海馬・・・かいな?

この記事は約2分で読めます。

脳のお話しを。

記憶や学習に関係する海馬、ご存知ですか?
また、理想の犬の育て方(スタンレー・コレン著)から抜粋します。

海馬は脳に入ってきた情報を大脳皮質が処理し蓄える前に、
情報を整理する役割もする。

豊かな環境によって増えた脳細胞は、海馬の細胞。
これは大脳皮質の働きを助ける、ここまでいいですか?
次。
海馬には別の機能もある。海馬は大脳辺縁系の一部で、
感情反応と深くかかわっている。
たとえば、海馬の端にある扁桃体と呼ばれる部分は、恐怖と攻撃性に関係がある

いわゆるトラウマというのは、大脳の皮質に記憶がとどまることによって
トラウマになるのではなくて、
辺縁系、である海馬に焼き付いてしまうそうです。
だから、そのときの匂いとかでその記憶が表面化して
瞬時にパニックが起こる、
反射作用が現れるということです。
犬が考えて、記憶をたどってパニックを起こすわけではない、
だから矯正は難しいのです。

トラウマを克服するためには、
安らぎを与えることが必要だと思います。
守られている感覚を、脳にも体にも覚えさせる、という感じ。
次に大事だと思うのは、
大脳皮質をトレーニングすることです。

大脳皮質のトレーニング?

これにはいろいろありますが、一番いいのは匂い嗅ぎですね。
匂いをたどって、それまで蓄えた情報と結びつける。
簡単に言うと
「おっ!この匂いは○○ちゃんの匂いだ。この間会ったな」
とか、おしっこの匂いにはいろいろな情報が含まれているので
ぜひ、匂い嗅ぎをさせて、脳を豊かにさせてください。

次、基本のトレーニングを、楽しく行う。出来ればノーリードで行える自宅で。
(リードで言うことを聞かせようとするのはトレーニングではないと
私は思っていますので。まあ、それぞれの考えでどうぞ)
おやつのご褒美だけでは犬は喜ばないかもしれません。
おやつプラス、あなたの心からの賛辞が必要ですね。
犬を調子に乗らせてあげてください。
乗らせすぎないように、穏やかな声で「おしまい」を理解させるように
そんなトレーニングをお願いします。

大脳の皮質には攻撃をブロックをする機能があります。
瞬時に攻撃的になる犬は
攻撃のセンター(海馬)の使い方が悪い=皮質が未発達なので
抑えきれない、そうです。

海馬は昨日お話ししましたが、ここが豊かになることで
攻撃性が抑えられる、というか攻撃性を表面化させ難くする、ことができます。
豊かな環境(人の深い関わり合い、触れ合いによって)で
犬の脳は発達する、発達すると
トラウマになり難い脳の状態になる、
怒りを感じても、すぐに行動を起こすことがなくなる。

そのように感情をコントロールできる、という希望があります。

脳については今ブームになっていますね。
犬は人間よりもよりピュアーなので、本能的な衝動が即行動に出ます。
止めさせるのではなく、自分で抑えられるように、
究極のトレーニングですね。

コメント

  1. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。今日のblogを読んで思い出した事があります。娘が通っていた保育園の園長と理事長(親子です)は、年4回ある父母の集まりで、よく大脳の話をしていました。乳幼児のうちに感情のコントロールを育てていかないと成長段階でキレやすい性格になりやすい。その頃は、青少年がキレて犯罪を犯す事件が多発していました保育園では医学的な内容ではなく、『脳を育てる』を重点的に講義がありました。これは、子供を育てる親や周りの大人の対応によって子供の発達に影響が出てくるわけですから、知ってるのと知らないのとでは大きな差が出てくるなっと思ったものです。

  2. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    バーニーの場合、いつも「あんな感じ」で歩くこと すなわち 匂うこと だったりします普段もう少し落ち着いて歩くときも、それでも体勢は同じですだからヘンなもの口に入れるのにタイミングが間に合わなかったりしますたまに、虫メガネかざした探偵がウロウロ歩き回るように(笑)あちこち猛烈に匂いかぎしながら動き回ってコマ送り的速さがマンガみたいでおもしろくておっ考えてる考えてる、と思っているうちに急に一直線に走り出すとおぉ~っ難問解決ですか~ってとりあえず一緒にダッシュします走った後も、まだ興奮気味にウロウロするようだったら止まって気分転換してから、また歩き始めて・・・昨日、匂いで注意を引きながら歩いたり、空き地でマグネット遊びしたりしたのですが・・・お店でいただいたジャーキーではまずまず順調でしたがそれまで「おすわり」してからもらっていたおやつを使ったところ何度やっても、匂いを認識した途端その場で座ってしまい「匂い」で取るべき行動を分けられる、と喜ぶべきかどうか・・・?とりあえず、「お散歩専用」として、ジャーキーを使うことにします

  3. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。それはそれは、素敵な保育園ですね。乳幼児教育・・・私が子供を育てている時、叱らないのびのび保育園が流行りましたが、そこに見学に行って愕然としました。弱いな、と感じるといじめにきます。おとなに対してもそうだったので、これは嫌だな、と本能的に感じました。抑制が利かない状態。のびのびとは意味が違うだろ、と思いましたよ。基本的な方向性はまだ柔軟性のあるうちに教え込む方が、その子にとっては幸せなことだと思います。面倒ですけれど。

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。>「おすわり」してからもらっていたおやつを使ったところここにかなり問題が潜んでいることがあります。はなのおかぁちゃんの記事が役に立ちますので参考にしてください。「トレーニングの経過」http://blog.goo.ne.jp/hanamama0208/e/f53b991ff9ef5e245670effc408e757a簡単に言うと、食べる時に座る必要がない、ということ。お行儀が悪いと感じるのは人間の感じなので「おすわり」みんな揃って食べる、のは無理を強いていると思います。最悪なのは「まて」をかけてしまうこと。マグネットができませんね。できないと言うことは、注意を逸らしたい時に逸らすタイミングが見つかりません。集中してくれませんから。これも繰り返しの作業、行動が脳にインプットされるまで繰り返してください。とりあえず、動きながら食べられる練習をしてみてください。「そうそう~」って褒めながら誘導をお忘れなく。

  5. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん、こんばんは。娘が通ってた保育園は、厳しいと地域では有名な保育園です。他の保育園では空きが無いのに、通ってた保育園には少々空きがある…みたいなで、保育園のやり方が嫌な場合は、他の園にいつでも転園していいですよっと理事長さんは普通に言いますしかし、「ここでしっかり基本的習慣や、情緒面を育てれば小学校へ行っても心配ありませんよ」と自信満々でした。弱いものイジメなんてもってのほか!保育士さんが厳しいから、そんな事は出来ません保育士さんは、小学校の教員よりも厳しいですから、小学校に入ったら逆に崩れる子も出てくるとか忘れ物をしても、自分が準備しなかったんだから親のせいではない。翌日の準備は全部子供にさせる事。だから、忘れ物をしたとわかれば保育園の近くで泣きそうになってましたっけ厳しいと言っても、ただ単に厳しいのではなく、愛情を持っている中での厳しさ、一生懸命子供と向き合って真剣に取り組んでいるので、それを理解している子供や親は何も言いません。しかし…厳し過ぎると思う親子さんは…転園しますし、それについて園側も止めません。ノビノビ教育には反対の保育園でしたが、ある意味それで娘は鍛えられた面もあります犬も、飼い主が心無い厳しさなのか、愛情を持った厳しさなのかがわかりますものね

  6. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    確かに、考えてみれば、ゴハンの場合ですけど一旦座らせるくせに、実際に食べるときは立たせてます今になって矛盾に気付きましたほんと、おやつでマグネット遊びするつもりがまるでバーニーのお尻と地面がマグネット状態でまずは歩きながらもぐもぐ・・・練習します

  7. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。き・厳しいですね。冷汗が止まりません。娘さんはそういうところで鍛えられたわけですね。で、今があると。ああ、でもそういう話をしてると思いだすのがのびのび保育園。今でもあるのでしょうか?無法地帯、弱肉強食、大げさでなくそんな感じでしたよ。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。マグネット遊びはすべてのトレーニングの基本にしています。まず、犬に会うでしょ?おやつをあげてもいいか聞いて、食べさせるときはすぐに渡さず、手で持ったままにしているのですが、反応を確かめるためです。パクッ!っと激しく食べる犬の矯正にもマグネット遊びは役に立ちますしね。出来ると幅が広がりますよ。ワンコも飼い主さんもね。

タイトルとURLをコピーしました