その褒め方は、迷惑です

この記事は約3分で読めます。

またまた、三度、ココの動画の登場です。
これには、いろいろなカーミングシグナルがあらわれますので、
今日はその確認と、
おやつを使わないしつけの、「褒め方」の注意点をお話しします。

まず、動画の確認です。

舌をペロペロさせる。
まばたきをする。
そっぽを向く。
頭を下に下げる。
地面の匂いを嗅ぐ。
座る。

(途中、逆くしゃみが少し出たのは、カーミングシグナルではありません。
もっともインパクトのある動作でしたが。)

カーミングシグナルとは?
犬がストレスを感じた時に、相手をなだめたり、敵意がないことを示したり
自分自身を落ち着かせるためにも発するシグナルだと言われています。

なぜ、このお話をするかというと、
昨日のおやつを使うか使わないかで、
「使わない」
と考えた、または実行している方に
一点だけ注意していただきたいことがあるからです。

おやつを使う利点というのは、例えば・・・

犬が怖いけれど相手に近づいておやつをもらう時
怖さよりも、食い気が勝っているわけですよね。
さっと奪うように食べて、去ってもOKです。
食べる喜びを感じることができた、
怖さを少し克服できた。犬にとっては少しだけでも自信になりますね?

では・・・
おやつを使わないとすると・・・?
相手を距離を置いて見させて、犬が見たら
「OK、よ~くできたね。」
と褒めるとしましょう・・・。
その時、飼い主さんは心をこめて褒めているとしますね?

ですが・・・犬の表情を見てください。

舌をペロペロさせる。
まばたきをする。
そっぽを向く。
頭を下に下げる。
地面の匂いを嗅ぐ。
座る。

このような行動がでていませんか?
出ていたら、怖さが表に出ているだけで、
褒めは伝わっていません。というか、褒める意味がない。
怖がっていることを褒めてしまう、ケースにもなりかねません。
なので、シグナルが
出ているかどうか、いつも観察してくださいね。
(少々乱暴な比較になってしまいましたね。
でも、食べられる、ということを軽視してはいけませんよ。
社会化のトレーニングには必須事項でしたね?
最も正しいのは、見させる距離を慎重に取って、おやつを食べさせること、
食べられれば、状況をクリアーしていること、でしたね?)

褒め方が大げさであっても、犬には緊張感を持たせてしまうことがあります。
ペロペロと舌を出すことが一番多いかな?
カーミングシグナルとしては。

アグレッシブな犬が、ドーンと挨拶に来た時に
わしゃわしゃ、なでまわしても、ペロっと舌を出すことがあります。
「撫ですぎです」
ということでしょうね。(強気そうに見えて、実はナイーブなんでしょうね。)

・・・
というように、人間が褒めであると感じる行為が、実は
犬には迷惑な場合もある、ということを頭に入れて
犬が本当に喜んでいるかどうか、日々観察を怠らないようにお願いします。


ココはカメラを向けられるのが苦手です。大抵、そっぽを向くか、
地面の匂いを嗅ぎ始めます。最初の一回で成功しないと
こんな写真ばかりになります。

コメント

  1. くんま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おやつを使う時は、私に向かって左側にお座りをして、はじめて与えます。飛びついたり、立ち上がったりした時はちゃんと座るまで揚げません。ウンチ、オシッコとおやつも使い分け、思いっきり褒めてやります。

  2. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん、こんにちは。今日は朝から冷たいが降って寒いですねアンディは訓練中に、よく途中で後ろ足で耳の辺りをガシガシしてます私が緊張してる、或いはアンディ自身が緊張してるとやります。トレーナーが傍に居れば居る程やってるかも(笑)競技会では逆に殆どやらないんですよね私は緊張しててもアンディは緊張してないのか??あと、撫でて褒めて尻尾フリフリしてる時は喜んでる、撫でても尻尾振らずに表情が固ければ緊張してるのかな?とか、尻尾を下げながらも人に近寄って行くと、怖いけどニオイだけ嗅ぎに行ってみるか、オヤツだけ貰いに行ってみようっと、アンディの心理が読み取れます。私が無表情でアンディを見つめてると、アンディは目を細めてしまいます。ニコニコ笑顔で見てると、尻尾フリフリ。カーミングシグナルを知らないと、この人はボクの事わかってないなっと信頼度ですね私もアンディに色々教えられてます。

  3. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    くんまさん、こんにちは。朱里ちゃんは教えやすい仔なのかなって想像してしまいますけど。興奮することもないし。(叱られると脱走するのでしたね?)おやつも使い分けているんですね。それぞれの家庭での試行錯誤、お聞きすると楽しくなりますね

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    みーなさん、こんにちは。何だか、どんどん寒くなってきました。明日の朝は冷え込みそうですね。寒いのは苦手です。暑いのも嫌ですが・・・>競技会では逆に殆どやらないんですよね私は緊張しててもアンディは緊張してないのか??きっとそうなんじゃないですか?のびのび出来るから良い成績が出せるとか!私は緊張しぃなので、考えただけでも気分が悪くなりますよ・・・トレーナーの認定試験では、まあ何をやってるんだか自分でもわけわかんなくて、試験の時の同伴犬が招呼のときに、「フセ」ちゃって、くつろぎはじめて・・・きっと「落ちつきなさい」ってシグナルだったのでしょうね・・・。

  5. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ココちゃん同様、うちの俺様も、帰宅した私に会うと「落ち着け~自分」という感じで頭を下にしたり、舌をぺろぺろしたりします。そういう時に「いい子だったねぇー」と高音で褒めるのはよくないということをトレーナーさんに言われて初めて気が付きました。そういう、ちょっとしたテクニックの積み重ねが重要なのですよね。↓先日の「拾い食い」の記事での私なりの受け止め方ですが、まず「食糞」は日本特有の問題のように感じます。一般的にトイレは外なので糞が身近にあることはありませんし、子犬期に長時間留守番させることがあまりないような気がします。(犬を飼うとき、ブリーダーさんから生活時間など質問されますし)そして「拾い食い」ですが、これは日本と同じで「離す」のコマンドで離せるように根気よくやるしかないようです。食いしん坊さん達はマズルをしていることも珍しくありません。他の方のコメントを読んで、木の実や葉っぱを食べてしまう事実を知り驚きました。拾い食いはなかなか深刻な問題なのですね。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。>そういう時に「いい子だったねぇー」と高音で褒めるのはよくないということをトレーナーさんに言われて初めて気が付きました。高い声はさらにテンションが高くなり、犬がわけわからない状態になりますので・・・まず、それをやめてもらうのが先決なのですが、人間はなかなか頑固でして、または行動を直すことが難しいので(犬のこと言えませんね)「感情が出てしまうのですからどうしようもない」ということになって・・・で、無視をお願いするしかなくなる、のですねぇ。本当に、マズルが必要な場合もあります。日本ではマズルは受け入れられないでしょうねぇ・・・「虐待だ!」「うわぁ~、咬む犬だわ、怖い怖い」感情むき出しになるでしょう。一緒に協力するとか、理解を示すとか、なかなか前に進んでいかないです。留守番させない、というのもそうですね。「大丈夫~、留守番できるいぬですから!」なんて言って売りつけるお店もあるらしいです。意識の問題、後はやはり社会化の徹底が足りていないためでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました