噛みつきの力を自分で抑制する

この記事は約2分で読めます。

    

何度か、トレーニングの最終目標をお話ししましたが
覚えていらっしゃいますか?

自分で自分を抑制すること、
自制心を養うことです

自制心ですので、人が力でねじ伏せるとか
服従させるのとは違いますのでそこを忘れないでいただきたいです。

では、今日のテーマは再び甘噛みです。
同じテーマで何度もチャレンジしますよ、私は。

結局私には社会化を教えるという目標がありますので
飼育の基本、初心者が行っても間違いのない方法を伝える
そこに重点を置いて行きたいと思っています。
これさえできれば、家庭犬には十分でしょう、というラインですかね。
多くを求めてはいけません。

ここで、噛みつきの抑制を教えていくのによい参考書を
ご紹介します。
この本を元に、お話していきますね。

ダンバー博士のイヌのしつけがうまくいくちょっとした本イアン・ダンバー,橋根 理恵レッドハートこのアイテムの詳細を見る

そこのP.105の社会化からです。
犬が最低限必要な覚えるべきこと、課題が述べられていますので
確認します。
社会化はコンパニオンドッグのしつけにおいて2番目に重要な課題です。
(ペットとして家庭で飼う動物のしつけで、
一番重要なのは噛みつきの抑制を教えることです。)

そうなんですね。
たとえお外に怯え、お家の中でも怯える犬でも
飼い続けることは困難ではありません。
(難しいケースもありますけどね)
でも、噛む犬は最も飼育の放棄につながりやすい。
また、
噛み加減を教えずに、噛むことを一切禁じる方法で
気の強い犬に対したとき、
本噛みに移行させてしまうことを私は一番恐れます。

どういうことかというと、人の手を恐れる、嫌うような矯正方法
たとえばマズルをきつくつかむとか、
舌を引っ張るとか、耳を引っ張るとか・・・
それで甘噛みをやめさせられた、という場合の多くは
もともと大人しく人のいうことを聞きやすい犬だった、
そういうことでしょうね。
ですので、他の犬に通用するかといったら疑問です。

お散歩仲間、またはネットの世界、
自分はこうして直した、という方法は
「自分がこの犬に試して上手く行った方法である」
ということです。
様々なケースがありますので、一つの事を妄信してはいけませんね。

コメント

  1. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。今朝も3?のリードでPanと走ってきました朝からちょっと疲れてますもし、今からもう一度子犬を育てるとしたら、甘噛みにどう対処するか…。再び悩むかもしれませんが、自分に言い聞かせることは「耐えて待つ」ことかなぁと思います。今朝のお散歩で、ご近所のトイプーちゃんと初めて出会いました。お散歩友だちになりたいなぁ、と思ったのですが、その子(1歳半・♀)はワンコが苦手でガウガウしちゃう子でした。「他のワンちゃんに会うとこうなってしまうから、時間をずらしてお散歩させているの。本当はいろいろ連れて行きたいのだけど」とおっしゃっていました。こういう子に出会った時、どんなふうに接したらよいでしょう?少しずつ、Panと慣れてくれるといいなぁと思うのですが。

  2. ハナオンマ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは!明日の散歩トレーニング参加する予定でーす♪さて、嬉しいかな、私の大好きなイアンダンバー博士の本です。ハナを迎える前後に二冊博士の本を買いました。社会化のトレーニングは、「子犬を飼った後に」を見ながら進めました。その後しつけに関しては、こちらの本を購入しました。また時間がある時読み返してみようかな!あんなに甘噛みがすごかったハナも、今はしませんね~不思議だ(笑)あの頃はいつまでも続きそうで・・・不安だったのを思い出します。軽く歯を当てて愛情表現もしますね。ワンコの口は、人間の手に相当する・・・ってどこかで読んだ事があります。

  3. BUN より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ダンバー博士は、私もオススメですまず、文章が非常に分かりやすい!そして面白い!イヌを初めて飼う人にもすんなり理解出来るのではないでしょうか。その次のステップとして「カルチャークラッシュ」を読むと良いと思います。こちらは、イヌに関わる仕事をしている人全てに読んでいただきたいです。特にトレーナーさんは必読です。ちなみにDVDも多数出ておりますヨ。>様々なケースがありますので、一つの事を妄信してはいけませんね。厳密に言うと、同じイヌでも状況によって反応が変わりますよね。私の場合、方法には全くこだわりがありません。結構その場の思いつきの積み重ねです(^^;大事なのは、毎回必ずイヌの反応を見て次の手を考える事だと思います。そうすれば同じ方法でも状況に合わせて加減を出来るようにもなると思います。甘咬みに関しては、トラコミュの方にもコメントさせて頂きましたが早い段階で、おもちゃで遊ぶ楽しさを教えてあげる事も大事だと思います。そうすれば、自然と手をかじる事への興味は薄れていくと思います。

  4. レオママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして、レオママと申します。いきなりの相談ですみません。レオは、10月で満1歳になるマルチーズ♂です。躾に関しては私1人に任されておりますが(家族は老両親・主人)8月頃から、吠えるようになり攻撃的になりました。散歩に行き、犬と出会うとキバを剥いて吠えまくり、側にあるもの何でも噛むようになりました。そんな時は黙ってレオの前に座り落ち着くことを待っていますが 先日は私の腕を噛み興奮がおさまりませんでした。私も怒らず 我慢しましたが、もっと酷くなったらどうしようと悩んでます。他にも、子犬の時の私の躾が間違えていたんだと思いますが、呼び寄せてレオが来るとお座りとか待てとか教えていたのです 最近では呼んでもこなくなってしまいました。ティッシュを噛む癖もあるんですが、私が離せと強く言ってもダメで、母と夫なら離します。私には躾をするチカラがないんだなと実感しています。散歩の時も、前を歩いて引っ張ります。ここで読ませていただいた事を参考に、止まって名前を呼んでツケをさせてます。それは出来るんです。家族の話では、私の姿が見えないと 必死に探しているそうですが、レオにとって私は世話係りになっている気がします。全て私が悪いんですけど・・・すみません。まとまらない文章になってしまいました。吠えない・噛まない どのようにしたら可能なんでしょうか? 私の言うことをきかないので私では無理なのでしょうか?長々とすみませんでした。宜しくお願いいたします。

  5. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。お疲れですか?知らず知らず体力もアップしてきますよ。今まさに甘噛みで苦労されている方に一番の力になるのは同じように苦労しているさ中の方の意見、またはやっと乗り越えた、という方の意見。Panさんの>自分に言い聞かせることは「耐えて待つ」ことかなぁと思います。その言葉発信し続けてくださいね。ガウガウしちゃうトイプーちゃんは食いしん坊万歳ですか?それだといいのですが・・・まずPanさんがおやつをあげて慣らすのね、で慣れてくると、おやつをくれる良い人の連れているワンコには興味が出てくるものです。そこで!明るいPan君の登場。Pan君のお尻の匂いを嗅いでもらいましょう。Pan君の体を固定して、お尻をそのトイプーちゃんの方に向けます。Pan君がトイプーちゃんをがん見しないように頭も固定してくださいね。Pan君ならばやってくれると思いますけど。トイプーちゃんに必要なのは「自信」です。嗅いでも大丈夫なんだ、と思わせることですね。自分からPan君に近づいてくるまで待つ、ということも必要です。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。明日、こちらこそよろしくお願いします。ダンバー先生の本、お話しされていましたよね。この本は何度でもお読みになるといいと思います。その時々で理解できることって違っていたりしますから。またいろいろな方にアドバイスできますしね。私は確認的に、気に入った本は何度でも読み返してボロボロです。>あの頃はいつまでも続きそうで・・・不安だったのを思い出します。そう!みんな不安なんです。だからアドバイスで、そのうち直るわよ。ではだめなんですね。直らなかったら?って思いますものね。だから苦労してこられた方が、どうやって直ってきたかを発信し続けていただくことが大切ですね。本人も忘れますから・・・。ある時、あれ?って言う瞬間があります。スイッチがしっかり繋がる瞬間ですね。ワンコは匂いで世界を知り、口で愛情を示したりしますね。そのお口を上手に使えるように教えるのがしつけかな?って思います。

  7. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。そうですね、BUNさんのHPのサイドバナーを見れば方向性がよ~くわかりますものね。分かりやすくて面白い。これは大切ですよね。リラックスできなきゃ、楽しくなければ、犬も飼い主さんも力が入りまくりますからね。カルチャークラッシュは本当にいい本ですね。私のブログの読者さん、読んでいらっしゃる方がいます。トレーナーもたじたじかと思われます。(笑)甘噛みのトラコミュ、レスありがとうございました。レスのレス、済ませました。もっと幅広く(強制訓練的な考えの方にも)意見を聞きたかったですが、方向性が違うとコメントしていただけないですね、やはり。一切噛ませないようにすると思いもよらない後遺症が出たりします。人は別に何ともないでしょうけど、「おもちゃを噛まない、遊ばない」というのは犬にとっての悲しい後遺症だと感じます。

  8. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    TAROは10か月児。ここまでは人に対し牙をむくことや噛むことを抑えて育ってきましたが、精神が大人になるまでまだまだ注意が必要だと思います。噛まないようにするには、そういう状況を作らない ということを常に頭にいれています。↑Panさんが「仲良くしたい」とおっしゃっていますが、私も同じように思う犬が身近にいます。飼い主さんとはとても仲良しなのですが、如何せん、相手の犬(コッカースパニエル)が小型犬嫌いで攻撃はしないまでも吠えて近寄らないで!というサインを送り続けるのです。一度トレーナーさんに相談したら、TAROではなくその仔がトレーニングをする必要があるからアドバイスしてみては、と言われました。でも・・・・自分の犬は自分の信念の元育てる という風潮が強いのでたとえ仲が良くてもそこまで踏み入ったことを言うことができず・・・。人とのお付き合いが一番難しいと思う最近です^^;

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。初めまして。よく勇気を出してコメントしてくださいました。ありがとうございます。最初にひとつ、いいですか?レオ君の行動は特別ではありません。どんなにしつけやトレーニングをしても必ず通る道だと思います。まれに!何も問題が起こらない仔がいる、ということです。レオ君の犬生はこれからなんですね。今現れた問題は、真の性格を現したものです。なので、何が足りなかったか、これから何をすればいいのか。「問題が現れてくれてありがとう」そのくらいの気持ちで参りましょうか。だから!>私の言うことをきかないので私では無理なのでしょうか?なんて言わないでほしいのです。反抗期、自立の時期特有の行動かもしれませんし・・・ただ言えることはレオ君は「自信がない」です。言うことを聞かない人がいなくなることで不安になる、このことが物語っています。レオママさんにしか強く出れないのですね。ここのところを分かってあげてください。カウンセリングいたします。右サイドバーのメッセージを送るからメールしてください。折り返し連絡いたします。

  10. レオママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    早速 お返事をありがとうございます。お言葉に甘えて メールさせていただきました。 宜しくお願いいたします

  11. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。>噛まないようにするには、そういう状況を作らない。まったくおっしゃるとおりです。この点で油断されている方が多いのが気になるところです。「うちの仔は大丈夫」この大丈夫がくせ者ですね。根拠がないことが多いです。人とのお付き合いが一番難しい・・・そうですねぇ、そう感じますよ。ですので、私がトレーニングする時はまず、その方の犬をコントロールすることに焦点をしぼります。仲良くなる努力もします。シグナルを送ったり、触らせてくれる仔でしたら、どこが一番触られて嬉しいかを早くつかむとか。で、コントロールできると「ああ、この犬は馬鹿犬じゃない」となります。飼い主さんの心をほぐすのにはとっても有効な方法です。でも・・・それも通じないこともあるでしょうし・・・本当に人は難しいです。

  12. ころころん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    相変わらず、ガブガブが続いています。この前10日間くらい、あまり噛まない日があったんですが、ここ数日ぶり返しというか、甘噛みという加減ではない感じです。流血の事態だけにはなってませんが。嫌なことをされてのガブッは、来るかも、の予測が立つんですが、何もしていないのに、手とか、スウェットみたいなダボダボしたものを着ていると、それめがけて飛び着いて来るのは、遊びなんだろうけど止めさせたい最重要課題です。無視すべく立ち上がれば、収まる時もあるし、再開するときもあり・・・あまりにしつこいと、父さんはコロンのお尻をペシっとしてしまいます。(特に父さんに向かう率が高い。相手をする時間は一番長い)ボールとか紐にも、「離して」とか「ちょうだい」とかの言葉は通じていない模様。もしかして、「もっとひっぱれ」みたいに聞こえているのか。手の時は、瞬間、0.5秒、離すときもあるけど。皆さん、ちゃんと対処されててすごいな~と感心してばかりです。って、それじゃいけないですね。きっとやり方が、間違ってるんですね。でも見放さない、それだけは家族一致してます。

  13. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。ガブガブ警報発令中ですか!?ひょっとして・・・ころころんさんのお家の方々、声大きい?甲高い声の人います?指示出しの声、大きくないですか?低くて小さめの声で「ノー」って言ってます?噛んできて困る時は基本は動きを止める。テンションを高くするような動き、声、言葉がけはワンコにとってご褒美になるので禁止です。どうでしょうか?そのようなこともない?コロンちゃん、毛色は薄いですか?とにかく、見放さない、ということですね。一生続くものではないですから。どこのご家庭でもそうですから、いずれしなくなりますから。

  14. ルークママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    数日遅れのコメですみません。トレーニングの最終目的は犬自身が自分の感情をコントロールできるようになること。。。その通りだっ!と思いましたのでコメントさせてください。「服従させること」と勘違いしている人は多いですよね。残念ながら。私はうちの子たちと服従訓練競技を楽しんでいます。最近思うのは、この“服従”と言うコトバが持っているニュアンスがキライ、ということです。本来、服従訓練競技の目的も“服従させること”ではないと思うのです。もしくはobedience(服従)というコトバ自体が間違って理解されているのかも知れませんが。私にとっての目標は、犬とぴったり息の合う=良くコミュニケーションの取れた演技、です。力で服従させられている犬の競技は楽しそうではありませんものね。チャーリーママさんの日記を見て、ふと↑のようなことを思いました。

  15. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは数日遅れでもなんでもOKで~す。コメありがとうございます。「服従」となると大抵、力ずく、または強制的、になりますよね。普通に家庭犬として飼うとしても、根本がこの手の服従であると犬は本当の安寧な暮らしには程遠くなるのでは?と思います。どのような舞台であろうと、絆で結ばれた約束のもとであれば楽しく生き生きして過ごせるのだろうと思います。>本来、服従訓練競技の目的も“服従させること”ではないと思うのです。もしくはobedience(服従)というコトバ自体が間違って理解されているのかも知れませんが。そうでしょうね。競技をされる方々の中から、「服従じゃないよ、信頼関係だよ。ほら、こんなに楽しそうでしょ?」という姿と言葉を発信し続けていただきたいです。

タイトルとURLをコピーしました