思いやる

この記事は約2分で読めます。

 

昨日お話しした、思いやりの挨拶
理解していただけましたか?
多分・・・多くの人にとっては、???だと思います。

犬と接するときに、そのような遠慮しがちの行動では
物足りないかもしれませんね。でも、
覚えておかなくてはいけないことは
犬は臆病な動物である
ということです。
臆病さは悪いことではありません。自然界で大胆過ぎることは
むしろ命の危険と隣り合わせです。
・・・長い人間との生活で、臆病さが影を潜めているものの
基本的に犬は臆病です。
ここを理解していないと「待つ」
ことが難しくなるかな?と思います。

相手が怯えているのに、どんどん近付いて、撫でて、抱く・・・
それが慣らしだと、そう考える人は意外と多いのではないかな?
「慣れなきゃだめよ~」
みたいな、元気のいい、押しの強さ・・・

でも、犬は怖いと思いますよ。
自分が怖いのですから、警告として「ヴッ!」と唸るのも
固まるとか、逃げるとか、ブルブル震えたり、それは当然の反応です。
まれに、平気で尻尾を振る犬がいる、ということです。
色々なんですね。

私はトレーニングの最中によく、
「その仔を認めてあげましょう。」
とお話しします。
認めてあげるとは・・・?
色々でいいよ、とそのまま丸ごと受け止めてあげることです。
否定すると相手(犬)は警戒します。

消極的な態度で、人間と挨拶をすることを
「人間に社会化されていない」
と言い切ることはNGです。

人間の姿を見て、それを受け入れられることと、
人間が近づいて来ることに耐えられることと、
人間に触られることと、
人間に抱かれること、
これらすべて、一つずつ、切り離して社会化(=慣れさせる)を
行っていかなければ真の社会化とは言えないのです。
(こういう意味から、パピーパーティーは少々乱暴な出会いの場になってしまうかな?と心配します。)

犬は憶病なんだ、そして出会いは「待たなくてはいけない」
性格や行動は色々で、それを認めて許してあげなくては
犬からの信頼は得られないと思うのです。

すべてのトレーニング、いえ、トレーニングだけでなく
医療も、日常生活も、
思いやることで、
犬が暮らしやすい世界が広がりますように。

犬と幸せな暮らしを送るために、自分にできる限りのことをする。
それが生きる楽しみだと思える方々のために。
共に歩いて行きたいと思っているのですよ。

コメント

  1. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    特殊な狂犬は別として、攻撃的と言われる犬(個体)の多くは、相手に対する恐怖も少なからず抱いているもので、だから咬むのです。今にも咬み付きそうな犬でも、一線(個体距離、ボディゾーン)を越えなければ咬みついたりしません。また、一線を越えていても、やみくもに攻撃をせずに、相手が目を離した瞬間などの機会を伺っている個体も多いものです。これは相手からの反撃を恐れての計算が働いています。この先制奇襲攻撃で咬まれる人も多いのではないでしょうか?自ら犬に近寄ることが出来たからと言って、犬は自分を認めてくれた訳ではないのです。犬が明らかに自分を認める行為は、犬からの接近ですね。 だから待ちの姿勢が重要であり、犬の馴れ具合の見極めにもなるのです。(^^)

  2. トミピー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん…優しい♪いつも読んではらはらと涙が出てしまいます。犬が近寄ってくるまで待つ。この方法大好きです。犬が恐る恐る寄ってきて確認して尻尾を振ってくれた瞬間、認めてくれた気がしてすごく嬉しくなります。ムツゴロウさんも初対面の動物と接する際は待ちますよね。安心させる。この間小学生の集団に囲まれ、固まったわんこに「かわいい~」と抱きついたときは「危ないよ、怖がってるから」と思わず注意をしましたよ~。

  3. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。さすがに、大型犬には無防備に近づく人はいませんが(いるかな?)昨今の小型犬ブーム(ブームって嫌な言葉)でチワワやダックス、トイプードルがいたるところにいて、人はお人形のように接することが多いです。無暗に触ろうとして、唸られて「しつけがなっていない」と言葉を吐き捨てる、または思って言わないだけとか・・・犬にとって暮らしやすくはないですね。人はもっと、咬まれる危険を考えた方がいい、そう思うこともしばしば・・・。咬むけれども、愛すべき動物。咬まないから愛するのではなくて。

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。>ムツゴロウさんも初対面の動物と接する際は待ちますよね。安心させる。そうなんです!これ、かなり誤解があって、ムツゴロウさんの真似だと言うと、「よ~しよ~し」みたいに、いきなりわしゃわしゃすることと思っている・・・勘違いも甚だしいです。人は本当に観察ベタだなぁ、と思いますよ。ムツゴロウさんの必見のポイントはガツンと攻撃(咬まれる=ムツゴロウさんは決して咬まれたとは言わない)されても握手した位に受け止めているところです!「ああ~、危険ではないんだ」と犬が安心するのですね。子どもたちには、折に触れてマナーを教えていかなければいけませんね。

  5. だらだら犬を飼ってる人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >犬は臆病な動物である用心深いが勇敢な動物という感覚です。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。>用心深いが勇敢な動物はい、その通りだと思います。ただ・・・勇敢さが影を潜めた犬が多すぎるような気がします。なので、用心深さが際立って、臆病なのかな?と考えています。こういうことからも、繁殖の大切さを唱え続けないといけないと思っています。

  7. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    犬が臆病だと思う僕の理由はちょっと違うかな!?「用心深い」と「臆病」は表裏一体。外敵に相対したときは用心深さを抱いた上で「逃走」か「正当防衛」また勇敢な個体は「闘争」へと発展。猪猟犬の場合、猪に直接咬み付く「咬み止め犬」と、猪との間合いを保ちながら吠えて足止めする「吠え止め犬」に分かれます。前者は勇敢と言われる反面、無謀とも言われます。 また、怪我のリスクが大きい。 そして、犬を大事にしようとする猟師は後者を好み、勇敢すぎずに少し臆病なくらいな犬が良いとも言います。後者は猪を怖いと思う臆病さ(用心深さ)を持ち合わせつつ猪に相対する勇敢さを持っていると言えます。勇敢だとか猛犬だとか言われる紀州犬でも、本質は臆病だったりします。また、犬が本質的に臆病である根拠としては、争いを避けるカ-ミングシグナルを多用することにあります。 用心深さも含めて、もしも犬が常に勇敢であるならば、犬は闘いが絶えなくなると思います。あと、経験上では吠え掛かってくる犬で勇敢と感じた個体は圧倒的に少ないです。でも、ガードドッグなどの使役に従事する犬達に関しては、基本的に勇敢な個体ばかりです。というか、身体能力が高いため相手を怖いと思わないと言うほうが正しいのかな!? でも、引くときは引く用心深さもありますよね。犬の本質は臆病で、時に勇敢! というのが僕の見方です。それにしても、犬って色々な見方があって面白いです。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは~。だらだらさん(?)やタローの主さんのような犬の見方で毎日を過ごしたいかも・・・問題を抱えた飼い主さんと犬のペアーは、用心深さが際立った、病的な臆病さが転じて吠えや、家庭内での噛みつきに現れる例が多いです。社会化云々以前の問題で、成犬になっても継続した努力が求められます。本当に!色々な見方は勉強になります。ありがとうございます。

  9. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    このブログの趣旨ならではの発想なのですね。いわゆる「臆病=自信がなさすぎる」だから「自信を付けさせる育て方をしましょう♪」ということを度々訴えてきた訳ですね。

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    またまた、総括ありがとうございます。(爆)>「自信を付けさせる育て方をしましょう♪」こうお話ししても、さら~っと流されてしまいます。実際どうすれば自信が付くのか、そこまで話を持っていかないといけないわけで・・・繰り返しです。テーマはひとつ。切り口を変えて、そのときのご相談内容に沿って、お話しさせていただいています。

  11. アンノウン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    自信をつけさせるしつけというのは、あらゆるしつけ法において語られています。さら~っと流しているのではなく、そんなことは知っているから、具体的な方法を教えてくださいってことかもしれません。まあ、すぐ結果の出るしつけ方法はなかなかないわけですが・・・そこを伝えるのは大変でしょうね。ただ、かなり犬に手を焼いてノイローゼ気味になっているような人が、特効薬的な処置を望むのも理解はできます。難しいとこですね。

  12. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    読者の一人として述べさせて頂きます♪(^^)>さら~っと流しているのではなく、そんなことは知っているから、>具体的な方法を教えてくださいってことかもしれません。もしも、このようにお考えの方がいるとしたら、その人こそが「さら~っと流しているご本人」となります。【チャーリーママさんのコメント】>実際どうすれば自信が付くのか、>そこまで話を持っていかないといけないわけで・・・>繰り返しです。>テーマはひとつ。切り口を変えて、そのときのご相談内容に沿って、>お話しさせていただいています。と、仰っているように、これまで各カテゴリーに分けて、具体的な方法を解説されています。それらの具体的方法や話の全ては、社会化(馴れさせる。自信を付けさせる。)というテーマに沿って、全ての記事が一貫性のあるものになっています。>ただ、かなり犬に手を焼いてノイローゼ気味になっているような人が、>特効薬的な処置を望むのも理解はできます。その特効薬的な方法をチャーリーママさんは日々ブログで提案しているのです。ここで一般に誤解をされるのですが、【特効薬】=【即効薬】ではないということです。 ちなみに犬への対応で即効性があるとすれば、犬に対する考え方を180度変えるという方法があります。それは、犬の行動を否定していた人が、犬の行動を肯定した考え方に変えることです。たったそれだけで、俗に言う問題行動が、問題視するに値しないことを悟る飼い主もいます。それが通用しない状況であれば、犬に効く特効薬(妙薬)は、時間(期間)を掛けてひとつひとつ馴らしていくことです。 犬への即効薬的な方法は、言うなればステロイド剤です。 症状を一時的に押さえ込む効果は絶大ですが、根本的な原因の治癒とは違います。根本が直らなければ、さらに強力なステロイド剤的な方法が必要になるのです。そもそも、薬が必要なのは犬というより飼い主さんだと思います。特効薬には種類がいくつかあります。ちなみに僕は【忍耐】という特効薬を、【愛情】で煎じて毎日飲んできましたが、効果抜群です♪以上、読者の一言(!?)でした。(^^)

  13. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。タローの主さんが代弁してくださっているみたいなものなので、ちょっとコメントし難いですが(笑)確かに伝えるのは難しいですよね。ただ・・・大切なのは方法ではないのではないですかぁ~と言うことを伝えたいわけで、方法を知りたい方は他をあたると思うんですね。ここに来てくださる方は、「方法」に傷ついた方、「方法」に疑問を持つ方、「方法」よりも大事なものがあるのではないか?と考える方たち(同士ですかね)なのだと思っています。素晴らしい方たち。

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございますいやいや~~~、またまた総括ですね!総括部長ですね!一言にしては長いけど(爆)感動しました。>そもそも、薬が必要なのは犬というより飼い主さんだと思います。特効薬には種類がいくつかあります。ちなみに僕は【忍耐】という特効薬を、【愛情】で煎じて毎日飲んできましたが、効果抜群です♪特にここ。記事にされたらいかがでしょうか?

  15. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「臆病」「用心深いが勇敢」「本質は臆病で、時に勇敢」ひとつの性質を表すのに、これだけいろいろな表現が出来るのですね。やっぱり奥が深いなぁと思いました。猪猟犬ひとつとっても「咬み止め犬」と「吠え止め犬」ですかバーニーも猟犬の部類なので、吠えのお仕事はひときわ熱心です最近、「おっ今度は何かな?」と原因と理由を考える余裕(?)が出来ました。そして、闇雲に吠えを止めたりせず、少し吠えさせることで気が済めば自らやめることもわかりました。明らかに興奮の度が過ぎる、パニック?と感じたときには間に入って、対象物から遠ざけて…>【忍耐】という特効薬を、【愛情】で煎じて・・・本日も冴え渡っているタロ主語録ですねメモメモ

  16. アンノウン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    タローの主さんの意見はいつも素晴らしく理想的で、まさに正論だと思います。しかし残念ながら現実と理想のギャップがあります。例えば、考え方の180度の転換ですが、たしかに飼い主さんの気持ちが変化し余裕を持てることによって、犬との関係が良好になる可能性は高いと思います。しかしそれは飼い主さんの気持ちの持ち方の変化なのであって、現実的な状況はかわらないこともあります。飼い主さんが犬を理解し、吠えに対して寛容になれたとしても、近所の方にとっては迷惑にかわりないのではということです。近所や周囲の人間が犬の理解者だけであれば時間をかけていくことも可能でしょうが、現実ではそういう環境だけではありません。しょせんはしつけが悪いからと言われればそれまでですけど・・・なのでタローの主さんのいう、時間という特効薬よりも、即効性のステロイドがほしいときもあると思うんです。痛みがひどいときの鎮痛剤と同じです。そこから時間をかけていく方法もあっていいんじゃないかな・・・

  17. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    昨日はありがとうございました。楽しい記事もありがとう~。皆さんのそれぞれな目線は本当に勉強になります。それぞれでOK。それぞれが、方向性が同じであれば。居心地良いですものね~。タローの主さんもお散歩会に参加されたら楽しいでしょうね。

  18. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは~。アンノウンさんはひょっとしてトレーナーさんかしら?(その匂いがします。)おっしゃる通り、現実は難しいです。犬と飼い主さんだけの問題にとどまりませんからね。ただ、理想論を現実に当てはめる努力をしていかないと、犬を飼わない人に、犬を知ってもらうことはできないと思うのですね。「犬はこういう動物です、時間をかけて育てます。急がせるとどこかで副作用が出るのは、人間の子育てと変わりませんよ~。」ということを犬に教えると同時に、飼い主さんにも、地域の方にも分かってもらえる努力をしていくのが犬に携わる者の使命です。私は来年の目標として、地域に「しつけ」と「犬学」を還元していこうと思っています。みんなで育てる。みんなで「待つ」これはやがて人間社会の罪とそれに対する抑制の思想にもつながっていく、なんて考えは大きいのです。

  19. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん、こんばんは。私は昨日、また一つ年を取りましたアンディは前にもお話しましたが、突然大声で話し掛けられると吠えて興奮のスイッチが入ります。近所のおじさんに最初は吠えていたのが、最近会った時に吠えないで自分から近付いてニオイを嗅いでいたから慣れてくれたんだっと安心しました…ところが…今度はスーパーの隣のクリーニングの店員のおばさんが好きでを飼っているらしいのですが…声がデカいアンディは近付いてくるおばちゃんに吠えるんです。会う度に…だから慣れて貰おうと、オヤツをアンディにあげてもらったりしていますが、おばちゃんが話す度にアンディは吠えるのですが、「人見知りするのね~」と。夏の間は買い物に連れて行かなかったら、「涼しくなったら連れていらっしゃい」っと言ってくれたので連れて行ったら…おばちゃんの声が聞こえた途端に吠え始め「もっと小さい声でお願いします」とか「アンディに声かけずに無視してて下さい」とも言えずこれが親戚のおばちゃんだったら、素直に言えるんですけどね

  20. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん♪記事にされたらいかがでしょうか?って、すでにここのコメントが記事そのものと化しています。(爆)それにこの手の話題は、こちらのコメント欄で書いたほうが見てくれる人が多いと思うのです。だってほら、僕のブログは正統派!?犬ブログでしょ。 この「?」がくせ者で、時々お馬鹿なネタを書かなくてはいけないので、改めて記事にする暇がないですよ。(^^)でも、馴らしに関する記事はテーマパークネタで元々予定しております。 それに未消化ネタも幾つかあるし・・・ バニ母さん♪ ここのコメント欄はヤフーブログみたいに制限がないから、ついつい書き込んでしまうのです。で、気が付くと、ブログの記事より文章が長かったりして。

  21. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。お誕生日おめでとうございます。まだまだお若いじゃないですか。私なんていつ年をとるんだったかも忘れました。(爆)>突然大声で話し掛けられると吠えて興奮のスイッチが入ります。チャーリーもそういうところあります。後ろから近づくトラック音とかバイクのけたたましい音は癇に障るみたいです。とくに便をもよおしているときは最高潮に達しますね。「ワンワンワン~~~」よそ様には言い辛いですね。気づいてくれよぉ~。

  22. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いやいや~~~、お疲れですぅ~。書きまくりましたねぇ。オイラは、現実主義者か~。>現実無視の理想論やキレイ事私はいつも理想を持っています。現実のものにするための理想!実行される理想ですかね。おかげさまで、私の周りには>【忍耐】という特効薬を【愛情】で煎じて・・・このような地味な努力を惜しまない同士がたくさんいます。

  23. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    一言足りませんでした。現実無視の理想論は不要ですが、現実直視の理想論は必要だと思います。では、超長文にて失礼しました。(^^)(返コメ不要です♪)

  24. アンノウン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさんの仰る>私は来年の目標として、地域に「しつけ」と「犬学」を還元していこうと思っています。>みんなで育てる。みんなで「待つ」これはとても意味があることだと思います。この活動によって人間が犬のことをもっと知ることができるのならば、本当に豊かな犬との生活を送れる方も増えるのだと思います。もちろん飼い主である私の努力と忍耐が大事なのは肝に銘じます。がんばってください。応援していますよ。>タローの主さん長文での熱いメッセージお疲れ様でした。ですが、のっけから惜しい、もう一歩などといわれる筋合いがあるのかなと・・・私は私の考えを語ったまでであって、いろいろな意見を参考にすることはあれど別にあなたの意見に近づこうとしているわけではありませんが?それにたとえ犬に対して厳しい態度をとることがあったとしてもそれは望まないことをしたときだけです。一度厳しく接して問題行動?をおさめてそれであとは何もないでしょ?っていうのは極端な考え方すぎて理解に苦しみます。そんな簡単ならば誰も悩まないでしょうし。それでだめなら責任をもって手放しましょうって、ちょっと熱くなりすぎじゃないですか?・・・お尋ねしたいのですが、今までに近所から苦情を言われたような経験はおありですか?立派にしつけされてるのでないでしょうね・・・かなりきついですよ?そこで犬の本質とはなんて語ったって焼け石に水です。情けないですがこんな人もいるんです。犬を支配したいなどとおもっているわけではありません。ただ問題行動といわれるものをとりあえず一時的にでも瞬時に止められるのならばそういうのがあっていいでしょってことです。もちろんそれは暴力に限りません。できれば一番避けるべきでしょう。エサでも何でもいいと思います。まぁ平行線かもしれませんね、ここを汚すことになるのでもうやめます。勝手にゴタゴタしちゃってすみませんでした。これからもがんばってください。

  25. charliepapa より:

    SECRET: 0
    PASS:
    多分こうなるだろうなと予想はしておりました匿名性の高いブログの世界。個人が己の考え、思想、信念、培って来たもの、理想、など情報を発信して共感して頂ける方々からメッセージを頂き一つの世界を築き上げていくそして、そのブログに対しての閲覧数が多ければ多いほど多種多様な考えや想いが届いてくる伝わりきらない事もあるのかも知れません言葉から汲み取ってもらえない事もあるのかも知れませんそれでも自分が学んできた事、経験してきた事、感じた事、など自らのブログを通して情報として発信して行くその情報に対して考えを否ものとする事があるならばそのまま読み逃げすればいいあえて情報者に苦言を呈するならば自らの全てを名乗るべきである。当店は看板を背負っていますので 「よ・ろ・し・く」

タイトルとURLをコピーしました