ほっとする一言

この記事は約2分で読めます。

甘噛みの記事が続いて、痛そう~・・・(もうしばらく続けようと思っています)
そこで!?
今日はほっとする一言で一緒にほっとしませんか?
ほっとするどころか、
きりっと身が引き締まるかもしれませんが、どうぞ。

『国の偉大さと道徳の進歩は、
その国の動物がどのように扱われているかで判断できる』byガンジー
弱い者に優しいこと。
どのように扱うか、ということが優しさの基準なんですね。

私のトレーニングはできることをさせる、それに重点を置きます。
出来ないことをさせる、出来るようにさせることも大切で
それを目指す方の方が多いですよね。
でも・・・
一般的に家庭犬というのは
犬が出来ることを、家庭生活に生かせるようにすることが必要なんです。
例えば・・・犬は指示を出さずとも座りますね?
座ることは教えたわけでない。
なので、結果的に出来ることをさせているのです。
問題はいつさせるか、ということですね。

必要でもないのに「すわれ」を指示することは
多くの犬にとって必要のないことなんです。
・・・
何が言いたいかというと、
犬にはもっと自由に生き生き自分を出させた方がいいのではないかな?
そのためには、あれしろ、これしろ、こうでなければ、ああしてほしい。
この要求を減らした方がのんびり犬生を生きられるのではないかな?
そうすれば、あなたが名前を読んだとき
「な~に?」
ってきらきらした目で応えてくれるのではないかな?
仔犬の時のような、輝いた目で。
私はそう思います。
ただの犬でもいいかな?私の考えです。人それぞれでしょう。

幸福な犬渡辺 眞子角川書店このアイテムの詳細を見る

「捨て犬を救う街」「小さな命を救う人々」の著者、渡辺眞子さんの本から抜粋で
ご紹介します。
・・・こんなふうに愛されて一生を送ることができたら、それはとても幸せな犬だ。
そんな犬と暮らした人は、とても幸福な時間を過ごしたはずだ。
それは一瞬一瞬を、こうして一緒に重ねて生きてゆくこと。
だからこそ、その一頭がこの世からいなくなる深い悲しみさえも、
かけがえのない幸福の一部なのだと思える日が、いつか必ず来る。
幸せだった、ありがとう。
犬と生きる喜びは、見送ったあとのこの一語に集約されるかもしれない。
幸福な飼い主とは、幸福な犬と暮らすことのできた人のことだ。
真っ直ぐな瞳であなたを見つめる犬に幸福を約束できるのは、
あなただけだ。

コメント

  1. ルークママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。毎日楽しみに見させていただいています。>犬にはもっと自由に生き生き自分を出させた方がいいのではないかな?そのためには、あれしろ、これしろ、こうでなければ、ああしてほしい。この要求を減らした方がのんびり犬生を生きられるのではないかな?↑本当はこれが飼い主にとっても一番楽なのではないでしょうか。私は、今の風潮として飼い主は犬に求めすぎるようなきがするのです。“人にも犬にもフレンドリーで無駄吠えせず、ドッグランでは誰とでも上手に遊べて、子供にも寛容、物分りの良い、いいこ”確かに、たまにこんな素敵な子、いますよね。うらやましくなります。でも・・・全ての犬がこんな子にならないのも事実。足りないものを欲しがるのではなく、あるものを大事に伸ばしてあげたい、と思って犬を育てています。先日も書きましたが私はうちの子と訓練競技をしています。でも、トレーニングや新技を教えるのはゲーム感覚でやっています。犬種的なこともあるのでしょうが、一緒にゲームをすることがこの子の喜びなので、私は“必要のないことでも敢えて教えちゃう派”で~す

  2. ハナオンマ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます!ガンジーのこの言葉、すごく重いですね。日本は豊かなようでまだまだ動物に関しては後進国・・・お互いに幸せに共生していける日本になるといいな。どの犬も可能性と潜在能力を持っていますね。それを引き出して活かすのは、飼い主次第なんだと言う事を改めて感じるこの頃・・・・幸せな家庭犬を育てるトレーナーとして、これからも頑張ってください!

  3. ライチ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ガンジーさんのお言葉・・・動物飼養管理士の教本にも似たような事が書いて有りました。確かにその通りでしょうでもある意味小さい事で言えば自分に余裕がなければ理屈で解っていても行動に表せない事も有ります。お金も仕事も無く困っている。若しくは、健康を害して苦しんでいて自分の事でいっぱいいっぱいだったりすればやはり無理な話。しかし、世の中には神様の様な人も居ますよね。あやかりたいものですワンコに対しての考え方についてもやはり心に余裕を持って臨みたいものです。考え方としては、私も全くの同感です。遊びの延長で芸をするのは良いと思いますが必要以上に要求してもいつもビクビク(?)したり、常に飼い主さんの顔色を見ているっていう常態だとちょっと・・・あなたは、犬の群れのリーダーとして・・ってよく書かれているのを目にしますが今や犬は、人生の伴侶として、家族の一員としてという考え方が多くなってきている今、当てはまらない考え方ですよね当然他人迷惑にならない躾は、必要ですが深い愛情があれば(正しい)ワンコは、自分でちゃんと考えて正しい判断をしてくれるものです

  4. レオママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。いつもメール回答に感謝しております私も最近、レオの寝顔を見てると傍にいてくれるだけで幸せだなって思います。名前を呼んだ時、声をかけた時に クルッとした目で振り向いてくれるだけでいいのかな~?なんてと言いつつも やはりどこかで何とかしなくては?という気持ちが先行してしまいがちですが私も この本を読んでみたくなりました。いつもご指導を本当にありがとうございます 

  5. くんま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    このブログとは関係ない話なんですが、フロントラインについて、お聞きしたいんですが、あれは年中使うのか季節限定で使うのかで迷っています。ブログと直接関係ない質問ですいません。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。ルーク君は・・・何犬?お伺いしてなかったですよね?うん、出来る子、望む子、させることで生き生きする子にはどんどん何かをさせたほうがいいですよね。出来るまでの過程も楽しいです。またそのためには、飼い主さんが一緒になって楽しく努力をするわけですもんね。周りも楽しくなります。風潮からは一歩下がっていたい私です。

  7. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。名言ですね。犬を飼っている人よりも飼っていない人にこの言葉の意味を考えてもらいたいと思うんですよ。犬ってどういう動物なのか、その辺を理解できると、犬にとっての負担が減ると思いますので。例えば・・・犬は吠えるように選択繁殖されてきた、人間の生活の為に。とか・・・深く考えるからこそ思想や道徳が進歩するのですよね。頑張ります。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。ガンジーの言葉は色々なところで紹介されています。その精神で動物愛護の教本とかも作られていますからね。>自分に余裕がなければ理屈で解っていても行動に表せない事も有ります。まったくその通りです。でも、人間は反省できますよね。反省して次は気をつけようとか思えればOKなのではないでしょうか?誰でも失敗はあって、失敗した時の気まずさをしっているから、飼い犬や他人の失敗に肝要になれるのかな?って思います。希望ですよね。そういう風に、他人を気遣えれば、お互いに心の余裕が生まれるのかな。これも希望、そして、肝に銘じます。

  9. lunachan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    毎日楽しく読ませて頂いています。先代犬ではなかった苦労を2頭目のわんこでしていた時にこちらのブログを拝見しました。まさに「目からうろこ」状態でやんちゃな娘を持つ飼い主として気持ち的に救われました。同じように悩みながらわんこと接している方が大勢いることにもホッとしました。チャーリーママさんの優しさに勇気づけられながら、のんびりとした犬生を送らせてあげられるといいなぁ~って思っています。お気に入りに登録させて頂きたいのですがよろしいでしょうか?

  10. うーん・・・ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは>犬にはもっと自由に生き生き自分を出させた方がいいのではないかな?そのためには、あれしろ、これしろ、こうでなければ、ああしてほしい。この要求を減らした方がのんびり犬生を生きられるのではないかな?とても素敵なことですね。しかしこれはちゃんと人間社会でのルールを教えてあげていることが前提だと思います。そこのとこが抜けて、ただ野放しにされている方が多いような気がします最近では、犬だから仕方ないとまともにしつけしてない方もよく見ます。犬は生き生きやりたい放題で、周囲の人間がひたすら我慢なんてのはバカもいいとこです。のんびりと豊かな犬生をおくらせたいのなら、野放しにするのではなく、しつけという共存のためのルールをちゃんと教えなきゃいけませんよね。それが飼い主としての責任だと思います。擬人化するようですが、これは人間におきかえても当てはまることだと思います。家族の一員だろうが伴侶だろうがある程度のルールが必要で、それが犬にとっては「しつけ」なんだと思います。犬は飼うというより、育てる感覚でいてくださいと以前言われたことがあります。その責任は軽いものではないですが、だからこそ得られるものも大きいのだと思います。

  11. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >私のトレーニングはできることをさせる他の犬と比べることくらい愚かなことはないのに、でもどうしても、比べてしまう時期(5-6か月児)がありました。同じくらいの月齢でもTAROの友達黒ラブ デニス君は遊んでいても呼ばれたらぴゅ~っと帰って来て、でもTAROは「まだ帰れない」という視線だけ送ってくる・・・そこだけを見ると本当に情けなくなる気持ちで一杯だったのですが、ある時完全に開き直り「出来ないこと」は見なかったことにして、「出来ること」だけ注目するようにしたら、とても楽になりましたトイレを失敗させてしまったり、静かにしていられなかったり、でも彼は新しい遊びやコマンドを覚えるのが好きで、友達とも上手に遊べる。他人からみた「完璧」を目指す必要はないんですよね。それに気がついたとき、呼び戻しが出来るようになる位成長していました

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。レオ君、心が揺れている時期、と言ってもいいような感じを受けます。メールは後ほど返信いたします。レオ君を思うあまり、いい子にしよう、何とかしよう。まずその気持ちを脇に置いてみましょうか。今より悪くなりませんので、一切叱ることなく、行動を肯定する言葉がけをして、行動は制限しつつ・・・詳しくはメールで。頑張りましょう。

  13. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。内容違っていてもOKですよ。私の理解している範囲でお答えしたいです。フロントライン。。。これってかなり強い薬です。我が家は多頭飼いなので、つけた後はとっても気を使っていますよ。なめないか、お互いにとか、目に刺激があるんじゃないかとか・・・「今は室内はかなり冬でも暖かいので、予防のために通年つけましょう。」と指導される獣医さんもいるようですが、皮膚にも肝臓にも負担は大きいのではないでしょうか。うちは、今年はココには使いませんでした。チャーリーは1回。カレント猫のあられは3回ほど使いました。冬はもちろん使いません。皮膚の弱い仔には、ノミがついたら使う、というくらい気を使います。後は飼い主さんの選択ですね。

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。初めまして。セイラちゃんはやんちゃさんですか?先代犬のルナちゃんはおとなしかった、ということですか?そうなんですねぇ~。何頭飼おうと、性格の違いやらで慌てますよね。初めて飼う犬が、とってもやんちゃさんだった、という方々が苦労して頑張っていらっしゃいます。やんちゃさんを迎え入れないとわからない悩みとかありますよね。とても奇麗な写真のブログですね。またゆっくりお邪魔させてください。リンクの件はもちろんOKです。よろしくお願いいたします。

  15. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。野放しにされているかた・・・おっしゃる通り、多いですね。>犬は生き生きやりたい放題で、周囲の人間がひたすら我慢犬が生き生きとはどうあるべきかを教えて行けるトレーナーでありたいです。犬に教えるというより、飼い主さんに犬をコントロールする方法を教えるというか、生き生きするということは興奮させることではなく、穏やかに人間に寄り添って生きることだと教え込む、ということですかね。そのためには、人間の学びは必須事項です。責任はおっしゃる通り重大ですね。

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。そうかぁ~、TARO君にはそんなライバル(笑)がいるから・・・ママは焦っちゃったのね。でも・・・視線を送って来るから偉い!!!私なんてそう思っちゃいます。う~ん、いいお話しを聞かせてくださってありがとうございます。じーんとしてしまいました。TARO君と共に、成長できるということですね。私も日々その思いに包まれて暮らしています。特に思春期の時期は、病気かと思えるほどに無茶苦茶になったりしますが、「出来ることだけ」に注目するという、肯定の気持ちが、犬の精神を卑屈にさせずまっすぐに育てるコツなのか?最近そう思うようになりました。

  17. もあ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いろいろ勉強になります。ワンコの教育のことではなく,我が息子の教育にも,当てはまります。他の子よりも好奇心が旺盛で,おしゃべりで,甘えん坊で,人の話を聞いてなくって嫌なこと(お遊戯など)は,絶対にしない。これ,息子とチャムの共通点(笑)いいところもたくさんあります。そこを褒める教育をしなきゃ・・ですね。

  18. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    昨日のチャーリーくんへのママさんの誕生日メッセージ「一生を私の傍でのんびりと、過ごしてくれたらそれでOK」。私もPanにそう伝えたいです。やんちゃなPanも日々成長しています。ケージから出てもゴロリと寝られるようになったし、10?の「待て」と「おいで」は、胸キュンの全速力で私に向かって走ってくるし(その顔を見るだけで泣けてくる馬鹿飼い主)…。もう本当は今のままだっていいんだけど、でも何かができた時のPanの得意そうな顔を見たいから、少しずつ楽しんでいこうと思います。5.5ヶ月のPan、少し前からお散歩の時にマーキングをするようになりました。この数日は半分は足を上げます(その姿、笑えるんですけど)。それからお散歩中に出会ったワンちゃんに吠えたり(怒っている感じではなくて、「ボクに気づいてよ~」って感じで)、家に近づく人の姿が見えると警戒吠えするようにもなってきました。成長の証…と喜んでばかりもいられません。そのうちお部屋でも足上げておしっこするようになりますか?吠えには、どう対応するのがよいでしょう?…と、記事に関係ない質問で締めてしまってごめんなさい

  19. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。チャム君と息子さんは似ているんですね。微笑ましいですが、笑ってばかりもいられないでしょうか?そうですね、基本褒めるということですね。ワンコは言葉が通じないので、教えるときは一つずつ組み立てるように教えますよね。息子さんにもそうやって接すればママは最高の先生になるでしょうね。私・・・いまでこそいろいろ犬たちに教えてもらって身についたことも多いですが、息子は成人してしまって・・・もう一度小さな頃に戻って、一から教えられたらいいな、なんて思うこともあるんですよ。

  20. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。Pan君、本格的に(?)社会化の終わりですね。思春期の始まりでもありますね。色々楽しみながら教えてあげてください。思春期を乗り越える力にもなると思います。家の中でも足を上げるかもしれませんし、そのまま上げないかもしれません。個体差があるみたいです。家の中で上げさせたくないのであれば、上げようとしたら無言で優しく足を上げさせないように押えるといいかもしれませんし・・・足を上げてもOKなように、L字型のトレーを使ったり工夫をするとか・・・警戒吠えですが、この時期、吠えに慌てて「ノー」で止めさせようとすると、ますます危険だという感じを植え付けてしまうようにも思います。なので、吠えたら楽しく呼んで、おやつ。吠えた相手は危険ではないよ、警戒しなくてもいいよ、という感じで一度試していただけませんか?その結果に基づいて対策を考えましょう。

タイトルとURLをコピーしました