ついて・あとへ・ヒールへの道は最初が肝心

リードワーク
この記事は約2分で読めます。

 

今日は脚足歩行につてです。

引っ張りの強い仔には、引っ張りの矯正として大切な項目ですね。

ですが・・・
引っ張りの矯正については以前にも書きましたので
引っ張りの矯正カテゴリーを参考にしていただくとして
今日は、
意識の問題のお話ですね。

何頭かで一緒にトレーニングするとき、
一番注意することは、それぞれの安全距離を保つことです。
お散歩トレーニングについてもそうですね。

中には・・・他の犬のところに行きたい、
相手を確かめたいと、一直線に他の犬に突進する犬がいます。
喧嘩の元になりますので、飼い主さんは制御しなければいけませんが
引っ張っている最中の犬を横につかせることは
なかなか難しいですね。

そういう時は、おやつを使って、方向転換。
おやつを使わなくても、合図で方向転換できればそれに越したことはありません。
または、犬の意識をあなたに向かせる自信がある方は
どんどんチャレンジしてください。
声をかけ続ける、楽しく語り続けることですね。

ただ・・・
引きの強い仔は、
今まで、引っ張って歩いて、リードが張れば、あなたが着いてくると学習していますので、
まずは、動きを止めて、リードにたるみをつけなければいけません。

お散歩し始めであるのならば、
いつもリードがたるんだ状態を目標にしてください。

「でも~・・・いつも小走りで、ついて行くだけでも大変なんです。
たるみなんてつけられません。」
とおっしゃるかた、リードは少し長めのものをお使いください。
また・・・
お家の中で、呼べば振り向くこと、首輪をつかんでおやつを与える
(ガッチャエクササイズ)などを、繰り返し練習されていますか?

一つずつのテクニック、レッスンはバラバラでは意味がないですよ。
組み合わせはご自分で工夫してくださいね。

くれぐれも、リードが張ったまま歩かないでください。
張り過ぎたら止まらないと。
面倒だから、今日はいいかな?
ということは犬には通用しません。
今日は良くて明日はダメ、という態度は犬を混乱させますので、注意してください。

リードがたるんだ状態が普通だと学習できれば
しかも!首輪が引かれたらおやつが貰えると学習したのなら(ガッチャエクササイズです)喜んであなたと一緒に歩けるはずです。
最初に条件付けることが大切です。
まあ、いいか、では犬は勝手に自分流を学習してしまいます。
頑張りましょう。

コメント

  1. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はい~ここにいます突進する仔が(苦笑)知らない仔だと、近づいてくるまで立ち止まって、様子をうかがうのですが知ってる仔なら、前からだろうが後ろからだろうがダッシュして走り寄ろうとしますなので、声かけ&おやつで気を引きながら出来るだけゆっくり近づくように・・・(難しいですが)室内では、まだまだ他の魅力に負けることも多いですが目線の高さを合わせてあげると(かがんで呼びかけると)反応がより良いみたいです散歩時の引っ張りに関しては、徐々に減ってきていると思います(普段の単独散歩の場合ですが)日によって、バーニーの気分や体調や、私自身の気持ちの問題も大きいでしょうね本当に上手く行く日もあれば、「なんでココまで!?」っていう日もあり様々なので散歩の仕方もそれぞれに合わせて工夫していきますやる気なさそうな時に、無理して歩かせることないかなぁと思ってそんなときはさっさと引き上げて、家の中でボール遊びしたりしてます

  2. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    そこかしこにいますよ。突進系は。(笑)
    途中まで突っ走っても、ある程度の距離に来たら、歩くスピードを落とすと
    相手にも警戒心を与えずに済むような気もするので
    チャーリーと歩くときは、わざと
    一歩一歩きわめてゆっくり歩く時間を取ります。
    その後は走る。
    パタッと止まる。
    「何が起こるか分からないよ、ボケボケ歩いていると。チャーリー、恥かくんだからね、自分が」
    って感じで、歩きます。長時間歩くより頭を使うので満足度が高いですね。
    ルナちゃんとの歩行トレーニングでも、わざと止まる、座らせる、方向を変える、
    そうすると、いつも前を歩く仔が、ついてくるでしょ?
    このついてくる時間を少しでもいいから作りたいところですね。

  3. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん、こんにちは。
    アンディに脚側をしっかり意識付けしてもらうまで、オヤツ持参でした。振り向いたらオヤツ。上を見上げたらオヤツ。たまに歩きながら、方向転換したり(普通の歩道)毎日は散歩をしたりトレーニングを毎日していないから、毎日トレーニングしていれば早く身に付くのでしょうが、トレーナーからは『逆に毎日やるよりかは、たまにの方が煮詰まらなくていいですよ』と言われましたので、ユルユルです
    ちゃんと私を気にしながら歩く事が多くなったのは、やりはじめてから数ヶ月かかりました。アドバイスする方が居ないと煮詰まりますね。
    たまに、ロングリードのまま飼い主より先頭を歩かせて散歩している光景を見ますが、これでいいのかぁ?まあ、車に突進したり人に飛び付くのが無ければアリなのか?っと疑問に思う事もあります。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    みーなさん、こんばんは。
    そうですよね~。
    最初からきちんとできる仔なんていませんものね。
    結果を急ぎ過ぎる方が多いですからねぇ。
    しかも、自分はあまり努力したくなかったりしてね。
    今でも、チョーカーで上に引き上げられながら歩いている仔はいますからね。
    ちょっと呼んで、見たらおやつをあげればいいのに、って・・・心の中で思います。
    または、おっしゃる通り、
    ロングリードを伸ばしたままの方ね。
    普通にリードでも怖いと思います。
    万が一、の事を考えたら、飼い主さんは犬を守れるかどうか。
    「リードの長さ分、自由に動ける範囲ですよ」
    ということをお散歩トレーニングの時には注意していただいています。
    周囲の方に不安感を抱かせるリードの持ち方だと思います。
    山道ならばOKでしょうけどね。

  5. まま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    単独でのお散歩はそれぞれかなりいい感じでできるようになりました。
    最近めっきり寒くなってきたから一緒の散歩にしてます。
    すると私の意識も集中できないので・・・
    シグさん勝手にリーダーになってます
    テトも必死について行こうとするので私は楽なんだけど、これではダメだ~と時々我に帰って2頭揃ってちゃんとツイテ歩くようにおやつで気をひきながら歩いてます 笑
    でも毎回の積み重ねをしていかないと・・・ですよね
    2頭で歩く時のコツみたいなのはありますか?

  6. もものしっぽ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも、拝見し参考にしています。
    もも(ヨーキー9ヶ月♀)ですが、散歩中に若干引っ張るので、その時は立ち止まって、そばに来るのを待ってまた歩き出すことを繰り返していたら、ここ2~3日、私が一歩先に出て歩き続けると、ももが立ち止まって(お座りして)私がそばに行くまで歩かないのです。
    反抗期?ですか

  7. SECRET: 0
    PASS:
    いきなり、こちらに移ってごめんなさいです。
    寒いですからね、一緒のお散歩もまたシグ君テト君にとって楽しいでしょうね。
    ただ・・・
    シグ君が守りを見せるようになりやすいのが困るところ。
    おっしゃる通り、積み重ねです。
    木になって止まり、リードが自然とたるむようにさせるのは、一頭でも二頭でも同じことなので、
    練習あるのみです。
    これがコツと言えばコツ。
    とまって自然にリードが緩む、そうすると自然とアイコンタクトがとれるはずです。
    意識を飼い主さんに。多頭でのお散歩にはさらに求められることです。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    初めまして♪いらっしゃいませ。
    お引越しに重なってごめんなさいね。
    ももちゃんが止まった時、「いい仔!」
    って褒めてますか?
    で、また歩き出す時は「おいで」でくるりと後ろを向いて、歩きだします。
    その時ついてくれば、「いい仔♪」で褒める。
    動かないのは不安なのかもしれないですね。
    反抗期かどうかは見てみないと何とも言えないのですが、
    叱らないで、励まして。これがポイントですよ~。

  9. だらだら犬を飼っている爺 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「あと」や「ヒール」の練習はしつけとして教えてますか?作業として教えてますか?
    しつけだったら家の犬はダメですね!!扇状になっていますから。
    遅れましたが引越し完了ご苦労様でした。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます♪
    お引越し終了しました。ありがとうございます。
    「人」から「爺」に?(@_@)
    うちは、しつけです。
    といっても、時たま登場するだけです。
    普段は好きなところを歩いていますが、人とのすれ違いや、街中、歩道のない道では
    「ついて」いないと危険だからです。
    危険防止意外に意味はないですね、うちは。

タイトルとURLをコピーしました