心の無視・・・(涙)

この記事は約2分で読めます。

昨日の記事の中、

>させたい放題ですよ。高等教育を受けているであろうご家庭の親御さん方。
で、いちいち子どもの意見をお聞きになる。
ご自分で選ばれたらいかがでしょうか?

この部分がわかり難いかと思いますので補足します。

やまとさんへのコメントレスから。

>「お母さんはこれがいいと思うけど、あなたは?」
というのは安心してみていられるパターン。
では・・・困るのは
母「ねえ、○○ちゃん、どれがいい?決めてよ。」
子「私はこれ」
母「え~っ!?お母さん好きじゃない」
子「だったらこれ」
母「え~?それもお母さんいや」
子「じゃあ~、これは・・・?」
母「何それ~、そんなの似合わないわよ」
子「・・・」(無言)
そういうやり取りが続くと、お子さんは何も言わなくなります。
学習性無力感、それに近いものを感じてドキドキします。

このことから、犬に優しいトレーニングとは?を考えてみたいです。
(無理矢理すぎるかな?)
上記のお母さん、支離滅裂ですが、暴力をふるうわけでもなく、
声を荒げることもなく、一応子どもの言うことに耳を傾けています。
が!
真のところで子どもを無視していると思いませんか?
子どもの気持ちに対する配慮が欠けていますね。
(子どもの意見を聞いているので)一見優しそうですが優しくないですよね?

犬に対しても同じことが言えると思います。
どんなに褒めても、ご褒美をあげても、飼い主さんが心底
犬を讃えなければ、無視に近いと私は思ってしまうのです。
(犬は本当に喜んでいますか?)

形ではない。
だから・・・
犬の興奮を抑えることに無視のテクニックを使うと犬にはかわいそうだ、
と思うのは私的には納得できません。
その場合の無視は犬たちのシグナルなのですから。
犬が落ち着きを見せるのは、がっかりしたからではないのです。
「あっ!そうか!落ち着けばいいんだ」
と自分を取り戻すことになるんですね。
形式的なシグナルとしての無視。
心はいつでも犬に寄り添っています。

とてつもなくテンションの高い犬はいます。
どんなに生活でのストレスレベルを下げるように努力しても・・・
子犬なら、なおさら!
自分で自分をどうしていいかわからなかったりするんです。

日本では最も飼育放棄(捨てないまでも、気持ちが犬から離れやすい)に
繋がるパターンでしょうか?

無視には愛情がたっぷりです。(少なくとも私がお教えする方法はそうです)
カーミングシグナルをお勉強されることをおすすめします。

結局、無視のテクニックは
真に犬が好きだ!という人が行うからこそ効果的なのだと思います。
無視されたって、痛くもかゆくもないよ、何のことだか意味がわからない
それではねぇ~。

コメント

  1. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    我が家のはなは、まさしくとてつもなくテンションが高い!しかもまだ子犬。嬉しい時も、怖い時も自分の気持ちをどうしていいかわからないといった様子です。私も、最近ママさんのいうところの『無視』の意味がわかってきました。人間同士のコミニュケーションで考えると『無視』っていうう言葉の響きはとても悲しい、残酷なものに思えてしまいます。私だって、無視されたら悲しいでも対犬となると、ちょっと状況が違うのかなぁ…って。私の心の中も頭の中もはなのことでいっぱい。だから、いつもどんな状況でも受け入れてあげたいんです。でも、それをしてしまうとさらにはなのテンションはしまう。はなに自分から落ちつく術をみにつけて欲しいから、あえてはなから視線をそらします。私の心の中は『はな、まず落ち着こう!』心の中まで無視してるわけじゃないんです。育てるといううことの関して『無視』と『放棄』は別物ですもんね。無視する状況を作らなくても落ち着いて生活できるわんちゃんももちろんいます。でも、我が家のはなは…そのうち無視しなくても落ち着いてくれる日が来ることを祈ります

  2. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。いつもありがとうございます。この手の記事を書くとき、最近ははなちゃんとおかぁちゃんの顔しか浮かんできません。頑張る二人に拍手、です。>いつもどんな状況でも受け入れてあげたいんです。でも、それをしてしまうとさらにはなのテンションはしまう。よく観察されていますね。人は受け止めたい、と思うのですが犬にしてみれば、その行為を容認してくれた、そう思ってしまいますから。はなちゃんがまだ思春期に入る前は、無視をととらずに、飛びつかれても受け止めていましたよね?私。それははなちゃんを丸ごと受け止めてあげたいからです。が・・・いつまでもそれではいけないですね。時期によって、接し方を変えていくのはテクニックです。その仔が今一番何を必要としているか、それを見定める。上記の、どんな状況でも受け止めてあげたいけど我慢する、それが見定めです。はなのおかぁちゃんさんは、短時間で犬を育てるために一番必要なことを身につけている、そう思います。トレーナーはうかうかできませんね。

  3. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    これが・・・イマドキの母子の会話ですかなんだか、中学生のトモダチ同士のようです>犬が落ち着きを見せるのは、がっかりしたからではないのです。「あっ!そうか!落ち着けばいいんだ」と自分を取り戻すことになるんですね。なかなか難しいですが、しっかりとシグナルを身につけていきたいですうっかり目を合わせてしまったら、バーニーは期待してしまい、間違いなくテンションそんな気持ちにさせてしまうほうがよほど「かわいそう」かも先日はメールをありがとうございました。以前楽しんでいただいた(?)私の職業をお知らせするのも兼ねてお返事をメールでもさせていただきましたそうそう、突然ですが、そちら方面へ急に出かけることになったので今日のお昼前後にお店にお邪魔すると思います~

  4. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    タローに対しては無視を使う機会がありませんでした。 でも思い出しました! 昔、職場の犬を相手していた頃は、興奮してピョンピョンと僕の周りを飛び跳ねる犬たちについては「無視」していました。その都度相手をして押さえ込もうにも、犬が勘違いして遊そうな時にそうしていました。心底から犬を無視するのは寒い行為ですけど、テクニックとしてサラリと行なう無視ならば、個体と場面によって有効ですね。(^^) 

  5. やまと より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私がやまを無視することはほとんどありませんが、やまとに無視されることは多々あります。別にスーパーハイテンション飼い主でもないと思うのですが・・・・

  6. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん、こんばんは☆我が家の娘の服選びは、もっぱら娘任せ。娘は自分が気に入った服しか着ないのです。貰い物や、私が勝手に選んで購入しても自分が気に入らなければ殆ど着ません…。かなり気に入った服は洗濯してまだ生乾き状態でも、いつの間にか着ていたりするので、それは流石に脱がせますが(笑)一時期、ピンク色にハマり…全身ピンクで将来、ぱーこの様になってしまうのではないか?っと思ってしまった事も(;^_^A服以外の物でも、「えー!これは止めようよ」っていう物でも娘が気に入った物はガンとして譲りません。まあ、娘が選んで周りに「えー!」って言われて娘がどう対応するか…観察する方です。これも経験(笑)人間にしても、犬にしても心の無視は悲しいですものね…。それだけはしないようにしようっと、チャーリーママさんのblogを読んで、改めて思いました。娘が競技会に出たいっと言った時、「あなたには無理よ」と言ったら…学習無気力症の階段を上りだしてしまいますものね。

  7. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。実は・・・5月にお店にいらっしゃったとき、すでにご職業はしっていたんですよぉ~。だって・・・ブログに出てくるお部屋の様子とか、尋常じゃないものを感じるじゃないですか。HPを見つけて納得でした。今日は4時からはなちゃんのトレーニングがありますが、その前でしたらいますから。お待ちしています。バーニーちゃんも一緒かな?

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。タイトルにはどんなメロディーがついているのでしょうか?ひょっとして?ドレミの歌ですか?(笑)テーマパークでしたよね?そうです、連中には非常に有効的です。勘違いする仔にはね。心底の無視は、命と関わるものが絶対にとってはいけない態度だと思います。

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。昨日はどこまで歩いたのですか?>別にスーパーハイテンション飼い主でもないと思うのですが・・・・う~ん、今日のひとこと「己を見つめよう!」

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。なかなかしっかりした娘さんですね。本当に将来が楽しみです。自分を持つ、ということはとっても大事ですよね。命にかかわるとか、人に迷惑をかけるとかそれ以外でしたら、なるべく尊重してあげたいですよね。尊重するふりをして自分の思いばかり押し付ける親が多いのでしょうか?みーなさんはさすがだと思いますよ。競技会のことも、「あなたには無理よ」と言い放つ方の方が多いのではないかな?

タイトルとURLをコピーしました