鼻を突き合わせていたなと思ったら、急にガウってなるんです

この記事は約2分で読めます。

poohさんところのあぶさんも、うちのチャーリーも
今日のお題の
「鼻を突き合わせていたなとおもったら、急にガウってなる」
のです。

うちの場合は、
昨日の精神が大人になる2歳まで嫌な経験をさせないよう気を抜けないです!
に対して、慎重さに欠けた、と言うことが言えると思います。

犬が大好き、キャバリア特有の体をくねらせて
挨拶に行く行動が、相手の犬に恐怖心を与えたのか
相手の犬の恐怖心を感じられる余裕がチャーリーには育っていなかったのか
何度も顔、鼻っつらを噛まれる、ということがありました。

それ以後も、対犬には不愉快な経験が多くなって、
突然、知らないい犬に吠えたてるようになってしまいました。

そういう経験をしても
平気で、トラウマを作らない犬もいます。

しかし、もっと少しのことで、トラウマになってしまう犬もいます。

それぞれなんですね。

どんなに社会化で、慣らしを十分行っても
犬は一匹で生きているわけではなく、生きていればハプニングはつきもので
それがその犬にとってどのように性格を左右するのかは
予測がつかないことであるので厄介です。

ムツゴロウさんの書籍の中に社会的攻撃と言うお話が出てくるのですが・・・
(社会的攻撃とは守りの攻撃ですね)
セントバーナードと柴犬とでは、社会的攻撃に対する容量が全然違う、ということです。

セントバーナードは容量が大きいので、ちょっとしたことでは
攻撃に結びつかないそうです。ところが柴犬は少しの刺激でトラウマになりやすく
しかも心の中にそれを取り込みやすい、ということ。
犬種による、容量の違いですね。
同じ犬種でも、個体によっても違いはあります。
飼育で大切なのは、トラウマを作らないこと、と言うのは共通項目ですよね?

なぜ、トラウマが怖いかと言うと、トラウマのように感情に結びついた
記憶は嗅覚によって瞬時に引き出されてしまうから、だそうです。

良い悪いではなくて、反射的な行動に結び付けられやすい。
だから、予測がつかない、予防が難しい。

鼻と鼻を突き合わせた時に、
それまで嗅いだことのない匂いによって、今までに沁みついた恐怖と言うトラウマが反射的に出て、ガウッとなった。
自分には認識できない匂いだったために
次にお尻の匂いを嗅ごうという余裕もなくなって、トラウマが反射的に出てしまった。
前に嫌な場面で嗅いだことのある匂いだったために、
恐怖が怒りになって反射的に表れてしまった・・・
などなど・・・

鼻と鼻を突き合わせて匂いを嗅いだ、ガウッとなった、という
非社交的な態度の奥にはこんな思いがあるのかもしれませんね。

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    お引越しおめでとうございます。
    引越し祝いにポチっとしてきました。
    反射的な行動・・・
    はなは子供の行動に反応します。
    はしゃぐ姿、走る姿(特にランドセルを背負っている時)自転車に乗る子供。
    マグネットで気をそらせているのですが、子供の行動も予測不能な時があって・・・
    昨日、久しぶりにはなに飛びつかれて顔面負傷いたしました。(傷はほんのちょっとです。)
    ランドセルを背負った子供が急にどーっと走ってはなに向かって来て、びっくりしたはなは反射的に私に飛びつきました。
    おやつですぐに我に返りましたが、私は久しぶりの痛ててです。(ノ_-。)
    でも、子供の方にに行かなくて良かったぁと思っています。
    気が抜けないですね。
    はなが大丈夫になるまで、一緒に乗り越えてあげたいと思います。(^∇^)

  2. pooh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    トラウマの記事を読んで思い出しました。(゜д゜;)
    それまで、何の問題もなく挨拶をしていたシェルティ君に(相手に吠えられることはありましたが)あぶを抱っこしたまま近づいたことがありました。
    怖かったのでしょう。その時、初めて唸りました。
    犬を知らないというのは、本当に罪ですね。
    去勢したのは2歳直後です。↓攻撃の兆候が見え始めたときでも仲良くなる子は、男の子ばかりでしたし、逆に女の子だからと、近づけると唸ったりと・・・
    ただ、今現在は未去勢の子は、全くダメなので
    ホルモンの影響もあるかもしれませんね。

  3. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    絵文字は使えない?そんなの関係ねぇ~(ちょい古!)
    これからも沢山のお勉強をさせて頂きますm(__)m
    チャーリー君は他の犬に挨拶に行って、ガブっとやられてしまったのですね…。アンディはどちらかといえば、自分から犬に挨拶に行く方ですが、お尻のニオイを嗅ぎに行こうとして唸られたり、ガウ~っと怒られ。あいにく、噛みつく犬とは接触はした事はないです。牡同士は特に気を付けてますが、牝犬には唸られるだけなのでアンディは唸って怒られても尻込みしなくなってきちゃいましたから、ある意味最初の頃に比べたら強くなっています。が…しつこい男は嫌われるわよ!って言いたいのですが、アンディには伝わらないのが(>_<)
    昨日も書きましたが、アンディを迎えに行って娘に追いかけられても、兄弟の中にはトラウマにならずに子供は平気な子もいますから、そこで性格が強いか?弱いか?でトラウマになる、ならないと違いが出てきますかね?ちなみに兄弟で4頭中性格がどっしりしているのは弟犬2頭。ビビりはアンディと妹犬です(^^;

  4. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お引越し完了おめでとうございます♪
    早くこちらの画面になれるようにがんばります~(笑)
    一度だけ、バーニーも鼻先を噛まれて流血した事がありました。
    まぁ、バーニーは積極性が過ぎる(空気読めない?)ところがあるので、1度で済んでいるだけ良いかもしれません(苦笑)
    その後も、バーニーは気にする風でもなく
    その仔に自分から近づいて一緒にお散歩し始めたので良かったですが
    私がもう少し注意していればよかったと反省しました。
    そして、相手の仔は、飼い主さんのお話だと、コドモ犬が苦手だと。
    1歳半だったバーニーから、コドモ臭(爆)を嗅ぎ取ったんでしょうね。
    もう少し慎重に接してあげれば、その仔にも飼い主さんにも嫌な思いをさせずに済んだので
    それからは慎重に、を心がけるよう努力中です。

  5. まま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ガウリン仲間がいっぱいいるんだと知って安心&うれしいです(*^_^*)
    ご近所わんこみんな同じガウリンなのでお互いにすいませんね~と言ってすれ違います(^_^;)
    シグを制止して噛まれたという経験はないんですが、相手を噛んでしまったらと思うと怖くて近くに寄れません。
    鼻を突き合わせるなんて永遠にできなそうです(ノ_-。)
    先日キャバくんが脱走していて遊ぼう~~~と尻尾フリフリで近づいて来て以来、その子の家の方角には頑として行こうとしません。
    今までは家の中の窓際から激しく吠えられてたので、走り抜けたりすればシグも平気だったんですが・・・
    毎回いろんなコースで歩いてたのに~~~
    選択肢がなくなってしまいました(-"-;A
    またトラウマを作ってしまったみたいです~ 泣

  6. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    では急にガウとされない為にはどうしたら・・・
    こちらではリードを付けている仔やマズルを付けている仔に特に注意をしてあまり近づけないようにすることでリスク回避は出来るのですが、日本に帰ったら・・・ 挨拶をさせる前に飼い主さんと会話を交わすことで回避するしかないのかな。
    TAROのキャパはそんなに大きくないと思います。年長ワンコから教育的指導を受け成長していることとと、本来のビビり気質が好奇心を制御し始めている為、手順を踏んで挨拶を行う(伏せをして待って、ゆっくり近づき、ハナを合わせて、臭いを嗅がせて臭いをかぐ)ようになったため、ある程度は安心しています。でも、これが通用しない相手は事前に飼い主が察知してそもそも顔を合わせないという状況を作るしかリスク回避はなさそうですよね。
    先日、その「通用しない相手」に初めて会い、ショックを受けていたTAROです。相手は子犬(おそらく3か月未満)を連れていた母犬で、ノーリードで散歩中だったので、すっかり油断していました。噛みつくことはされませんでしたが、本気の威嚇で縮みあがったTAROにトラウマを残したくなかったので、私はそのまま先に進み、何事もなかったかのように「行くよ」と声をかけ散歩の続きをしました。その後すぐに自信を回復したからよかったけど、親子の犬は私にとって盲点でした。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございます。
    はなちゃんは、パピーのトレーニングとして「慣れ」を十分に行っている仔なので、
    挨拶行動には問題はないと思いますね。
    ただこれから、無礼な犬に出会う機会があると思いますので(ないといいですけどね)
    許せる犬、に育ってほしいと思います。
    それは・・・子供がバタバタしても許せることにもつながりますので、
    頑張っていきましょうね。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    そうですか・・・そういうことがあったのですね。
    抱っこしてたり、リードで繋がっていると
    逃げ場がない、そう思う犬の方が多いですよね。
    飼い主さん側は「私がついているのに」
    って思うと思いますが、
    犬は違ったとらえ方をするようです。
    気に入らない犬+飼い主さんこれがトラウマになる犬もいます。
    関連付け、というのは恐ろしいです。
    唸り、というのも攻撃というより防御の意味合いが強いと思うんですね。
    ですから、最初唸った時の対応も(叱らないことが大切です)重要ポイントですね。

  9. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お引っ越しおめでとうございます。
    これでますますたくさんの方がチャーリーママさんのブログに出会えるのですね。o(^▽^)o
    Panは突進系ですので、やっぱり気をつけてやらなくてはいけません。でも、様子を見ていると相手によっては伏せて耳を倒して待っているので、それなりに成長しているのでしょう。
    気をつけながら、小さな冒険を経験させてやりたいと思います。
    チャーリーママさんがはなちゃんのおかあちゃんに添い寝を勧められた話を読んでから、時々Panとお昼寝しています。本当はPanが昼寝している時こそすませたい用事があるのですが、ほんの30分でも…と一緒に横になってます。
    添い寝のつもりで寝ていると、Panはもぞもぞと私のおなかや背中に乗っかって来ます。これ、「犬と人との上下関係」をいう人には「とんでもない!」と言われますよね。
    背中に乗っかったPanが、耳元で髪の毛をハムハムするのを「幸せ~」って思います。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    そんなの関係なかったですか!?(´0ノ`*)
    これからもよろしく♪
    キャバリアって・・・追いかけまわされる、またはいじめられるNO1だと言われています。(涙)
    その上、去勢するとなおさらビビりが酷くなる?
    かしら?と思っていますがどうでしょう?
    まあ、違う仔もいるでしょうが・・・
    やはり、性格は大きな要因ですね。
    チャーリーは未去勢の♂は好きみたいですね。
    安心するのかなぁ。
    ただ・・・未去勢の♂に気に入られると、大変なことになってますけど・・・(;´▽`A“

  11. SECRET: 0
    PASS:
    いらっしゃ~い♪
    変わったでしょ~。私は作って、お引越しが済むのを待っていただけですが、
    IT頭脳集団の仕事はすごいですね。
    コメントの移行まで、画像も!プロはすごいなぁって感心してます。
    こちらでも頑張っていきますのでよろしくです。
    バーニーちゃんは基本的にビビりではないので
    ビビりやさん対策には活躍してくれそうな仔ですね。
    相手の仔が噛んでしまっても、平気で一緒に歩いたわけでしょ?それは噛んでしまった仔にとってはリハビリになったのですよ。
    バーニーちゃんの良い資質なので伸ばしてあげましょうね~。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    いらっしゃいませ♪
    ガウリンちゃん、想像以上に多いですよ。
    お散歩できなくなる仔の原因にも多いでしょうね。
    対応を間違うと、飼い主さんとの間に溝が出来ます。
    「怖い」って思っているわけだから、
    それを直していくのには、「慣らす」しかないですよね。
    脱走キャバ君、おやつ作戦で(相手の飼い主さんにあげてもいいか聞いて)
    ままさんがまず、仲良くなるといいですよ。(*^▽^*)

  13. SECRET: 0
    PASS:
    う~ん・・・
    >挨拶をさせる前に飼い主さんと会話を交わすことで回避するしかないのかな。
    って思われますよね?でもね
    「うちの仔は大丈夫」
    っていう仔の多くは、自分が匂いを嗅ぐのが平気でも、嗅がれるとガウってくる仔が多いから・・・
    気が許せませんよ。
    なので、対策としては、匂いかぎの時は
    一緒に座り込む方がいいです。
    相手の犬の表情、体の感じを観察して。
    まずいな、と感じたら立ち上がって間に入り込むようにしてあげるといいと思います。
    こちらでは、社会化が出来ていない仔が多いので、挨拶行動が苦手なんですよね。
    母犬は、守りに入るのでまずいですねぇ。
    大事に至らず、良かった。

  14. SECRET: 0
    PASS:
    いらっしゃいませ♪
    ようやく、お引越しが終わりました。って・・・私は待っていただけですが。
    アメブロスタッフの方々にはお世話になりました。
    来年、あたらいいカテゴリーを作るそうです、アメブロに。その中に入れてくださるということで、ちょっとワクワクドキドキなんですよ。
    これからもよろしく~。
    Pan君、成長していますよ。はなちゃんみたいに
    伏せて待つのね。
    ご対面が待ち遠しいわ。
    添い寝は断然おすすめです。至福の時間ですよ。
    「とんでもない」と言う人に育てられると
    犬はそれなりに緊張して生活するので、傍目には順位を意識していると感じるのではないかなぁ。

  15. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    相手の仔のリハビリになれたんですか!?
    それでは結果オーライ(笑)って感じですね!良かった~☆
    バーニーはやっぱりビビリなほうではないんだ・・・
    ここのところが、今ひとつ確信が持てないでいたんです(汗)
    例えば、散歩中に、店先の旗がパタパタはためいていたり
    バイクのカバー(シート)が風で揺れていたりすると
    驚いて飛びのいて、そのあとものすごい腰引けながら様子を伺うことがよくあるのですが
    それはビビリというよりは、単純に驚いて、警戒しながら相手の出方を見ている
    というような感じなのでしょうか~?

  16. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    アンディは追いかけられたっという体験は人間の子供しかありませんが(;^_^A
    アンディの妹犬は、ゴールデンとか大型犬に追いかけられて、知らない犬を見ると唸るようになってしまったようです。競技会で競技をやってる最中に、他のリンクでやっている犬が脱走して妹犬の所に来たり…。アンディは去勢してても、してなくても挨拶に行ってしまいます。大体はアンディがしつこすぎて怒られてしまいますが、たまに遊びに発展します。
    何故キャバリアは追いかけら№1なのでしょうかね?弱そうに見える?攻撃性が無いように見えるのでしょうかね?
    話は違いますが、今日ジステンバー予防接種に行って来まして、体重測ったら今年4月に狂犬病予防接種に行って測った体重よりも0.5kg増えて(7.4→7.9kg)ビックリしました。でも、腰の括れはあるし、背骨触れるしって思ったら…獣医さんから「前足と首の辺りに筋肉が凄く発達してるから、それででしょう」と言われ安心しました(^^;キャバリアの体重増加は心臓に負担がかかって良くないけど、脂肪が増加した訳ではなかったのでほっとしました。

  17. SECRET: 0
    PASS:
    うん、バーニーちゃんはビビりではないと思いますね。
    ビビりではないけれど、繊細ということ?
    ハナオンマさんのところのハナちゃんと同じく
    ビビりではなく、ナイーブなのですね。
    人間と犬の認識の仕方は違うので、ビビってると思いがちですが、認識できないから恐れている、
    と言うのが正しいのかもしれないですね。

  18. SECRET: 0
    PASS:
    筋肉は重いですものね。
    脂肪がついている仔より痩せて見えて体重はありますよね。
    心臓の働きを助けるためにも、筋肉は必要だと思います。
    キャバリアは運動していない仔が多いような気がします。
    それでいて体重制限のために食事量が少ない、というのでは、楽しくないでしょうね・・・
    キャバリアってもっとも人間の赤ちゃんに近い容姿だそうで、なめられるんでしょうか?( ̄_ ̄ i)

  19. もあ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    うちの場合は,まだ好奇心旺盛で,
    とにかく,ワンコを見つけると
    ダッシュ!!!
    それにおびえた相手にガウられる・・という繰り返しです。
    今は,ダッシュしないように,気を付けています。
    全く怖がらない子だからこそ,怖いですよね。

  20. もも より:

    SECRET: 0
    PASS:
    飼っている犬の お風呂、拾い食いなどに困っていろんなブログを拝見しました。
    すごく勉強になるブログに出会えてうれしいです。これからはほめてしつけていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

  21. SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございます♪
    これからもよろしく。
    えっと、チャムちゃんはもう1歳?もうすぐ1歳?
    まだまだダッシュで怖いもの知らずですからね。
    確かに・・・
    相手にも怖いかも。でもこの明るさは貴重なので、ぜひこのまま怖いもの知らず、好奇心旺盛のまま成犬になってもらいたいなぁ。

  22. SECRET: 0
    PASS:
    ももさん、初めまして♪
    コメントありがとうございます。
    いつでも来て、何でもお話しくださいね。
    褒めることってなかなかタイミングとか、難しいですけど。。。
    犬にとってはわかりやすい教え方なので(叱られるのは嫌いですからね、人も犬も)
    褒め上手は犬育て上手ですかね。
    こちらこそ、よろしくお願いします♪

  23. ダクママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私はブログも持っていませんのでお引越しって
    ?全く未知の世界です・・考えただけで脳が停止してしまいます~かなり大変な事は理解できます。お疲れ様でした
    ブログ始めようか・と思ってますがどうなるやら・・
    ダクも鼻をくっつけた後相手がお尻の方にくるとガウ!いつも緊張です
    昨日は付いてを意識して歩道をテクテク・・前からマルチーズちゃんがしっぽフリフリこちらへ・・ダクはすんなり鼻をくっつけお互いお尻の方へ・
    ここをクリアしたらお尻の嗅ぎ合いができる!(車も通るのでいつもより緊張してた私)思わずリードを引いてしまいダクを驚かせてしまいました
    飼い主さんにお礼を言った後「今はお母さんが悪かったねダクは頑張ったね」誉めました
    まだまだ修行が足りません

  24. SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます♪
    お引越し・・・私もずっと脳は停止状態でした。
    準備だけして、アメブロのスタッフさんがすべて行ってくださったので・・・
    スタッフさん、お疲れ様でした、ですね。
    ブログ、ぜひ始めてください。
    日々の反省や、出来たこと、一言でも残しておくと記念になるし、励みになるし、友達もできて
    良いことはたくさんあります。
    いろいろブログを運営していますが、無料で機能の優れているここのアメブロはおススメですね。
    回し者ではありません。( ̄▽+ ̄*)
    飼い主さんのリード使いは重要項目ですね。
    心の動揺も全部、リードの緊張で伝わりますので、用心しないといけませんね。
    まったく、お散歩は気が抜けません。
    鍛えられますね~。

  25. yuzu より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    初めまして。。
    チャーリーママさんのブログに初めて訪問させてもらい一心不乱に読ませてもらいました。。
    私の家には2匹のダックス(ロングとワイヤー)がいます。
    ロングの方も問題行動がいっぱいなのですがもう7歳とゆうこともありだいぶん落ち着いてきました。
    悩んでる方はワイヤー(2歳)の方です。。
    ほんとにここに書かれている事そのままあてはまり日々悩みながら訓練!?しています。。
    8ヶ月に我が家にやってきてその時はどんな犬にもフレンドリーであいさつもできて遊べてました。
    ロングの方がそんなことが一切できない犬なのでそれがうれしくていろんなワンちゃんに挨拶をさせてました。
    ドッグランにもいっぱい行きました。
    セブン(ワイヤー)は犬が大丈夫!!
    どんな犬とでも遊べる!!
    なんて思い込みがあったのでしょうね。。
    セブンは強い子だからちょっとした事ではトラウマにはならないとゆう思い込み。。
    ここまでなるまでにセブンなりに私に訴えてたとこがいっぱいあっただろうに気づかなかった私。。
    いっぱい反省と後悔する事が多々あります。
    知ってる犬と知らない犬に対しての差がありすぎます。
    知らない犬にはガウッ!!
    知ってる犬には怒られても怒らないし足あげてどうぞどうぞします。。
    知らない犬に吠える、ガウッ以外はほんとにいい仔なんです。
    セブンの本来のいい性格を私がダメにしてしまったと思ってます。。
    チャーリーママさんのブログを読ませてもらってもっといろいろ勉強させてもらいます。。
    また遊びにこさせてもらいます!!
    長々すみません。。

  26. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは♪初めまして。コメントありがとうございます。
    > チャーリーママさんのブログに初めて訪問させてもらい一心不乱に読ませてもらいました。。
    一心不乱ですか・・・お疲れでしょう。
    ブログって結構読みにくいですから。
    読んでくださってありがとうございます。
    犬の挨拶行動とかのカテゴリーや最近のお散歩トレーニングの記事などを読んでいただくと分かるかと思いますが、
    「ガウッ!」
    って・・・
    決していっている仔が悪いわけではなかったりするんですよ。
    犬語、カーミングシグナルをしっかり見て
    前後の行動を見ると、
    ひょっとしたら、相手の犬が鼻を突き合わせているときに
    ガン見しているとか、いきなり近づきすぎたとか、
    色々原因があります。
    特にセブン君は、知っている仔にはきちんと挨拶ができるようなので
    観察していただきたいと思います。
    そして、大切なのは
    「ガウッ!」
    した時に叱らない、ということです。
    知らない仔=罰の関連づけができて、余計にガウすることになりますから。
    分からないことがありましたら、過去記事でもどこでもコメントください。[絵文字:v-222]

タイトルとURLをコピーしました