くどいように、社会化(甘噛み)

この記事は約2分で読めます。
理想の犬の育て方 (文春文庫 コ 12-5)スタンレー・コレン文藝春秋このアイテムの詳細を見る

私の本の読み方、人からの話の聞き方・・・
一度すべて聞きます。
その上で、感銘を受けたところ、勉強になったところ、
ところどころ虫食い状態にします。
妄信しません。
しかし・・・全否定もNO。ですね。
一つのことが受け入れられないから反目するのは、そこまでの激しい生き方は
好みではないです。
ゆる~いのがいいかな・・・。

ということで(?)今日はスタンレー・コレン氏。
トレーニングについてはう~~~ん、ちょっと私とは違うかな、
そう思う点もありますが、今日は社会化についての記述をご紹介しましょう。

犬は社会化期に三つのことを学ばなければならない。
その三つとは、犬としての自分の本性、社会化(人や他の犬との接触の仕方)、そして感情の抑え方である。
“社会化とは個体が自分の社会について学びとることを意味している。
・・・犬は自分が犬であることを、兄弟との接触を通してしか学べない。
犬はそうした接触を通して、他の犬とうまく折り合いをつける基本ルールを学ぶのだ。犬が自分の本性と、犬の基本ルールを学べる窓が開くのは生後三週頃で、その窓は11週から17週までの間に閉じてしまう。

こういう記述を読むと、
「ああ~、もう家の仔は手遅れじゃん」
って思いますよね、普通。
たとえ成犬になっても矯正は可能ですが
時期に合わせた刺激が健やかな成長を促すことを考えると、
憂鬱になってしまいます。
が!!!
前向きに頑張るしかない。
目の前の犬に、今からできることを!
また、これから新たにパピーを迎える方はなおさらのこと!

学ぶことは、犬のためにできるプレゼントです。
知ることは心が豊かになるし、安心感が得られますしね。

さて・・・
社会化期に大切なことを一点お話ししましょう。

甘噛みです。
本当に困り果てている、そういうご家庭が多いです。
だから・・・噛むおもちゃが飛ぶように(?)・・・売れる?
でも、基本、肉っぽいものが噛みたいわけですよ。
だから人の手が標的になるわけで。
家具等を噛むのならば、噛むおもちゃで代用できても、やはり
人の手が噛みたいのですね。
「なぜですか?」
と聞かれることが多いですが
「兄弟遊びの延長です。」
とお答えしています。
また・・・この問題
子犬の流通を見直さない限り、根本的な解決は難しいのですよ。
だから、話が長く、ややこしくなりますけど・・・

甘噛みにどう対処するのが一番いいのか、そもそも直せるものか?
自然に直るのか?
兄弟遊びができなかったらどうなるのか?・・・

明日に続きます。

コメント

  1. だらだら犬を飼ってる人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >その上で、感銘を受けたところ、勉強になったところ、ところどころ虫食い状態にします。妄信しません。犬を見てないと言えないし 妄信するしかなくなるんだろうと思っています。人間でもセカンドオピニオンうんぬん言われてるんだから犬のトレーニングを受けるのにそのぐらいの冷静さは。と僕も思っています。

  2. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。犬の躾本、子育ての本に共通する事は、○才或いは○ヶ月までにやらるといい。人間の子育てには、3歳までに英才教育を受けると賢くなるとか、覚えが早いとか…。確かにそうだけど…3歳過ぎてもまだまだ大丈夫。そんな余裕を持って接していければBestなんだろうなっと思います。人間の手を噛みたがるのは、肉の感触…なるほどって思いました。昔、フェレットを飼っていたのですが、やはり最初は噛みグセを直しました。フェレットは小動物を襲う本能がありますし…。やはり人間の手を噛むのは肉を食べたい?そういえば…皮の財布を妙にかじりたがっていました。あ…blogの内容から外れてしまってすみませんm(__)m

  3. ルナママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは!昨日、寄のドッグランに行ってきました。大型犬エリアに入り、ルナを含め5頭のワンちゃんで絡み合いながら思いっきり走ったりして遊びました。ルナがあんなにハイスピードで走れるのかと驚きました。とても良い経験になったと思います。その帰り、買い物をしようと車の後部座席にルナを繋ぎ、ほんの10分程一人にしました。買い物を終え車に戻ってきてびっくり!!助手席に置いてあったお菓子、ポテトチップス一袋、チョコカルシュー一袋、ふんわり名人一袋、シュークリーム2個すべて完食!!心臓が止まるほどびっくりし、まだいたずら盛りのルナを一人車に残してしまった事、あらゆる事を想定しなかった事など悔しくて自分に腹が立って涙がどっと溢れ出ました。そのまま病院に行き、催吐処理というのをしてもらいました。聞くとオキシドールを飲ませて気持ち悪くさせて吐かせたとの事。また衝撃が走り、本当にかわいそうなことをしてしまったと悔やんでも悔やみきれませんでした。夜中は側についていてやりましたが、具合が悪い様子で何度も場所を移動します。そのうちにまた吐いてしまい、かわいそうでかわいそうで仕方ありませんでした。朝になってだいぶ気分が良くなりご飯も食べました。後は回復を見守ります。今回のことで本当に色々なことを考えさせられました。飼い主失格です。今後はこんなかわいそうな思いは二度とさせないようにします。ドッグランで遊んでお腹が空いていたと思いますが、ラブラドールの食欲にただただびっくり致しました!

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。妄信はちょっと・・・ですね。信じている人は、「それ違うんじゃないの?」と言う言葉に耳が傾けられないくらいに視野が狭くなりがちですよね。自分が信じていることが違っていたらどうしよう、と言う恐れもあるのか・・・私は冷静ではないですが、怠け者なので、ちょっとほっぽらかしておくんですね。そのうちに頭の血が下がった時に「これって・・・変だよね?」な~んて。

  5. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。しつけ・・・漠然とした言葉、何に怯えるかと言ったら「手遅れ」ということでしょうか?どうにもならなくなったら、どうしよう?という恐れでしょうか?それが犬も子供も、育てるうえで足かせになりますよね。大胆な人はあまり深く考えないのか、出たとこ勝負、結果オーライ!それがうまくいくこともあるし・・・ま、大切なのは周りの人は手を貸してあげる大変だったら、助けを求める。そういうことかな?フェレットの噛み癖直し・・・

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。あれあれ・・・まあ、ドッグランまでは良かったですね。その後が・・・買ったものは、コンテナに入れられるように準備しておいた方がいいですね。コンテナを。ラブラドールの胃袋、口を侮ってはいけませんよ。半端じゃないですからね。一度経験したことは繰り返しやすいので気をつけないと。美味しかったことは覚えていて、苦しんだことはきれいさっぱり忘れているでしょうから。飼い主失格、とかではないですよ。失敗は誰にでもあるから。これから気をつければいい、ということです。ちなみに・・・チョコカルシューって何?

  7. ルナママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ルナは午後から元気になってきたので、夕方のお散歩にも行ってきました。朝からぐっと減らされていたご飯も食べたくて仕方ない様子でホッとしました。コンテナ、なるほどさっそく用意します恐るべしラブの胃袋胸焼け知らずあとは、ウマウマの味を忘れてくれていることを祈るばかりちなみに、チョコカルシューとは、明治のポポロンに似たお菓子で、一口サイズのシュークリーム皮の中にチョコクリームが入っているお菓子で私も好きです

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    良かった。元気になって。さっき、コメントレスしてから気になったのだけど・・・お菓子の袋は食べなかった?中身だけ食べた?しかし・・・隠しカメラついていたら、すさまじい食いっぷりで、開いた口がふさがらないでしょうね、きっと。お大事にどうぞ。

  9. ころころん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    甘噛み、おお、うちのためのお題目!ほんとに、ほんとに、頭の痛い、いや、手も痛い甘噛みです。チャーリーママさんのおっしゃる通り、噛めるものなら何でもいいわけでなく、人間の手が最高らしく、めがけて噛みに来ます。木のおもちゃは見向きもしませんね。むしろ、セーターとかトレーナーみたいな生地の切れっぱしの方が好きみたいです。噛むストレスが溜まっているのかと、ママさんショップでのアキレス腱を与えても、ものの5分くらいで消えています。怒ってガブっとやる時とは明らかに違う噛み方ですが、時々血が出るんじゃないかと思うほど、しつこく強く噛んで離そうとしません。キャンと言おうが、ウ~~~と唸ろうが、前向き抱っこしようが、口にこぶしを突っ込もうが(もう、これはしてませんが)ぜ~~~んぜん、めげません。1歳過ぎたら落ち着くとかあるんでしょうか。明日からのお話、楽しみにしております。

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。いつもごひいきに、ありがとうございます。アキレス・・・5分・・・いやいや~、頼もしいというか、恐ろしいというか。一歳過ぎれば・・・そうですねぇ、絶対に大丈夫!とは言えないのですよ。大丈夫かもしれませんし。ただ・・・不適切な叱り方をすると(マズルをつかむとかね)長引く可能性大です。次回(その後かな?)の無視が効き目あるでしょう。それもお話ししますが、絶対的な無視です。知らん顔とかではなく、犬がいないかの如く振舞う。存在を無視。かわそうなくらい無視。わざと無視。何度かお話ししましたけど、またお話ししますけど、私は噛ませながら噛み加減を教えます。一般の飼い主さんにはちょっと無理なので無視を今はおすすめしてます。ぜひ、読んでくださいね。

  11. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >一度すべて聞きます。>その上で、感銘を受けたところ、勉強になったところ、>ところどころ虫食い状態にします。>妄信しません。>しかし・・・全否定もNO。ですね。このスタイル、僕も全く同じです。(^^)とくに自分の考えと真逆の理屈ほど、噛み砕いてよく考えるようにします。 反目する意見は目も当てようがないものもありますが、その人の経験上から理に適ったものもあります。また、自分の考えと真逆の意見は、自分の理論を修正したり見定めたりする機会でもあります。たとえ真逆の意見をその場で切捨て整理がついたとしても、それは情報として頭の片隅にしまっておきます。すると、後々にその意味が理解できることがあり、自分の理論に新たに加わることもあるのです。客観的でいられなくなる危険があるので、妄信はしませんね。 多くは参考です。その認識で十分な情報が得られます。 

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。今日はこれからカウンセリングに出かけます。新しいワンコに会える…羨ましいでしょ?(笑)タローの主さんの記事中の>正しい答えを求めようとせず、間違った方法を選ばないように考えることのほうが大事な気がする。 それが私のしつけ方法の選択です。本当に!肝に銘じないとです。 

タイトルとURLをコピーしました