましたよね。
    そういう精神の強さと、自信によって
    もともと持っていたものが芽が出て、花咲かせ、
    実になっているのではないでしょうか?
    子犬をお迎えにならなくても、色々な場所で
    そのキャラは行かせると思いますので、頑張ってください。γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

  13. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    プロのトレーナーのチャーリーママさんに言って頂けた事で、犬育て初心者の私にとって又、自信がつきます!
    うちには1頭と二人の子供でいっぱいいっぱいなので(;^_^A子犬を迎える事はないかもしれませんが、息子を起こす手伝いをしてくれたり、怖がりの娘とトイレまで付いて行ってくれたり(笑)今日の子犬との接触を見て、もしかしたら我が子達にも怒る事もあるので教育してくれてるかも??と思いました。

  14. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうなんです。もう7ヶ月…。赤ちゃんだと思っていたら、もう思春期です。
    最近、お散歩中にアイコンタクトが取りにくくなってきました。明らかに聞こえているのに知らん顔しているみたいです。「トリーツが欲しい時だけ見てやるか」みたいな。
    それから、拾い食いも「これは絶対食べる!」と決めているらしき時には、初めからそっぽ向いて「はなして」と顔をのぞき込むと絶対目を合わせないようにますますそっぽ向きます。
    昨日は咥えていたのがヘビの死骸(今頃!)だったので、ちょっと強引に口をこじあけて出させてしまいました。
    「Panってば!呼んでんじゃん~!」と言いたくなるのですが、どうしたもんでしょう?
    家の中にいる時にはあまり「思春期」を感じることは今のところありませんが…。

  15. yuamama-0228 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    犬社会でもルールがあるのですね。
    初めて知りました。
    最近ではペットショップでも子犬ちゃん、子猫ちゃんの社会化訓練中というのを見かけるようになりました。
    猫の世界でも先住猫と新入り猫の関係も難しいものですね。

  16. SECRET: 0
    PASS:
    トレーニングの場面でも、新しくトレーニングを始める犬とか、
    近所のパピーとかに触れ合う機会があったら
    積極的に関わらせてもいいのかもしれないですねぇ。
    お散歩トレーニングにアンディー君のような仔が欲しいわ。o(〃^▽^〃)o

  17. SECRET: 0
    PASS:
    そうですか、やはりどの仔も思春期は訪れるのですね。
    はなちゃんを見ていて、またトレーニングして思いましたが、
    思春期のチョイぐれにはお付き合いしないで
    知らん顔して(聞こえなかった、見えなかった)
    無造作に行動するのがポイントですかね。
    で、どういう形であれ、出来た時だけ褒める。
    思春期で睨みを利かせてもいいのは、飼い主さんに唸るとか、咬みつきがエスカレートしたときですね。
    そういう時でも、声を出さずに睨みつける、仁王立ちで、手は腰、
    パフォーマンスで勝利しましょう。( ̄▽+ ̄*)

  18. SECRET: 0
    PASS:
    あら~、こちらへもありがとうございます。
    この間このメインブログもこちらにお引越ししてきました。
    あられのブログ共々よろしくです。
    そうですかぁ?犬社会のルールは知らなかったですか?
    猫よりも細かく決まっていて、だから新入りが入った時は、猫の場合よりは楽かもしれませんね。
    うちの場合は、あられの社会化の対象が犬だったので、すっかり犬化していますけど・・・
    どちらの世界も愛しいです。

タイトルとURLをコピーしました