落ち着きを犬に与える

この記事は約2分で読めます。

昨日の記事をお読みになってから、もう一度9月27日付の
記事を読んでみていただきたいと思います。↓
(ココの動画もご覧ください)
いろいろな(ココからの)メッセージが読み取れると思います。
いかがですか?
ブルブルしてます。ペロペロしてますね?
地面の匂い嗅ぎもして、そっぽも向いて、終いには横ずわり。
首をかこうかなぁ~、と思ったのをやめてますね。
はい、ココの気分は。
「落ちつけ!自分!」
このように、カーミングシグナルは、自分に向けてのものもあります。


トレーニングの最終目標は、自分で自分を抑えられること、です。
抑制力を養う、ということですね。

ですので・・・
興奮する犬を、そのままにする、もしくは助長することは
その犬のためにならない、ということになるわけです。

突進する犬をなだめるためには、
飼い主さんが手助けして、わざと遠回りしたり、ジグザグ歩いたり
カーブを描きながら行きたい目標物に近づいてあげてください。
それは、相手の犬の興奮もなだめることができる
と言うことにも昨日少し触れました。

ということで、ココのこの動画ですね。

ココが喜んで突進してきた時に
私がキャーキャー甲高い声で、「ただいま~、寂しかった~♪」
などと言ってわしゃわしゃ触りまくれば
ココのテンションはさらに上がるでしょう。
(この仔は非常に抑制のきくタイプなので、実はこのように
少しはテンションを上げてあげないと楽しくないですけど)
私はこの時カメラを持っているわけですね。
ココにしてみたら、じっと動かないし反応がない、まさに木になった状態。
それが相手を落ち着かせるポイントですね。

なので、後ろ向きに立つ。じっと動かず目を合わさない、もちろん声もかけない。
この態度が興奮する犬に対しての優しい接し方なんですね。

それによって、
自分で鎮められます。鎮められない仔は見たことがないです。
反応するからいつまでも、ピョンピョン、ワンワン大騒ぎするのですね。
個体によっては、思い通りにいかないからと
手当たり次第にものを噛んだり、口に入れたり、吠えたり
転移行動が現れますが、それもじっと無言で耐えれば、
やがて落ち着きます。
それは、自分でスイッチを切れた、ということで、
脳の大脳皮質の働きです。(脳トレーニングですね)
それに引き替え、興奮を叩いて抑えることは、即効性があったとしても
辺縁系に働きかける行為なので、
トラウマを作りやすく、ある時別の問題行動として形を現す危険性があります。

なかなか・・・
難しいんですよね~。

コメント

  1. ハク母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。>個体によっては、思い通りにいかないからと手当たり次第にものを噛んだり、口に入れたりうちのハクもきっとそれです。ハクは甘噛みしたり服を引っ張ったりするのですが、様子を見ていると、要求が高まりすぎて「自分でもどうしたらいいかわかんない~」って感じの状況で起こるみたいです。もしかしたら興奮からの転移行動なのかもしれないですね。甘噛みが始まったら「木」になったり、ハクを無視して自分の仕事をしたりしていますが、大きくてパワフルなので耐えるのはけっこうきついですなかなかうまくいきませんが、1日のなかで1、2分くらいのことですもんね。今日もがんばります!

  2. ととまま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ととは、1才2ヵ月を過ぎ、ワンちゃんとの接し方は上手になってきましたただ、かなり遠くから、じっと伏せて待ちます。これを「あ~ら、ボーダーらしいわね」と理解してくださる飼い主さんは大丈夫ですが、「襲われそう。ちょっと怖いなぁ」と、遠まわりしたり抱っこしちゃったり。伏せさせないようにした方がいいのでしょうか。。。。興奮し突進するのは人に対してです。とにかく人間だ~~い好き家族、知りあいは「落ち着くまで無視する」を徹底してくれているので、かなり抑制できるようになりました。(ちょっと淋しい)宅急便などの方にも、私の足元で座って待てるようになりました。でもお散歩中などに出会う方には、顔をめがけてジャ~ンプ構ってくれると分かると、ますますヒートアップ小柄ですがボーダーのジャンプ力ですから、180センチくらいの方の顔でも、なんなくクリアです。でも、小さい子が近寄って撫でてくれようとすると、ちゃんとお坐りしたり、伏せたり、決して飛びつこうとはしません。まるで別犬のようです。子どもと大人を見分けているということだけでなく、ん?顔の高さも関係ある?なあんてことを考えて最近は、飛びついていきそうになると、ぐっと坐らせて私も一緒に腰を落とします。そうすると、相手の方も座ってくれます。まだ、それでも顔をめがけようとはするのですが、飛び跳ねることはしなくなりました。むやみやたらに「お手」などしたりています。もちろん、すべての方に「木」になったり「無視」したりをお願いできればいいのですが、ちょっとムリなので。どうでしょう?この方法で、収まるようになるでしょうか?

  3. 海渡父 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    これ、わかります。留守番させてて、帰ってきて、ハウスを開けると、お帰りピョンピョン。または、用事で部屋をでててしばらくして部屋に入ると、どこいってたの!ピョンピョン。興奮を鎮めたいよりも、関節を痛めないために、ピョンピョンを止めさせたいと思い、犬のサインを真似してみました。ピョンピョンしてきたら、背を向ける。またピョンピョンしたら、背を向ける。そして、じーっと落ち着いてたら、こっちが座って、ナデナデ。海渡も、ペロペロ。でも、挨拶が終わったら、オモチャ漏ってきて、遊べーって感じ。そのためか、最近では、帰ってくると、あっさりしてます。ハウスを開けると、一目散に、寝室に偵察に行き、タオルなりハンカチなり獲物を咥えてきて、シッコして、オスワリしてるんです。こっちが座るまで。立ってる間は、一人で遊ぶか、オスワリしてこっちを見てます。とはいっても、たまにピョンピョンしてくるんですけどね。上さんが帰ってくると、熱烈歓迎、ピョンピョンなんですよね。これってのは、上さんの帰りを首をながーくして待ってるのか。それとも、上さんへの対応と僕への対応を変えてるのか、ナゾなんです。一般化が苦手な犬なればこその個別対応のワザなんでしょうか・・・・。

  4. やまと より:

    SECRET: 0
    PASS:
    すみません。今日の興奮とは少し意味合いが違うのですが、食事と興奮、関係ありますか?お腹が弱めなので、生肉あげはじめたら、健康上は絶好調なのですが、自分自身を押さえきれなくなって来たような気がします。タイだかのお寺では虎に生肉は絶対上げないとテレビでやってました。人間を襲わないそうです。やまと生肉大好きだし、お腹も調子いいし、でも興奮とは少し違う何かがもやもやとって感じかな。それはそれでかわいそうだし。これ以上散歩したら私が倒れちゃうし。どんなもんでしょうね。

  5. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。そうですかぁ~。ハク君、なかなか激しいのですね。大きいので大変です。でも・・・持て余して、犬への理解のない訓練を受けて「そのような、支配的な行動は今すぐ厳しくやめさせないと。秋田犬の闘争本能がでる。」みたいに言われて、叩いたり、、蹴ったりして、かえって防衛本能のスイッチを入れてしまうパターンがあります。幸い、ハク母さんは思いやりの強い方なので、転移行動にすかさず反応していただけましたね。だから、大丈夫。そのうちに、興奮のスイッチを自分で切れるようになり、落ち着いた成犬に成長するとスイッチを入れ忘れて()くれるようになります。辛抱ですね。頑張って~。

  6. chez より:

    SECRET: 0
    PASS:
    まさしくタイムリーな話題がきました(笑)外出から帰ってきたときに、突進してくる犬に対して猛烈な歓迎返し・・・高い声でのお出迎えとしゃがみこんでの大歓迎セットで床にはどしゃぶりにように黄色の液体が・・・頼みます母上様・・・もう少し落ち着かせましょうよ・・・でも好きな人にとってはうれションをさせるのも、それを掃除するのも気にならないようですあれっ、てことはこれからもかわらないの?

  7. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。>ぐっと坐らせて私も一緒に腰を落とします。そうすると、相手の方も座ってくれます。結論から言ってしまうと、その方法で大丈夫です。その方法以外考えられません。今トレーニングしている仔たちも、基本的にそのようにやっています。ただ・・・飛びつきそうになった時は瞬間的にリードを持つ手に力が入るので、首輪に力がかかることも、喜びに出来るようにガッチャエクササイズで関連付けをしておかなければいけませんよ。子どもには対応が違うというように、抑制できる仔なので、厳しく対処することは避けていただきたいと思います。伏せて待つ・・・ボーダー以外でも多いですよ。(自分には敵意はないよの現れであったりしますよね)狙うというように見られるのは心外ですが、そう受け取る人をとやかく言っていてもしょうがないし・・・伏せさせるのをやめさせると、突進に変わってもいけませんし。伏せつつ、飼い主さんとたま~にアイコンタクトをとって、相手の犬に集中しすぎないようにしてあげたらいかがでしょうか?

  8. くんま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    やっとと言いますか、朱里の思う事、若しくは考えてることが分かる気がしてきました。今苛々してるとか、喜んでるとか、機嫌が悪いとか等々・・・飼って1年では遅いですよね。苛々してる時や機嫌が悪い時に叱ると朱里はすぐに逃亡をはかります。探すのに難儀しますが、なるべく同じ道しか通らないよう身して他の道を覚えさせないようにしていますから、逃げてもいく先行く先想像できるので。先回りできるんですが、この逃亡癖治るんでしょうか?

  9. ととまま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    知り合いのトレーナーさん、犬飼いさん、ブリーダーさん。いろいろ相談しましたが、飛びつこうとした瞬間、リードを強く引く飛びついたら鼻を強く押す足を払う無視する高い声を出さない子どもの特権。もう少し成長したらやらなくなるよいいじゃない。かわいいじゃない。私はイヤじゃないよ~「無視する」は、頼める人にはお願いして、あとは・・・。どれもピンと来ず。「いいのかなぁ~」と思いながら実行してました。>その方法で大丈夫です。その方法以外考えられません。ホッとしました。伏せは・・。>自分には敵意はないよの現れであったりしますよねこのことをお話できる人には、伝えていこうと思います。回り回って、誤解している方の耳にも届くかも

  10. pooh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    外出から帰ってきても、無視していたので歓迎の興奮は無いのですが、掃除機とかプリンターを使おうとすると、ロープを狂ったように振り回します(汗今はその状態でも、無視していますがその方が犬に対して優しい接し方とは、知りませんでした。まだまだ、スイッチを切るまでに時間がかかるようですけど、気長に待ってみます。というか、スイッチが入らないようになると良いんですよね?

  11. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。>一般化が苦手な犬なればこその個別対応のワザなんでしょうか・・・・。そうですね。そう思います。ピョンピョンはねられて、無視してるよ~とおっしゃる方の方法を見させていただくと何かしらの反応を返しているんですよね。犬は一般化が苦手ですがだからこそ!違いには敏感ですよ。観察の名人(犬)です。落ちつかせるのが上手な人の方法をよ~く見てまねされるといいのですけれど・・・対応が一緒の方が犬は落ち着きますよね。そうそう、無視が出来ないのなら、「おいで」で来させることはどうでしょうか?飛ぶのと、おいでは両立できないと思うので。

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。食事と興奮は関係あると思いますよ。でも、生肉では考えられないですよね。添加物等の影響で、いらいらはするでしょうけれど・・・野生動物と犬はそもそも脳が違いますので。生肉で興奮するとは思えませんね。それより腰は大丈夫でしたか?私的に思いますが2時間歩くよりも、20分の歩行トレーニングの方が脳は成長します。長時間歩くと、強迫観念的に「歩かなくてはいけない自分」に犬がなる可能性もあります。同じことの繰り返しよりも、いつも違う(長さも、場所も、お散歩ですることも)ことを日課にした方が、脳は健やかに育つと思います。

  13. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。はは・・・chezさんのお宅にも、教育の必要な人がいるのですね。犬を教育するより、難しかったりしますよね。何かして返さないと気がすまない、と考えるらしいですので、なかなか・・・多分、犬の方が成長して、お母様は置いてきぼりを食う、ことになるかもですね。頑張って。

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    くんまさん、こんにちは。飼って一年でわかるのは遅い?いいえ!そんなことはありませんよ。むしろ早いくらいだと思いますが。逃亡癖・・・叱らなければ逃げないのであれば、叱らないことに専念するより仕方がない?逃亡して、危険がないようにお願いしますね。誰かに連れていかれても困るじゃないですか?

  15. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    問題だと思う行動を直す時に気をつけたいことは、飼い主さんの矯正法が、悪い関連付けをさせるものであってはいけないということです。人に飛びつく→足を払われたこの時に、人がいたから自分が倒れて転んで痛かった、人は腹が立つ存在だ。というように学習する危険性もある、ということですね。トラウマはちょっとしたことで出来上がりますから。気をつけないと。

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。掃除機と、プリンター・・・ロープを狂ったように振り回す・・・これは、興奮ではなくて、怖いのではないですか?なのでそれによる、転移行動だと思いますよ。ですので、この場合は無視ではなく、近くで見させておやつ。遠くで動かしておやつ。というように、おやつで脱感作していかなくてはいけません。これが慣らし、社会化ですね。

  17. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    一所懸命自分を落ち着かせようとしているのですね。ほんと、健気ですこの一所懸命に協力してやらなくてはいけませんね。興奮をあおるようなことは絶対しないでおこうとあらためて思いました。Panは、お散歩中もわりと頻繁にブルブルします。聞き慣れない音が聞こえると前足を片方上げて耳を澄ましていたり、座って音のする方をじっと見ていたりも。ひとつひとつの動きを観察するのはとてもおもしろいですお散歩、長ければよいというわけではないですね。←わかっていたのですが、長いお散歩の後はPanが家の中で静かにしていられるので、最近はついついダラダラと長く歩かせていました。私の方が疲れてしまって、「ただ歩く」が大半になってしまっていました。私が楽をすることばかりを考えちゃPanの成長につながりませんね。反省です

  18. やまと より:

    SECRET: 0
    PASS:
    腰は、思ったほどひどくならず、来るぞ来るぞが無くなったので普通に散歩出来るようになりました。歩かなくてはいけない自分、脅迫観念やまとより私にあるかも。でもね、誰とも会わず、二人っきりの散歩。楽しくて楽しくてやめられません。ただ体をこわしても困るので、ゆっくりトレーニング散歩もしようかなと思ってます。生肉ですが、猟友会のお友達に聞いたら、赤身の生肉は猟犬では無い犬に与えすぎない方が良いと言われてしまいました。家計も大変だし、鶏肉だけでいいかな。

  19. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。>この一所懸命に協力してやらなくてはいけませんね。さすが、Panさんのお言葉も冴えわたっていますね。人間は良かれと思って(無意識にかな?)いろいろ犬に働きかけてしまいますけど、犬の足を引っ張っていることって、結構ありますよね。それは避けたいです。カーミングシグナルで必死で自分を落ち着かせているのなら、落ちつくのを「待つ」ということが一番優しいのでしょうね。手持無沙汰なんですよね~。自分がおろおろしているだけで、何かしていないと落ち着かない・・・これこそ人間側の転移行動でしょうか?長距離歩く・・・確かに初めのうちは効果的ですが、慣れがあって、さらに進むと、もっと歩かないといけなくなって・・・満足するまでする、というのはどうかな?と思うところです。切り替えを早くさせるためには、満足する前に中断して、次の行動に進む、みたいに耐えることも教えていかないといけないですね。

  20. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。酷くならなくてよかったですね。でも・・・お母さんが寝込むとやまちゃんが一番かわいそうなので、ゆっくりトレーニングの時間を作って無理のないようにお願いしますね。そう・・・赤身はねぇ・・・家計は大丈夫でしょうけど、無理なくそちらもおやりくださいね。

  21. pooh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    怖がっている場合の対処について改めて質問させて下さい。以前、恐怖症のカテゴリーで、飼い主の毅然とした態度(慰めるのではなく、普段と変わらない行動をとること、目を合わせないことも)とおっしゃられていましたが、おやつをあげることは慰めとは違うのでしょうか?怖くてロープを振り回す行為は、恐怖症とはまた別だから、おやつで慣れさせるということなのでしょうか?嬉しいから、興奮。怖いから興奮だと、思っていたのですがよくわからなくなってしまいました。ご助言をお願いします。

  22. だらだら犬を飼ってる人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    123ゲームやボールを追いかけている途中で伏せさせたり 強いコントロールを犬にかけるためにはそれに見合う強いモチベーションが必要だと思っています。犬に強い抑制力を求めるならそれに見合う大きな開放の場を与える必要があるのではないでしょうか?10数頭程度の犬に何人かでボールやフリースビーウィ投げても犬はそれぞれ自分の物を追いかけて返すべき人に持ってきますよね。又その真ん中で伏せていたりしますよね。アマチュアならその程度のコントロール(抑制)でいいのではないかと思っています。

  23. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。この興奮については難しいです。問題行動専門で行っている方も区別していないでやっていることもあるかもしれませんね。恐怖はありますか?掃除機とプリンターに?それを落ち着かせるための「ロープを振り回す行為」だとしたら、まず、動きを止める=拘束技が有効であるとお話しましたよね?よだれをたらしたり、瞳孔が開いたような恐怖症のレスポンデント反応には飼い主さんの毅然な態度は必須ですが・・・まず、動きを止める。無言で。次に毎日少しずつ、そのものに慣れさせる=良い関連付けをさせるのです。その為に使うのがおやつ。興奮しているときに気を逸らそうとおやつを使うのではない事を理解していただきたいと思います。ロープを振り回していると、気がついたら掃除機もプリンターも動いてなかった、それが度重なると、ロープを振り回す事が強化されます。これについては近いうちに記事にしますね。その時はコメントお借りしますね。

  24. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。ルークママさんにこの間、勝手にブログをご紹介してしまいました~。彼女も4頭ボーダーを飼っていらっしゃいます。アジをやっているそうです。よかったらいろいろお話してあげてください。(お節介おばさんですみません。)開放の場、とアマチュアの抑制、おっしゃるとおりだと思います。今・・・自分のではないものを追いかけて、おまけに一頭でバタバタありとあらゆる人、犬にちょっかいを出して・・・そんな仔もいて、・・・まあそれはそれで楽しいですが、一般の飼い主さんには大変かな。

  25. pooh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    先程プリンターを使う際、改めて様子を観察してみました。よだれをたらすほどではなかったですが、呼吸が荒くなり、プルプル体が震えていました。そこで、まず体を拘束して、落ち着いてきたようなので、おやつを見せながら一緒に別の部屋へ誘導してみました。時々、プリンターへ向かおうとしたのですが、呼べば戻って来ることができました。なるほど、興奮しているときに気を逸らそうとおやつを使うのではないとは、こういうことなのですね。助かりました。これで仕事もはかどります。/face_hohoemi/}他の犬に会ったときも、おやつで誘導できるようになると良いのですけど、家の中でもこういうトレーニングを続けていけばきっと効果はありますよね?

  26. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    早速試されるところ、流石ですね。家の中でのこのトレーニングによってスイッチを切るのが上手になりますので、必ずお外でも効果が出ると思いますよ。頑張ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました