叱るために、褒める

この記事は約3分で読めます。

褒めを完結させていないペアーには、「ノー」を使わせません。

今日はこれをお話します。

この法則は私と生徒さんの犬という関係にもあてはまります。
どういうことか・・・ということですが。
叱り、ということ。
「ノー」ですね。これを使うか、使わないか、使うとするといつ、使うか。
です・・・。

この布石のための、これまでの褒めのお話だったわけです。

私が叱らない人だとは言っていませんね。
自分の犬は叱る、とお話ししましたね?
なぜ、叱ってもいいか。
私との間に絆が出来ているからです。
親子関係にも似た信頼関係ですね。
これは、犬を迎えたからといってできるものではなく、
毎日世話をすればできるか・・・といえばそういうものでもなく。

絶対的な安心感のなかに犬が暮らせて初めて絆ができ始める、
のだと思います。
なので・・・でも、
私たち人間は、決して母犬のように教育できません。
教育できないとは、犬に禁止を与えることが下手、であるということです。
犬には犬の方法で、禁止や抑制を教えられるので、
人間の常識の「叱り方」では犬に恐怖や、怒りを植え付けるだけに終わってしまっているのかもしれません。
そうすると・・・
ばたばた落ち着かない仔は、いつまでも落ち着かないのですよね。
また、「ノー」と言っても聞く耳を一切持たない・・・

「あなたに叱られたって心に響かない」
のかもしれない。

理想的な叱りとは、
「ノー」
で行動が止められること。動きを止めて犬が
「な~に♪」
と見上げたり、またはしまった、という顔をする。
そして出来れば、とことこあなたのそばにやって来て欲しい・・・
決して逃げていかない。
逃げてしまうのは・・・恐怖があるのですね。
絆が出来ると、この理想的な叱りが出来るはずです。
反対に言うと、「ノー」で犬がイライラするのは、
絆作りの途上であるということ。途上であるのなら、
叱りは封印して、褒め褒め作戦で行った方が、遠回りのようで
遠回りではないと思います。

究極的に言ってしまうと・・・
犬は物分かりのいい仔ばかりではありませんので、
必ず、叱りは必要なんです。
特に、親離れの早すぎる仔たちは、ルールがわかっていませんので、
まず、犬としてのルールを教えていかないといけないですよね。
また、幼児や小動物、他の犬に慣れていない場合は(社会化が出来ていない場合)
幾度となく危険な場面が訪れるはずです。
理想的には回避したり、予防したり・・・できればいいのですが
皆で生きていると、ハプニングはつきもので、
その場合、どうしても危険を避けるために「ノー」は必要です。
ただ!

絆が出来ていなければ後遺症が心配なのです。
だから、
生徒さんには極力、褒めだけで踏ん張っていただいています。
私も生徒さんがたの犬には褒めだけで対応しています。
理由は・・・絆がまだ出来上がっていないから。
「ノー」
を有効にするための褒めです。
「ノー」が恐怖ではなく、いらつきの素でもなく、
行動を中止させるための道具とするためのトレーニングが
褒めのトレーニングだと思っています。

コメント

  1. すかい より:

    SECRET: 0
    PASS:
    難しくも大切な事ですよね。絆・・・。いつか、私とわんたにも生まれるのか?!チャーリーママさんが感じる絆って、どういう時にどんな感じですか…?わんたは、「ノー」と言われるとこっちをジ~っと見てピタッと動きを止めます。で、続けるか止めるかが半々です^^;続ける時は、こっちをチラチラ見ます。危ないと少し大きめの声で叱りますが、その時はちょっと尻尾を振って、近寄ってきます。たまに、手とかをペロンとします。落ち着いて、って事かな~。なんだか、遊ばれてる気がするこの頃です。

  2. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    先日と今日の話、叱りに対する考え方が深く、とても勉強になりました!(^^)

  3. ダクママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    叱るために、誉める、ノーがすぐ理解できる事、突発的な事態に対処するためですよね?散歩中にもしリードが切れたら?胴輪が外れたら?普通なら私の側を離れませんが(ビビリなので)ダクはパニックになると反射的に家に帰ろうと飛び出します。待て、もだめ、も耳に入りません。しっかりとした絆があれば怖い時も私の側を離れないし呼べば戻って来てくれるのですよね?その為の”誉める”なんですよね.絆、信頼関係、深くて重くて難しい・・けど目指さなければ辿りつけませんね・・

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。>危ないと少し大きめの声で叱りますが、その時はちょっと尻尾を振って、近寄ってきます。たまに、手とかをペロンとします。おっしゃるとおり、落ち着いてとか、分かりました、とかいうことでしょうね。絆・・・難しいけど・・・そうですね~、犬の考えがこちらの思い込みでなく、分かるようになった時かな。あるいは・・・足元でだらしなく寝そべる、時・・・真にくつろいだ表情を見せてくれること、ともいえるし・・・双方がリラックスした状態で生活で来ている時、かもしれない・・・ただ、わんた君のように、叱られてそばに来るのは良い関係、これが絆だと思いますが。もう、ひょっとしたら生まれていて、すかいさんが気付くだけだったりして。絆があっても、イタズラしますからね。

  5. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。もう一度名前を確認してしまいましたが、間違いなくタローの主さんですね。一行コメントですね。深いですか?ありがとうございます。何の気なしに叱って、叱られて、というケースが多いのでね。家庭犬では一番気をつけたいことだと思っています。どんなに小さな声で「ノー」と言われてもピタッと行動がやめられるかどうかは、普段、真に褒められているかどうか、信頼しているかどうかが現れると思います。犬それぞれ性格があるので、なかなか大変ですけれど。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。パニック状態の犬・・・なかなか大変ですが、普段からの練習で傍を離れないようにすることは可能だと思います。いつでも、守ってもらえるという安心感で、何かがあれば自分のところにすっ飛んできてくれるように。困ったことがあったら、自分で対処しないで、飼い主に助けを求めてくれるように・・・一生をかけて目指していかないといけないのですねぇ~。

  7. こぎババ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「親子のような信頼関係」。的を射た表現だと感服しました。トレーナー気取りの飼い主に限って、「自分の犬を信頼していません。だって相手は畜生ですから」みたいなことを言うんですよね。親子のような~というたとえのお陰で「犬を信頼する/しない」という線引きがどうもしっくり来なくてモヤモヤしていた部分がやっとスッキリしました。

  8. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >絶対的な安心感のなかに犬が暮らせて初めて絆ができ始める 最近、Panが私に「絶対的な安心感」を与えてくれているような気がします。Panを抱いている時、Panの寝顔を見ている時、Panの笑顔を見ている時…「今日も1日楽しかったよ」「生きているって楽しいよ」って聞こえてくるような気がします。「生きていること」をまるごと肯定されるほど安心なことってないです。だから、私もPanに「それでいいよ」って応えてあげなくちゃ、と思います。 チャーリーママさん、Panの手術を応援してくださってありがとうございました。無事に昨日手術を終えて、今夕退院しました。今夜はちょっとだけおとなしめのPanです。

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。こぎパパさんじゃなくて、こぎババさんですよね?失礼があったらどうしよう・・・(笑)>だって相手は畜生ですからう~~~ん、これは聞き捨てなりません。そういうことを口にするその心は畜生ではないのか!?と問いたい。(心の中で。実は小心者なので・・・爆)でもね、犬やその他動物には、同じ命であるという立場に立たないと、絆どころか、真に命を知ることも難しいでしょうね。可哀そうだと思います。人も犬も。信頼を与えられなければ、犬は決して信頼に足る相手にはならないと思います。

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。そうですか、無事に終わって良かった。安心しました。今だけちょっと、おとなしいかな?大復活はすぐのことでしょうね。(笑)>最近、Panが私に「絶対的な安心感」を与えてくれているような気がします。ああ~、そうですねぇ。これは本当に素晴らしい。存在自体が愛おしい。そうですね!?Panさん♪あなたもすっかり犬バカ万歳ですね。

  11. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >絶対的な安心感のなかに犬が暮らせて初めて絆ができ始める出来始めてるよなぁまだ完成してなくてもいいから絶対的な安心感があって初めて、叱ることが真に「禁止」の意味を持つのですねダメ!と言った時、そのまま聞かずにやり続けることは少なくなったと思いますがまだまだ発展途上ですところで・・・確信犯的イタズラを発見した場合なのですが・・・気付いて近づくと、それを隠そうとしたり(見えてるっちゅうねん)逆ギレみたいに吠えて抗議(?)したりするのを今は無視して(あまりにも吠えがひどいときは抱っこしてしまって)黙々と元の状態に戻す作業をするのですが、それで良いのでしょうか?それが終わったら、「おいで」など、褒めてあげられるようなことをするのですが・・・

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは~。>確信犯的イタズラを発見した場合なのですが・・・いるのよねぇ~、そういう仔が。人間でもいるじゃない?「あたしのこと愛してるなら叱ってみなさいよ。」な~んていうタイプのコギャル。(死語か?)そういう場合は、「その手に乗るか」です。「おいで~」か、「バイバイ~」で、すたすた去ってしまうとどうなりますか?バーニーちゃんにとっては肩透かしが一番こたえると思うんだけどなぁ・・・演技力ですけど。大切なのは。それとも・・・食べてしまうのが心配だからできない?そういうイタズラかな?ちなみに、私チャーリーの場合をお教えしましょう。無言で仁王立ちして睨みつけます。逃げて行ったら追いかけて(無言です)どこまでも追いかけて、逃がしません。頭を垂れた様子がうかがえたら、抱っこして現行犯の場所に行き、それを指さして「いけない!だめでしょ~」と低めの声で(大きな声は使いません)叱ります。イタズラした物を顔の前に持っていき顔をそむけるまで、「いけないでしょ?」と念を押します。体を拘束して脱力するまで続けます。「私は犬に信頼されている」という自信のある人には、絶対的な方法だと思います。

  13. ルークママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    友人は訓練士さんに「犬との絆ができてない」と言われ、「これだけやってあげているのに。かわいく思えない。」と精神的に参ってしまったことがあります「私には夫との絆や娘との絆だって見えないときもある ましてや種を超えた犬なんだから、絶対的なものはないのでは?」と答えたことがあります。私は“私なりの絆”であれば良いのでは?って思ってます。>「自分の犬を信頼していません。だって相手は畜生ですから」余計なこととは思ったのですが、補足してもよろしいでしょうか?畜生発言はもちろんですが、この方はもしかしたら「どんなに絆があっても、理解していると思っていても、相手は種の違う動物ですから、絶対的な予測はできない」という意味でおっしゃったかも知れないと思いました大好きな大好きな存在である反面、犬はあくまでイヌという種でありヒトではない、だからときどき私には計り知れないことをする生き物である、と思って接しています

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。補足ありがとうございます。>相手は種の違う動物ですから、絶対的な予測はできない」という意味でおっしゃったかもぜひ、そうであってほしいと思います。私たち大人は、命を育てる時に、安易に相手をさげすむ言葉を使ってはいけないと思います。畜生ではなく、種の違いという言葉がさらりと出てくるように、意識を高く持ちたいです。訓練士が良く言う「絆が出来ていない」という、その絆は私は取りません。家庭犬としての彼らの安寧こそが絆であると思うので、だら~っと、まったり、飼い主のそばでくつろげるかどうかが犬の安寧であってほしいので、何かが出来る出来ないは、絆の基準から外して考える私です。だから、ルークママさんのおっしゃる、>私は“私なりの絆”であれば良いのでは?って思ってます。がいいな。

  15. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    確信犯的いたずら、抽象的ですみません具体的には、何かをかじったり、枕やソファの綿を掻き出したりってことがほとんどです最中に気付いて近づくと、まず隠そうとしますそしてそのまま肩透かしで私が去るとですね、一瞬面食らったみたいに動きが止まるのですがその後、相手にされなかったことにさらに怒って猛烈に吠えたりイタズラをエスカレートさせます結局、相手にしてほしいのにしてもらえないときに、こういうイタズラに走ることが多いんです・・・もちろん相手してやれるときは片付けてから相手するんですが果たしてそれで良いのか?そして、たとえば電話中だったり、出かけて帰ってきてみたらそんな状況だった、っていうときにはどうしたらいいものかと・・・それで、チャーリーくんへの対処が意外だったのが「追いかけた後に、現場に戻ってダメと言う・・・」この場合、既に過去のことで、叱られる理由が分からないからしないほうがいいのかな?と思っていたのですがこれはママさんとチャーリーくんとの間に確固たる絆があるからこそ、しても大丈夫なことなのでしょうか?それとも、イタズラと逃げる・追いかけるが継続しているから大丈夫なのでしょうか??

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    えっと・・・確信犯的な悪戯をする、仕掛けるといったほうがいいかな?そういうタイプの仔は(チャーリーがそうです)関連づけられるから、確信犯なんですよ。ココやカレンはそのような芸当はできません。なので、ココやカレンにチャーリーの方法を用いるのはNG。追いかけられているうちに、追いかけられり恐怖しか感じないでしょう。ですが確信犯は侮れません。何時までも、明日になっても覚えています。経験的にそう思います。犬でも知能に差があるので・・・対処も違って当然ですね。特に・・・>相手にされなかったことにさらに怒って猛烈に吠えたりこういう仔は、言って聞かせてもいいかもしれませんね。どうせ(笑)後で相手をするわけですから、追いかけて相手をして差し上げても・・・(爆)いいかもですね?ただ。。。誰にでもすすめられる方法ではないので、慎重に行っていただきたいと思います。

  17. だらだら犬を飼ってる人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    行動を止めるのが目的なら「伏せ」「待て」「来い」などではいけないのでしょうか?どんな時しかりますか?僕の場合は多分「待て」で動いた時が多いと思います。そういえば犬を最近叱ってないことに気が付きました。はいオビ練不足しています。

  18. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。>行動を止めるのが目的なら「伏せ」「待て」「来い」などではいけないのでしょうか?もちろん、いいと思います。何だっていいと思います。ちなみに我が家は、「チャーリー!」の声色を使い分けることで対応しています。基本、名前を呼ばれることは合図になっているので、しかも多頭飼いなので、そんな感じでやっています。トレーニングでは飼い主さんと犬との関係とか、日常とかで、一番反応の良い言葉で、行動を止めるようにしてもらっています。かなり面白いパターンだと、「いいこ!」っていうペアーもいます。オビ練不足?でも・・・なかなかすごい練習ですよね。アンケートから察するところ・・・

  19. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    バーニーもチャーリーくんと同じようなタイプってことですねぇ以前「難しい性格」(だったかな?)とおっしゃっていた意味がやっと分かりました関連付けが出来てしまうんだと思います。拾い食いに関しても、気になるところをマグネットなどでやり過ごした後再びそこを通れば(もうないのに)必ず同じ行動に出ようとしますしおやつを落としたときは、待たせて拾っても(拾ったのを見せても、食べさせても)他のものもおやつに見えてしまうのか、他にもあるんじゃないかと思うのかは分かりませんが落としたあたりのものをベロベロして食べ始めることが多いです。>こういう仔は、言って聞かせてもいいかもしれませんね。どうせ(笑)後で相手をするわけですから、追いかけて相手をして差し上げても・・・(爆)いいかもですね?↑バーニーには大丈夫かもしれないんですね(一般的な仔には)ダメだから、と思って出来る限りこらえてましたといいつつ、時々、もう少し待って欲しいだよぉ~とか、ここ(これ)はダメだったよね?とか言ってしまうことがあって、そういう時は、気持ちが通じたかなぁと思うときには、やや反省の表情を浮かべて大人しくなりました逆に、こら~っ!って追いかけると、待ってましたとばかりに楽しそうに逃げ回ることもありましたそれなら、追いかけっこして楽しんで気がすむのなら、それで行ってもいいかなぁ・・・

  20. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。そうだと思います。smallcountryさんがおっしゃる、「ジャンルがいっしょ。」ていうのだと思います。チャーリーに一度試したことがありましたが松ぼっくりをいっぱい集めて「さあ!どうぞ!」どうしたと思いますか?恐れていましたよ。うろうろしてました。バーニーちゃんの目の前にビニールを一杯積んだら・・・どうなるのかな?なんて・・・ふと考えました。

タイトルとURLをコピーしました