お散歩中、犬を見ると狂ったように吠えます

この記事は約2分で読めます。

 

 

対犬、にたいして攻撃的な態度をとる、
多くの飼い主さんが苦しんでいる、
犬の問題行動と言われる行動です。
今日はこの行動について、考えてみたいと思います。
以前、トラコミュのアンケートで行いました【吠えたてる犬を見てあなたはどう思いますか?】

 

にほんブログ村 トラコミュ しつけの悩み、問題行動へ
しつけの悩み、問題行動

 

こちらも参考にしてみてください。

コーギーあぶさん
いつもコメントをくださるpoohさんのブログです。
訪問された方も多いことでしょう。
poohさんからメールを頂いたのが、11月初めですね。

 

コーギー雄2歳
他の犬を見ると極度の興奮状態になり
唸る、吠える、さらには咬みつこうとする

ということでした。
で、poohさんのその時点での対処法は、
相手の犬が見える位置、落ち着いていられる場所で待機させ
吠えなかったらおやつをあげるなど、褒める
というものでした。

(poohさんには了承済みですので、ブログと、
メールでの相談のやり取りと、poohさんの取り組みをあわせて
ご紹介しつつ、一緒に考えていきたいな、と思っています。)

しばらく、このお話しを続けていくことになるかもしれません。
「うちの子もそうだけど」
とおっしゃるかたはぜひ、コメントしていただいて
いろいろなケースを教えていただけたらな、と思います。

さて・・・
この問題ですが、攻撃性・威嚇というくくりの中に入れられる問題なのかな?
と思います?

個人的にはそう思いません。これは
私の持論ですので、その点をご理解いただいてお付き合いください。
また、この記事のカテゴリー(右上の表示)をご覧ください。
あれっ!?
とすでに思われた方、いらっしゃいますか?
恐怖症
ですね?

なぜ、恐怖症なのか、その点もお話ししていきたいと思います。

そして、一昨日のsmallcountryさんのコメントに
とても参考になる言葉がありましたので、ご紹介します。

TAROは根っこのところが小型犬特有というかビビりな気質だと感じます。
ナイーブな部分を経験でカバーさせていこうと思っています。
精神が大人になる2歳まで嫌な経験をさせないよう気を抜けないです!

 

精神が大人になる2歳。
真の自立期といわれています。
この時期までにトラウマになるような強烈な体験はさせないようにしなくてはいけません。
強烈な体験は感じ方は犬それぞれですので
ボーダーラインを上げるために、社会化するのですね?
その辺の理解はOKでしょうか?
なおかつ、犬種ごとにも感じ方に差があります。
また、体の大きさ、もって生まれた性格もありますので、
経験によって決まった結果にはならない、ということが
飼育の難しさでもあり、楽しさでもあります。

明日に続きます。

 

連載記事はなかなかしんどいですが、頑張ってお伝えしていきたいと思います。

 

コメント

  1. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん、おはようございます。
    アンディはご存知の通り、臆病な性格を母犬から受け継ぎ(母犬は人間大好きですが犬嫌い。最初は風の音にも怖がっていたそうです。ペットShop出身です。)、気質を持っていましたが、アンディを迎えに行った時に、まだ3歳だった娘がアンディ達を追いかけてしまいアンディは突然の声や突然の人や子供の姿にすっかり吠えるようになってしまいました
    子供とアンディの接し方は中村先生からアドバイスを貰い、子供に吠えるアンディにオヤツをあげてもらっていたら、アンディは子供には吠えなくなり、逆にアンディから子供に寄って行くようにはなりました。
    散歩中に見掛けたを見て吠えていましたが、トレーニング始めた頃はトレーナーから「そのまま止まらずに声かけや撫でながら歩いて行って」と言われ、暫くはその通りにしていました。すると、ずーっと吠える事は無くなり、尻尾は下がらなくなり、一声になりトレーナーからは『アンディは自分の存在をアピールしているのかな?』っと言われました。アピールかはわかりませんが
    本当に2歳までの恐怖体験をいくつかさせてしまったので、それを改善していくには容易ではありません。しかしを飼っている人には何故か一度も吠える事なく、その人に自分から行きニオイを嗅いでいます。のニオイがすると、アンディにとっての危険度が減るのでしょうかね?但し、声を大きくして話し掛けてくる人はのニオイがしても苦手のようですが
    ちなみにアンディの母はアンディならように怖くて吠えるのではなく、怖くて声が出ない。ヨダレが出てその場に固まってしまうタイプです。

  2. ダグママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます
    ダクは始めの頃犬を見ると逃げるように家に帰ろうとしてて・頭では「焦ったら駄目」判ってても判ってる{つもり}だったんですよね
    無理に近づいたり・・本当に駄目な対応のオンパレードでした。吼えたてる事・咬む動作で追い払う事を覚えるのに時間はかかりませんでした
    ダクの「怖い」という気持ちを全く理解できなかったのです。犬の気配を感じると固まり、すぐに吼えたてる・・相手のワンちゃんと飼い主さんに申し訳なくて「ごめんなさい」
    大抵の方は「いいよ~大丈夫すぐ慣れるよ、今度会ったら遊んでね」でもそんな方ばかりでないのも事実ですけど・たしかにうるさいですから・へこんでましたね
    最近は吼え続ける事は少なくなりました
    挨拶できる事も増えたんですよ
    前は追い払う為の吼えだったのが今は「自分に気づいて」の吼えのような気がするんです
    (それも問題ですが)
    相手のワン仔に自分から近づいてますから
    相手の仔が気づいてくれると吼えやむんです
    おやつをあげるタイミングで吼える事を抑えられる時があるような・・今試行錯誤中です
    何か「そんな気がする」ばかりでモヤモヤしてますが・焦りません。
    日々勉強です

  3. テンママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めましてこんにちは。ウチには、3匹のトイプードルが居てます。
    (♂5歳・♀5歳・♂3歳)
    困ってるのが♂の2匹です。
    2匹共、他のワンちゃんを見ると異常に吠えて5歳の子は興奮し過ぎて見境なく噛みます。私も、何回も足を噛まれてます。(他の人を噛んだことも…)
    もう1匹は(3歳の子は)他のワンちゃんを見ると見境え無しに吠えておやつを見せても視界を遮ってもダメで意地でも吠え続けます。
    この2匹を落ち着かせるにはどうしたらいいのか?いいアドバイスがあればよろしくお願いします。

  4. pooh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログの紹介ありがとうございます(-^□^-)
    お引越もおめでとうございます。リンク設定、早速変更しました。
    トラコミュのアンケートも読ませていただきました。
    こちらに、いらっしゃる方は優しい方達ばかりなんですね。
    もっと前に知っていれば・・・・と、後悔しきりです。
    あぶが、攻撃的になってきたのは、1歳半を過ぎたあたりからです。その前は人も、犬も大好きで、何の心配もしていなかったのですが、以前の記事で犬好きな子が、犬嫌いになりやすいと、書かれていたときは本当にびっくりでした。
    トラウマになってしまった経験も、思い当たる節は無いわけでも無いですが、それを今更考えても仕方ないことですよね。
    他の犬に対してはまだまだですけど、家の中での恐怖は(掃除機、プリンター等々)改善されつつあります。日々、変わっていく様子をみると、楽しいです。
    連載記事、大変だと思いますが、私のつたないブログでもお役にたてたらと思ってます。役にたちますかね・・・(;^_^A

  5. くるみ保護者 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントではご無沙汰しておりますm(__)m
    もちろんコメントはなくとも、毎日読ませて頂いています~!
    今日はリンク変更完了しました♪のお知らせにあがりました^^
    またまた興味深いお話ですね~!
    実は、くるみは吼えられる側ですが、珍さんが
    犬や知らない人を見ると吼える子です。
    (歳をとってだいぶ落ち着き?人には吼えなくなりました。犬には近くにくると吼えます。
    観察してみると、歯をむき出したりはしていないのですが…)
    ということで、じっくり読ませて頂いています。
    これからもよろしくお願いしますm(__)m

  6. SECRET: 0
    PASS:
    お引越しに重なってしまいました~。
    絵文字は移行できませんでした。これからもよろしくです。
    アンディー君のお母さん犬のように、固まってよだれが出る仔の方が、可哀そうですし、
    克服も大変だと思います。元々自信がない子に、自信をつけさせるのは容易ではないですね。
    不可能ではないですが。
    犬を飼っている人で、犬に対するアプローチが上手な人には吠えないのではないですか?
    吠える犬だけが問題ではない、そういうこともお伝えできたらいいな、と思います。
    しかし・・・アメブロは絵文字がなくて寂しいですね。( ´(ェ)`)

  7. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは♪
    お引越しに重なって、コメントレスはこちらになってしまいました~。
    「そんな気がする」、OKですよ!
    私もいつも、そんな気がしていますよ。
    で、自分の中で試行錯誤。犬に優しい方法であったら、試行錯誤も悪くはないと思います。
    恐怖を感じるもの、トラウマを乗り越えさせるには
    慣れること、これだけです。
    慣れるためには、強制も、急がせることもNGです。
    ゆっくり、やっていきましょう。
    いつでも、お話ししてください。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    初めまして♪いらっしゃいませ。
    お引越しに重なって、ややこしくてすみません。
    さて~、♂2ワンちゃんは去勢手術していますか?
    また多頭ですと勢いづく、といいますか、気が大きくなりますので
    対応は厄介ですね。
    一頭ずつのお散歩はいかがですか?してみたことはありますか?
    落ちつかせるためにはその仔に応じたトレーニングが必要だと思います。
    一対一のトレーニングですね。
    gooメールでも、このブログのルームからメールしていただけますので、よかったら詳しく聞かせていただけますか?
    また、過去記事も読み返してみてくださいね。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    リンクの件、お手数をお掛けしました。
    >こちらに、いらっしゃる方は優しい方達ばかりなんですね。
    そうでしょ?
    皆さんだからまた来たくなるんですよ。(*^▽^*)
    お散歩トレーニングも良い方ばかりなの。お近くだったら良かったのに。
    ブログの紹介、記事の紹介をしながらのお話しにしていくつもりですが、何せ私のすることなので
    どこで脱線するかわかりません。
    温かく見守ってくださいね。
    去勢は2歳直前でしたか?
    男性ホルモンの影響による攻撃性もあるかもしれませんよね。で、去勢手術による自分の匂いの変化へのとまどいとか・・・
    いろんな視点から書いて行こうと思っていますので応援してくださいね。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは♪
    リンクの件、お手数をおかけして申し訳ありません。ありがとうございます。
    実はこの内容は、皆さん興味津々のはずです。
    というのは、お散歩嫌い、または飼い主さんが億劫になるのは、これが原因んのケースが一番多いのではないかな?と睨んでいます。
    「仲良くしなさい~」
    という親心が、裏目に出る、と言うことも考えられると思います。
    こちらこそ、よろしくお願いいたします。
    あ、そうそう、
    ブログのリンクを貼り付けておいてくださいね♪
    みなさんが訪問したいとおもうでしょ?(^∇^)

  11. NAO より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。
    いつも楽しく拝見させていただき、勉強させてもらってます。
    今回の記事タイトル、まさにうちの子です。(汗)
    何とかしようと思っても、なかなかうまくいかないものですよね。
    自分がうまくできない苦しみもありますが、他人に嫌な顔されたり、怖がられたりすると、迷惑をかけないようにしなくては・・・というプレッシャーを感じたりして、自分自身のメンタルコントロールにも四苦八苦なときもあります。
    次回の更新、楽しみにしています。
    できれば、力で制御できない大型犬バージョンの対処法なども紹介していただけると助かります。

  12. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こちらに御引越をされたのですね。
    早速リンクを再設定しましたので、これからも引き続き仲良くして下さい。
    11か月児になり最近感じることがあります。20週まではとにかく社会化をがんばっていた為、車の通りの激しい道や人ごみなども積極的に出かけるようにしていました。その後、公園での呼び戻しをがんばるようになった為、移動はほとんど車になりました。そうしたところ・・・
    後ろから2階建バスがブーンとやって来る大通りに恐怖を感じるようにたったみたいです。ただ、昔は大丈夫だった経験が根底にのこっているせいか、リードを無理に引かずに「行くよ」との掛声で我に戻るようで、とまっていた歩みが再開します。
    トレーニングというのは偏りがあってはいけないのだな、としみじみ感じる最近です。地道に幅広く続けることが自信につながるのでしょうね。

  13. しゃなママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママ様、こんにちわ!またお邪魔いたします。
    とても興味深い記事だったので、コメントさせて頂きました。
    最近、このお題通りのことで悩んでいました。
    謝ってばかりで、気分も凹んでしまい、凹んでる私と、お散歩している しゃなおは、きっと楽しくないだろうな・・・とか。
    この記事とは、話しがそれてしまいますが、しゃなおは引きも強いので、こちらも今はトレーニング中でございます。
    吠えに関しては、やはり「攻撃」というより、「相手を確認したい&怖い」両方の様な気がします。
    なんとか、声掛けとオヤツで気をそらしたりしているのですが、吠え続けてしまうこともあるので、そんな時は とにかく、落ち着かせる為に 私がしゃなおの正面にいき、声掛けつつ、オヤツ見せつつ、お座りをさせ、吠えるのをやめたらあげる感じにしております。今のところなんとも言えませんが、この方法で良いのかしら?と模索中です。
    チャーリーママ様のブログは、本当に勉強になりますし、参考にさせて頂いております。
    次の更新も楽しみにしております(^^)
    あと、私のブログにリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?

  14. SECRET: 0
    PASS:
    初めまして♪いらっしゃいませ。
    シェパですねぇ。
    まあ、怖がられますよね、迫力満点でしょう。
    大型犬でも小型犬でも、基本は一つかな?
    とは思っています。
    まずは、精神にトラウマを与えた何かがなかったか?それを考えることから始まります。
    うちのチャーリーは先住犬を失った悲しみと不安感がプラスされました。
    それが自分の中で違う物語を作り上げてしまったということだと思っています。
    犬はバラバラのことが、ひょんなことでつながってしまいやすいですから。
    色々な角度でお話しできたらいいなと思っています。よろしくお願いいたします。

  15. SECRET: 0
    PASS:
    いらっしゃい~♪
    お引越し済みました。リンクの件、お手数をおかけしました。こちらこそよろしくお願いします。
    犬の一日は、人間の何倍ものスピードで過ぎていてしまいますので、
    あれあれっ?って感じで忘れてしまうことも多いので、焦りますよね。
    地道に幅広く、本当に!
    肝に銘じないといけません。
    >昔は大丈夫だった経験が根底にのこっているせいか、リードを無理に引かずに「行くよ」との掛声で我に戻るようで、とまっていた歩みが再開します。
    そうでしょうね。
    「あっ!そうか。大丈夫だよね♪」
    TARO君はそう思ったのかな。

  16. SECRET: 0
    PASS:
    いらっしゃいませ♪
    うん、しゃなおくん、引きも強くて、吠えるのね。
    ビーグルちゃんにはよくあるパターンなのかな?
    フレンドリーだから、遊びたい、匂いを嗅ぎたい
    っていう気持ちが強いのでしょ?
    どうでしょう?
    それが吠えにつながっているということはないですか?
    2歳過ぎてくると、色々な経験がごちゃごちゃになって、自分の中で一つの法則ができてくるので
    それを崩すのはなかなか厄介ですね。
    犬種的に、前を先行して歩きたい、というのは分かる気がするので、
    その気持ちを汲みつつ、横についても歩けるよ、と言う感じでトレーニングしていかないと意地になりますよね。(汗)
    吠えに関しても今の方法で大丈夫でしょう。また、お願いできる人には、おやつをあげてもらうといいですよ。
    リンクの件どうぞどうぞ。よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました