「放して」と「取って」

この記事は約2分で読めます。

ダンバー博士のイヌのしつけがうまくいくちょっとした本
から。
噛みつきの抑制を教える手始めに教えておきたいことを考えましょう。

まず、手で一粒ずつフードを食べさせます。
その時、優しく指に歯を当てないように食べられるかどうかがポイントです。
指に歯が当たるようでしたら、決してフードを渡しません。
そうっと食べる時だけ与えます。
ここでも・・・
犬がもともと怖いと思う人はこの練習に参加しない方がいいかもしれません。
犬の歯が当たることが怖いので、手をさっと引っ込めてしまいがちです。
そうすると、犬は慌てて取ろうとするようになります。

歯が当たっても痛いけど我慢が出来るようになると
痛くても顔に出さず、声を荒げないで練習ができますが、
自信がない人はやめた方がいいです。

(痛くて流血するかもしれませんが、子犬の噛みなので
我慢できないことはないと思います。
もちろん、子供さんを参加させないでくださいね。)

そういう方(自信のない方)は手のひらに乗せましょう。
手のひらに乗せたものでないと食べない犬は
なるべく指でつまんで食べられるようにしてください。
マグネット遊びをするためです。

マグネット遊びとは、フードを磁石に見立てて
犬を自由に動かす遊びです。


マーリンさん提供トレーニング写真(アスパちゃん)

文字通り餌に釣られる格好になります。
フード一粒でどこまでもついて行くよ~、的な犬は
トレーニングも楽しく進められます。
遠慮してついてこない犬は、どこかで信頼関係が確かなものでない可能性もあります。
また,単にそんなお行儀の悪いことを(!?)教わっていないだけかもしれません・・・。

「放して」と言われたら、フードに口をつけてはいけません。
取ろうとしたらもう一度「放して」
(犬は言葉を最初から理解しませんので
放しての時は、フードをわたさないようにします。)

オスワリさせる必要はありませんよ。
おやつを食べるとき座らせるのは人間の都合だと思います。
落ちついていられれば立っていてもOK。
立っていたほうがマグネット遊びの時、動きやすいですし。
これができると、「ついて」も「おいで」も練習が楽しくできます。

「取って」と言われたら初めて食べられます。
反対に言えば、「取って」と言われるまで取って食べてはいけないのです。

甘噛みの時どう使うかというと、
噛もうとしたら「放して」と指示を出します。
フードで十分練習をしていれば何らかの効果が見られるはずです。
ゲーム感覚で毎日繰り返しましょう。

甘噛み・・・
我慢しなさい、と言われても、そのうち直るといわれても
不安は尽きないですね。

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    どうも「マグネット遊び」に関する実践編のブログの箇所、読まないでしまったようで・・・「カテゴリー」で言うと、どのあたりに載っているでしょうか。すみません。教えてください。さっそくやってみたいです。ぺちゃ面4匹のうち、チャーリーとリッキーはおやつもらうとき歯があたりません。おちょぼ口です。二匹はバクッ!!です。仲間犬も二派に分かれるようです。

  2. レオママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは^^レオにいつもオヤツを与える時、手のひらであげていましたが、今回は指であげてみました。ガバッとは食べず ソゥーとフードをつまみ取るように食べていましたが、歯は指に触れます。離してと言っても 夢中になってるので手の中に隠したらクンクンペロペロの連続でした。フードでどこまでもついてくる事がないので、信頼関係ができてないんだな?と思いました。とにかく毎日頑張ってみます

  3. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あちゃ!!それは私のセリフでした。多分(記憶にないところが情けないですが)実践的なマグネット遊びはご紹介してないでしょうね。前記事を探すにしても・・・ブログって案外見難いですね。カテゴリー分けも30個までですしね・・・明日記事にします。出来れば動画が一番いいのですが、言葉での説明になります。

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。レオ君、いい感じですね。歯は触れてもOKです。がっつり噛まないということは、基本的に人に対して距離が置けるくらい気持ちが落ち着いているということだと思います。そういう仔でも、大好物の時は興奮してがつがつするかもしれません。手の中に入れてペロペロもOKです。そのまま、手を動かして、頭が手の方向に動くように誘導します。マグネット遊びの実践は明日記事にしますね。メールは後ほど返信いたします。

  5. だらだら犬を飼ってる人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    多分口でやってるな こういうこと。

  6. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はなの甘噛みはそれはそれはひどいものでした。でもフードを食べる時、一粒つまんであげんても絶対に噛んだことはなかったので、はなを信じてここまでがんばってこれました。噛んでもいい物を与えて、距離をとるようにしてから、落ち着いています。でも、ガジガジしたい欲求は相変わらず凄いです甘噛みのことではないのですが、チャーリーママさんにお聞きしたいことがありまして…ヒートが始まってから、吠える様子が変わりました。日中、外の音に敏感になり、プロパンガスの交換の音など…に対して吠えます。私は『大丈夫だよ』と声をかけると、すぐにおさまります。それから今まで留守番の時、出て行く時は吠えたりしなかったのですが、出かける気配を察知してソワソワし始め、玄関の鍵を閉めると吠えるようになりました。出かける時は目もあわせず、声もかけずに出ています。ご近所の方に聞くと、吠えはすぐにおさまっているようなので、ずっと吠えている訳では無さそうです。私がそこで、わたわた声をかけたりすれば、余計に不安にさせると思うので、平静を装っていますが、このままの対応で大丈夫でしょうか?ヒート中で神経質になっているのか、はたまた思春期のせいなのか…おかぁちゃんもちょっと心配になってしまいました。記事とはちょっとずれてしまって申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

  7. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。うん、一度お聞きしたことあります。(動画はいかがですか?)非常に興味深いです。というか私もやってます。しかも、猫に対しても。最初は口を噛まれて痛かったですけど、「痛いよ~」と情けない声を出していたら、そのうちにこらえるようになりました。手はいまだに噛みますよ。噛み猫ちゃんです。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。甘噛み・・・お察しいたします。というか、それが治まり思春期、ヒート・・・警戒心が出てくる頃ですね。外で気の合わない犬に吠えだす、お客さんに吠える、チャイムに吠える、何かを守って唸る、等々、すべて警戒心の現れです。難しい時期ですね。今までは、母のように接していたのを、気持~ち、父のように接する時期です。「大丈夫だよ、私についてきなさい」ですね。実際にはどのように・・・?まず、うろたえない。叱らない。気を逸らして意識を飼い主さんに向けて褒める。この繰り返しです。声をかけずに出かけていた、それで吠えるのなら、おきて破りみたいですけど「行ってくるね」とさりげなく言います。で、玄関をさっさと出ていきますね。鍵をかける。吠えた。鍵を開ける。思いっきり明るく「ただいまぁ~」吠えやむでしょうね、多分。リビングに入って「はなぁ~」と声をかける。また出かける、玄関を出て鍵をかける。繰り返します。ですので、本当に出かける時ではなく、トレーニングですので、毎日の日課にします。パターンを崩します。問題だなと思う行為に対しては、いかに犬の脳に出来上がったパターンを壊せるか、が鍵ですので。ちょっとやってみてください。

  9. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    相変わらずパクっとトリーツを食べるTAROです特に公園では「食べなきゃ!」そしてすぐ「行かなきゃ!」という状態では大口を開けて指を口の中にいれます・・・。痛いことはないのですが、他の飼い主さんはびっくりすると思うので、焦らないでゆっくりあげるようにしています。これもやっぱり根気なのですよね。。。

  10. すかい より:

    SECRET: 0
    PASS:
    手のひらのフードは、舌にくっつけて取ります。なので、手のひらをペロンとされてる感じです。いつか直る・・・と言われてもやっぱり個性があるし、不安は尽きません。子育てと同じだなあって思います。言葉の意思疎通があるだけ、子供のほうが楽かも知れませんが・・・。けど、チャーリーママさんのブログにはとても共感&安心出来るので、感謝してます。

  11. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    早速、明日からやってみます。やっぱり、すぐ相談して良かったぁ~。チャーリーママさんドラえもんみたいです。ポケットから、いろんなものが出てきます。はなの場合、掟破りのほうが効果がありそうですね。『お留守番とみせかけて、ただいまぁ~』作戦、はながどんな反応するか楽しみです。結果、ご報告いたします。

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。大きな口を開けて指を口の中に。そして痛くない!?私的には「素敵~」って思いますけどね・・・どうぞそのままと個人的には思いますが。色々な方がいらっしゃいますから。全然悪くはないので、ゆっくりで大丈夫。

  13. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。先ほどメール返信いたしました。ご覧ください。わんた君、ペロって言うことは、手のひらに乗せてますね?でしたらぜひ、指でつまんで食べさせる練習をお願いします。長めのアキレス腱、骨ガムのようなものは片方を持ってあげて食べさせると、唸りや、守りの矯正になりますよ。お役に立てて何よりです。

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。楽しみながら、早速試してくださいね。とりあえず、出がけの数分間が不安の絶頂だと思いますので。はなちゃんの頭の中が???????となったらどんな顔するかな?

  15. ハナオンマ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あ~この本、本気で読み返さないと・・・「放せ」はハナにとって非常に難しい課題です(涙)トリーツを見せると、ぱらっと落としますが(笑)言葉で放す様にするには時間と忍耐力が必要だと思います・・・・危険な物の拾い食い予防にも、ぜひマスターしたいです。ご飯中お皿に近づくと、取られまいとガウガウいいながらかき込みます。毎朝傍についてお皿にひと粒ずつ放りこむようにしてますが・・・・今度指であげてみますね。食い意地が張ってる子は、トレーニングしやすいけど執着心がすごいので大変です・・・・↑はなちゃんの「みせかけてただいま~作戦」私もやった事あります!傍から見たら笑っちゃう光景だけど、当時真剣にやりましたよ~効果はあり!だと思います。成長してからは「お買い物」「お留守番」という言葉を覚え、こう言いながら出て来ると後追いせず、じーっと見送ります。いつもエコバックを持っていくので、それを持つと連れて行ってもらえないと分かる様です。でも違う場合は「連れて行って~」とワンワン吠えます・・・。

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。そうですよ、もう一度読み返されるといいと思います。今でしたら、もっと違うところやもっと深いところで共感したり、学べるところがあると思います。私は3~4冊、教科書的な本があって、何度も読み返しています。書き込みやら、線引きやら激しくて、でもその時の成長具合がわかるんですよ。で良く噛みしめて、実践して、効果があるとかあの仔には使えるかなと思うときにブログで紹介したり、トレーニングで試したりしています。ご飯の時かぁ~、お皿を2つか3つ用意して順番にあげるのも効果ありますよ。または、食べ終わったら最後にスペシャルなおやつを入れる。フードボールは下に置かず、手で持ってすくってあげる、とかですね。すべての唸りの予防や矯正になります。

  17. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    以前にチャーリーママさんに「指でつまんでフードを」と教えていただいたので、それ以来そうしています。「放して」「取って」も早速試してみました。案外すぐに理解したようです。マグネット遊びは、Panの好きな遊びです。ここからの応用編なら、楽しんでやっていけそうです。ダンバー博士の本は、「甘噛み」とか「かみ癖」のところは繰り返し読みました。フードをコングに詰めて与える(これは今も継続中。自分で出せないとお座りして「出して」の熱視線を送ってきます)なんていうのは、ダンバー博士の教え(?)を守っているものです。他の章も、あらためて読んで見なくちゃ!↑はなちゃんの「吠え」、Panと似ています。小さいはなちゃんのPanは、小型の分ちょっとおませなのかしら。呼んでおやつや、呼んで遊ぶなどで気をそらして楽しい気分にしてやることを少し続けてみます。

  18. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。Pan君はマグネット上手ですよ~。この遊びは、動かすこともそうですが、人の手が止まった時は、じっと止まる、その練習にもなりますので。また、決してフードを奪い取ってはいけないことも、覚えさせるのにはいい遊びです。>自分で出せないとお座りして「出して」の熱視線を送ってきます)これは犬の特徴なんですって。オオカミは取れるまで自分で何とかしようとする、犬は人間に助けを求めたり、指示を仰ぐ動物だそうです。ますます愛しいですね。ちっちゃいはなちゃんも吠えは同じですか?(笑)

タイトルとURLをコピーしました